身内の者が倒れて1週間目の昨日、病院に行こうと駅まで歩いていました。
いつもなら家から近い阪急電車を利用するんですが、JRの駅の途中にちょっと用事があったので、そのままJRで病院まで行くことにしました。
「あぁ~、今日で倒れて一週間か~」って思いながら歩いていると、
反対車線の歩道で人が倒れているんです。
私が見つけたときは、1、2人がただ呆然と見ているだけ。
救急車を呼ばなくっちゃ!!
って思ったけど、イザとなったら番号がわからない。
隣にいたおっちゃんに、
「救急車って何番でしたっけ?」
「199やっ」
199をかけると「現在使われていません」とテープの声。
「119番やん!」
分かっていてもアタフタしてなかなか119が押せないんです。

ちょうど車も途切れたので、私は急いで反対車線の歩道に駆け寄りました。
その時、ポッチャリした女性と、サラリーマンの男性が対応をしていました。
倒れている女性の横にはバイクが転倒していたので
「どうしました?事故ですか?」
「そうみたいです…。僕も見つけたときには倒れてて…」
うつ伏せになってる女性の口辺りの歩道には血が…
倒れている女性に
「大丈夫ですかー!どうしましたー?」
声をかけても微動だとしません。
うつぶせの女性を仰向けにすると
周囲で見ていた人が、
「こういうときは動かしたらあかんで」
確かに。
でも、ヘルメットをはずし反応を見ないと。
バイクで転倒したときに顎を怪我したようです。
でもほとんど出血はありません。
他には鎖骨が折れてるみたい。

「救急車は?」
「あー、分からない…」
今度は間違えないように119番に電話をしました。
「事故です!女性が歩道で倒れています。早く来てください。」
「状況を詳しく説明してください」
「60歳代女性、バイクで歩道に乗り上げ転倒しています。」
「意識はありますか?」
「ありません」
すると、女性はゲップのようなものをしました。
「あー!動いた!ゲップしました!あ…でもその後全く動きません」
「脈は?」
「脈!?」
サラリーマンが脈を取ってくれました。
腕の脈を取りながら呼吸を確認するけど、どう見ても呼吸をしていません。
私も喉の脈を取るけど、興奮しているからか脈が取れないんです。
女性は3度ゲップをしてから全く動かなくなって、
その後、見る見る血の気がなくなっていきました。

通報を受けた警官が自転車で駆けつけてきました。
「どうしましたー!大丈夫ですかー!」
女性は反応なし。
警官は私たちに
「この人の身元分かるものはありますか?」
バイクのシートの中に鞄があるかも?
私と男性が倒れているバイクを起こし鞄を発見。
そのまま警官に渡すと、
「鞄の中身を確認しますので、あなた見ていてください」
私が一緒に財布の中身を確認。
免許証が見つかりました。
免許証の写真は倒れている姿とは全く違う表情が…
元気だったらこの人はこんな顔なのか…

そうこうしていると救急車が来ました。
救急隊は、女性に「大丈夫ですかー」と声をかけても全く反応なし。
目を開けてライトを照らすと瞳孔の収縮は全く見られず。
すぐに心臓マッサージ。
もしかして、もう心停止やったの!?
必死に脈をとってもなかったはずや…

あの女性は大丈夫やったんやろうか…
身内の者が倒れて一週間目の金曜日。
まさか違う人の命が亡くなる瞬間に遭遇するなんて…
女性の家族は一週間前の私と同じ心境になるんだろう…
大丈夫だろうか。
免許証に書かれていた住所は2つ隣の市。
買物した形跡も無く、夕方だったこともありたぶん仕事帰りに事故にあったようでした。

救急車で運ばれ呆然としていると、警官から
「通報者は誰ですか?」
「はい」
「あなたの住所、年齢電話番号は?その時の様子を詳しく教えてください」
事細かに質問されました。
でも、私は事故の瞬間の目撃者じゃーないので、詳しく聞かれても・・・
目撃者は最初にいたポッチャリした女性たった1人。
彼女の話を聞いていると、
目撃女性は対向車をバイクで走っていると、事故した女性のバイクがそのまま歩道に乗り上げ電柱に衝突し転倒したそうです。
車と接触した様子ではなかったそうです。
普通に走っていて、すーっと左に寄り歩道に乗り上げたみたいなことを話していました。

その後、交通事故の鑑識官の車が到着し、ライトを持った鑑識官が道路のタイヤ痕やバイクをくまなくチェックし、車と接触した形跡が残っていないか確認していました。
その頃になると、第一発見者の女性や一緒に対応していたサラリーマンは気がつくと姿を消していて、状況を知っているのは私だけでした。
鑑識官にも警官と同じ質問をされ、第一発見者が証言していたことを鑑識官に伝えました。
鑑識官の動きを見ていると、死亡事故だからここまで丁寧に調べているのかもって思えてきました。
「女性は大丈夫でしょうか?」
「危険な状況なので、三島の救急センターに輸送されました」
三島の救急センターは、命の危険がある場合に運ばれる病院です。

救急車が到着した時、たまたま非番で帰宅途中の救急隊員が駆けつけ手伝いをしていました。
救急車を見送ると、その人は「あの状況はだいぶ厳しい」って言っていたのを思い出しました。

いろんな話を総合すると、バイクを運転中に心臓発作が起こった可能性が高いようでした。
それで、そのままバイクは歩道に乗り上げ転倒。
駆けつけた時には心停止。

あのゲップは彼女が必死に息をしようとしていた姿だったのかも…
あの時、すぐに心臓マッサージをしていれば、また心臓が動き出していてそのまま呼吸ができたのかも…
あのゲップが彼女の最後のあがきだったのかも…
そう思うと、何もできなかった自分が情けなくなりました…

人の命って、いつ突然奪われるかわからないものですね…
人事とは思えないです。
一週間前、鶴橋探検を満喫し充実した気分で帰宅すると、
大変なことが起こっていました。
身内がクモ膜下出血で倒れたって連絡が入ってたんです。
私が駆けつけた時には、緊急手術中でした。

一度目の出血で倒れた時、たまたま周囲に人がいたので、
すぐに救急車を呼んでくれて、意識がある状態で病院に運ばれました。
病院の処置で血圧を下げた時にもまた血管の破裂があり、
そのまま意識がなくなりました。
即、緊急手術。
でも、頭を開いてみても出血が酷すぎてそのまま手術ができなかったり、
次の破裂があればもうダメですって説明があったそうです。

夜中の2時に無事手術は終わり、
途中で新たな出血がなく脳自体はきれいだったそうです。
運ばれた病院は脳専門の病院で、
西日本でもトップクラスの病院だったんです。
たまたまいい病院に運ばれて、
即対応できたから一命を取り留めることができました。

クモ膜下出血は、30%が即死。
20%が病院に運ばれても数時間~数日後に死亡。
30%が手足の麻痺、言語障害が残るそうです。

その病院は、手術の内容をテレビモニターで映像が見れるんです。
他の者は怖がって見ませんでしたが、私はずーと見てました。

出血箇所が脳の中心近くの奥深い場所だったので、
手術もちょっと難しいと先生から話があったそうです。
私が病院に到着したときには、
破裂箇所まで脳のシワをコテでゆっくりじっくり掻き分けていました。
これがなかなか進まないんです。
時間だけが過ぎて、もどかしいのなんの。
出血が大量だったので、脳は真っ赤。
脳を何度も見たり
(イスラムの国では脳を食べる習慣があるので肉屋の店頭でよく売られている)
食べた事がある私は、これってほんとうに脳か?
内臓の手術ちゃうの?って思うほどでした。
(著書のトルコの中で、羊の肉を食べたことを詳しく書いています。
まだ読んでない人は見てね!※人間の脳は食べてませんよ~)

破裂箇所に近づくと、黒い血の塊が散乱していました。
最初の出血の固まりなんですって。
その固まりが脳に残っていると化学反応を起こしてしまい脳に悪さをするので、
吸引しながら手術は進みました。

途中トイレに行って家族と話をしている間に、
破裂した箇所に到達したようで、
私がまた見たときには、血管にクリップが止められていました。
そして脳の中にチューブを入れ、手術は終わりました。
チューブは脳の中に残っている血をじっくり抜く為です。
今でも脳の中にチューブが2本入ったままです。

手術は無事成功したけど、出血が多かったので意識が戻るか、
また戻ったとしても体の麻痺が残る可能性があると言われました。
でも、命が助かっただけでも良かったです。

翌日、まだ意識が戻ってないのに手足の動きがありました。
苦しいみたいで激しく動き、チューブや点滴を抜こうとするんです。
あまりにも激しく動くので両手と胸にベルトを巻いてベットに固定されました。
激しく動きすぎです・・・

集中治療室に入っているので、面会は5分以内まで。
意識が戻らないので、毎日病院に行って大声で呼び起こしていました。
術後3日後ぐらいから徐々に反応があり、
5日目には薄っすらと目も開くようになり、
私が言っている意味も分かるようで少し笑顔がありました。

クモ膜下出血は手術で一命を取り留めても、
術後4日~14日間の間に次は脳梗塞が起こるんです。
まだ解明されてないらしいけど、どうやら出血した血が悪さをし血管を圧迫し、
脳梗塞を起こすんですって。
そろそろ血管が詰まってくる時期です。
先日検査をしたら、少し収縮箇所はあったけど、
今も両手足の動きもあるし大したことがないみたい。
近頃熱が出ているので、ちょっと心配ですが、
このまま順調に治ればいいのにな。

この1週間大変でしたが、徐々に自分の生活を取り戻していってます。
心配してくださった方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

ちなみに私はとっても元気でっせ~
こんな時期でも食欲がありすぎて困ってます。
私はいったいどんな事があれば食欲がなくなるんでしょう…
4月のある日、高槻市の教育委員会から講演の依頼がありました。

「おくだ先生の好きなように話してください。
講演時間は2時間ぐらい考えています」

高槻市の小学校に通うお母さん方たちだということで、堅苦しい話じゃーなく、イスラムの国を身近に感じてもらえるような内容にしようかな。

講演の場所は高槻市内の公民館。
そして本番の日がやっときました。
今日は朝から講演会です。

旅の写真やイランで買ったテーブルクロス、アラビア語で書かれているファンタジュースの缶、サハラ砂漠の砂、死海の水、飾り皿、知人に買ってきてもらったトゥーブ(男性用の服)などを持って行って飾る事にしました。
P9280005.jpg


イスラムの国を旅したときの写真も全部持って行きました
P9280004.jpg

P9280006.jpg

今回は、原稿を作らずその場の空気に応じて、いつものように自然に話すことにしました。

私は本の表紙の民族衣装に着替えて、頭にはカフィーヤをかぶり登場。
まずは、講演を主催してくださった方、そして集まってくれた方々へのお礼から。
中東とアフリカ北部のイスラム地域の地図を用意したので、イスラム諸国の場所と説明からはじめました。
そして、よく聞かれる質問を思い出してお話させてもらいました。
・イスラムの国の人々は、どんな食事をしているのか。
・民族衣装や現地の人々の服装。
・砂漠の国って夏は何度になるのか。
 イランのクエート付近の街では50度を越えて測定不可能。
 金具は暑くなりファスナーを開けようとすると熱くて火傷する。
 ドバイでは日陰でも40度。
・物価はどんなものなのか。
 一般の人は海外旅行は高いイメージがあるけど、
 実際は8万円台~中東やアフリカ北部の国に行くことができる。
 現地は物価が安く1食2~300円でお腹いっぱいになる。
 ホテルも1000円ほどのところもある。

他に何話たっけなぁ~?
あんまり覚えてない・・・
あっ!そうそう。
死海のお水をなめてもらいました。
衝撃的な味で仰天していました。

電話で打ち合わせの時は、
「1人で2時間もよう喋れないんで、質問形式にしてもらってもいいですか?」
って言うてたんですが、いざ本番になると2時間1人で喋りっぱなしでした。

最後に、今まで旅して実際現地に行くと、
日本での情報やイメージと違う事が多いので、
自分の目で見て感じることの大切さを伝えました。

全く知らない人たちの前でお話しさせてもい、みんなの反応を直接感じることができて、とっても楽しい時間を過ごす事ができました~。
今回、講演依頼をくださった高槻市の教育委員会の「学び舎ネット」の方々、私にいい機会を作ってくださってありがとうございました。
そして、つたない私の話を目を輝かせながら聞いてくださってありがとうございました。
今日、元内閣官房参与の中山恭子さんの講演を聞きに行って来ました。

彼女は、拉致事件の帰国者5人たちを影で支え、安倍新総裁(当時副幹事長)と一丸となって5人の子供や夫を無事日本に連れ帰ることができたことで、知っている人がいるかと思います。

中山元参与は、北朝鮮による拉致事件だけでなく、1999年~2002年までウズベキスタン大使でした。
2002年に筑波大学教授たち4人がタジキスタンで拉致され、教授1人が亡くなった事件です。
当時、中山元参与が陣を取って解決したと言われています。

今回の講演は、ほとんどウズベキスタンのお話中心でした。
同じ時期、私もウズベキスタンに行っていたので、興味を持って聞いていました。
私の知らなかったウズベク人と日本人のつながりのお話が聞けました。

戦後、2万人ほどの日本兵が旧ソビエトだったウズベキスタンに抑留されて、運河や水力発電の工事をさせられ、たくさんの人が亡くなったそうです。
ウズベキスタンの人たちは、今でも日本兵に感謝し、当時の話を孫にも伝えてくれているそうです。
そして抑留中に命を絶った何百人もの人たちの墓が今もあるそうです。
日本人墓地は他の墓地に比べると、名前も刻まれていなくて6桁の数字の表示がされているだけだったそうです。
それでも、ちゃんと調べたら誰のお墓なのか分かったそうです。
区画整理で、日本人墓地を無くす話も浮上したそうですが、墓地を管理してくれていた地元民の反対があったそうです。
それほど、日本人に対してウズベキスタンの人々は感謝しているそうです。

元日本兵たちは抑留され、過酷な労働を強いられているにも関らず、朝には全員整列をし点呼をしてから、現場に向かったそうです。
そんな話を聞いていると、涙があふれてきました。
そして昔の人たちが海外でも日本人らしく生き、地元の人にも愛されていたからこそ、現代の私たちが世界を旅しても、現地の人たちに親切にしてもらえているんだろうな・・・って思いました。

ウズベキスタンは、荒々しい砂漠の国だったのですが、元日本軍人捕虜のおかげで、今では緑ができ綿花栽培もできるようになったそうです。

そういえば、私が行った時も綿花栽培が盛んでした。
私は旅立つ前、その国を勉強しているつもりでしたが、まだまだやなー。私ってなんて無知なんやろう…ってつくづく思いました。

そして、北朝鮮による拉致事件の裏話を少ししてくれました。
ここで書きたいけど、長くなるので・・・
すいません。
北朝鮮では、自分の思いを口には一切出せないそうです。
拉致被害者の帰国者5人がなぜ帰国できたのか。
それは、家の中でも本心を一切口にしなかったからだそうです。
北朝鮮って、怖いわぁ~・・・

明日(22日)イランで知り合った青年Mと会うんです。
彼は出張で今日大阪に来ていて、明日はお休みを取ったそうです。
彼は北朝鮮に興味があり2度行ったんですって。

「22日どこ行く?どっか行きたいところある?」
「大阪にコリアンタウンってあるんですよね?そこに行ってみたいです。
北朝鮮エリアがあるそうなので、そこに行きたい」
「コリアンタウンって鶴橋のこと?
私、鶴橋って行ったことがないねんなー。一緒に探検しよっか。」
って軽い気持ちで、決まってしまいました。

私は今日、北朝鮮の真実、内情、怖い話を聞いたばかりなのに、鶴橋のヤバイ(?)エリアに侵入してきます!
もし、明日から私が失踪したら、拉致されたと思ってください・・・
では、探検してきます!!
9月上旬、ヨルダンとイエメンに行っていた知人から、
買ってきてと頼んでいたカフィーヤとトゥーブが届きました。
P9170169.jpg

カフィーヤには、かぶり方の絵付き説明書きまでありました~
P9170170.jpg


そして今日、その知人からエアメールが届きました。
img384.jpg

6年前に私が行った時と40DH切手が同じです。
懐かしい~~
img385.jpg

本人は1週間前に帰国してるんですが、
海外からわざわざ出してくれたエアメールって、とっても嬉いものですね!
最近では、海外からでもメールでやり取りができて、
距離を感じなくなってしまいました。
でも、こうしてエアメールが1週間ほどかけて日本に届くって、
距離を感じていいですね!

それに、エアメール出すのって、けっこうめんどくさいんですよねー
街に繰り出しポストカードを見つけて、
あの人にはこのカードがいいかなぁ~?とか悩んだり。
ポストカードを書いている時、相手を思い出してコメントを考えたり。
郵便局にわざわざ行って、切手を買って投かんしたり。
なかなか郵便局が見つからなかったり、行く時間がなかったりと、
けっこう大変なんですよねー
私は、たまに帰国寸前まで郵便局を見つけられなかったり、行けなかったりして、
空港で出す事もたまにあります。
現地で切手が買えず、到着した関空から出したことも…
そうしためんどくさいことを知ってるからこそ、エアメールが届くとむっちゃ嬉いんです。

そういえば…
イエメンで知り合ったかづを君が、8月にインドに行ったんです。
彼はいつも旅先からエアメールを出してくれます。
彼から「エアメール出したからね」とメールがありました。
それから毎日楽しみにポストを見るんですが、1週間たっても2週間たっても届きません。
それでも待ち続けているんですが、もう1ヶ月になります。
彼がインドから出したエアメールは、私だけではなく誰にも届いてないようです。
全滅です…
そういえば、インドに行った友達は多いけど、一度も届いた事がないなー
さすがインド!
恐るべし…
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日記タイトル一覧
  • 2006年09月
2006年09月30日 (土)
人の命
2006年09月29日 (金)
大変だった事情
2006年09月28日 (木)
講演会
2006年09月21日 (木)
中山元内閣官房参与の講演
2006年09月19日 (火)
Air Mail
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる