今から中国に出発します。

中国ではこのブログは見れないと思います。

富士山一周の翌日1/3は、ジュジュちゃんに皮から餃子の作り方を教えてもらった。

全て目分量。

量りなど一切使わない。

餃子の皮作りも目分量と手触りで作る。

捏ねて捏ねて、捏ねりまくる。

30分以上きじを捏ね、乾燥ささないように、ぬれた布で多い30分寝かせる。

その間具具材作り。

具は食べたい物のお好みと目分量で作る。

てきとーに油、醤油、みりんなど入れてたなー

私が片付けなどしてる間に、彼女はテキパキと調合してしまい、何をどれくらい入れたのか見れなかった・・・

そのことを嘆いていると、「だいたいでいいの~」と、彼女も味をみながら入れていたみたい。

餃子作りは、過去2-3度作ったことがあるだけ。

手作りの皮は柔らかく、包むのが難しい。

彼女は上手だが、私は皮が薄いところがあったりダメダメ・・・

包む作業はジュジュちゃんにしてもらい、私は生地を延ばし、ちぎって皮にする作業。

全部で39個作れました~

IMG_4066.jpg
最初に作ったのは、めっちゃ巨大・・・
後半になると、2人ともうまくなり、同じ大きさになってきた。

ま、ジュジュちゃんの地域は、餃子を作る習慣がないので、
彼女もほぼ素人。

具が結構残ってしまった・・・

「余った具はどうするの?」

「お団子にしてスープに入れたりするの。
でも、私の地域では、この具を卵に巻いて蒸すの。 すっごくおいしいよ」

「じゃ、ジュジュちゃんの地域の郷土料理を作ろう!」

錦糸卵を作り、餃子の具を薄く敷いて、巻く。
IMG_4067.jpg

そして、蒸す。

水餃子と蒸し餃子、湖南省の卵巻き料理の完成~!
IMG_4069.jpg

今年の正月は、初夕日から始まり、富士山一周、日本料理に中国の正月料理で盛りだくさんでした。

ジュジュちゃんがいてくれたおかげで、充実した楽しい正月になりました。

たまには日本で正月もいいですね!





1/2は、富士山一周した。

1/2は、朝4時半起床。
まだ真っ暗な5時前に家を出た。

相模湾沿いまで来ると、海が見え、徐々に海側の空がピンク色に染まった。
所々雲があり、空が明るくなると雲も色づきだす。
刻々と空の色が変化する。
この世の物とは思えないほど美しい。
日本でここまで美しい空を見れるなんて・・・

そろそろ日が出てくる!
ちょうどタイミングよく、海からのご来光を見ることができた。

RIMG0049_20160106113052a6f.jpg

まだ日が出ていない、この時、振り向くと富士山がピンクに染まっていた。
RIMG0050_20160106113053a9d.jpg

ジュジュちゃん、この日、初めて富士山を見た。
初めての富士山がピンクに染まってるなんて、なんて運がいい!

しかし、去年まで彼女は雨女で、富士山を何度か見に連れて行っていたが、いつも雨か曇りで富士山を見たことがなかった。
この日は晴天で、やっと富士山を見ることができた。


徐々に空が明るくなってきた。
RIMG0052_2016010611305506f.jpg

IMG_3996.jpg

太陽が地平線に近づくと、ピンク色の雲がだった地平線が、オレンジ色に変化する。
IMG_4002.jpg

この日は、ほどよく薄い雲があり、最高に美しかった。

次に向かったのは芦ノ湖から見る富士山。
IMG_4019.jpg
ここも3度目にして、やっと富士山が見れた。


実は、天気予報では、1/2は午前中富士山近郊は曇りだった。
またかー・・・と、期待していなかったが、朝から晴天!
どこからでも富士山が見れた。

三保の松原からの富士山
IMG_4023.jpg

どっかの湖からの富士山(名前忘れたー)
RIMG0085_2016010612354563e.jpg

また別の湖からの富士山(名前忘れたー)
RIMG0089_20160106123546435.jpg

1000円札の裏の富士山の本栖湖からの富士山
IMG_4041.jpg

山梨県の富士吉田神社へ
IMG_4051.jpg
ここで初詣。

めっちゃ長い階段を上ると五重塔がある。
IMG_4050.jpg

裏山を少し上ると、五重塔と富士山を収めることができる。
IMG_4045.jpg
太陽が高すぎるし、逆光であまりきれいに撮れなかった・・・
私の中では、この日の行程の中で一番のメインだったのに・・・
残念・・・
次は午前中に行きたい。

予定より、ずいぶんスムーズに回れたので、忍野八海に行ってみた。
IMG_4054.jpg
ここは、生前ちーちゃんに連れてきてもらったところ・・・
あの時は、曇りで富士山が全然見れなかったな・・・

この日は夕方だったが、富士山がとても美しかった。
IMG_4056.jpg

日が沈む寸前、ちょうどどこかの湖にさしかかり、車を止めて日暮れの富士山を見るとができた。
IMG_4060.jpg

最後に山梨で温泉に入って帰った。

この日は朝から晴天で、どこからでも富士山が見えて、最高の富士山日和に一周することができた。
元旦の夜は、ジュジュちゃんが泊まりに来た。

元旦は朝から、海鮮ちらし寿司や京芋の煮物など、なんちゃっておせち料理やを作った。
IMG_3973.jpg

東京ゲートブリッチで夕日を見た後、ジュジュちゃんが家に来た。

夕食には、なんちゃっておせち料理。
IMG_3977.jpg


ジュジュちゃん初めて見る正月料理に感激してくれたが、
私は日本での正月はほぼ初めてで、この料理で合ってるのかは、ちょっと自信がない・・・

ジュジュちゃんは、おととしの2014年夏に日本に留学生として来日。
去年の正月は、寮の同室の中国人留学生4人と中国式年越しで餃子を作って食べたという。
(正月に餃子を作って食べるのは、中国の北の習慣。
ジュジュちゃんは、南部の湖南省出身だから実家では餃子は作らない)

大学で日本文化を習ってて、おせち料理の事は知っていたが、実物を見たことがなく、食べたこともなかった。

おせち料理を初めて食べて、どれもすべてすごく甘くて、驚いていた。

「これは全部デザートですか??」

言われてみれば、全部甘いなー
金時なんて、超甘い。
モンブランケーキより甘いのでは??

おせち料理は、それぞれの料理に意味があるらしい。
中国人に教えてもらいながら食べたが、もう忘れちゃった~~

元旦は晴天でしたね~

初日の出も見れたとか??


私は初日の出ではなく、初夕日を見に行きました~

元旦から3日間、中国人留学生のジュジュちゃんが泊まりに来た。

元旦の午後から、東京ゲートブリッチへ!

RIMG0050_2016010609491177a.jpg

ゲートブリッチは遊歩道があり、歩ける。
RIMG0057_2016010609491245a.jpg

エレベーターで遊歩道に上がると東京湾を一望できる!
RIMG0063_201601060949158c8.jpg

スカイツリーも見れた!
RIMG0058_201601060949144eb.jpg
(写真はズームしました。
実際はこんな大きく見れないけど、すぐスカイツリーを見つけることができる。)

橋を歩いていると、だんだん日が沈みかけ、富士山がしっかり見えてきた。
RIMG0080_20160106101816907.jpg

RIMG0074_2016010609491721d.jpg

RIMG0090_201601061018171ce.jpg

RIMG0094_201601061018184b6.jpg
※ゲートブリッチに上れるのは5時まで。
なので、日の入りが4時台の冬でないと、ゲートブリッチから夕日は見れません。

RIMG0101_2016010610182190a.jpg

振り返えると、東の空がピンク色になっていた。
RIMG0097_20160106101819e8c.jpg

RIMG0104_20160106102023893.jpg

夜になるとライトアップしたゲートブリッチを見ることができる。
RIMG0106_20160106102022fba.jpg


素晴らしい初夕日を見ることができました。




プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 東京での暮らし
2016年01月07日 (木)
今羽田空港
2016年01月05日 (火)
中国風正月
2016年01月04日 (月)
富士山一周
2016年01月03日 (日)
初めてのおせち料理
2016年01月02日 (土)
元旦は初夕日
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる