FC2ブログ
【私の憧れの人】

レソトのレセプションも終わり、服を着替え次の目的地へ!
(ちなみに、ホテルオークラって、広くてきれいな着替える部屋もちゃんとあるんですよー すごいですねー)

次の目的地は、出版社。
前回の本を出したときの2何前、2度ほど打ち合わせのために行ったことがあったんですが、
その後2回も引越しして、担当者も2人も入れ替わってたんですよねー
(大丈夫なんやろうか・・・?)
今の担当者になってから、ずいぶん長いお付き合い(と言っても1年半ほどですけどね)なんですが、
その間、東京に行く機会も無く、いつもメールか電話でのやりとりだけで、
まだお会いしたことがなかったんですわ。

せっかくなので、少しでも顔を出しておきたいと思って、地図を片手に出版社に行ってきました。
四ツ谷の駅近くで、表通りを1本入っただけで、とっても静かな場所に出版社はありあました。


出版社の次は高田馬場へ!
高田馬場駅のすぐ近くに、オーストラリアから18年間もの長い付き合いがあるケンちゃんの
勤めている会社があるんですわ。

レソトのレセプションに出席することが決まったとき、
「10/6にまた東京に行くわ」というと、「じゃ、うちの会社に来ればいいよ」と言ってくれていたので、
仕事が終わる頃、ちーちゃんと一緒に行ってきました。

ケンちゃんとは、9月に旅行博へ行った日の最終日の夜、夜行バスの出発時間までいっしょにいてくれて、
そのときいっぱい喋ったから、今回はこれといって用事はなかったけど、
「じゃ、おいでよ」と言う言葉に甘えて、高田馬場に行くことに。

ケンちゃんの勤める会社が入ったビルのエレベーターに乗り、ケンちゃんの会社が入ったフロアで降りると、
男性が立っていて、私たちとすれ違いでエレベーターに乗った。

私たちが、ケンちゃんの会社に入ろうとすると、すれ違ったさっきの男性が
「もしかして、ケンちゃんの友達ですかー?」と声をかけてきた。
「はい!そうですよー」
「わーーー!待ってたんですよー」と、乗っていたエレベーターから出てきて、私たちを会社に案内してくれた。
ケンちゃんが「やっときたねー」と迎えてくれると、
「あ、この人ここの会社の社長だよ。今日かおりちゃんを社長と会わせようと思ってたんだー 
ちょうどよかったよ」

ケンちゃんの会社の社長は、テレビの制作及びコーティネーションの会社を経営していて、
NHKを主に請け負っているという。
オフィスには、今まで社長が手がけた番組のビデオがズラリと並んでいた。

その中に、私が好きな貴州省のミャオ族のビデオやパンダの特別番組もある。
「えーーー!これも社長がかかわった番組なのぉーーー!?」
「そうだよー だからかおりちゃんを社長に紹介しようと思ったんだー。
社長にかおりちゃんのこと話したら、是非会いたいって言ってくれたから」

社長といってもまだ40代前半で若く、加藤九祚さんととっても親しいという。
あまり公表してませんでしたが、私は加藤九祚さんが大好き♪

加藤九祚さんは、民族学博物館の名誉教授にもなっているすごい人!
加藤九祚さんは、もう80歳後半か、もしかしたら90歳になってるんちゃうかなー?
今でもウズベキスタンでコツコツと遺跡発掘調査をしているすごい人なんですわ!
そんな私の憧れの人と親しいなんて、ぜひ加藤先生の話を聞きたい!!

すぐにケンちゃんの会社のメンバーと、たまたま広島から来ていた社長の友人と6名で近所のタイ料理へ。

「今度東京に来るとき、前もって教えてくれたら、加藤先生に連絡するから一緒に飲みに行こうよ!」

もうぶっ飛びの話に頭がクラクラする。

加藤先生の話をきけるだけでも嬉しいのに、一緒に飲みに行っていいのぉーーーー!!
もう信じられへん~
話がすごすぎるぅーーーー!!
さすが東京やぁ~
話す内容のスケールが違いすぎる!!

みなさんには、私の興奮状態は理解しにくいでしょうねー

例えば、あなたにとっては雲の上のさらに上の憧れの人。
例えば・・・、憧れの芸能人と一緒に飲みに行けるって言われているもんなんですわ!
なんとなく、私が興奮する意味がわかってくれたかな?
超憧れの芸能人のような存在が、私にとっては加藤九祚さんなんですわー
(あっ、ウソ! むっちゃ会いたい人がまだ1人いた!!)


もしかして・・・・
みなさん、加藤九祚さんを知らない???
「ふしぎ発見」で3回も出てるんですよー
私は、加藤九祚さんが出た3回ともしっかりビデオで撮って、たまに見ては笑ってます。
加藤先生って、むっちゃいい味出してるんですよねー

今の時期は、きっと発掘しにウズベキスタンに行ってるから、今度の東京では会うことは無理でしょうが、
加藤先生と同席できるのなら、私はすっ飛んで東京に行きます!!

先生がご健在のうちに是非会いたいです・・・






スポンサーサイト



あのぉ~ 

みなさんは、

興味がないでしょうが・・・・



レセプションでの私をちっと披露しちゃおかなー?と思いまして・・・

わたし 2


うしろ姿なんぞも披露しちゃおっかなー・・・

うしろ姿 



せっかく髪の毛もセットしたので・・・

髪型 1

髪型 2

ってな感じでした☆



【レセプションでのご対面】

東京に着いた時まで少し時間を戻します。

-----

冷たい雨が降っていた新宿へは朝に到着し、美容院が始まる時間まで、ネットカフェに行っていた。
時間があったら溜まっているブログを更新しようかと思ってたけど、今まで忙しくて急ぎのメールの返事もできていなかったので、まずは急ぎの人にメールを打っていた。

「そんなん携帯メールで送ればいいのにー」
って思われるでしょうが、私は携帯メールを打つのってものすごい時間がかかってしまうんですわ~
時代の波に思いっきり乗り遅れてますわー

とりあえず、急ぎのメールが終わったので、今日の準備を先にしておこうと、念入りに化粧をしていると、
もうそろそろ美容院に行く時間。
でも、ちょっとブログのチェックだけでもして行こうと、ブログを見ると
「越さん」って人からコメントがあった。

越さんも今日のレソトのレセプションに招待されているという。
「会場で見かけたら声をかけますね」って、書かれてるけどいったい誰やろう~???
まったく心当たりがない。
もしかしたら、このブログのプロフィール写真だけで私を探そうとしてくれてるのか!?
あの写真で私を見つけるなんて、知り合いでも無理!

けど、私のブログを見てくださっている方と、是非お会いしたい!!
急いで私の今日の服装をコメントに書いた。
このコメントをレセプションが始まるまで見てくれるやろうか・・・

私のブログを見てくれてる人・・・
どんな人やろう~ 
無事、私を見つけ出してくれるやろうか・・・?

ちーちゃんとホテルで会い、その出来事の話を一部始終話しした。
「男性ですか?女性ですか?」
「さぁー?それも全くわからへんねん~ 文章からすると、たぶん男性と思うねんけどなー?」
「相手は、かおりさんのことを知ってるんですか?」
「さぁ~?それもさっぱりわからへんねん~ でも私は全く心当たりが無いねんなー?
たぶん以前からの知り合いではないと思うねんなー?」
などと、ちーちゃんとあーだこうだと言いながら推測。

無事、私を見つけてくれて会えたらいいのになぁ~

レセプション会場に入って、会場の広さに驚き、開始直前になると、出席者の数の多さに
ぶったまげずにはいられない。

こんなすごい人数の中から、いくら服装を言ってたとしても、見つけるのは無理やろう・・・
気にしながらもあきらめかけていた。

料理を取りに行き、近くのテーブルを確保し、さあ食べようとしたとき、

「おくださんですかっ!」と弾む声がした。

越さんやっ!!
男性も私と出会えたことに喜び、私も無事見つけ出して声をかけてくれたことに大喜びし、
気がつけば無意識に2人で硬い握手を交わし、喜びを分かち合っていた。

男性の顔に見覚えがなかったから
「はじめまして~ こんなたくさんの中から、よくぞ私を見つけてくれてありがとうございます!!」
「はじめましてじゃーないんですよ!以前お会いしてるんですよ!!」
「えっーーーーー!!どこでお会いしましたっけ??」
まったく、見覚えがない・・・
「2年前の図書館であったおくださんの講演に、僕行ったんですよ!!」

えっーーーー!! 
そんな貴重な方と、レソトのレセプション会場でお会いできるなんて、
言葉で表現できないほどの喜びや~!!

「ブログ見てますよ! 僕、おくださんの本も読みましたよ!!
最高でした!」


越さんは、私をどこまで感動させてくれるんや~
もう感動して思わず越さんを抱きしめたくなってしまう!!

「僕、おくださんのラジオも2回聞きましたよ!」
2回ともたまたま大阪にいるときで、その日はたまたま朝、車に乗ってたんですよ!」
「えーーーー!あのラジオも聞いてくれてたのぉーーーー!?」
もうびっくりして、目が見開きすぎて、目が落ちてしまいそうや~

越さんは仕事で東京と大阪を行き来しながらも、海外にも出張が多いという。
それなのに、たまたまと言えども、私のラジオを聞いてくれていたなんて、
そんなすごいことってあるの!?

レソトのレセプションは、料理も最高で何もかもすごくて、名刺交換をさせてもらうと、
すごい肩書きや社長さんばっか!
”これぞ本物の社交界かっ!”と、いう感じ。
これってもしかして・・・
私もとうとう 社交界デビューか!?と錯覚してしまいそう・・・

でも、私はそれよりも、私の読者で、ブログも見てくださっていて、
数少ない私の講演にも来て下さっていた
越さんと会場で会えたことが嬉しくてたまらなかった。




プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • 2008年10月
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる