上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、アラビア語講座最終日でした。
全6回の講座で、私は諸事情により3回目からの参加でした。

先生はヨルダン人留学生の女性。
彼女は日本に来て3年。
阪大工学部に在籍し日々研究に勤しんでいて、週末だけ私たちのために授業を行ってくれていました。
大学の授業は全部日本語なので、彼女は学校の勉強以外にも日本語の勉強をしなくてはダメで、最初の1年間は大変だったそうです。
今ではある程度な漢字も書き、私たちを驚かしてくれました。

授業のサポートしてくれるのは「アラブの会」代表のN氏。
このN氏がむちゃいい味出してるんです。
彼は約10年前ヨルダンに青年海外協力隊として派遣されたアラブ世界に魅了され、イスラム教徒になったそうです。
N氏は、アラブ関係の物を集めるのが趣味だそうで、いつもいろんなアラビア語の辞書や本、現地の商品やおもちゃなどを持参し、授業前に紹介してくれて笑いを取っていました。
授業はいつも和やかな雰囲気で、アラビア語講座に行くのを楽しみにしていました。
最後の授業は、N氏が持参してくれたレバノン人歌手のDVDを観賞。
そんな楽しい授業ももう終わり…

授業の後、N氏の知り合いの講演会があり、そのまま残って参加してきました。
講演は、イラクに医療支援を行っている西村陽子さんのお話です。
彼女は湾岸戦争後からイラクに入り現地で医療支援活動をされているそうです。
数年前からジャーナリストが殺害されたりと、イラク情勢は悪化するばかりで、ここ数年イラクには行ってないそうです。
今は隣国ヨルダンに入り、イラク人に医療物資を運んでもらっているそうです。

あまり知られていませんが、今回の戦争が始まる前、イラクは先進国でした。
(ある知人は、「あれは『一方的な侵略』であって『戦争』ではない。」と言っていました。私も同感です。)

学問も充実していて、バグダッド大学といえば中東の中でもトップクラスの超エリート大学でした。
医療面でも充実していて、サウジアラビアや中東の難病患者はイラクの病院に治療しにきていたそうです。
私も戦争前のバグダッドは美しく洗練された街で、女性達はベールで全身を覆うことなく近代的な生活をしているという事は知っていました。
それが今では何もかもアメリカに破壊され、街だけでなく人々の生活までもがメチャクチャです。
フセイン統治時代は良くも悪くも秩序が保たれていたのに、今ではまったくの無法地帯になってしまい、秩序など全く無くなってしまっています。
外国からの援助を嫌う集団がいて、医療物資もまともに運べない状態だそうです。
イラクはいったいどうなってしまうのでしょう…

アメリカは「世界を平和にするために世界中に民主主義を定着させるのだ」などと言いますが、民主主義なら平和なのでしょうか?
民主主義以外に平和は望めないのでしょうか?
アメリカは自分たちの思いどおりにならない国、企業進出できない国を力ずくで自分たちの統治下にしたいだけのように見えてしまいます。
イラクに石油さえなかったらアメリカに狙われることもなく、平和なままだったでしょうにね…


夕方、西村さんとの交流会がN氏の家で行われるということで、生徒のみんなで参加してきました。
いやぁ~、N氏の自宅はアラブ一色でワクワクするものばかり。
N氏とヨルダン人留学生の家族が料理を作ってくれみんなでアラブ式で、(床に料理を並べてみんなで輪になって食べる)おいしい料理をいただきました~

アラブでよく食べられるファラフェル
(ヒヨコマメをすりつぶしコロッケにしたもの。
そのまま食べるときもあるし、パン(ナン)に挟んでサンドイッチの具としても食べる)
2006.10.29-1.jpg

ヨルダンやエジプトに行った時、よく食べました~
とっても懐かしい味でした。

この料理はマルクーバー
ケーキみたいだけどナスとチキンが入った炊き込みご飯です。
2006.10.29-2.jpg

このご飯の上にヨーグルトをかけて食べます。
トルコ料理にヨーグルトを使うのは、近頃知れ渡ってきていますが、ヨルダンやエジプトも料理やサラダ、サンドイッチなどにヨーグルトをよく使うんですよ。

ラムのシチューとクリーム色のペーストは、ゴマペーストです。
ゴマペーストは、ナンにつけて食べたり、ナンの中にゴマペーストを塗り、そこにサラダやファラフェルを入れてサンドイッチとして食べるとおいしいんです。
2006.10.29-3.jpg


普段、研究に勤しんでいる先生は、久しぶりにヨルダン人の知り合いと一緒に食事をし、とっても楽しそうでした。
彼女の笑顔はみんなを幸せな気分にさせてくれます。

N氏のリビングに20人も集まり、とっても楽しく有意義な時間を過ごす事ができました~。
途中からでもアラビア語講座に参加してよかったです。
また、みなさんと楽しい時間を過ごしたいです。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
京都三大祭の1つ、『時代祭り』に行って来ました~
ちなみに、京都三大祭は、5月の葵祭り、7月の祇園祭、10月の時代祭りですよ。

時代祭りは、京都が都であった時代の風俗などを表現するお祭りです。
起源は、平安遷都1100年を記念し平安神宮が造られました。
その時、盛大に祝おう!ってことになり時代祭りが誕生しました。
京都御所を出発し平安神宮までを新しい時代から古い時代へと行列で表現していきます。
最初は少なかった行列も今では18列約2000人、牛馬約70頭、全長2キロもあります。

では、写真をどうぞ~
2006.10.22.jpg

パレードの一番最初は京都府知事と市議でした・・・
やっぱり葵祭り、祇園祭のように歴史の浅さを感じてしまいました…
知事や市議とか登場するなんて、御堂筋パレードと一緒やん~
ちょっとがっかり…
やっぱり京都人が言うように「時代祭りは見るほどのものでもないでー」って言うのも納得。
2006.10.22-1.jpg

「時代祭り」というだけあって、各時代時代の衣装や当時の有名人を見ることができます。
当時の衣装をまとった坂本竜馬、紫式部や清少納言など、時代時代の有名人が次々に登場しました。
2006.10.22-2.jpg

大名行列もありました~
この写真は延暦武官行進列です。
2006.10.22-3.jpg

2006.10.22-4.jpg

対向車線に外国人を乗せた観光バスが通ったんです。
車内では偶然の遭遇にみんな大喜びし、時代祭りの行列をカメラに収めようと窓を開け全員身を乗り出していました。
バスはおもいっきり傾いて倒れそうでした。

最初から最後まで全部見ました。
3時間ずーっと立ちっぱなしだったんで、むっちゃ疲れたぁ~

お腹が空いたのでランチへ。
前から気になってた店に行きました。
お店の名前はわかりません。
烏丸御池近くです。
2006.10.22-5.jpg

2006.10.22-6.jpg

店内は和風。
2006.10.22-8.jpg

2006.10.22-9.jpg

でも料理はビビンバとカレーだけ。
2006.10.22-7.jpg

野菜スープカレー 1000円
このお店のトイレがすごかった。
便器には、中国の陶器のような絵が描かれました。
載せたいけど、便器を載せるってちょっとねぇ~
なので、トイレの電灯をどうぞ~
2006.10.22-10.jpg

今日は、フォトジャーナリストの長倉洋海さんの講演会に行って来ました。

みなさんは、長倉洋海さんって知ってます?
恥ずかしながら私は解からなかったんです…
じゃー、なんで行ったん?って?
ある知り合いから、子供の幼稚園へ年に1度講演に来る人の話を聞きました。
その男性は小さな子供たちに
「世界の人たちと仲良くなるには、最初にどうしたらいいと思う?」
子供たちは
「あいさつー」って言ったそうです。
「世界では言葉が通じないよね。
そういう時は“にこっ”って笑うと心が通じるんだよ」
私はその言葉を聴いて、
そんなステキなことを教えられる人ってどんな人やろう?
その方に興味が湧きました。

数日後、新聞にその方の講演が高槻市であるって載っていました。
これは“行け”ってことかな。
やっぱり行こう!

講演前日、アラビア語講座で知り合ったヒロコさんを誘いました。
「長倉洋海さんの講演!?それはすごい!何が何でも行きます」
「この人って有名人なん?」
「フォトジャーナリストで有名な人じゃーないかな。賞も取ったと思うよ」
「へ~、有名な人なんやー」
私はてっきり高槻在住のバックパッカーで、アフガニスタンに学校を作るお手伝いをしている青年かな?って思っていました。(認識不足でお恥ずかしい限りです…)

講演会場では、長倉さんの写真が展示し、その中にアフガニスタンの英雄マスードの写真や本がありました。
2006.10.21.jpg

マスードの写真を見て、長倉という人と顔が一致しました!
えっー!長倉ってあの人!?
すると長倉さんが私の横にいました!!
ひっ、ひえっーーー!!

私がマスードを知ったのは、9.11よりずい分前、たぶん長倉さんがアフガンの戦場最前線で、彼を何年にも渡って取材し、アフガンの本当の姿を伝えてくれたことがきっかけだたっと思います。
2001年9月9日。
マスード死亡のニュースが流ました。
1980年からソ連軍、タリバン政権と勇敢に戦い続けていたマスード司令官(将軍)が、そんなあっけなく死んでしまうなんて私は信じられませんでした。

「ニュース23」で、マスード追悼があり長倉さんがゲストでした。
長倉さんのコメントは他のジャーナリストとは違うものを感じました。
世界の戦場を見続け自分の足で取材をしてきた彼だからこそ一つ一つに言葉の重みがありました。
その時、「ジャーナリストでこんなコメントができる人がいるんやー」って感動したのを覚えています。(名前と顔が一致しなかったけど)

長倉さんが援助しているアフガンの山奥の学校は、マスードの生まれ故郷の村だそうです。
マスードは生前、アフガンが平和になれば学校を再建したいと言っていたそうです。
彼ができなかったことを長倉さんが後を継いでいるそうです。

5年前から長倉さんがアフガニスタンの山奥に学校を作り、今回の講演はその活動報告会でした。
長倉さんは年に1度その学校に行き、生徒の成長を写真に収めて支援している人たちに報告しているそうです。
講演では、写真のスライドを流し現地の様子を話をしてくれました。
長倉さんは生徒全員の顔と名前を覚えて一人一人のお話をしてくれました。
「今回学校に行くと、去年までいたその○○(男の子の名前忘れた)の姿がないんです。カブールに引っ越したのかな?って思ってたら、彼は亡くなったって聴かされました・・・。この地域には電気が通ってなくて、ランプで生活をしています。ある日、そのランプが倒れ彼の家が火事になったそうです。火事だけなら良かったんですが、家が爆発して彼は犠牲になったと言っていました。 この地域は昔、ソ連軍との戦いで激戦区でした。各家ごとに弾薬を備蓄してて、隠し場所として家の壁に埋め込んでいたんです。何十年と経ちそんなことを忘れ、壁に埋め込んでいた弾薬に引火し、爆発し彼とお姉さんが亡くなったそうでうす。
家に弾薬を隠した人は戦争で亡くなったりして、当時の事を知る人がいなくなって、誰もが彼の家の壁に弾薬が埋められていたって知らなかったそうです。
今でも山深い小さな村でも道をはずれると地雷があり、羊を追って地雷を踏み足をなくした学校職員もいました。」
戦争が終わっても戦争の爪跡は何十年経っても被害をもたらすのですね・・・。
だからこそ戦争などしてはいけないと言っていました。

9.11でアルカイダの拠点となっていたアフガニスタンが注目され、カルザイ政権になったものの現状は厳しいようです。
その後、世界の目はイラクに注目し、アフガニスタンはまた世界から忘れらた国になってしまったのでしょう・・・。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

講演の後、私たちは打ち上げに誘われました。
すごい人って、よくオーラがあるって言うでしょ?
でもね、長倉さんには全くオーラがないんです。
長倉さんは写真集だけではなく、たくさんの著書も書かれていて、「先生」とい呼ばれてもおかしくないすごい人なんです。
でも、みんな「長倉さん」と親しみを込めて呼び、長倉さんもみんなと和気あいあいと喋っていました。
オーラがなく人との壁が一切ない長倉さんだからこそ、あんなにいい写真が撮れるんでしょうね。

今度、長倉さんが関西に来るのは、11/3に京都国際交流会館で行われるイベントです。
メインゲストとして長倉さんの講演があります。
無料なのでよかったらあなたも長倉さんのお話を聞きに行きませんか?
私ももちろん行きます!
打ち上げの席で隣に座っていた長倉さんに
「君、京都のイベント来る?もしよかったら写真集売るの手伝ってくれない?」
って頼まれちゃいました。
当日、私は張り切って写真集を売っていると思うので、見かけたら声をかけてくださいね!
昨日JRを利用すると、
「明日民主党党首の小沢代表演説がありま~す」
と言いながらビラを配っていました。
鳩山さんにも会ったことやし、小沢さんも見ておこうかなぁ~
まぁ~、時間があればかなぁ~

小沢さんの演説は夕方6時から。
やっぱり行こう!
6時前に家を出ると、阪急駅前が警察官がむちゃくちゃいて、むっちゃ物々しいんです。
警察官に「どうしたんですか?何かあったんですか?」
「共産党の党首の演説があるんです」
「へー、阪急は共産党ですか。JRは民主党ですよね。
この市は激戦区なんですかね~。じゃー民主党聞きに行ってきますね」
自転車を飛ばしJRへ!

こないだ鳩山さんと候補者が阪急で演説してた時、人がまばらだったんです。
自民党演説の時とあまりの違いにかわいそうになってしまうほど。
今回も人は少ないんやろうなー
JRに到着すると、前もって宣伝していたからか人・人・人・・・
全く見えません!
わっちゃー、もっと早く来るんだった・・・
階段を下りると、自民党の党首選(安倍、麻生、谷垣)の時と同じくらいのメディアが来ていました。
私はメディアの人たちの後ろで陣取りました。
小沢さんだけと思っていたら、鳩山さん、菅さん、小沢さんの3人が来ていました。
2006.10.21-1.jpg

菅さんは声がかれてガラガラです。
声を張りすぎです。
鳩山さんの演説は要点がいまいちわかりません。
(ファンになったのにすいません)
さあ、小沢さんの番です!
感想:小沢さんの演説は聴きやすかった。
私の前の人も「小沢さんの声って聞き取りやすいよなー」って言っていました。
小沢さんは、声も聞き取りやすかったけど、ダラダラと話をするのではなく、耳に残るような言葉を使い要点をハッキリ言うてました。
今までいろんな人の街頭演説を聞いたけど、一番良かったかも??

演説が終わると、みんな徐々に散っていきました。
ふと、横を見ると見覚えがある人が・・・
でも、横顔なので正面から見ないとその人かどうかハッキリ解かりません。
そのとき、私の方を見ました!
うわーーー!やっぱりあの人や!!
朝8時からフジテレビでやっている
「得ダネ!」のレポーターです。

「あの~、得ダネの方ですよねー?」
「そうです」
うわー!やっぱり!!
「写真撮ってもらってもいいですか?」
「いいですよ」
パチリッ! やったーまたもやツーショットや~
2006.10.21-2.jpg

「やったー、ありがとうございます!」
満足して去ろうとすると、
「あのー、インタビューいいですか?」
「へっ!?私がインタビュー?」
「おーい、カメラ回して」
ええッ。。。
私はライトを当てられマイクを向けられ
「今回の選挙、行かれますか?」
「え、えぇ・・・。これを機に行こうと思っています・・・」
なんか質問されたけど、どんな質問だったか忘れました・・・
質問に対しての答えは・・・
「自民党党首は安倍さんになりましたが、私は福田さんになってほしかったんですよねー」
「えっ!?それはなぜ?」
「福田さんは以前からアジア重視だったでしょう?安倍さんは小泉さん路線をそのまま行くんじゃないかって思ってたんです。でも今のところは違うようですけどね。安倍さんが首相になってすぐ中国と韓国に訪問してくれたので良かったです。」
「日本はこれからどのようにすれば、世界とうまくやっていけるとおもいますか?」
「日本は今までアメリカの方ばかり向いていたけど、これからはアジアの方を向いてやって行ったほうがいいと思うんです。日本はアジアのリーダーシップを取るよう言われる方もおられますが、長い歴史を見ても中国は何千年と大国として君臨し、日本はその流れを汲んでいただけでしょ。戦後60年ほど日本が急成長したからってアジアのリーダーになるのは国民性からして無理なような気がするんです。
数年前から中国は、信じられないほど急成長しています。まだ序の口だと思います。中国が本気になれば日本は手も足も出ないと思います。アジアのリーダーは中国に任せておいて、日本はアジアの一員として調和していけばいいんじゃーないかなって思います。」
「日本は今いろんな問題を抱えています。福祉、教育、外交、産業、雇用、治安など、どの分野に重点を置くべきでしょうか?」
「う~ん・・・」
ここでだいぶ悩みました。だって全部重要でしょ?
「あっ! やっぱり教育じゃーないでしょうか」
「それはなぜですか?」
「最近の日本の教育現場は先生が生徒をいじめたり乱れすぎてますよね。
それもありますが近頃信じられないような犯罪が多発していますよね。
私はいろんな国に行ってますが、教育がしっかりしている国は治安がいいんです。
日本は資源がありません。資源のない国は教育に力を入れている国が多いんです。シンガポールなんて有名ですよね。
あまり知られてませんが、チュニジアは国家予算の20%が教育に当てられていて国も安定しているんです。国民はみんな穏やかで犯罪が少ない国なんです。教育さえしっかりすれば犯罪も減り治安が良くなるんじゃーないでしょうか。
ヨルダンなどでは資源がない国なので、教育をしっかりさせ人を育てザウジアラビアやドバイなどに教育者、技術者として派遣しているようです。
日本も資源がない国なので教育をしっかりすれば、これからの世界で通用するのではないでしょうか」
(たぶんこのようなことを言うたように思います。)
「ありがとうございます」

はぁ~、一気に緊張がほぐれ安堵のため息が出ました。
得ダネのレポーターは、指で○サインをしウィンクをしてくれました。

まぁ~、きっとボツやろうなぁ~
だって喋りすぎたもん。
そう言いながら月曜日の「得ダネ」で出たらビックリしますね!
でもたぶんカットされるやろうなー
先日友達が例の事故現場を通ったそうです。
「こないだあの現場を通ったら、『○月○日にバイク事故がありました。
目撃されたからは連絡ください』って看板が立ってたよ。
やっぱり事故なのかなぁ」
その言葉が忘れず、現場に行ってきました。

私は現場をたまに通るのですが、いつも違う花が置かれています。
あの女性はみんなに愛されていたんだな・・・
2006.10.18-1.jpg

2006.10.118-2.jpg

でも、聞いていた看板がどこにもありません。
現場前のお店に看板の場所を教えてもらいました。
「あの事故って接触事故やったんですか?」
「目撃者ですか?」
「いえ、私が見たときは女性は倒れていたんです。それで通報したんです。」
「家族の方が先日お店に来て、事故当時の事を詳しく聞かせてほしいって言われたんですが、僕は事件当日いなかったんです。家族は少しでもその時の状況を聞きたいって言うてました。連絡してあげてください」
家族だったら誰でも事故当時の事を詳しく知りたいと思うことでしょう・・・

2006.10.18-3.jpg

看板に書かれていた警察に電話しました。
「あの方は接触事故だったんですか?」
「いえ単独事故です。でも家族の希望でできるだけ多くの情報を集めてほしいと言われ、看板を設置しました。」
「私が駆けつけたときから動かなかったんです。あの方の死因はなんだったんですか?」
「それはちょっと言えませんが、家族も急なことだったんでショックが大きいみたいです。交通事故は突然なので残された家族は苦しい思いをされるんです。」

病気で亡くなると家族はまだ納得できるでしょうけど、
普段と全く変わらなく普通に家を出て行って急に事故で亡くなったと言われても納得できないですよね。
理解しようと思っても理解できないと思います。

私もあの事故の事を思い出さない日はありません。
あの時、救急車が来るまで心臓マッサージをしていたら、もしかしてあの人は助かっていたかも・・・って思ってしまいます。
そして、免許証のあの人の写真が頭から離れません・・・。
なぜ、あの人は歩道に乗り上げ電柱にぶつかったんでしょう・・・
ただ通りすがりの私でさえこんな思いなのに、家族だったらもっと苦しく辛い日々を送っているんでしょうね…。
原因や事故当時の状況を知りたいと思うご家族の気持ちもよくわかります。

知り合いの医学部教授が言った言葉を思い出しました。
「いろんな患者をみていると、人の命というのは綱渡りだと思う」と言ってました。
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 2006年10月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2006年10月29日 (日)
イラクの今
2006年10月22日 (日)
時代祭り
2006年10月20日 (金)
選挙演説に行ったら・・・
2006年10月18日 (水)
道の看板
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。