京都2日目。

京都1日目は、じゃじゃ降りの雨。
近所の北山だけ行って退散。

京都2日目はどうかなー?
朝起きてみると、ずーーーっと降りつずいてた雨がやんでいた。

2日目は、外国人達が着物を着る日。
3月に外国人から「京都では1日着物を着たい。予約をお願い」と連絡があり、すぐ探したけどもうどこもいっぱい。
料金が高めの店ならまだ空きがある。
しかし、外国人たちは
「1日2500円しか着ない」と言う。
わがまま言いたい放題の外国人。

私も最初に「2500円で着物が着れるよ」と言ってしまったため、2500円の店を必死に探し、やっと予約が空いてた店を見つけた。
最後の2名枠だった。

着物着付けの店に行き、外国人2名の着物選びを手伝い、私は下で待っていた。
次々にお客さんが入ってくる。
ほとんど外国人だった。
中国人、マレーシア人、タイ人etc・・・
みんな着物姿に変身し、とても喜んでいた。

私の外国人の友達達は今回で2回目の着物。
なかなか似合っていた。
image-モザイク
この日は、曇りでたまにパラパラと小雨が降ってきた。

1人は+500円を払い、番傘もレンタル。
雨が降ってくると番傘をさしていたら、他の外国人観光客に写真を撮られたり、一緒に写真を撮ってくれとせがまれたりモデル状態だった。

着物には番傘が似合いますねー

京都の桜は、今年は珍しく一斉に咲きだし、京都市内桜一色だった。
着物姿の外国人たちと、私の好きな平安神宮、岡崎疎水、南禅寺と歩いて行ってきました~

桜の時期の南禅寺は、私個人としてはそんなに好きではないんですが、平安神宮から歩ける距離だし、岡崎疎水を歩いてたら、そのまま南禅寺に到着してしまうので、いつも行ってしまうコース。

前日の雨で桜が散ってしまってないか心配してたけど、まだ満開で外国人も大満足。

実はこの日、花魁姿で写真を撮ってくてる店をたまたま見つけ、挑戦してきました~

舞妓姿は有名ですが、花魁は今まで見た事がなかった。
お店に聞くと、
「うちはもともと舞妓姿でお写真を撮らせてもろてたんですが、花魁は去年からさせてもろてますぅ~」
バリバリの京都弁。

斬新さに興味を持ち、挑戦!

いつもは予約でいっぱいだけど、この日はずいぶん前から天気が悪く1日雨の予報だったこともあり、夕方たまたま空いてたそうな。
運よく飛びこみ撮影ができた。

撮影は京町家の室内。
スタジオっぽくなく、普通の京都にある家の一部屋がスタジオになっている。

着替えやメイクは2階。

ロッカールームで、ブラジャーとパンツだけになり、襦袢を着る。
襦袢姿でヘアーメイク開始。

髪型は三種類の中から選ぶ。
1、花魁のカツラ
2、地毛で前髪をあげて、日本髪風にしあげ、飾りをつける。
3、地毛でカールにしたりアップにしたり、たらしたり、洋風アレンジをし、飾りをつける。

この3つを選ぶ。

私は2番にし
「頭飾りをふんだんにしてくれ」とお願いした。

メイクは、舞妓のようにあそこまで白塗りではない。
そんなにファンデーションを塗りたくった記憶はないが、完成した自分の写真を見るとけっこうな厚化粧だった。

ファンデーションより、目の周りのメイクに時間をかけていた。
アイメイクは、ピンクやブルー緑など希望の色を聞かれる。
私は、お任せにしたら、赤になっていた。
赤いアイメイクなんて、今まで見た事がないし、したことも無い。
斬新さに感激!

ヘアーメイクが終われば、着物を選ぶ。
着物は1着だが、打掛もあるので、2種類の衣装の写真を撮る。

できるだけド派手な着物を選ぶ。

一番ゴージャスな打掛は、赤だった。
じゃ、今回は着物は渋い黒にしよう!

着物と打掛が決まった。

次は帯。

着物と打掛と、いろんな色の帯と合わせてみる。
私は黄色にした。

着物に着替え終わると1階に下り撮影開始!

中国での変身写真とはまた全然違うポーズや妖艶な視線を要求され、なかなか面白かった。

撮影後には、待っていた外国人と一緒に記念撮影をしてもらいました~
IMG_1464---.jpg
打掛は撮影時だけで、撮影後は着物姿での写真。

この日、私たちが最終の客で、もうお客さんがいなかったため、特別にスタジオ内で集合写真を撮ってくれましたが、混雑時には無理だと思います。

撮影後は、花魁姿で町を歩くのは不可能ですが、お店の裏庭や廊下や店先でなら、撮影は可能です。

廊下や店先でちょっとミニ撮影会。
imagおいらん-もざいく

DSCF9249---.jpg
DSCF9268---.jpg
頭がすごい事になってるでしょ~~
DSCF9218.jpg
頭にいろんな物が突き刺さってました~~

プロのカメラマンに撮ってもらった写真のできあがりは2カ月後。
楽しみ~~♪

今回私が花魁になった店は
『花魁体験 夢工房 高台寺別館 』
http://www.kyoto-oiran.com/

変身写真は、普段できない服装やメイクをしてもらえるのが楽しいです♪

みなさんも京都に行ったら、花魁姿に変身してみてはいかがですか?

=2015年 4/5 雨の桜=

1年ぶりに京都に行ってきました~

今年は京都行くつもりなかったんですが・・・
宿泊場所がなくて困っていた外国人観光客の為に、私の知人の別宅に泊らせてもらうために行ってきました。

外国人観光客といっても毎年来日してるとっても親しい男子2名。

彼らが京都入りする日に合わせて私も京都入りすることになりました。
今回、出発前にいろいろあって、京都に行けなくなった友人の新幹線のチケットを私が買い取り(片道だけ)
京都までは新幹線「のぞみ」で行きました~

今まで長距離移動は、お金がかからない夜行バスや青春18切符を利用する私。
過去何度も東京-関西間を行き来してるのに、2~3回しか新幹線を利用した事がない。

今回新幹線に乗ったのって10年以上ぶりかも??
今までのぞみって乗った事がないかも・・・?

超久しぶりに新幹線に乗り、車窓からの景色を見ていると、新幹線のスピートが早すぎて目が回ってしまった・・・
新幹線ってめっちゃ早いですねー

ま、私の新幹線初心者の話しはどーでもいいですね。

2015年 京都の桜~

楽しみに行ったんですが、
京都入りしたのが夜で、その日は桜は見に行けず。
京都入りした日は、そのまま知人宅へ。

翌日、朝からまとまった雨・・・
けっこうじゃじゃ降り・・・

その日は、朝から醍醐寺に行って、外国人がどうしても北野天満宮付近の豆腐屋で豆腐を食べたいと言う。
豆腐ランチ後は、時間の様子を見ながら行ける場所の桜を見るというプランだった。

しかし、醍醐寺と北野天満宮では方向やエリアが全然違う。
電車とバスを乗り継ぎ時間もけっこうっかかる。

泊らせてもらっていた京都人に言わせても
「その行程はちょっと無理ちゃう~ 
その豆腐屋にそこまでこだわらなくても・・・」とお勧めしなかった。

同日にその行程は厳しいと教えるが、外国人はそれでも両方行きたいと言う。

いろんな外国人を案内してるが、外国人って日本人が行かないような場所に、やたら行きたがることがある。
日本では知られてないが、その国では有名スポットだったりするらしい。


私は醍醐寺の桜は見たかった。
醍醐寺は付き合うことにし、北野天満宮まで連れて行くかは、その時の流れで決めることにしていた。

が、起きて見ると、ジャジャ降りの雨・・・
行く気がうせてしまった・・・

前日の夜は、私の関西の友達女の子2人も合流し、久しぶりの再会で夜中まで喋っていたこともあり、
このまま起きて、睡眠不足のまま雨の中桜を見に行けば、ずぶ濡れになり体調壊しそう・・・
女子2人も雨だと知り、起きる気ゼロ。

外国人男子2名に醍醐寺の行き方や豆腐屋の行き方を教え、1日目は別行動にした。

私たち女子はまた熟睡。

11時~オープンする北山のカフェでのブランチを誘ってみたが、2人はカフェでのブランチより寝る方が優先順位が高いようで「起きれない~」と、そのまま昼過ぎまで寝ていた。

1人の女の子は、前日昼から大阪城で花見宴会をしてたようで、8時間以上ビールやワイン、お酒など飲み続け、大阪城公園から、京都(北山)までの移動の車中、眠ってしまって、何度も乗り過ごしたらしく、北山の家まで4時間かかたんですわー
通常、大阪城公園から京都の北山駅までは、1時間半もあれば着くはず。
彼女は、地元民だというのに、いったいどこをさ迷ってたんだか・・・
本人に聞いても「おかしいなー? なんで4時間もかかったのかわからない~ なんでかなー??」と全然覚えてなかった。

家に来る途中「今、河原町着いた~」と電話があった。
北山駅へ行くには、河原町の1つ手前の「烏丸」で下車して、地下鉄に乗り換える。
でも、彼女は酔っぱらって終点の河原町まで行ってしまったらしい。
「地下鉄は河原町ちゃうでー 烏丸やでー 1駅引き返しー」
「わかったー」と電話を切ってから、北山駅に到着するまで2時間もかかってた。
すんなり来たら、河原町から北山まで30分もあれば着く。
彼女はまた大阪まで行ってしまってたのかも・・・?
京都-大阪間をさ迷い、やっと到着した家でも夜中までビールを飲んでいた彼女。
そりゃー翌朝起きれへんわぁ~

昼過ぎに起きた女子たちで、雨だけど近くの桜を見に行くことになった。
もう1人の女の子は、私より遅れて東京から来たばかりで、まだ京都の桜を見ていなかった。

宿泊させてもらってる家から歩いてすぐの北山の賀茂川沿いに咲いてる紅しだれ桜の通りに行くことにした。

家をでると、ドシャ降りの雨・・・
ちょっと歩いただけで、靴の中に雨が染み込んできた・・・

この雨じゃー観光客も来ないだろう・・・

桜の時期の週末には特に人でいっぱいになる「半木の道」もガラガラ
DSCF9139.jpg

雨のおかげで、ガラガラの桜のアーチを歩くことができた。
ただ、砂利道の遊歩道は水たまりだらけで、めっちゃ歩きにくいし、歩けなかった・・・
だから人がいないんですね・・・

半木の道は、途中であきらめ、隣に隣接してる北山植物園に行ってきた。
写真撮り忘れたけど、ここも桜満開だけど人がおらず、独占状態。
女子2人は、半木の道、植物園に来たことがなかったらしく、地元民を案内することになった。

DSCF9144.jpg

3人とも靴の中は雨でベショベショ・・・
一旦家に帰る事にした。

すると、別行動していた外国人から電話があった。
2人も雨でずぶ濡れになり、1人の様態が悪くなり、今から帰って寝たいと連絡があった。

4/5の京都は朝からずーーーっと強い雨だった・・・
雨で観光客が少なく、桜を独占状態で見れたものの皆ずぶ濡れ・・・

外国人たちは結局、醍醐寺でだいぶ時間がかかってしまい、北野天満宮近くの豆腐屋には行けなかったらしい。
体調不良で行く気力も失っていた。


本当なら4/5に、もう1人東京から合流する予定の子がいたが、明日も天気が悪いとわかっていたので、お勧めはできなかった。

2014年、2013年と、外国人の案内で京都に行ってた。
2年連続雪が降るほどとっても寒い桜だったが、今から思うと雨よりよほど良かった・・・
南国からの観光客だったので、2人とも桜と雪が同時に見れて喜んでいたなぁ~


2014年 京都桜 8day

今日は最終日。
piaちゃんは、20:30 関空発。
18:30には関空に到着しないといけない。

私は青春18切符で帰る。
22時台に帰宅するなら、2時京都発の電車に乗らないといけない。

piaちゃんは午後1人になるが、最後に1人で自由時間を過ごしてもらうことにした。


最終日は早起きをし、ご飯も食べずに上賀茂神社へ。

朝8時の上賀茂神社は、人がほとんどいない。
空気が清々しく、すごく神聖な感じがした。
RIMG3140_20140430094150429.jpg

RIMG3141_20140430094152fb1.jpg

RIMG3146.jpg

RIMG3151_201404300941541f4.jpg

RIMG3154.jpg

RIMG3157.jpg

RIMG3161.jpg


パン好きだというpiaちゃんのリクエストで、私たちの最後の食事は北山のパン屋の朝食バイキングを食べに行くことにした。

RIMG3172_201404300955079c8.jpg

RIMG3175_20140430095509ae5.jpg

piaちゃんはパンのバイキング以外にもサーモンが乗ったポーチドエッグを注文。
RIMG3176_2014043009551032b.jpg
日本語で書かれたメニューをひと通り読み、英語で訳してあげた。
「サーモンのポーチドエッグ」と言うと、「それがいい!」と即決。

大好きなパンに囲まれ、サーモンのポーチドエッグを前にpiaちゃん大喜びで大満足。

食事を終えると、私はここでお別れ。
piaちゃんは、関空行きのリムジンバスの時間まで二条城と御所に行きたいという。
見所が多い2か所行くのは厳しいかもしれないので、一番行きたい方を先に行くように勧めお別れをした。

私は家に戻り家の掃除をし、2時発の電車で京都を後にした。

滋賀県、岐阜県の米原や大垣では、青春18切符利用者は団塊の世代や高齢者ばっか。
この国はほんとうに高齢者が多いんだなぁ…と実感。

途中、電車が遅れ、乗り換え時間が1分もなく、重いバックパックを背負って猛ダッシュで電車を乗り換える事3回。
京都から6回乗り換え、7本の電車に乗り、9時間半かけ帰宅。

piaちゃんはというと、私と別れてから、御所へ行き、早めに家を出て関空に到着したのは16:30。
関空で時間をもてあましたらしい。

帰宅したのは深夜1時半。
翌朝8時半から仕事で、その日は朝から打ち合わせがあり、大量の仕事が待っていたという。


一気に現実に引き戻されたが、日本での日々は毎日満開の桜を見れて大満足だったと連絡があった。

私も11日間毎日桜を満喫でき、どこに行ってもピンク色に染まった京都は最高だった。
また来年も京都の桜を見に行きたいな~
来年は誰が来日するかな?
2014年 京都桜 7Day
4/8

京都7日目は、嵐山へ。
4/8は、朝から晴天で寒波も過ぎ去り暖かい陽気。

まずは天龍寺へ。
RIMG3042_201404291323479d0.jpg

RIMG3050_2014042913234933c.jpg


RIMG3051.jpg

しだれ桜は散り気味だったけど、山つつじが満開。
RIMG3052.jpg

RIMG3054_20140429132352157.jpg

椿も満開。
RIMG3057.jpg

自転車をレンタルし二尊院へ。
RIMG3063.jpg

竹林を通ると、竹林の中で撮影をしてた。
RIMG3059.jpg
ここって嵯峨野の竹林。
嵯峨野の筍って高級やのに大丈夫なん!?
しかも、筍の季節真っただ中。
竹林の所有者が見たら激怒しそう~

見た目は美しく着飾ってるけど、ドレスの下は・・・
RIMG3058_20140429221422ab3.jpg
中国の変身写真は上半身は、ものすごくきれいに聞かざるが、下半身はそのまま。
ズボンも脱がず、普段の靴での撮影。


自転車でさらに北上。
ゆるやかな坂道を登ってゆく。
piaちゃん、全然来ない…
少し行ってはpiaちゃんを待つ。
それを何度も繰り返す。
piaちゃん、もうヘトヘト。
「piaちゃん、Are you all right?」
「How long after?」
「A long way. After half」
「hi---!」

実はpiaちゃん、自転車に乗ったのは初めてだと打ち明けられた。
日本に来る前、自転車は乗れる?って聞いてら「OK!」って返事があったし、
前日にも「明日、嵐山で自転車乗るけど大丈夫?」とも聞いた。
「OK!」と軽く返事をしてたのに~
「なんでOKって言ったの?」
「小さい時に少し自転車に乗った事があったから大丈夫と思った。
フィリピンでは自転車に乗らないから、挑戦しようと思ったの」

ひえー
piaちゃん、チャレンジャーやの~

「平野屋」
RIMG3065.jpg


そして、目的地の愛宕念仏寺に到着~
RIMG3067_2014042922142520a.jpg
ここに来るまでヘトヘトだったpiaちゃん、不思議なお地蔵さんに囲まれすごく喜んでくれていた。

RIMG3112_20140429224010b33.jpg

ここに来て、piaちゃんのカメラのバッテリーが無くなり、私のカメラを貸してあげた。
piaちゃん目線の写真は、何に興味を持ったのかよくわかって面白い。
RIMG3079.jpg

RIMG3078_20140429224006b69.jpg

RIMG3086_2014042922400897e.jpg

私は疲れはて、境内で眠ってしまった。
RIMG3110_2014042922142644a.jpg
後で、自分のカメラを見てびっくり。


この日は、自転車で嵐山を巡り、どんどん山奥に行ってしまった。
途中カフェなど数軒あるが、早く目的地まで行きたくて、お店に立ち寄らずだった。
嵐山に戻ってきたのが4時。
結局、お昼を食べ損ねてしまった。
2人とも空腹。
が、家を貸してくれているオーナーから電話があり、夕食を誘ってくれた。

今、食べてしまうと、オーナーとの夕食が食べれない。
2人で我慢。

カフェでも入って休憩したいが、piaちゃんは京都の繁華街、四条の新京極に行きたいと言う。
私たちは四条に戻り、新京極を歩くが2人ともヘトヘト~

オーナー宅に行くと、おばあちゃんがpiaちゃんのために魚をさばいてくれた。
旬の筍料理も。
RIMG3127.jpg
お魚の煮つけも、最高においしかった~♪

piaちゃんは姪っ子にぬいぐるみを買いたいと言う。
帰国前日の夜になって、ぬいぐるみを買いたいと言われても…
私たちは一瞬困ってしまったが、オーナーの奥さんが
「そうや! うちにぬいぐるみがいっぱいあるねん~
よかったらこれ持って帰って~」
ほとんど新品のぬいぐるみ10個ほど抱えて持ってきてくれた。
piaちゃんは、その中の4つのぬいぐるみをもらえることになった。

夜、荷物を詰めるが、ぬいぐるみ、大量のお土産、お菓子でスーツケースに入らない…
RIMG3132.jpg

piaちゃんの大きなスーツケースには、服や日用品は1/3ほど。
その他は全部お菓子&チョコレート
piaちゃんは大のチョコレート好き。
RIMG3133.jpg

ビッグサンダーを見つけては多量に買いこんでいた。
噂で、ビッグサンダーが台湾人に大人気って聞いてたけど、フィリピンでも有名で箱ごと買っていた。
アルフォートも気に入って、めっちゃ買ってた。

買った物全部出して並べてみた。
RIMG3138_201404292313505a9.jpg
浴衣も買い、ガウンにするらしい。


2014年 京都桜 5day 5/6

5/6(日)
この日の朝、エンちゃんは東京に戻った。

piaちゃんは、大阪に住む日本人の友達と会うことになっていて、別行動の予定だった。
だから私は昼は京都の友達とランチし、午後は大阪の友達と温泉に行く予定を立てていた。
しかし、piaちゃんの予定が急きょ変更になって、月曜日の夜に会うことになったと言う。

piaちゃんは1人で大阪に遊びに行くことにし、3時半に合流し3人で温泉に行くことにした。
piaちゃんが以前日本に来た時、研修で日本の文化の1つで「日本人は全裸で温泉や銭湯に入る習慣がある」と教わった。
その時は、信じられない習慣だ!とめっちゃ驚いたらしい。
絶対自分は無理~と思ったという。

そんなことなど知らない私は、私の家にホームステイに来たとき、近所のスーパー銭湯に誘った。
piaちゃんはひるんでいたが「日本の文化」と私が誘うので渋々行くことにしたと言う。
(当時の心境は今回初めて打ち明けられた)
研修に来ていた仲間で銭湯に行った人はpiaちゃんだけだったらしい。

今回は2度目の温泉。
piaちゃんはおどおどすることもなく、驚く事もなく余裕で慣れたものだった。
piaちゃんも温泉(銭湯)の良さがわかってきたみたい。


翌日は2人で北山の植物園へ。
RIMG2983.jpg

RIMG3009_20140428201322792.jpg

RIMG3012.jpg

RIMG3017_20140428201324096.jpg

北山の植物園横の半木の道はまだ7分咲きかな?
RIMG3026.jpg

賀茂川の土手にいた猫 
RIMG3028.jpg
通行人がみんな足を止め、この猫に釘付けになっていた。
この猫、みんなの注目に慣れてるのか堂々としていた。

RIMG3033.jpg

RIMG3035.jpg

RIMG3036.jpg

この日は、夕方までずっと歩いて四条まで下った。
もうヘトヘト~
piaちゃんは、そのまま大阪の友達に会いに行った。
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日記タイトル一覧
  • 京都
2015年04月17日 (金)
2015年 春の京都・ 花魁
2015年04月14日 (火)
2015年 春の京都
2014年04月30日 (水)
上賀茂神社
2014年04月29日 (火)
嵐山
2014年04月28日 (月)
京都植物園&賀茂川
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる