ちょうど1年前の9/15、中国人の親友カンちゃんの結婚式に出席した。

その前に9/4から不思議な組み合わせの男女3人で、11日間も一緒に貴州省のトン族のお祭りを見に行き、トン族の村々を旅した。
3人での旅の最後に、カンちゃんの結婚式に出席した。
(ちなみに1人の女の子はカンちゃんとは初対面)

結婚式の前日、一緒に旅していたNちゃんが何気に「明日私の誕生日やねんな~」と言った。

えー!
自分の誕生日に、まったく知らない中国人の結婚式に出席することになったん!?

Nちゃんにとって今回の旅は、初めてバックパッカースタイルの旅ができ、少数民族の村々に行け、中国人の結婚式にも出席できるということで、参加表明をした。

自分の誕生日に、祝ってもらうわけでもなく、赤の他人を祝うことになったNちゃん。

そのことを知り、Nちゃんに花を贈ることにした。
一緒に旅してた男性のCさんに事情を言うと、「じゃ、俺も一緒にする」と言ってくれ、結婚式当日の朝、私は町に出て花屋を探したが、見つけられなかった・・・

結婚式のメイクをしているカンちゃんの部屋に行き、事情を説明し相談すると、
「じゃ、私の知り合いの花屋に電話して持ってきてもらうよ」と言ってた。

Nちゃんは2日後に帰国するため、小さめの花束をお願いした。
1時間後に届いた花は、大きく立派でびっくり!
花束
バラ一本一本にきれいにラッピングされてあって、花束全体にラメが吹き付けられてて、キラキラしてる。
センスが日本人離れしてて、ちょっとびっくり!

Cさんの部屋に花束を置かしてもらい、出かけてたNちゃんが戻ってきたとき
「さっきCさんがNちゃんに用事があったみたいで来たよ。
Cさんの部屋に行ってみよっかー」と誘い出し、Cさんと一緒に花束を渡した。
Nちゃんは、立派な花束にびっくりしながらとても喜んでくれた。
その日はずっと花束を眺めていた。

1年前の昼は、Nちゃんの誕生日を祝えたことでもその日は幸せな気分になり、
夕方には、カンちゃんの結婚式で感無量だった。

カンちゃんとは知り合って7年。
彼女の恋愛事情を聴いていたし、中国人の結婚平均年齢は、20代前半。
彼女は日本留学を終え帰国した時には、20代半ば過ぎ。
同級生や友達はみんな結婚し、子供もいると言っていた。
なかなか彼氏ができず「なんで私には彼氏ができないの・・・」と嘆いていた時期もあった。

彼氏(今の旦那)ができたときにはすぐ教えてくれ、一緒に喜んだ。
そして、プロポーズを受ける日「今日彼がプロポーズしてくれる」と電話があった。
「なんで今日プロポーズがあるってカンちゃんが知ってるの!?」
「こないだ彼が婚約指輪を買ったのを知っている。そしてプロポーズするなら今日しかないから」
そして、プロポーズがあってすぐに連絡があって、輝く指輪をはめたカンちゃんの写真が届いた。
私も疑似体験してるみたいで、一緒に喜び祝福した。
「結婚式には絶対行くから!」
「ほんと!?中国まで来てくれるの!?」
「もちろん!」

そんな約束をした半年後の9/15中国貴州省で結婚式。
DSCF3160.jpg

DSCF3207.jpg
(白っぽいドレスで結婚式に出席していいの!?と思うかもしれませんが、結婚式用に三着持って行って、カンちゃんに見てもらい彼女が「これを着て」と選んだものです。)

カンちゃんは結婚準備に取り掛かったとき、結婚式用にドレスや赤いチャイナドレスを買ったとか、その都度写メを送ってくれていた。
あの写真のドレスがこれかー!
赤いチャイナドレスも素敵。

(中国では、民族によっても違うが、漢民族は基本赤色が幸せを呼ぶ色とされ、新婦は赤い服を着る)
最近は、西洋文化が入ってきて、白いドレスにお色直しで赤いチャイナドレスを着る人が増えているらしい。

カンちゃんの結婚式も今風の洋式で、日本とあまり変わらない。
ただ、違ったのは、出席者の服装と会場の片付け方。

カンちゃんは、貴州省の省都・貴陽なので都会。
しかも会場は、貴陽の一番中心にある、外資系ホテル。
結婚式会場は日本以上にきれいにセッティングされていた。
DSCF3148.jpg
DSCF3151.jpg

RIMG0386.jpg

出席者の服装が、日本とはちょっと違っていた。
両親は赤い服。
親族は、赤を基調としたきれいな服。
友達とかちょっと小ぎれいな普段着って感じ。

驚いたのは、
会場の後ろの方に座っている人たちは、Tシャツに半パン、サンダル履き。
めっちゃラフな普段着。
ひどい人は、まるで下着の白いランニングシャツだった。
寝起きのまま来たんちゃうかー!?
田舎のおっちゃんがいっぱい紛れ込んでいるって感じ。
中国の結婚式は地域によっては、通りすがりの人が勝手に入って食べて帰るって聞いたことがあるが、ここは外資系ホテルの会場。
通りすがりってことはないだろう。
後でカンちゃんに聞いたら、両親の友達でカンちゃんはまったく知らない人らしい。

一通り料理が出終えると、会場の後ろのTシャツ&ランニング集団は、次々に帰っていく。
そして気が付くと出席者の三分の二がいなくなっていた。
後ろが騒がしいなーと振り向くと、後ろの席から料理が片付けられたと思ったら、テーブルも片付けていた。
後ろの席で残って食べている人には、前の方に移動しろと言われ、みんな前へ前へ移動してくる。
そして食べ終わると、その人たちも次々に帰っていく。

会場は中国人たちの話し声で、常に騒がしいが、さらになんだか騒がしい。
横を見ると、バージンロードが解体され撤収していた。

えーー!
披露宴はまだ終わってないのにー

カンちゃんが私たちのテーブルに来たとき、「会場が半分撤収されてるよー!大丈夫!?」というと
「そうねー 大丈夫、気にしないで」と、全く気にしてない様子だった。

円卓に人が少なくなると、人が多い円卓に移動させられる。
私たちもとうとう親族の席に移動させられた。
移動させられた途端、私たちがいたテーブルがあっという間に跡形もなく片付けられた。

親族の1人のおばさんと私は2009年貴州省のミャオ族の村で偶然に出会っていた。
久しぶりの再会におばさんもびっくり。
あのとき偶然に出会った相手が、姪っ子の友達でわざわざ日本から結婚式に出席してくれたとあって、おばさんはすごく感激してくれた。
当日まで、私がカンちゃんの結婚式来ることも知らなかったし、それほど親しい仲だったことも知らなかったらしい。
だからすごく驚いていた。


2012年の正月、雲南省の麗江を旅した後、私は貴州省の西側の少数民族の村を旅しようと、雲南省昆明から列車で入ったが、ちょうど大寒波で貴州省は大雪に見舞われた。
村に行くバスは雪でストップ。
もう少し大きな町に移動したが、そこも雪で村には行けなかった。
カンちゃんが「貴陽においで」と言ってくれ、急きょ予定を変更し貴陽に移動した。
貴陽でも数十年ぶりの大雪でどこも真っ白だった。
カンちゃんの家でお世話になることになったが、急な寒さで私は風邪をひき高熱が出て、おう吐と下痢で、食べ物を受け付けなかった。
少しでも口にすると、すぐトイレに駆け込まないといけないほど重症だった。
その状態が4日間続き、カンちゃんの親族が心配し見舞いに来てくれた。
総勢6名ほど。
カンちゃんの両親を合わせると、おばちゃん、おっちゃんが8名!
みんなかわるがわる、私のおでこに手を当て、何やら議論していた。
私の症状を聞き、一人のおばちゃんが、「おばあちゃん言い伝えの薬がある!」と自家製薬を作ってくれた。

大量の胡椒にアルコール度数がめっちゃ高いお酒をどんぶり鉢に注ぎ、
「これを飲みなさい」と渡された。
私はお酒が飲めない・・・
カンちゃんに、「こんなにいっぱいのお酒飲めないよー」と、助けを求めるが、
「これは秘伝の薬だから、これを飲めば大丈夫!」

こうなったら飲むしかない・・・
大量の胡椒が入ったきっついお酒を口にした。
一気にむせこんだ。
一口でも強烈なのに、「全部飲み干せ」とカンちゃん一族が言う。
大人9人ほどに囲まれ、強烈に強いお酒が入った丼鉢を飲み干すまで見守られた。
何度もむせ込み、私にとっては拷問だった・・・
飲み終えた私はベットに倒れ込んだ。

カンちゃんの親戚のテーブルには、あの時のおっちゃんやおばちゃんがいた。
私はあの時、しんどくてみんなの顔は覚えていなかったが、みんなは覚えていてくれたようで、
「元気になったのね!あの時は死にそうな顔をしてたけど、今日はいい顔してる!」と言っているのかわからないが、そんな感じで私の顔を撫でてくれた。


その他にも、以前貴州省を旅した時に知り合った人が、カンちゃんの結婚式に出席していて、めちゃめちゃびっくりした。
その人とカンちゃんが知り合いだったことを知らなかった。
相手も、なんで私とカンちゃんと知り合いで、日本からわざわさ結婚式に来ているのか理解できない様子。
カンちゃんも「なんでカオリこの人を知ってるの!?」と、3人がめちゃめちゃ驚いた。
いろんな偶然と、見えない力で引き寄せられているような、不思議な感じだった。

Nちゃんの誕生日を祝うことができ、
そして、カンちゃんの幸せな姿を見れて感無量の1年前の9/15だった。

【中国・貴州省&台湾結婚式 旅行記】

2014.9/4-29 26日間の旅

● 9/5  3 Day


今回の旅の目的は2つある。
1つは、カンちゃんの結婚式出席。
もう1つは、トン族の歌祭を見に行く。

3日目は今回の旅の1つの目的でもあるトン族の歌祭の村へ行く。

トン族の歌祭が行われる村へは、従江からバスで行く。
私は3年半前に行っている。
当時は、朝8時、14時、1日2本のバスが出ていた。

しかし、今回歌祭が行われる村に行くバスは出ていないと言われた。

バスが出ていないのなら、自力で行くしかない。
今回は3人いるから、車をチャーターすることにした。

従江に到着し、ホテルに「明日車をチャーターしたい」と言うと、運転手が来て値段交渉した。

歌祭がある村に行くまで、いくつもトン族の集落がある。
事前に調べていたトン族の村に立ち寄りながら歌祭がおこなわれる小黄村に行くことにした。

行き、
従江→高増→黄崗→小黄

車代 300元(6000円)

帰りは、
小黄→占里→従江

車代 260元(5200円)

予約した時は、従江に戻りすぐバスに乗り次の目的地、肇興に行く予定だった。

こうして日本円を出してみると、けっこう高いなぁ…

とはいうものの、
1人なら、車チャーターなど高くてできない。
バスが出てない村や、めちゃめちゃ山奥の村へ行くには、車をチャーターするしかない。
車代は高くつくが、3人で割るからグッと安くなる。
こんな機会はめったにない。
迷うことなく、車をチャーターした。


出発する朝、約束通りに車が到着。
ワゴン車に荷物を積んで、いざ出発。

バスと違って、バスターミナルまで荷物を背負うことなく、バスの出発時間を気にすることも無い。
荷物を持たなくていいから、体がめっちゃ楽。
ホテル前からすぐ車に乗って出発できるなんて、すごく感動だった。

両手を広げてもまだ余るほどの広くてフカフカのベットで眠れて、
朝食も付いている。
それに、ホテル前に車の迎えが来るなんて~♪
私の今までの旅では、考えられないくらいの贅沢。
こんな贅沢で楽な旅をしていいの!?と思ってしまう。

namiちゃんも過酷な旅を想定していたのに、予想と全く違う贅沢な旅で
「今まで海外行った中で一番贅沢な旅やわ~♪」と喜んでいた。



【中国・貴州省&台湾結婚式 旅行記】

2014.9/4-29 26日間の旅

● 9/5  2 Day
■ 従江 


従江に到着して、ホテルを探してる時、点滴を打ちながら歩いてる女の子がいた。
DSCF1156.jpg

思わず写真を撮らせてもらった。

そして、ホテルにチェックインして、少しして町に出かけたら、また彼女とバッタリ会った。
2回目にあった時には点滴の棒はなく、自分で手をあげ点滴を持って歩いていた。
DSCF1158.jpg
腕が疲れると思うけどなー?

しかも、点滴を打ちながら、なぜ町をウロウロしてるんやろう?

不思議~?
こういうのが見れるのも、中国の面白さでもある。


3人で初めての晩餐はこの食堂。
DSCF1177.jpg

DSCF1176.jpg

DSCF1179.jpg

おかず三種類&ごはん
これだけ注文して、全部で60元(1200円)
全部、めっちゃおいしい~
3人できれいに平らげた。
3人で割るから1人20元(400円)でお腹いっぱい~♪

相棒がいると、いろんなおかずを食べられるのが嬉しい♪

【中国・貴州省&台湾結婚式 旅行記】

2014.9/4-29 26日間の旅

● 9/5  2 Day
■ 従江 


従江は山と川挟まれた細長い町。

こんな感じ。

DSCF1155.jpg

DSCF1154.jpg
この建物の裏は山の傾斜になっている。

道路はこの一本だけ。

細長ーい町で、ここが町の中心という場所はない。
あるとすれば、対岸に渡る橋の手前のロータリーかな?

21014年の従江のロータリー
DSCF1164.jpg

以前は、ここが一番お店があって栄えてた。

2009年の従江のロータリー
P4160671.jpg

こうして写真を見比べると、建物の色が変わってる!
従江に到着してすぐ、なんか今までと違うなー?って違和感があったけど、建物の色が統一したんですね!

では、
2009年の従江の町並みです。
P4160659.jpg

P4160660.jpg

P4160662.jpg

今は建物の色が統一され、どんどん町が伸び(大きくなり)、町の端っこもいろんなお店ができていた。


橋を渡ってみる。


従江から対岸を見た景色
2014年
DSCF1166.jpg

従江から対岸を見た景色
2009年
RIMG1578.jpg

正面の建物はあることはあるが、当時は建設中だったような・・・?

2014年現在、正面の大きな建物はホテルと1階はいろんなお店ができ、賑やかになっていた。
DSCF1171.jpg

DSCF1172.jpg

川沿いから撮った従江
2009年
P4170822.jpg
以前の対岸では建物が建設途中で、上の写真のようにレンガを積み上げてる最中でした。
2014年は建物が完成し、壁も白く塗られて、きれいな町並みになってました。



同じ場所からではないですが、
2014年
DSCF1168.jpg

DSCF1167.jpg


従江の地図
DSCF1185.jpg

DSCF1186.jpg


【中国・貴州省&台湾結婚式 旅行記】

2014.9/4-29 26日間の旅

● 9/5  2 Day
■ 従江 ホテル 「奥悦酒店」

従江に到着したら、バスターミナルが移転していた。
町の中心に行くには、バスターミナルを出て左に歩く。

宿を探さなくては・・・
新バスターミナル前にも宿があったが、中心に近い場所が好ましいし、前回泊ったホテルに行くことにした。
しかし、前回のホテルはもうなかった…

詳しいことはこちら

http://kaoridon.blog68.fc2.com/blog-entry-1991.html

新バスターミナルから旧バスターミナルの間には、いくつかホテルがあった。
もう一度戻って、宿を探すことにした。

いつもなら貴州省を旅する時、私は1人旅。
しかし、今回はいろいろあって、それぞれタイプが違う人間と3人旅。

Cさんは、裕福な旅行者(バックパッカーではない)
namiちゃんは、お金がないバックパッカー初心者
私は、お金に余裕がないバックパッカー

Cさんとnamiちゃんは今日が初対面。

Cさんとnamiちゃんの共通点は私になる。

しかし、namiちゃんと私、会うのは8か月ぶりの2度目。
Cさんとは、知り合って5年ほどだが、よく良く考えると2人きりで会ったのは2度ほど。

3人、ほぼ初対面のようなもの。

宿を決める時、「どこにする~?」と聞くと、
Cさん、namiちゃんは「どこでもいいよー」と言う。

招待所がいくつかあるが、食堂の上の階が宿になってる。
食堂を通り、その奥の階段を上がる招待所が2‐3軒ある。
看板も古い感じ。
2人ともあまり気が乗らなさそう。

途中に立派なホテルがあった。
「奥悦酒店」
DSCF1184.jpg
ね。
立派なホテルでしょ~
きっと高いだろうなーと思いつつとりあえず値段だけ聞こうと入ってみた。

広いロビー
DSCF1188.jpg

うわー 高級そう~
こんな高級なホテルに入り慣れてない私とNamiちゃんは雰囲気にのみ込まれた。

料金を聞くと、1泊180元(3600円)という。
海外では、一部屋の料金なので、2人で泊れば半額の90元(1800円)になる。


今まで貴州省を1人で旅してる時、だいたい100元の宿で泊ってる私にしたら90元なら通常より安い。

部屋を見せてもらった。

DSCF1159.jpg

めちゃめちゃ広い~~
ベットもセミダブルはある。

こんなきれいな部屋が90元で泊れるなんて~
ケチケチしてオンボロ招待所で泊れば一部屋100元。
1人50元。
日本円で計算すると1000円の宿。

たったの800円をプラスするだけで、こんなに広くて清潔な部屋に泊れるならここがいい~

Namiちゃんも同じ考えで、
「たったの1800円でこんないいホテルに泊れるの~!? オーストラリアと全然違う~♪」と大喜び。

Cさんも了承し、貴州省2日目もこんなにいいホテルで泊ることになった。
Cさんは男性なので1人部屋。

こんなにいいホテルで泊れることになり、私もnamiちゃんも大興奮。

初めて中国に来たnamiちゃんは、
「中国のホテルって、全然良いイメージなかったけど、
こんなにいいホテルが、オーストラリアの6人部屋のドミトリーより安いってすごいなー
掃除もちゃんとしてて清潔やし、中国のイメージ変わったわ~」



有料だけど、棚にはこんなにいろんな物がある。
DSCF1160.jpg

この棚の物は有料だけど、500mlのペットボトル2本TVのあるボードに置かれてある。
それは無料でもらえる。
電気湯沸かしポットも備え付けであり、温かいお茶やコーヒーも飲むことができる。

シャワー&トイレ
DSCF1956.jpg

ドライヤー付き。
ここでもドライヤーがあり、namiちゃん感激。

バスタオル、タオル、シャンプー、ボディーソープもある。
日本から持ってきた風呂グッズ、全然使う事がない。

1泊目の貴陽空港前のホテルも良かったが、ここの宿の方が部屋が広くて高級感がある。
貴陽空港前の「机場賓館」1泊288元(5760円)2人で泊れば2880円。
従江のこの宿「奥悦酒店」1泊180元(3600円) 2人で泊れば90元1800円

ツインとダブルがある。
Cさんのダブルの部屋も見せてもらったが、すごく良かった。
(写真撮るの忘れてた…)

「奥悦酒店」に宿泊するには、デポジットが必要。
デポジットとは、保証金。
オーストラリアでも、デポジットが必要なバックパッカー宿がよくある。
1泊分より、少し多めの金額を払う。

「奥悦酒店」のデポジットは、200元(4000円)

※ 支払いは現金のみ
どのクレジットカードも使えません
(中国の銀レンカードも使えない)


プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • 2014.9 中国・貴州省&台湾
2015年09月15日 (火)
1年前の今日
2014年11月07日 (金)
従江で車をチャーター
2014年11月06日 (木)
点滴しながら町をぶらつく
2014年11月05日 (水)
5年前の従江と今
2014年10月31日 (金)
従江のホテル
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる