南アフリカに行ってびっくりしたことがある。

ヨハネスブルクの治安の悪さ。
仕事がないのか昼間から何もせず店先にいる男性たち。

いいや、
そんなことには驚かない。

私が驚いたのは、

黒人の後頭部が、すごく出ていることだった。

南部アフリカ(南アフリカに多かった)では、
びっくりするほどの後頭部の持ち主を何人も見かけた。

あれはいったいなんでなんでしょう・・・?
ものすごい不思議だった。

写真に収めたかったけど、絶壁の日本人ばかり見ている私には、
衝撃を受け「写真を撮ってもいい?」とは聞けなかった。


たまたまかもしれないが、子供と女性に多いようにも思えた。

そのように、ものすごい後頭部の子供を見ると、
産んだお母さんは、めっちゃ苦しかったやろうなー
めっちゃ難産やったんやろうなーって思ってしまう。

ちなみに、子供たちは、後頭部が出てるだけで
愛嬌がありすこぶる元気だった。
だから病的なものではないと思う。


そいえば・・・
古代エジプト文明の時代、壁画などにも残っているが、
当時のエジプト人たちの後頭部もものすごく出っ張っていた。

学者たちは、

「当時は後頭部を出すために、頭部の両サイドを木の板で挟み
後頭部を大きくなるようにしていた」

と言っているけど、
南ア人の後頭部を見ると、生まれつき後頭部が出たんじゃーないの?とも思えてくる。

そう思うのも、壁画を見ても当時の古代エジプト人は肌が茶褐色。
南アフリカの黒人は、周辺諸国と比べると色が薄い茶褐色。
(ジンバブエに入ると、ジンバブエ人の肌の黒さに驚く)
壁画に描かれている顔などからして、古代エジプト人がまるっきり黒人だとは思わない。

でも、もしも古代エジプト人が黒人の流れをくむ人種(民族)なら、
あのような後頭部の異様な出っ張りがあっても納得できる。

なーんて、私の勝手な憶測でした。


だれか南ア人に多い後頭部の出っ張りについて詳しい人がいたら教えてほしいです。


ワールドカップ決勝戦では、監督がマフラーをしてましたよね。
覚えています?

日本は夏前だけど、南半球の南アフリカはもう冬に入ろうとしている。

しかも、ヨハネスブルクは標高1700m!!
ちょっとした高原やん~

新聞でも取材記者は、「開催期間中だんだん寒くなり、
近頃では毎日寒くて毛布が欠かせない」と書いてある。

日本時間 7/12 16時。
7時間時差がある現地では、朝の9時。
ヨハネスブルクでは気温1度
と書かれてあった。

そら、寒いはずですねー


さらに標高が高いレソトでは、冬には雪が積もるという。
緑一色だったレソトの最高に素晴らしく美しかった高原も、
もうすぐ雪一色になるのかな~?






2010年ワールドカップ、日本代表勝ちぬいていますね~

1カ月前のしらけムードはいったい何だったんでしょう?

開催国の南アフリカの治安の悪さや、日本代表が強化試合で負け続けてたから?

以前、今回のワールドカップが盛り上がっていないとを書いたところ、

「サッカーに少しでも興味のある人であれば、
言わずもがなでしょう。」

とコメントをいただきましたが、
私は、ワールドカップは世界の強豪国やスーパースターたちのプレイを見ることが楽しみだから、
日本がワールドカップに出てないとしても興味がある。

アメリカ大会では日本はドーハ(カタール)で負けて、
ワールドカップ出場ならなかったけど、
私としてはバッジオを決勝まで見ることができ、一番印象に残っている。
それに、目が血走って異常なほどのハイテンションのマラドーナにはびっくりしたなー
後に薬物使用で大会途中で追放さてましたね。



今晩は日本代表VSパラグアイの試合がある。
場所は、プレトリア。

プレトリアは、南アフリカの首都なんですよ。
ヨハネスブルクが南アの首都と思っている人もいるみたいですが、違いますよー

ちなみに、南アフリカの首都は3つあるって知っていました?

行政府は、プレトリア。
立法府は、ケープタウン。
司法府は、ブルームフォンテン。

ブルームフォンテンは、6/14日本VSカメルーン戦があった町。
ちなみに、ブルームフォンテンって、ものすごくコンパクトな町で、
スタジアムも町の中にあり、すぐわかる。


で、今日行われるプレトリアは、街が大きいこともあって、スタジアムは見つけられなかった。
(地図で調べたら、私が泊っていた宿からだと、街中心の反対側に歩くと、すぐのところにあったみたい)


では、プレトリアの街をざっくり紹介しますね。

市街地は格子状の道路が広がり、とても歩きやすい。
ヨーロッパからの移民の町だったこともあり、建物は石造りで街の中心には銅像多い。

プレトリア 7

プレトリア 8

街全体に緑や公園が多く、
街の中心のチヤーチ・スクエアでは、いつ行ってもたくさんの人がのんびりと過ごしている。

プレトリア 3

プレトリア 1

プレトリアの公園では、欧米諸国と同じ光景がみられる。
ただ、違うのは、肌の色が違うだけ。
目が合い挨拶をすると、陽気に挨拶を返してくれる。


人々は、昼寝をしたり、ピクニックをしたり、読書をしたりしている。

プレトリア 2
寝てる人は浮浪者じゃーないですよ。
一般人が昼寝をしてるだけ。


芝生の上で大の字になるって気持ちいい~♪
プレトリア 4

街は、こんな感じ。
ショッピングモールもあったり、ぶらぶらするだけで楽しい。
プレトリア 6

プレトリア 7

プレトリア 8

国立劇場もあり、オペラやバレエ、交響楽団のコンサート、演劇も行われていた。

学校が終わるころになると、制服を着た中高生たちが、友人たちとおしゃべりしながらバス待ちをしたりしている。
どこの国でも見られるような光景。

ヨハネスブルクから車でたった30分ほど行った隣町で、
こんなに違いがあるのか!と最初プレトリアに行った時は驚いてしまった。


少し郊外に行くと、このようなのどかな住宅地。
プレトリア 5

プレトリアにはジャカランダの木がたくさん植えられていて、
春になると紫の花をつけ、街が紫一色になる。
プレトリアは春がいいですよー
(分かっていることでしょうが、プレトリアの春は、日本の秋ですよ~ お間違いのないようにね)


プレトリアも物騒になってきていると言われていますが、
夜に出かけたり、物騒な場所に近寄らない、金目の物を持たない限り、身の危険を感じることはないでしょう。
夜にバスに乗るため、どうしてもバスターミナルに行かないといけないときなどは、タクシーを利用しましょう。
(ま、それはどこの国も同じですね)

プレトリアは、ヨハネスブルクの空港から車でスムーズに行くと30分~40分。
でも、2010年2月は、ワールドカップのため幹線道路は工事が行われていて、
常に大渋滞。
2~33時間もかかってしまった。



ちなみに、
プレトリアって標高1200mっもあるんですってね!!
いやー びっくり!!

どうりで、夏でも朝晩冷えるとな~と思ったわ~

ブルームフォンテンと同様、プレトリアも標高の高さを全く感じない。
ちなみに、ブルームフォンテンの標高は1400m。
(標高1400mといえば、白樺高原とほぼ同じ)

広大な大地だからか、なぜか標高の高さを感じない。

これはほんとうに不思議。




今、日本vsカメルーンの試合がブルームフォンテンで行われる。

ここ、ブルームフォンテンには2度行っている。
陸路でレソトに行くには、この街でバスを乗り換えていかないといけない。

ブルームフォンテンへは、ヨハネスブルクからバスで5時間15分。
夕方の17:45分発のバスだったが遅れていて、18:15ヨハネスブルク出発。
ブルームフォンテンに到着したのは23:30

この町にはホテルが少なく、安宿がない。
あるにはあるけど(1泊100R)、そんな夜中に行っても満室だった・・・



バスでブルームフォンテンの町に入った時、
大きなスタジアムがあった。

「あ~! ここってワールドカップ会場ちゃうの!?」

しかし、深夜だったため、ゆっくり見れなかった。

レソトからまたブルームフォンテンに戻ってきたとき、
スタジアムを見学。

ブルームフォンテン 1

ブルームフォンテン 4

ブルームフォンテン 2


しかも、6/14に日本がここで試合をする。

4ヶ月後には、ここで試合するんや~
すごいな~
そんなことを思いながら、網にへばりつきピッチを眺めた。
ブルームフォンテン 3


私が行った2月は夏。
ブルームフォンテンは、昼間は暑く、日差しが強かった。
ほんと眩しかった。


ブルームフォンテンは標高1400mもあるんですってね。
そんなに標高が上がってるって気付かなかった。

昨日 リュックが盗まれた

困った ...


大きな太鼓を2つも買ってしまった
どうやって持って帰ろう

困った ...

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
日記タイトル一覧
  • 南アフリカ
2010年07月13日 (火)
後頭部
2010年07月12日 (月)
今の気温1度
2010年06月29日 (火)
プレトリア
2010年02月18日 (木)
リュックが盗まれた
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる