ちょっと忙しくしていて、ブログが滞ってしまいました・・・。

このブログを今も見てくださっている方、いるのかな・・・?


久しぶりに再開したブログですが、
先週木曜日、とてもショックなことがあった・・・

その日は朝からショッキングなことがあった・・・

家から駅まで行く道中、とても小さな池がある。

その池には、毎年春頃、鴨のつがいやってきて、卵を産み10匹前後のヒナがかえる。
今年は少ない6羽がかえり、ひよこからずいぶん大きくなり、大人になりかかっていた。
いつもそのヒナたちの成長を見るのを楽しみに駅まで行く。

いつもなら朝から元気よくヒナたちが小さな池で水浴びしている。

6/28(木曜)の朝、その日も3匹の子供たちがいた。

が、様子がおかしい!

3匹とも胴体は浮いてるけど、首がぐったりしてて水中に沈めたまま、微動だにしない。

瞬時に、死んでる!と悟り、思わず「わーーー!」と叫び、時間がなかったこともあり、その場から逃げるように去ってしまった。

前日の夕方は、元気に水面を泳いでいたのに、前日の姿と朝見た姿との変わりように
その日は、あのカモ達の姿が脳裏から離れなかった・・・

その日は帰りが遅くなり、帰宅すると、貴州省出身の友人からメッセージがはいっていた。

「かおり、残念なお知らせがあります。
○○さんのことです。
心構えしてください。」

○○さんとは、貴州省の親しい知り合い。
先に私が知り合って、人脈が広い人なので、友人も今後助けになるかな?と思い、5年前に紹介した人。

いったい何やろうー?と、続きを読んだ。

「彼は4月に食道がんで亡くなったそうです。 
昨日○先生(共通の知り合いの大学の先生)が教えてくれた。
去年の11月に入院したそうです。
その時はもう末期で手術はできなかった。
先生がお見舞いに行ったとき、彼は「絶対負けない」と言っていたそうです」


友達からのメッセージを読んだ後、ただただショックで呆然とした・・・・

2年前の9月に会ったのに・・・
最後に「また連絡するわー」と手を振ってたのに・・・

まだ40代前半。
再婚し、念願だった子供が生まれたばかりで、嬉しそうにしていた彼・・・
子供もまだ2歳・・・
彼も無念だったろうに・・・


最後に会った時、共通の知り合いの大学の先生とm「その生徒たちと一緒に会い、みんなでテーブルを囲み食事をした。
彼は知り合った時から小食だったが、その時はほとんど食べなかった。

2年ぶりに会った彼は、ちょっと痩せたな・・・と思っていた。

まさか、あの1年半後にガンで亡くなるなんて・・・


彼は人脈が広く、責任感があり、兄貴肌で、日本語が話せることもあり、私も貴州省に行くたびに、いつもよくしてもらっていた。
会うときは、いつも貴州省に住む数少ない日本人を集めて食事会を開いてくれた。
貴州省に何らかの形で携わっている日本人は、その人に世話になっていた。

最後に会った時、「かおりに今の俺の仕事を見せてあげるよ」と言い、連れて行ってくれた場所がある。
貴陽の空港近くにできたばかりの『多彩貴州城』だった。

DSCF3696.jpg

DSCF3697.jpg

DSCF3690.jpg

夜、7時から、ショーが始まると言って、案内された。
建物内に入ってショーを見るのではなく、客が移動しながら、次々に展開するショーをまじかで見る。
最初は客が集められた屋外のスペースに、スパイダーマンのような人物が宙を舞う。
1人や2人ではない。

客は、謎のスパイダーマンに知らず知らずに誘導されて移動している。

移動中も次々にいろんな人が登場し、様々なショーを繰り広げる。
気がついたら、建物内に入っていて、振り向くとポールダンサーが数人いた。
DSCF3670.jpg

ポールダンサーに夢中になっていると、後ろで違う音楽が流れて、背後のライトが激しく動いている。
振り向くと、また違うダンサーが踊っている。

電気が消え、辺りが真っ暗になる。
ふぁっと天井が明るくなった。
天井を見ると、高い天井の壁を数人の男性がゆっくりと優雅に走っている。
ロープが見えない。
まるで宙に浮きながら壁を歩いているようにしか見えない。

ここが貴州省とは思えない。
高度な演出とダンサーの質の高さにただ茫然とするばかり。

横で見ていた彼に、「この人たち、どういう人たち?」
「俺が中国全土から集めたんだ」

「○○は、ここでどういう事をしてるの?」
「出資者。オーナーだよ」

え!? ほ、ほんまかいな???

彼と会うと、いつも驚くことばかり。



気がつけば屋外に出ていた。

そして、正面のレンガ造りの建物の壁にトン族の村の風景が映し出された。

ほれぼれする美しい映像が壁に映し出され、トン族の歌が流れてきた。

数日前まで、トン族の村々に行ってたばかりだが、映像も美しく本物の村を思い出し、うっとりしてしまった。

すると、壁が光りだした。
DSCF3663.jpg

何、何!?
と驚いていると、レンガ造りの建物の壁が動き出し、トン族が歌いながら登場した。

トン族の故郷、貴州省だけあって、トン族の歌のレベルが高い・・・
本物のトン族だとすぐわかった。


次々に場面やシーンが変わり、驚きの連続。

全てのショーを見終えたのは、1時間か1時間半後。
どれも驚きと予想外の演出やショーに、誰もが歓声を上げて見入っていた。

ショーが終わると、トン族の出演者たちは、敷地内を歩いて記念撮影に応じてくれる。

DSCF3665.jpg

それの繰り返しで、気が付くと、客は移動しながら、いろんなショーを見る。

DSCF3677.jpg

その日は、たまたまプレオープンの日で、客は関係者ばかり。
貸切状態で、一緒に連れて行ってもらった学生もすごく喜んでいた。

見終わった後は、みんな感激しっぱなしだった。

2年前、貴州省に行った時、友人2人も一緒だったし、貴陽ではカンチャンの結婚式もあり、結婚式がメインの旅だったこともあり、彼には連絡せずだった。
しかし、カンチャンの結婚式で共通の知り合いの先生と偶然会い、その場で彼に電話してくれた。

彼も結婚し忙しいだろうと思い遠慮したが、先生も1年以上彼と会ってなかったし、いい機会だと言って、みんなで会うことになった。

DSCF3638.jpg

会うたびに、高級車が変わる。

彼の事業が繁栄しているようで安心した。

家庭も仕事も順調で忙しそうだったし、その後は連絡してなかった。

去年から、私は中国のSNSを利用している。

春頃かなー?
彼に友達申請でも出そうかなー?と思った。

もしかしたら、あの頃、彼は逝ってしまったんかな・・・

だが、春から私は忙しくなり、申請せずだった。

6/28で忙しさの波がいったん終わり、9月に貴州省に行くことが決まったので、彼に連絡しようかなー?って思っていた矢先だった・・・

まさか、こんなに早く彼がこの世からいなくなるなんて・・・・

まるで5年前のちーちゃんの時のよう・・・

大阪からの飛行機は、無事に重さ制限内でまとまり、成田に到着しました。

大阪出る前、必死に重さ制限内でのパッキングをした。
関空のジェットスターの電子チェックインが終わり重さを確認しようとすると、量りに「故障中」という張り紙が・・・
あれだけ必死に重さを気にしてパッキングしたのにー

成田空港に到着し、本当は「戻ってきた~」と思うのでしょうが、私は成田に到着するとすごく不思議な感覚になる。
今の家はこっちだけど、すごく違和感がある。
だって、みんな東京弁やもん・・・
帰ってきたはずやのに、なんだか落ち着かない・・・

それに、成田空港に到着しても家まで遠い・・・
電車も何度も乗り換えないといけない。
急行や快速に乗れなかったり、乗り換えに失敗すると、3時間もかかってしまう・・・

3時間もあれば、中国行けるわ!

ジェットスターは安いけど、成田ってのがネック・・・
成田は遠いねんもんー


成田離発着は避けたいが、ジェットスターは成田やねんな・・・


とは言っても、キャンペーン中の一番安いプランなら関空往復5800円で行ける。

夜行バスの片道分!

成田は遠いが、夜行バスでの移動時間と比べたらまだ近いかな。

またジェットスターを利用してどっか行きたいなー






成田第三ターミナルまでの長ーい通路に、海外の美しい景色などのポスターが並んでた。
最初はポスターの写真しか目に入らず、何気に見ながら歩いていた。
すると、何か書かれてあった。
読んでみると、ハッとした。

DSCF9358.jpg

『ただ隣り合わせただけの旅人の言葉が、
生涯を決める言葉になったりする』


わー!
この言葉の意味、めっちゃわかる~~
私も飛行機で隣になった人からのお勧めで、ヨルダンに行くことにしたもん~

★ 詳しくは「やっぱり旅はやめられない・イスラム編」を読んでね。
Amazon.com 「やっぱり旅はやめられない・イスラム編」

DSCF9361.jpg

『何を喋ってるのかわからないけど、
何か通じ合ってる気がする』


あははっ
これって私の事!?

DSCF9402.jpg

『大丈夫。だいたい気合でなんとかなる』


DSCF9363.jpg



他にも
心踊らされるキャッチコピーばかり。
DSCF9357.jpg

『普段の毎日では何も決まれなかったのに、
旅に出てから決めてばかりだ』


うん、うん、わかる~

DSCF9355.jpg

『日本で悩んでたことが
ちっぽけなことに見えてくる』


ほんと、その通り!

DSCF9354.jpg

『君が今からするのは、旅行か旅か』

くぅ~ 響くねー

DSCF9356.jpg

『一度行ったらやめられない。
旅にはきっと中毒性がある』


ほんとその通り!
私も中毒にかかってます・・・

DSCF9353.jpg

『不便なことは、不幸せではない。
旅に出ると気づくこと』


これは実際に『旅』をしたことがある人なら感じるでしょう。

DSCF9360.jpg

『欲しい物が簡単に手に入らない。
そんな不便さが心地いい』


ちーちゃんの事件があってから、このように思える旅ができてない・・・

久しぶりに『旅』がしたくなった。



先週末に急に決まったんですが、
今週末6/5-6/7まで福岡に行くことになりまして~

福岡では、9月に一緒に中国を旅したN子ちゃんと合流。

観光に行くわけではなく、2人で「ある人」に会いに。
その「ある人」とは・・・・
ある国で領事をされている方。

領事が一時帰国したので、会うのは今週末しかない!
N子ちゃんも今週末なら行ける!ってことで、急きょ決行することに。

領事とは、旅行中に出会ったわけではない。
詳しく書けないが、すっごい複雑な話。

6/6は領事の案内で福岡観光予定。
しかし、今回観光目的ではないので、領事とゆっくりじっくり話を聞くのが優先。

実は、領事とは一度も会ったことがない・・・

じゃ、なんで知り合いなん?と疑問をいだくでしょうが、これがいろいろとありまして・・・


詳しはここでは書けないが、大雑把に言うと、

ある国に滞在中、強烈な日本人と出会った。
その人が話す内容は、どこからどこまで本当なのか意味不明。
半分妄想もある。(と、当時は思っていたが、もしかしたら全部本当の話しかも?)
話しを聞いていると、ちんぷんかんぷんだったが、なぜかふしぎと引き込まれる。
気が付くと一週間、毎日2時間その人の話しを聞いていた。

毎日話題に出るのが、とある領事の話し。
最初は、本当にそんな人いるの?と疑っていた。
そんな人、その人の妄想じゃーないの?と半信半疑だった。

帰国後、ある人に強烈な日本人と出会った話しをした。
何気に幻の(だと当時は思っていた)領事の話をしたところ、
幻の領事は、
な、な、なんと、私の知り合いの知り合いだった!!

私の知り合いも超びっくり。

こんなに世間は狭かったっけ!?
こんな偶然があるなんて~

知り合いが、私が強烈な日本人と現地で会った話しを領事にしたところ、
私とコンタクトを取るのを承諾してくれた。

メールで連絡を取り合い、「一時帰国した際に会いましょう」という話になっていた。

そして、この度、実現することになった。

この展開には、N子ちゃんもびっくり。
できれば強烈な日本人も一緒に会いたいけど、その人とはもう連絡が取れない・・・
風の噂によると今ある国を旅してるみたい。

領事を紹介してくれた人も一緒に会いたいところだが、福岡行き決定が急すぎて都合かなかった。



今回福岡行きは、初めてLCCを利用する。

6/5 早朝6:10成田発

チェックインは30分前。
5:40前に成田空港に行けるわけがなく・・・

6/4の明日の夜、成田空港に行き、空港のロビーで仮眠します。

空港で寝るの!?と思われる方もいるでしょうが、
私は空港が大好きなので、空港で寝るのは全然苦ではない。
日本の空港での仮眠は初めてや~♪

今までいろんな国の空港で何度も寝てる。

アメリカのダラスでは、手すり付きベンチばかりで横になれず、床に持参した寝袋にくるまって寝た。
翌日昼の便だったので昼前まで熟睡してしてたら、一般客の視線で目が覚めたこともある。

ドバイの空港は、床の絨毯がフワフワでベンチより心地よく、通路で何度も寝た。

スペインの空港ではスリが多いと聞いていたし、夜になると閉鎖してしまって(今はわからないが当時は)電気も消える。
同じように仮眠しようとしてたイタリア人のお兄ちゃんと協力し合って、荷物の確保をし椅子をつなげて仮眠したことがある。
他にもいろんな空港で仮眠してる。

床が大理石の空港だと、夜になると床からの冷え込みがけっこうキツイ。
成田空港の新しくできたLCC専用の第三ターミナルの床は大理石っぽいなぁ・・・
冷えないようにしないと・・・

明日の夜は、初成田泊♪




ある東南アジアで長年住んでいる友達がいる。

今、住んでいる家を引っ越すことにした。

今、住んでいる家は、330㎡で家賃が24万円。

それと同等なクラスに引っ越したいみたい。


先日から家探しをしている。

エージェンシーの車でお勧め物件を回ってる。

300㎡ 3LDK 43万円

280㎡ 3LDK 36万円

200㎡ 2LDK 26万円

180㎡ 2LDK 24万円

などなど、他にもいっぱい。

各家々の写真(リビング、キッチン、各ベットルーム、プール)と㎡、家賃、を送ってくれる。

300㎡ 家賃43万円のマンションは、角部屋でリビングは全面ガラスですごく開放的で明るい。
窓の向こうには、マンション内の中庭の緑が見える。
暑い南国だが、緑が涼しく感じさせてくれ、景色も最高。
室内のインテリアもシックでカッコいい。
大理石の床も、フローリングの色も明るくていい。
それぞれのベットルームも広い。
屋外のプールも広く、南国のリゾートホテルのプールみたい。

こんなところで住んでくれたらいいのになぁ~

家は最高だが家賃43万円って・・・
水道光熱費も考えると、50万円弱になるらしい。

「家賃が高すぎるから、ここはダメ」

そりゃーそうやわなぁ~

280㎡ 家賃36万円の物件が気に入ったみたい。

「36万の物件が気に入ったけど予算オーバー。
だから24万円にならないか交渉中」

えーーー!?
家賃を値切るの?!
しかも、12万円も下げるように値段交渉するなんて・・・

大阪人の私でもびっくりや~

最近、海外に行っても、あまり値切らなくなった私。
それは周囲に「相手も生活があるのだから値切るなんてかわいそう。」
「それくらい払ってあげれば?」
「値切るなんて、はしたない」と言われる事が多くなってきた。

日本人は値切ることを、「はしたない」と思ってる人が多い。


ちょっと前、家賃を値切ってる友達が帰国した時、他の友人たちも集まることになり、
お店は私が予約することになった。

3店舗ほど候補の店を伝えた。
1店だけ「お誕生日会でのご利用なら、先着3名までホールケーキ無料」と、書かれてあった。

たまたまその日は私の誕生日。

「その日はカオリちゃんの誕生日だし、この店がいいんじゃない?ケーキも予約しといて」

誕生日を覚えていてくれたことは嬉しかった。

お店に電話すると
「その日は予約が入っており、もう無料ケーキはございません。
1500円でならケーキをおつけすることができます」

先着3名、ダメだったのか・・・

チャットで友達と連絡を取ると、
「じゃ、半額にならないか交渉して」

え!?
飲食店で値切るの!?
しかも私の誕生日ケーキやのに・・・

躊躇してたら、
「ダメもとでいいから、聞いてみてよ」
と、チャットが入る・・・

渋々聞いて見ると、電話先の店員は「それはちょっと・・・」と言う。
そりゃーそうやわなー

言ってるこっちも情けなくなってきた。

結局、友達がケーキをご馳走してくれることになった。

しかし、このケーキ事件はその後いろいろあって・・・

「でも予約の時、とりあえずケーキ無料にならないか聞いてみてね」と念押しされた。

数日後もう一度電話予約したら別の店員が出だ。
ダメもとでケーキの事を聞いてみたら、
「ケーキの予約ですね。この日は予約が入ってないので無料ですよ」

えーーーー!?
以前電話対応した人と、全然違うやん~
前回の時は、その日は予約で埋まってるーって言うてたのにー

思わず別の店舗に間違って電話したのか?と思ってしまったが同じ店だった。

某国に住んでる友達に「今回電話したら、ケーキ無料やった」と伝えると、

「な、なんでも、ダメもとでも聞いてみるもんやろ?」

ん~ その言葉、昔私がよく言ってたような気がする・・・

東京に3年住んで、周囲は値切る習慣がない東京人だからか、私も値切る習慣や感覚がなくなってきたみたい。

それにしても、値切る文化の国で長年住んでると、どんな事でもまず値切るようになってくるみたい。

ちなみに、その友達は、某国の首都に住み、家賃日本円で24万円のペントハウスで住むくらいのけっこうなセレブ。
富裕層だけど、どんな時でもまず値切る。

現地のIKEAで値切ってたのにはびっくりした。
そして、値段交渉成立し、安く買っていた。

それは当たり前らしい。


友達は、日本で暮らしてる時は海外に行ってもそんなに値切ることはしなかった。
今では恥ずかしげも無くどんな時でも、どんな店でも堂々と値切ってる。


家賃を12万円数日かけて値切るなんて・・・

5日後、「26万までしか落ちなかったから、別の物件を探す」と連絡があった。

10万円落ちたんや・・・・

何でも言うてもるもんやなぁ・・・


プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • いろいろ
2016年08月02日 (火)
突然の死の知らせ・・・
2015年11月18日 (水)
成田は遠い・・・
2015年06月15日 (月)
”旅”をしてますか?
2015年06月03日 (水)
福岡へ!
2015年05月28日 (木)
値切り文化
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる