先日(4/20)、民族博物館で行われた『雲南COLORFREE』の上映会を見に行ってきました。

この映画は物語ではなく、雲南省の美しい民族衣装を着た人たちばかりを映し出し、
音楽と共に43分間にまとめた作品です。
中国奥地に住む12ほどの少数民族を写しているだけですが、まるで動く民族博物館のようです。
それぞれの民族によって、髪型、服装がまるで違い、自分たちの民族をしかっかり主張してるんです。
自分たちで細かい刺繍をし、服地をキャンバスのように描き、
どの民族衣装をとっても、みなとてもカラフル。

雲南省の昆明などは、もう大都会になってしまったけど、
ずいぶん田舎に行けばまだ民族衣装を誇りにしている人たちがいることに安堵しました。

しかし、この撮影が行われたのは2000年だと言っていました。
中国は今、街では信じられないほど次々にビルが建ち変化していってます。
それは都会だけでなく、田舎にもどんどん近代化の波が襲ってきています。

街にビルが建つと、そのビルの中にはたくさんの洋服屋が入り、
若者は私たちと変らな服装を着るようになってきています。
それは、都会や洋服に憧れるだけでなく、時間をかけて自分たちで作る民族衣装より、
Tシャツやジーンズのようが、安くて簡単に手に入るからです。

貴州省の山奥のトン族の村に行った時、30代以上の女性は民族衣装を着ていましたが、
20代の若者はみなジーンズとスニーカーでした。
貴州省の山奥でさえ、そのような状況なのだから、雲南省でも同じことでしょう。
撮影から8年経った今、映画で出てきた村に行っても、
映画と同じように民族衣装を来た人たちばかりを見られる可能性は低いかも・・・
一刻も早く行かないと、さらに民族衣装を着ている人たちを見ることはできなくなるでしょう。

あと数年で、『雲南COLORFREE』という映画は、とっても貴重な映像になるかもね。
先日(4/20)、万博公園で満開のチューリップ畑で英気を養い、民族学博物館へ!

3月から行われている特別展「深奥的中国ー少数民族の暮らしと工芸」(2008.6/3まで)を
やっと見に行ってきました。
今回の特別展示は、民博常設展示込みの料金420円で見ることができます。
特別展1階には、チワン族の民家を再現。
チワン族の民家は2階建てで、1階には農機具置き場や家畜小屋なので、
展示では、家族が住む2階部分だけを再現してました。
しかし、私の興味があったトイレは無かったのが残念・・・
(ま、あたりまえかもね)

家の展示で、興味深かったのは、家畜のフンや人間の排泄物を家のすぐ脇に集めた肥溜めがあり、
そこから発生するメタンガスで家の電気を補っていることです。
(もっと詳しく書きたいけど、今執筆中の本の中身とダブってしまうかもしれないので、
ここでは今は書きません)
12月に貴州省のミャオ族やトン族の民家に上がらせてもらって人々の生活スタイルを見せてもらったけど、発電方法まで注意して見ていませんでした。
私もまだまだですわ~

今回の特別展示と、毎週のように行われているセミナーなどで、見たり聞いたりしていると、
もっと少数民族を知りたい!!って思えてきました。

そして、特別展示の2階には、貴州省の少数民族の衣装が展示されていました。
カラフルな民族衣装には後ろも見られるように、鏡があり前と後ろの両面を見ることが出来ます。
民族衣装 1


ピンボケですいません・・・
民族衣装 2


12月に会いに行ってきたミャオ族の民族衣装です。
少数民族 ミャオ族2

同じミャオ族でも、銀飾りや衣装、スカートの長さ、刺繍の違うでしょ?
これは村が違うんです。

これは子供の民族衣装。
子供も大人のような装飾で着飾ります。
民族衣装 ミャオ族子供

このように美しい民族衣装で着飾るのは、女性だけなんですよ。
男性もあることはあるんですが、ここまで請った衣装は着ません。

頭飾りがケースに入って展示されていました。
頭飾り

私は現地で、かぶらせてもらったり、触ったりしていたので、このように厳重にガラスケースに入って
スポットライトを当てられ、展示されていることに、ちょっと驚いてしまいました。

首飾りも
首輪

首輪2

すごいきれいでしょ~
私、現地で買って帰ろうか悩んだんですよねぇ~
でも、売っている村へは、トラックに乗ったりして行ったので、この頭飾りや首輪をしたままトラックに乗ったり、ガタガタ道でバス移動をしたり、飛行機に乗って日本まで帰るのは無理だと判断し、結局買わなかったんです。

そしたら、この特別展示の出口に少数民族の工芸品の売店が出ていて、
そこにこの頭飾りと首飾りが売っていたんです!!
値段は、現地とほとんど変らないんです!
首飾り約1万5000円!
頭飾り約1万6000円!

現地ではカード払いは無理だけど、ここではカード払いもできる・・・
うぅ・・・・、どうしよう・・・
むっちゃ欲しい~~~
首代わりだけでも買おうかずいぶん悩んだぃんですが、この銀細工は、今はシルバーが輝いているけど、
数年経つと色が変色してしまって、黄色く黄ばみ、その後どんどん色がくすんでくるんです。
こんな細かい装飾をどのようにして手入れして良いものかわからないし、
手入れもむっちゃ大変そうなんで断念しました・・・


凱里の民族博物館で、少数民族の民族衣装を売っていたんです。
現地で買おうかすごい悩んだ茶色で光沢があるプリーツスカートは4000円でした。
こんなん見ると、やっぱり買ってくればよかったぁ~~って思います。
今度行ったら、買ってこよっと。





先日、(4/20)民族博物館で『雲南COLORFREE』の上映会があり、行ってきました。

4/20の大阪は朝から晴天!
前日の京都嵐山での過酷なサイクリングで少し疲れながらも、朝から張り切ってまた自転車で万博へ!

以前、このブログで民族博物館の話しをのせたところ、
きこりちゃんが「私も行ってみたい。今度行くとき私も連れて行ってください」と連絡がありました。
ちょうど20日に『雲南COLORFREE』を見に行くつもりだったので、一緒に行くことに。

万博の敷地内に入り、民族博物館に直行しようとしたんですが、万博公園内にとってもカラフルな
一面じゅうたんを敷き詰めたような物が見えた。
私たちがゲート外で見ていると、「今、チューリップが満開ですよ」とゲートの人が声をかけて来てくれた。
私たちは、「どうするぅ~?せっかくやし見る?」とか言っていた。
「どちらに行かれる予定なんですか?」
「民族博物館に行くんです」
「じゃー、ここでも民族博物館のチケット買えますよ。そのチケットで公園内にも入れますよ」
「え!?公園の入場料(250円)を払わなくても、民族博物館の入場券(420円)で、
チューリップが見れるんですか!?」
「チューリップだけでなく、今、万博公園内にはポピーやもっともっとたくさんのお花が満開ですよ。
そこも見て行って下さってもいいんですよ」
万博公園はむちゃくちゃ広くて、ポピーが咲いてる場所はむっちゃ遠くて、民博に行く時間がなくなってしまう。
私たちは、民博に入る前に、チューリップだけを見に行くことにしました。

実は、私はここ数年、毎年のように、密かに万博のチューリップを見に来ています。
ここって、むっちゃ穴場なんですよ。

関西周辺のフラワーパークや植物園にもよく行ったりするんですが、
万博のチューリップ畑は、もしかしたら関西の中でも一番規模が大きいんじゃーないでしょうか。

以前、有名な富山のチューリップ会場に行ったことがあるけど、想像していたよりはるかに狭い敷地。
私はオランダのように一面どこを見渡してもチューリップと思っていたのでガッカリ・・・
入場料も高くて、狭い敷地に人がむちゃくちゃ多くて、圧迫感があり、あまり楽しめませんでした。
(富山の方には申し訳ない)

いろんなところにいったけど、やっぱ万博のチューリップ畑は、広々としていて、人も少なく、
私のお勧めチューリップ畑です。
入場料も250円と他のところよりダントツに安いです!

では、私のお勧めの万博のチューリップ畑をどうぞ。
万博 チューリップ

万博 チューリップ 2

万博 チューリップ 6

万博 チューリップ 8


万博 チューリップ ピンク


万博 チューリップ 3 万博 チューリップ 4

万博 チューリップ 5

万博 チューリップ 7

万博 チューリップ 黄色

万博 チューリップと空 ピンク


ね、人があまりいないでしょ?
これって、晴天の日曜日の昼ごろでですよ。
あまり知られてないのか、いつ行ってもこんな感じです。
平日ならもっとガラガラかも?
広大なチューリップ畑を思う存分堪能できますよ。
来年は、万博のチューリップ畑に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【京都】 -嵐山のカフェ-

前回前々回前々前回と引き続き、
kaeさんとの京都嵐山散策、まだまだ続きまっせー

朝からトロッコ列車に乗り、自転車で愛宕念仏寺へ行き、さらに辺境の地の原谷苑へ行き、
嵐山に戻ってきたときには、もうクタクタ。
ちょっとゆっくりお茶でもしたいと思うが、嵐山の夜はむっちゃ早いんです。
週末だというのに、17時にはメイン道路のお店は店じまい。
次々にシャッターを下ろします。
ちょっと、いくらなんでも5時で閉店って早すぎるでぇ~
3年前まではもっと酷くて、全てのお店が閉まってしまって、お茶しようにもどこもありませんでした。
最近は嵐山のメイン道路にオシャレなカフェ風のお店もできだして、数店は空いてました。
私たちは、メイン道路から少し入ったところの町家のカフェへ。
あれー?ここ、昔は民家やったと思うねんけそなぁ~・・・???(ちがったっけ?)
嵐山のカフェ

eX cafe 京都嵐山本店
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3
075-882-6366

庭園を眺めながらカフェ&スイーツを味わえます。
嵐山のカフェ

喫煙席はこちら
喫煙席

禁煙席はこちら
禁煙席

抹茶やあんみつのスイーツが充実
スイーツ

kaeさんが頼んだスイーツ
スイーツ
スイーツのお皿が大きすぎや・・・
2人ともスイーツを注文したら、テーブルに乗り切れない・・・

私ガ注文したキャラメルマキュアートとkaeさんが頼んだスイーツ
カフェ


kaeさんは4月の上旬、仕事以外でちょとプライベートで台湾に一週間行ってました。
その時の写真を見せてもらってたんですが、今回は台湾のある財閥の招待を受けて行ったそうな。
行く前まであまり把握してなくて、一週間もあるから1人で台湾を見て回ろう!と思っていたそうですが、
現地に行くとVIP扱いで、各国の他の招待客たちとのお食事会で
ほとんど1人になることがなく、遠方に出かけられる状況ではなかったそうな。
写真には、いろんな国の人たちが映っている。
「この人は何人?」
「コンゴの人」
「この人は?」
「デンマーク人よ」
他にもいっぱい。
「何語での会話?やっぱ英語?」
彼女は、英語、フランス語、スペイン語、日本語と4カ国語を話す。
「フランス語を話す人たちが多かったから、ほとんどフランス語での会話だったの」
kaeさんは、普段の生活もほとんどフランス語を話している。
職場だけでなく家でも。
今、フランス人の居候がいてて、かれこれ3ヶ月もいるんだとか。
「3ヶ月も?! そういば、去年も2ヶ月以上フランス人夫婦が家にいるって言うてなかった?」
「あー、そうね。今の居候はもうすぐ出て行くけど、すぐまた別のフランス人数人が次々に家にくるの」
「また何ヶ月もいるの?」
「ん~、たぶんね」
kaeさんの家はよっぽど居心地がいいんかも?
kaeさんの両親もフランス語がペラペラなんで、居候がいるときは家でもフランス語で会話するんだとか。
他にもプライベートの写真を見せてもらったけど、常に外人が周囲にいてる。
kaeさんが話すことや写真は、驚きの連続で圧倒されっぱなしですわぁ~
彼女と話をしていると、私までワクワクしてきます。
ほんと素敵な人です。

そんなkaeさんが、また皆さんの前に現れますよ~
5/3(金)~5/5(日) の3日間。
インテックス大阪で、ツアーエキスポがあります。
入場料1000円
去年、このブログでも報告しましたが、なかなか面白いイベントですよ。
チュニジアブースには、kaeさんがいます。
お時間ある方は、是非ツアーエキスポに行ってみてくださいね!
【京都】  -原谷苑-

前々回前回の続きです。

愛宕念仏寺を出たのが15時過ぎ。
レンタル自転車は17時に返さないといけない。
あと2時間・・・
ここから嵐山までは下り坂なので15分ぐらいで戻ってしまうしなぁ~

もし時間があれば行きたいところがあったんですわ。
それは、『原谷苑』
原谷苑は、知る人ぞ知る京都の隠れた桜の名所なんです。
なぜ、あまり知られていないのかというと、むっちゃ行きにくい所にあるからなんです。
バスはあることはあるけど、本数がむっちゃ少なく、タクシーで行くことになるという。
遠方からの観光客なら、京都をタクシーで回るのは効率的で見どころばかりが見れていいでしょう。
でも、私はタクシーに乗ってまで桜を見に行く気にはなれないです。

kaeさんが京都に来ることになって、どこに行こうかいろいろ調べていると、
原谷苑の桜はまだ満開だという情報をget!
問い合わせると、原谷苑にはやっぱりタクシーを利用することになるという。
それに、嵐山からずいぶん離れている。
自転車で行ける距離ではないし、道幅が狭く歩道もないところもある。
kaeさん行けるやろうか・・・
もし、原谷苑もに到着しても、ゆっくりする暇もなく、すぐに戻らないといけないかも・・・
もし無事、行けても17時までに嵐山に戻ってこれるかどうか・・・
ん~ どうしよう・・・
愛宕念仏時までの坂道をkaeさんは、しっかり私の後をついてきてくれている。
これなら行けるかも?
えぇーーーい!
行っちゃえっ!!


愛宕念仏寺から少し下山し、広沢の池を眺めながら通過し、さらに仁和寺を目指してペダルを漕ぐ。
この道は長い登り坂で、道幅も狭くバスや車が行き来し、むっちゃ走りにくい。
それに、レンタル自転車は、嵐山周辺をのんびり走るため用で、ママチャリよりさらにスピードが出なくて、
なんせむちゃくちゃ乗りづらくて走りにくい。

途中、桜の庭園を発見!
タクシーで乗り付けている人もいる。
あれ?ここが原谷苑!?
いえいえ、ここは嵯峨野にあるある個人の庭園。
敷地の主は、円山公園の樹齢400年の桜の木を手入れしている京都でも超有名な庭師。
その個人の家の敷地内にある庭園に、たくさんの桜が植えられてあって、
ここも知る人ぞ知る桜の場所なんです。
最近テレビで見たことがあって「ここは個人の庭園なので詳しく場所や住所は教えられません」と言っていました。

桜はずいぶん散ってしまっていましたが、珍しい緑色の桜がありました。
緑の桜
これ、全部葉っぱじゃないですよー

さらに自転車を走らせ、やっと仁和寺に到着。
仁和寺も桜が有名で、京都北部に位置するため、市内の桜が散ってから、和寺の桜は満開になるので、
見頃は4月中旬なんです。
この日もたくさんの観光客でにぎわって、観光バスもいっぱい並んでました。
でもこないだの雨で、境内のほとんどのソメイヨシノが散ってしまったようです。
寺院の前の八重桜は満開でしたけどね。

原谷苑へは、仁和寺のすぐ横の道を入り、少しすると急な坂道が続きます。
急に道幅が狭くなり、対向車が来ると車同士がすれ違えないから、ガードマンが立っている。
ガードマンに「どこまで行くの?」と声をかけられ
「原谷苑です」
「もうすぐや!がんばれ!」
励ましの言葉をかけてもらい、坂道を立ち漕ぎで登ってゆく。
カーブを曲がると、私たちの前に立ちはだかるようにすごい急な坂道がどこまでも延びている。
こんなに長くて急な坂道を自転車で登るのは無理やわぁ~
今までの坂道も急で、必死に登ってきたけど、これは自転車を押すだけでも大変な坂道。
ここで自転車を置いて歩いて行くことにした。
自転車をその辺に放置するのは危ないので、さっきのガードマンがいる場所まで戻ると、
「あれ?なんで降りてきたん?」
「だってこの坂道を自転車で登るのは無理ですよー、だからここに自転車を置いて行こうかと思って」
「原谷苑まで歩くと1時間はかかるで、この坂道は大変やけど、
帰りのことを考えたら自転車に乗っていったほうがいいよ」
「この坂ってあとどれくらい続くんですか?」
「まだまだ続くよ。でもずーーーっと先には下りもあるし、ちょっとだけ平たんな道も出てくるよ。
とにかくがんばれ!」
ガードマンのおっちゃんに励まされ、やっぱり自転車で行くことに。
ひたすら自転車を押して坂道を登ってゆく。
私たちは、息切れをし、会話などまったくできない。

途中にはヘアピンカーブまであったり、とにかくすごい急な山道。
私たちがフラフラになりながら自転車を押していると、
正面からジャージ姿の若い男性がすごい勢いで下ってくる。
彼は全身に風を受け、むっちゃ気持ちよさそうで、私たちとは対照的。
私たちも帰りは、あんな爽快に下ってこれるんやろうか?
男性は部活の帰りのようないでたちやったけど、こんな山奥から下ってくるってことは、
この先は原谷苑以外にも何かあるんやろうか?
こんな山道からは全く想像できない。

カーブや峠のたびに、このカーブを曲ったら、この峠を越えたら、原谷苑に到着か?
って期待するがことごとく破られてゆく。
いつになったら原谷苑に到着するんや??
ここまで来るのは、工程や時間的に無理があったかも・・・
帰りの距離や時間を考えると、少し後悔・・・

やっと下り坂になり、自転車での爽快に降りると、ごく普通の民家が現れた。
こんな山奥に、住宅地がることにビックリ!
それに、立命館大学のグランドがあった。
さっきすれ違った男の子は、立命館大学の学生で部活をしてる子かぁ~ やっと納得。

すると、タクシーがいっぱい!
あぁ・・・、やっと原谷苑に到着したんやぁ~
原谷苑の入場料は、平日は1200円ですが、週末は1500円。
私たちが行った時は、満開が終わり、散ってきているからと800円になってました。

写真や映像で見た原谷苑の本来の姿ではなかったけど、まだ桜も残っていて、
kaeさんも「もう桜は見れないと思ってたけど、こんなにすごい桜が見れるなんて、
がんばって登ってきてよかったぁ~」と喜んでくれてました。
私も、以前から行ってみたい場所の一つに来ることが出来てよかったです。

では、すこし散り気味の原谷苑の桜をどうぞ。
原谷苑 桜1

原谷苑 桜2

原谷苑 桜3

原谷苑 桜&空4
散りかかっているので、色が薄いですが、本当はもっとピンクなんですよ。
ここは満開時には、空がピンク色になるそうです。
本来の原谷苑の姿を見たい方は、こちらをどうぞ。

枝垂桜以外にもありますよ。
原谷苑 桜5

私たちは、ここまで来ることができ、桜を見ることができた喜びで大満足し、4時半に原谷苑を後にしました。

さぁ!ここから30分で嵐山に戻るぞ!!
kaeさんと気持ちを引き締め、急な下り坂をキツくブレーキをかけながら下るが、
勝手にどんどんスピードが増してきてビビリながらも、全身で風を受け山道を下っていく。
仁和寺まで戻ると、もう半分帰ってきた気分。
ここからは、交通量があって細い道だけど、今までの苦労に比べたらどうってことがない。
私たちは、17時ピッタリに嵐山に戻ってきて、無事に時間どおりレンタル自転車を返却しました。

よかったら、みなさんも桜の時期は、嵐山から自転車で原谷苑に行ってみてください。
いけない距離ではないですよ。

それにしても、kaeさんは見た目とはまるで違い、あの距離、あの坂道を、弱音など一切はかず、
乗りにくい自転車でのサイクリングを楽しんでしていたことに驚きでした。
嵐山に戻ってきてからも、まだまだむっちゃ元気。
私のほうが、ヘトヘトになってしまってました・・・

続く・・・

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
日記タイトル一覧
  • 2008年04月
2008年04月30日 (水)
雲南省の少数民族
2008年04月25日 (金)
超穴場のチューリップ畑
2008年04月24日 (木)
京都・嵐山のカフェ
2008年04月23日 (水)
京都・原谷苑
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる