高野山では宿坊に泊まったでけじゃなく、せっかくなので奥の院へ行ってきました。

奥の院は、墓地です。

ここには歴史上の有名な人物のほとんどのお墓があるんです。
豊臣秀吉、織田信長、明智光秀、武田信玄、上杉信玄など、戦国武将が勢ぞろい!
2007.7.31-10.jpg

2007.7.31-8.jpg

2007.7.31-9.jpg

徳川家や赤穂浪士まで・・・
あっちもこっちも有名人のお墓ばかり。
歴史を勉強するにはいいかも?
最初は「有名人が高野山に集結してるぅ~」って楽しがってたけど、
歴史的有名人が多すぎて徐々に違和感が・・・

だってね。
関西出身の歴史的有名人ならだま解かる。
武田信玄、上杉謙信って信濃(今の長野)の人じゃーなかったっけ?
この二人って、川中島の戦いで戦ったんじゃーなかったっけ?
そんな二人が同じ場所に墓を作るかなー?
歴史的人物は、みんな真言宗なん?
思わず「この墓ってほんまかいな?」って疑ってしまいます。
それに、東北で生まれ育って仙台の藩主だった伊達政宗が
和歌山の高野山でお墓を作って眠ってるなんて、
ちょっと引っかかってしまいました。
伊達正宗の子孫は高野山まで墓参りに来てるんやろうか??
後で調べたら、伊達政宗のお墓って仙台にあるんですって。

伊達政宗だけじゃなく他の歴史的有名人も、それぞれ縁の地にお墓があるみたい。

じゃー、高野山のお墓はいったい何??
お墓って遺骨があるからその人が眠ってるって思い、手を合わせるんじゃーないの?

あちこちにお墓を作って、遺骨もなくただ名前を刻んでいる石に向かって人は手を合わせる。。。
ただの石に・・・
お墓っていったい何なんやろう?
高野山奥の院ではちょっと考えさせられました。

お墓って、江戸時代まで貴族やごく限られた人しか作れなかったんですってね。
江戸時代以降、徐々に一般市民もお墓が作れるそうになったんですって。
一般市民もお墓を作れるようになったと言っても、
今のような墓石の形になったは戦後のようです。
高野山の宿坊で泊まって、精進料理でダイエット!
2007.7.30-4.jpg

朝ごはんも
2007.7.30-5.jpg

が、しかし、
精進料理で質素な食事だからとご飯を食べ過ぎて・・・
えらい体重が増えてしまいました・・・

不思議なことに、修行僧や宿坊で働いている人に
なぜか肥満の人が多いんですよねー
なんでやろう?

高野山をくまなく散策していると、観光客も肥満の人が多いんです。
なんでやろう?
私のように「精進料理でダイエット!」と思ってる人が多いんかなー?

それと、もっとビックリしたことがあるんです。
私が泊まった福智院の浴室は2箇所あって、
1つは露天風呂がある普通のお風呂なんですが、
もう1つの浴場に入ってビックリ!!

なんと、風呂の床が畳なんです。
脱衣場じゃないですよ。
浴室の湯船以外の床が畳なんです。

不思議でしょ~

風呂場には椅子はなく、畳に座って体を洗うみたい。
じゃー、流したお湯は??
答え・・・・・・畳に滲み込むんです。
なんか不思議な風呂でした。

7/27.28は、高野山の宿坊に泊まり、なんちゃって修行をしてきました~

高野山って弘法大師空海が開いた真言宗の総本山なんですってねー
私は「高野山」と聞くと、雪中登山の記憶がよみがえります。

「あー、もう7月かぁ~
海外行かれへんから、日本のどっか行こうかなー
ひなびた温泉でゆっくりしたいけど、そういう温泉って遠いしなぁー
どっかおもしろそうな宿ないかなー?」

そして見つけたのが、高野山の宿坊。

私が泊まったのは福智院
2007.7.30-1.jpg

2007.7.30-2.jpg

2007.7.30-3.jpg

ゆっくり露天風呂の温泉に浸かり、風呂上りには、
このお庭を縁側で眺めながらボーーーー・・・
っと、言いたいけど、浴場横の蔵の中に無料のマッサージ器があって、
私はひたすらマッサージ器の上で過ごしてました。
蔵の中の隅に置かれてるから、誰も無料のマッサージ器があるなんて知らないみたい。
薄暗い蔵の中で私1人。
宿泊中は、ほとんどマッサージ器の上で過ごしてました。

マッサージしすぎて、背中が痛いです・・・

高野山にはマッサージをしに行ったんじゃーないですよ。
せっかくなので、写経と朝のお勤めにも参加してきました。

写経って最初に願い事を書くんですね!
私もしっかりお願い事を書いて、一文字一文字丁寧にお経を書きましたよ。
丁寧に書きすぎて参加者の中で私が一番最後。
みんなは一時間以内に書き終え次々に部屋から退出。
私は1時間半以上かけて、孤独に書き上げました。
必死に書きすぎたのか、むっちゃ肩こるし全身疲れました・・・
写経ってむっちゃ疲れるんですね・・・

翌朝、5時半起きで朝のお勤め。
高野山の朝は寒い・・・
夏でこんなに寒いのなら、冬はどうなるんやろう・・・
これが修行というものなのか・・・

一時間お経を聞いていると、
これはいったい何語なんやろう?
このお経が通じる国(場所)が、今も存在するんやろうか?
なぁ~んて考えてみたり。

高野山の宿坊で泊まって得たものは・・・・
「写経は肩がこる」

うそうそ。
それだけじゃーないですよ。

細かい宗派は別として、宗教によって、
死後の世界の考え方が全然違うんですね。
27,28日と1泊2日で高野山の宿坊で、なんちゃって修行をして帰宅すると、

パソコンが壊れてました・・・

27日の朝まで普通に使えてたのに~~
突然壊れるなんて、困るわーーー!

パソコンが壊れたら、何もできない・・・

どうやら本体は無事で、画面だけが壊れたようです。
まだ店が開いてる時間だったので、急いで画面だけ買いに走りましたよ。

夜、やっとパソコンが見れました。
はぁ~
27日の朝iPotが壊れるし、電化製品が次々に故障するわぁ~~
次は何が壊れるんやろう・・・
近頃、パソコンの動きが鈍いんですよねー
次は本体が壊れるんやろうか・・・
あぁ~、恐ろしい。
イスラームの国に行くと、
男性同士で手を繋いで歩いてる姿をよく目にします。


近頃はなんとも思わなくなってしまいましたが、
最初は、この二人どういう関係!?って興味津々で見てました。

イスラームの国は、男女は結婚するまで手を繋ぐことも許されないんです。
だから独身男性は、欲求不満になって身近な男性にいくんだとか!?
ほんまかいな?


(※ 後で教えてもらったんですが、
アラブ諸国では男性同士手をつなぐのは、友情の表現だったりするんですって。
国や地域によって、友情表現がいろいろあるんですね。
だから手をつないでいる男性同士がカップルとは限らないそうです。)


アラブ諸国では手をつないでいるのは友人同士らしいのですが、

日本人男性の旅行者は、よく狙われるんだとか。
体験者からよく聞くのはパキスタン。
特に日本人男性は小柄で若く見えるから格好の餌食。
夜、部屋に見知らぬ男性が入ってきて、お金を盗まれるのかと思ったら
お尻を奪われる話は有名です。

お尻を奪われるくらいなら、お金を奪ってくれー
って思うそうです。

お金をチラつかせても相手は見向きもせず、唇だけではおさまらず、お尻までも・・・

必死に抵抗してお尻だけは奪われないよう守るか、
一時の我慢だと諦め、そのままお尻を奪われたほうが身のためか・・・
究極の選択。

男性に襲われるなんて想定してないから、
むちゃくちゃ怖くて何も言えないんですって。

細身で背が高く、誰が見てもかっこよくてかわいらしいk君
パキスタンに行ったって聞き、もしかしてk君も・・・?

「パキスタンで男性に襲われへんかった?」
「パキスタンは大丈夫だったけど、僕何度も襲われてるんです」

やっぱり・・・

「ベトナムで夜行の長距離バスに乗った時、僕の隣は空席で、
前がカップルで男性が振り向いて、僕にすーっと話しかけてきたんです。
消灯時間になって眠ってたら誰かが隣に座ったんです。
そのまま眠ってたら、
隣の人の手が僕のあそこを触ってるんです。
ビックリしたけど、イザとなったら恐怖で声が出ないんです。」
「で、どうなったん?」
「寝てるフリをしながら手を払ったんです。
でも払ってもすぐに手が僕のあそこを触るんです。」
「で、どうしたん!?」
「手を払っては、また僕のあそこに手が伸びて・・・って何度も繰り返してたら、
男が興奮してきて、僕に覆いかぶさってきたんです。
もうちょっとで唇を奪われそうになって、目を開けたら
さっきまで喋ってたカップルの男性だったんです。」

彼女が隣で寝てるのに、k君に行くなんてすごいなー
彼女よりk君の方が魅力的やったんやろうなー

k君はそれだけじゃーなく、
ヨルダンのペトラ遺跡の誰もいないところで、
「僕のあそこを触って」と、
ズボンを下ろし、モロ出しされたんですって~

それとか、
トルコでもおっちゃんにも求愛されたそうです。
k君は僕はその気はないと「僕は女性が好きです!」
とキッパリ言い切ると
「僕は結婚しているが男性も好きだ。
両方知るものいいよ」

と誘われたそうです。

k君はエジプトでも犯されそうになったとか。

男性の方々、
イスラム圏を旅するときは、男性に注意しましょう。

たまたま、K君だけが狙われ過ぎなのか??



プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 2007年07月
2007年07月31日 (火)
お墓ってなんなん?
2007年07月30日 (月)
変わったお風呂
2007年07月30日 (月)
修行で得たものは?
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる