暑くなる前、国指定の重要文化財である茨城県水海道にある『坂野家住宅』に行ってきた。

あまり情報がなかったが、藁ぶき屋根の旧家に興味があり行ってきた。

ここはテレビドラマロケ地として、よく利用されているらしく、駐車場には一般とロケバス専用があった。

板野家は、数年前まで、一般の家だった。
農村部の普通の民家の中にあり、看板もないのでわかりにくい。
道や駐車場からも家屋が見えない。

この先に民家があるの?と思ってしまう小道を行く。

小道の片側にアジサイが咲いてて、その先に竹林。
アジサイと竹林の間は畑。
RIMG0098_201508041018394ad.jpg

アジサイの小道を進むと、美しい竹林道。
RIMG0100_20150804101840ceb.jpg

竹林道を横目に見ながらそのまま進むと、家屋らしき塀と門があった。

RIMG0101_20150804101841e63.jpg

門をくぐると、大きなお庭。
RIMG0103_201508041018437c2.jpg

京都のどこかの寺院みたいに、見事に庭の手入れがされていた。

広く大きな庭を進むと、巨大な藁ぶき屋根の家屋がドーンとあった。
RIMG0135_201508041018447d8.jpg
写真では伝わらないが、とっても大きく重厚感がある藁ぶき家屋。

東日本の藁ぶき屋根は、横に大きくL字型。
昔よく行った『民族学博物館』の日本家屋のミニュチア模型では見た事があったが、実物を見れるなんて感無量。

西日本では、このような形の藁ぶき家屋は見た事が無い。
西日本はもっと小さいし、飛騨辺りの豪雪地帯は屋根に傾斜を持たせた三角屋根。

この藁ぶき屋根の家屋を見て、「これって普通じゃん」と思う人は、田舎が東北だったり、東京より北の東日本の人でしょう。
この写真を見て、デカ~と思われた方は、西日本の方ではないでしょうか?

地域によって「普通」「当たり前」の感覚が違いますね。


藁ぶき屋根は、6層になっている。
RIMG0131_20150804102942bf8.jpg
今から約12年前。
2003~2006年まで、一度解体修理を行った。
この屋根は、その時に拭きかえられたもの。

L字屋根の角の部分
RIMG0130_2015080410294029e.jpg
西日本では、このようなL字の藁ぶき屋根を見た事が無いので、興味津々。
この家は、最初からL字だったわけではなく、後につけ足されたらしい。

母屋は、ほとんどが土間。
土間の角には馬小屋があり、大きなかまどがある。

RIMG0129_201508041029399dd.jpg

囲炉裏の板間。


RIMG0106_20150804103130ebe.jpg

板の間と土間の間に、小さなかまどがあった。
聞くと、小さなかまどは保存の為の物。
少量の炭で料理が冷めないようにする小かまどらしい。


母屋は江戸時代中期から後期に建てられ、L字の後で増築された部分は1838年江戸時代後期に建てられた。
増築された部分は、客間として利用されたため、母屋と違った繊細な造りになっていた。
例えば、見事な欄間があったり、床の間がある畳の部屋だったり。
RIMG0122_201508041153541d1.jpg

客室のトイレ。
RIMG0110_2015080510415211d.jpg

RIMG0109_201508051041510af.jpg
白い巨大なスリッパは陶器。

宿泊客は、幕府の役人。
今でいう国交省の役人なんですって~
なんで、そのような役人が坂野家で泊っていたのかというと、
昔は、今みたいにそれぞれの地域に、国土交通省の事務所など無かった。

水海道は大名もおらず、幕府の管轄だった。
それで、わざわざ江戸から国交省の役人がこの地域に来た時、当時はホテルや旅館などないから、
坂野家で泊っていたらしい。

坂野家って、いったい何者??って思いません?
坂野家は500年前、江戸中期にこの地域の新田開発に大きく貢献し庄屋になった。

大正時代には、2階建の書院が建てられた。
明治、大正時代には、将校たちが宿泊していた。
書院2階からの眺め
RIMG0126_20150804102936af3.jpg
手入れが行き届いてて見事な庭園!
家屋の裏側には白い立派な蔵
RIMG0128_20150804102938678.jpg

ここは、今まで沢山の映画、ドラマの撮影に使用されているようで、撮影時の写真とか展示されていて、「あのドラマのあのシーンって、ここ!?」と驚きがいっぱい。

都内から車で2時間ほどで来れる板野家は、昔から撮影場所として使用されていたみたい。
竹林では時代劇にも使われ、建て物は江戸時代~大正時代のシーンなど幅広く撮れる。

説明してくれた係の人から
「ちょうど一週間前に来てたら、『天皇の料理番』の撮影で佐藤健君が来てたのに~」と言われてしまった~
撮影現場、見たかった~~

行く前は、すぐ見終えてしまうかな?と思っていたが、解説してくれる人も途中で来てくれ、じっくり2時間以上かけて見学した。
私が見学してた時は他の客は誰もおらず、帰る時に団塊世代夫婦が入れ替わるように来た。
あまり有名ではないみたいだけど、ここは日本家屋建築を時代ごとに違いを見ることができ、なかなか見ごたえがあってお勧め。

ここをきっかけに東日本の昔の家屋に興味が湧いた。

首都圏で暮らすようになり、関西から縁遠かった関東周辺にも足を延ばしてみて、そこで感じた事は「蔵が地域によって違う」ということだった。

ずいぶん前、埼玉県の川越に行った。
関西人は「川越」と聞いても全然ピンとこない。
川越など知られていない。
私は首都圏に住むまで「川越」を知らなかったし、聞いたことも無かった。

関東では、川越は「小江戸」と呼ばれているらしい。
川越で重厚感がある黒い壁の建物を見た時は、びっくりした。
RIMG0760++_20150731113939a93.jpg
川越は、お勧め!


関西とは違う北関東の古い町並みをもっと見たくて、
暑くなる前の梅雨時期、栃木県の栃木市に行ってきた。
ここ栃木市って「蔵の町」なんですね。
RIMG0077_20150731114501e57.jpg

詳しい情報はこちらで↓
栃木市観光協会HP
http://www.kuranomachi.jp/spot/kuranomachi/

RIMG0078_2015073111450230c.jpg

RIMG0080_20150731114503183.jpg

RIMG0082_20150731114505310.jpg

RIMG0083_20150731114506e0e.jpg


ここでも、、真っ黒な蔵!
RIMG0088_20150731115702ce1.jpg
川越もそうですが、東京より北の地域の蔵って、屋根がめっちゃ分厚いですね。
(長野県の諏訪周辺の蔵の屋根と全然違いますね。諏訪周辺では屋根は軽く乗せてるだけだった)

壁も分厚く、屋根も分厚く、重厚感がありますね。
蔵の迫力に圧倒してしまう。


窓に注目!
RIMG0092_20150731115705aef.jpg
窓に分厚い扉があり、階段状に段々になってる作り。
締めると見事にピッタリハマるような構造で、火災があっても扉を閉めると、蔵の中は無事なんですって。
この技術は見事ですね。

メイン通りは、蔵や昔の建物が一部残っていて、お店が並んでいる。(極一部ですが)
RIMG0095_201507311157060ea.jpg

蔵を改築した、カフェやレストランもある。
RIMG0091_20150731115703f61.jpg

栃木市って、こんなところだったんですねー
知らなかった~

北関東、なかなか見所があり面白いですね。



長野県を車で入っていると、立派な蔵が目立った。

RIMG0222_2015072911353849b.jpg
白壁に腰壁のナマコ壁が見事でなんとも美しい。
どの家も、とても美しい蔵。

北関東の蔵とはまた違う。
群馬、栃木でよく見る蔵は、大谷石。
最初見た時は、石の蔵でびっくりした。

そして、次によく見かけるのは、黒い蔵。
埼玉県とかで黒い壁の蔵をよく見かける。

石の蔵や黒い蔵は、関西では見た事が無かったので、すごく衝撃だった。

長野県の諏訪周辺の蔵は、関西でもたまに見かける外観で、なんだか関西エリアに戻ってきた感覚になった。

RIMG0218_20150729113533483.jpg
蔵を見ていると、屋根のすぐ下の中央に円形のマークが全ての蔵にある。
蔵によってマークが違う。
多く見かけたのが「龍」と書かれている。
「龍」は片面だけで、もう片面には違う文字や模様が描かれてあった。
模様は家紋かな??

下の写真のように家紋とは違う文字らしき物もある。

RIMG0219_201507291135346bf.jpg
これはいったい何なんやろう??

これは直接聞いた方が早い!
家の人がたまたま出ていたので、車を止め声をかけさせてもらった。

RIMG0220_2015072911353502c.jpg

「この龍って文字は、どういう意味なんですか?」
40代か50代の男性は、今まで当たり前のことなので、急に蔵の事を質問されてもわからないみたい。
たまたま一緒にいた20代の息子は、
「わー!ほんとだ!蔵にこんなのが描かれてたなんて今まで気がつかなかった!」
と、驚いていた。

私がこの地域の蔵の特徴を話していると、家の中から腰が曲がったおじいさんとおばあさんが
誰と話しをしてるんだ?という感じで出てきた。

「おー ちょうど良かった。おじいさんなら蔵の事がわかるかも?」
と、私の質問を耳の遠いおじいさんに大きな声で質問してくれた。

おじいさん;「これは「龍」だ。」

私;「なぜ龍なのですか?」

おじいさん;「昇り龍という意味だ。反対側は名字」

「え!?名字!?」

おじいさんの息子と思われる40代か50代男性と、孫の若者も一緒に驚いていた。
みんなで反対側を見にまわった。

すると、この家の蔵には「〇〇」と書かれてあった。

RIMG0221_2015072911353636c.jpg

息子や孫が「わー!こんなところに名前が書かれてあったなんて、今まで気がつかなかったーー!」
と、びっくりしている。

私も名字が書かれてある蔵は初めて見た。

私;「他の家は、家紋が多いようですが、なんでこの家は名字なんですか?」

おじいさん「なんとなく」

私;「この蔵はおじいさんが建てたんですか?」

おじいいさん;「わしが建て替えたんじゃ。その時ななんとなく名字にしたんじゃ。
他の家の蔵も名字を書いてる家もあるよ」

おばあさん;「お爺さんが名字がええ言うてなー」

私も驚いたが、息子と孫が一番驚いていた。


おじいさんは蔵について、もっと説明してくれた。

おじいさん;「蔵の屋根は片方が長いじゃろ?」

そういえば、どの蔵も、屋根の片方が長かった。

おじいさん;「これは火事になった時、長い棒で屋根を道側にひっくり返すんじゃ」

私はてっきり軒下で作業するための雨よけかな?と思っていたが、そんな単純なことではなかったのか!

私;「屋根がなくなれば、蔵の中身に燃え移るんじゃーないですか!?」

おじいさん;「蔵にはもっとしっかりした屋根があるから中の物は大丈夫。
この屋根は蔵に乗せてるだけ。だから強風が吹くと飛んで行ってしまうんじゃ」

えーー!!
それって危ないやん~~
と、言いかけたが、グッと我慢した。

おじいさんからいろいろ教わり、勉強になった。
私がお礼を言うと、息子や孫は「僕たちも知らなかったことが聞けて良かったです」と言ってくれた。

今の家はどこ行っても同じだけど、昔の家屋って地域によって大きさや特徴が違う。
蔵も同じように地域によって違う。
地域の違いを感じて見つけるが楽しい。

なんちゃって駒ケ岳ハイキング中に雨が降ってきて、予定よりずいぶん早くに下山した私。

時間もあるので、道の駅のようなところに立ち寄り、周辺に面白そうな所ないかなー?とパンフレットを見ていた。

すると、すぐ近くに中央構造線の露頭がいくつもあることがわかった。

「露頭」とは、屋外で地層が露出している場所の事。

例えばこんなん
RIMG0223_20150723123825c19.jpg
この露頭は、「伊豆大島」
すごいでしょー
この露頭を見たくて、船で1泊し伊豆大島に行ってきたんですわ~



パンフレットを見ていると、今走ってる道は、中央構造線だった!

大断層の中央構造線!
見た目は、どこにでもある山の谷間の道。
表面上の景色は左右変わらないが、地中では中央構造線を境に左右の地層が全く違う。
そんな地層の境界線にいると思うと、興奮してきた!

さっそく「溝口露頭」に行ってみた。
おおー!
ここが中央構造線の境界か~
RIMG0189_20150723130939c44.jpg

溝口露頭はこんなん。
RIMG0193_2015072314100920d.jpg


RIMG0196_20150723130940547.jpg
すごい岩脈!!
縦に、グレー、土色、黒と3つの大きな地層があるのがわかるかな?
この3つ地層は、年代が全然違う。

グレーは一番古く、1億年前。
この地質は硬い。

右側の黒い地層は、8000万年前~7000万年前。
見た目黒く溶岩のように思うが、泥や砂が固まった物。

中央の土色が一番若いく、1500万年前。


グレーと黒い地層は、全く違う場所であった地質。
それがどうした事か、隣り合わせになった。
そして、1500万年前に土色の地層が割って入った。
不思議~

中央構造線は、茨城県から長野県の諏訪湖まで伸び、そして緩やかに南に下り、伊勢神社付近から紀伊半島と四国を突っ切って九州を分断している。

中央構造線は、谷が続いている。
下の写真の山の頂上が凹んでいる部分がある。
RIMG0198_2015072313093638a.jpg
ここは最近パワースポットとして注目されている(らしい)「分杭峠」

本当かどうかわからないが、この峠「磁場がゼロ」らしい。
それで最近パワースポットとして人気が出てきているとう。
磁場がゼロなのに、パワースポット???
意味わからん~
何か磁場(パワー)があるから、パワースポットじゃーないの?と突っ込みたくなる。

時間があれば、中央構造線を辿って巨大断層を堪能してみたい。
7/19の駒ケ岳の天気は、午後から雨になるという予報だった。
朝に登り、昼には下山しようと予定していた。

私は登山が好きではない。
じゃなぜ駒ケ岳に登るの?と思われるでしょう。

それは、駒ケ岳の頂上には氷河によって削られた「千畳カール」と呼ばれている地形がある。
この地形を見に行く為に駒ケ岳に登る。

駒ケ岳の千畳カールは、2万年前、氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形。

千畳カールは標高2600mにある。

千畳カールまでは、標高1662mからロープウェイに乗り、
標高2612mの千畳敷駅まで、7分30秒で一気に登ることができる。

このロープウェイは朝から混むらしい。
私は朝5時起きで安宿を出発した。

ロープウェイ駅までは途中でシャトルバスに乗る。

まだ早朝だというのに、バス乗り場には長蛇の列。
RIMG0110_201507221253507d9.jpg
この時間でも遅かったか・・・

バスは頻繁に来るが、何度バスを見送ったことか…
ずいぶん並んでやっとバスに乗ることができた。

ロープウェイ駅でバスを下車したものの、ここでも長蛇の列!
RIMG0112_20150722125351047.jpg
ロープウェイ乗り待ちの列…
ここでも40分待ち。


やっとロープウェイ乗車!
RIMG0122_20150722125354e13.jpg

ロープウェイ内は、身動きできないくらいギュウギュウ詰め。
7分30秒の我慢。

あっという間に2612mに到着。

朝は天気が良く、富士山が見えた!
RIMG0137_20150722125355ce2.jpg

ロープウェイを下りると、すぐ裏手が千畳カール
RIMG0150_20150722131844bbd.jpg
千畳カール内は、U字になっている為、風が無く、高山植物が豊富。

正面の山に登る。
RIMG0158_20150722131846800.jpg

RIMG0164_2015072213184767f.jpg

まだ所々雪が残っていた。
RIMG0166_201507221318496e5.jpg

花崗岩の岩場を登って行く。
RIMG0165_201507221330368f7.jpg

もうすぐ登りきる頃、下からだんだん霧が迫ってきた。
RIMG0171_20150722133037ab9.jpg

頂上に到着すると、霧が立ち込め、景色など全く見れない。
真っ白だった・・・
RIMG0170_20150722133508e97.jpg
本当なら景色がいいはずだが・・・

とりあえず、ちょっと休憩がてら、おにぎりをほおばった。

真っ白い霧を眺めながら食べていると、かすかに霧雨が降ってきた。
それに、だんだん冷たい風が強くなってきた。
本格登山するつもりが無かった為、防寒着を持ってきてない。

おにぎりを食べ終わる頃には、霧雨が小雨になってきた。
午後の雨が早まったのか?
持って来ていたカッパを急いで着る。

カッパを着ても、まだ寒い。
これから3時間ほどハイキングする予定だったが、この雨と風では無理!
迷うことなく、下山することにした。

RIMG0183_20150722133039c8f.jpg

ロープウェイの駅に下山したころには、本格的な雨になっていた。

駅では急いで下山した人と、今登ってきた人とごった返していた。
昼に登ってくる人たちは景色だけを見に来たのか、普段着の人ばかり。
赤ちゃん連れや、杖をついた初老も身内に支えてもらいながら下りてくる。

今、登ってきた人たちは、雨対策してなかった人が多く、雨に戸惑い建物から出れずにいた。

せっかく登ってきても霧で真っ白で景色など全く見えないし、雨で足元が悪くなり軽い散歩もできないのに・・・

ロープウェイで下山すると、下の駅でも人であふれていて長蛇の列。
私より先に下山した人たちかな?と思ったが、服装がラフな格好の人たちばかり。
今から上に登ろうとしてる人たちだった。

ロープウェイは往復2260円
ロープウェイ乗り場までの往復バスは、1640~2060円
1人合計3900円~4320円もする。
家族だと1万~約2万円もする。

そんな大金払ってロープウェイで登っても、冷たい雨と霧で全く景色が見えないのに・・・

ロープウェイで会社は、今から登ろうとする人たちにちゃんと伝えてるのかな・・・?
みんなわかってても、ここまで来たのだからと登るのかなー?



下山しても下界はまとまった雨だった。

で、私の駒ケ岳ハイキングはというと、雨の為、往復1時間半ほどで終え、下山した時はまだ12時になってなかった。

ありゃ、えらい早く終わってしまった~



プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
日記タイトル一覧
  • 国内旅行
2015年08月04日 (火)
2015年07月31日 (金)
蔵の町・栃木
2015年07月29日 (水)
蔵に隠された秘密
2015年07月23日 (木)
中央構造線・溝口露頭
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる