甲子園試合後、ちーちゃんとミキちゃんは京都に行くことになった。

私はというと、夕方に梅田で人と会う約束をしていて、甲子園から京都に行って桜を散策し、
夕方梅田に戻って人と会うのは、熱がある体では体力的にしんどい。
(元気な時なら行ってるかも?)
試合後は2人と別行動することにし、私は甲子園の近くのカフェで体力温存することにした。

夜、ちーちゃんと合流した。
「今日は、醍醐寺に行ってきたんです。桜が満開ですごかったですよ!」
「醍醐寺??」

一瞬どこかわからなかったけど、京都市内ではなく隣の山科の南に位置する。
織田信長が花見を楽しんだという桜の名所、醍醐寺。

「あー!醍醐寺があったか!!」

京都市内は、まだ咲きはじめで、満開なのは京都御所の一部ぐらい。
醍醐寺の桜は京都市内より南に位置するからか、早咲きの桜だからか、京都市内でも早く咲く。
その中でも霊宝院の桜は、大きくて圧巻。

「よう醍醐寺を思い出したなー」
「昨日、NHKの歌番組の中で、あるバンドが醍醐寺の桜をバックに歌ってたらしいんです。
市内で湯豆腐を食べてから行ったら、着いたのが夕方になちゃったけど、人も少なくて最高でしたよ」
と、言いながら写真を見せてくれた。
甲子園 072

甲子園 075

甲子園 063

甲子園 068
photo by ちー

うわーーーー!!
無理してでも行けばよかったーーーー

明日は土曜日。
週末の醍醐寺は、とんでもなく人、人、人で桜ではなく、人を見に行くようなもの。
前に進むこともできなければ戻ることもできない。

今年のJR東海のCMは、醍醐寺らしい。
(関西では「そうだ京都へ行こう」のCMを見ることができません)
関東の人は、JR東海のCMを見て京都に行きたくなるんだとか。
今年の醍醐寺は例年以上にとんでもないくらい人が押し寄せるやろう・・・
週末なんてとんでもない人で、ゆっくり見れそうもない。

でも、散る前に見たい・・・
「明日の朝、9時の開門と同時に行ったら人も少ないと思うねん。 明日行く?」
「もう一度見に行ってもいいですよ。それほど最高によかったですよ」
「じゃ、明日朝一番に行こっか」

電車を調べてみると、9時に醍醐寺に到着するとなれば、朝の7時半には家を出ないといけない・・・
その話をしていたのが、深夜2時。

私は体調不良と疲労で扁桃腺がはれ、声がまともに出ない。
明日7時に起きて醍醐寺に行くとなれば、ぶっ倒れそう・・・

「やっぱ明日はゆっくり寝よっか・・・」
「日曜の朝に行ったらどうですか?」
「今度の日曜日は、アラビア語の最後のレッスンやねん。
終わる時間が12時頃で、その後に醍醐寺に行ったら昼過ぎて、一番混雑してる時間やねん」

私は醍醐寺行きを断念した・・・・



3/26からちーちゃんが2泊3日で泊まりにきた。
今回、彼女の母校が甲子園出場が決まり、たまたま彼女の仕事も3連休の日と重なって応援に来た。

彼女の母校が出る試合は3/27の第一試合。
第一試合ということは、朝の9時には試合が始まる。
9時に甲子園に行くってことは、朝8時前には出かけないといけない。


私は甲子園に行く前日(ちーちゃんが来る日)、体調不良で彼女が来る夕方まで寝ていて、
彼女が鳴らしたドアのベルで目が覚めた。
せっかく来てくれたのに、来客を迎える準備が何もできてない・・・
晩御飯の材料もない・・・

私はもうすぐ中国へ出発なので、冷蔵庫を空っぽにしていかないといけないから、
家にある食材を使い切るための晩御飯を作ることにした。

ちょっと買い足しのため、一緒に買い物に出かけていたら、帰宅したのが20時。
夜の8時過ぎから晩御飯の準備開始。

ちーちゃんは、年2、3回我家に泊まりに着てるけど、毎回忙しく外出先で食べて帰ったり、
家の近所のむっちゃおいしいたこ焼きを晩御飯代わりにして、
今まで一度も私の手料理で晩御飯を食べたことがなかった。
今回は家にある食材を減らすため彼女にも協力してもらう。

ちーちゃんが家に来たとき、我家には冷蔵庫に入りきれないほど超長い大根と、普通サイズの大根。
こんなに大量の大根をどう料理するか悩んだけど、「大根の鶏ミンチあんかけ」を作った。
残っていた生姜を全部すりおろし、体調不良の私にはとってもよさそうなおかずが出来上がった。
他にもいろいろ作って、私たちは6種類のおかずを1時間で完成させていた。
(ちーちゃんまた御飯作りのお手伝いに来てねー)

私たちが食べ終えた22時過ぎ、A氏が帰ってきた。
A氏が食べ終え、後片付けをして、なんやかんやとしてたらもう23時。

その日はA氏の誕生日。
23時にちーちゃんと3人でケーキを食べ、私たちは近所の銭湯へ。

なんやかんやしてたらもう深夜2時・・・

翌朝、早起きして甲子園へ応援に行かないといけないのに
友人が泊まりにきたら、いつもなぜかこんな夜中になってしまうんですよねー・・・

続く・・・
3/30

えぇ~っと・・・

実は、3/30は私の誕生日でございまして・・・

みなさんからの「おめでとう」メールや、「おめでとう」コメントに目頭が熱くなりました。

ほんとうにありがとうございます!!

これからも笑顔を絶やさず、前向きにがんばっていきます!!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





2月末に“自転車のサドルがお尻に突き刺さる”という思いがけないハプニングがあり、
それが原因で尾骨骨折をしていたという衝撃事実が3週間後に発覚。

サドルがお尻に突き刺さってから体調が思わしくなく、
常に微熱があり、週末にはさらに熱が上がりダウンするという状態でした。

またタイミング悪いことに、サドルがお尻に突き刺さった2日後から、アラビア語のレッスンが始まり、
痛みに耐えながらも毎週日曜は朝から京都へ行き、アラビア語のレッスンを受けていました。

おかげさまでアラビア語のレッスン(6回だけのでしたが)
私は無遅刻無欠席で全過程を終了しました~

アラビア語のレッスンというとかっこよく聞こえるでしょうが、内容はほんと簡単なアラビア語です。

とってもキュートなヨルダン人女性が、難しいアラビア語の発音を一生懸命何度も繰り返してくれるので、
生徒もそれに応えようとみんなが1つになっていました。
先生にもステキだし、クラスの雰囲気も好きでした。

アラビア語講座は語学学習というより、主催者でもあるアラブの会の会長が、
アラブの国々(イスラム)の人々の生活や習慣などの話をたくさんしてくれて、それが面白くて、
熱があろうがなんとしてでもレッスンに行きたいと通っていました。

6回目の最終日には、アラブの会の会長がアラブの有名歌手のDVDを持って来てくれ、
みんなでDVD鑑賞。
もっと見たかったよーーーー

楽しかった授業ももう終り・・・
またやって欲しいです。

アラブの会の会長さん、ヨルダン人の先生、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。



さてさて、貴州省横断の旅の出発まで10日を切りました!!

前回の貴州省もそうだったけど、貴州省の情報が少ないので、
とりあえず現地に行かないと、どういう行程になるかさっぱりわからない。

とりあえず、今回の旅のスケジュールを。

4/4  6:12発 関空行きリムジンバス
    関空発  9:30 → 11:50 北京着
    北京発 16:05 → 19:30 昆明着

4/5  六枝の長角ミャオ族の村へ
4/6      〃
4/7
4/8   貴陽 
4/9   貴陽or凱里(?)
4/10  施洞 姉妹祭
4/11     〃
4/12     〃
4/13  
4/14
4/15
4/16
4/17
4/18
4/19 
4/20 夕方すぎに桂林到着   
    桂林発 23:30 → (4/21) 仁川(ソウル)着 4:00
4/21 仁川発 10:00 → 11:40 関空着

空白は、現地に行ってみないと、どこの村に行くのかわからないから。
ん~ こうして見ると、日がたっぷりありそうで、あまり時間がないなー

4/4の19時30分に雲南省の昆明に到着。
その日の夜、貴州省行きの寝台列車か寝台バスが出ていれば、それに乗りたい。
でも、出ていたとしても空席があるかどうか・・・
もし、乗れなかったら昆明で泊まって、翌朝に貴州省に向けて出発するか。
でも、目的地の貴州省の六枝まで8時間以上なら昼間の移動を避け、4/5の夜出発にすると思う。
宿代を浮かすためもあるけど、寝台に乗って時間を有効に使いたい。

六枝まで行っても簡単に長角ミャオ族と会うのは難しいと思う。
たぶん、六枝の町からバスに揺られて山奥へ行き、長角ミャオ族の村に行くことになるでしょう。
六枝から長角ミャオ族の村までどれくらいかかるんやろう・・・?
六枝から日帰りでいけるのかなー?
もし長角ミャオ族の村に泊まられるのなら、泊まってくると思う。
気に入ったら2泊するかも??
いやいや、六枝周辺に他の面白そうな民族の村がれば、そっちにも立寄るかも?

4/8には貴陽着のつもり。

今回の旅の目的でもある、4/10-12に行われる姉妹祭期間中。
宿はあるのかなー?
なければ、前回知り合った家で雑魚寝でもさせてもらおうっと。


もっと時間があれば、貴州省の南部にある(たぶん)といわれているところに、洞窟の中の村がある。
私、「洞窟村」に行きたいねんなー。
でも、そこってずいぶん山奥らしいので時間がかかるらしい。
それに、場所がはっきり知られてないので、現地で聞きながら探さないといけない。
今回はその村に行くのは厳しいやろうなぁ・・・
次回行くときは洞窟村に行きたいから、今回は情報収集してこようと思う。


4/4~21まで中国・貴州省をもう一度旅してきます。

今回、ユナイテット航空のマイレージ特典を利用。

が!ユナイテットの系列では貴陽に飛んでいないという。
ん~ 困った・・・

地図を眺めていると、雲南省の昆明に目が留まった。
昆明はたくさんの便が飛んでるから、すんなり取れた。

もし、もう一度貴州省に行くのなら、貴州省の雲南省付近に住む長角ミャオ族の村に行きたかったから、
昆明から列車かバスで移動しながら長角ミャオ族が住む村で途中下車しよう!

帰りは前回と同じ広西チワン族自治区の桂林out。

前回のルートと似ているが、昆明inになるので、移動距離は前回の倍。
貴州省横断の旅です。

いまいちピンと来ない方に地図を作成しました。
大雑把ですが赤い線が、私の今回のルートです。
china_city_s.gif


今回は、途中A氏と待ち合わせすることもなく、最初から最後まで1人旅♪

貴陽でお世話になった大金持ちの家に
(「やっぱり旅はやめられない 中国編」にこの家族との出会いを書いているので、是非読んでみてね)
またお邪魔して家族に再会してきます。

息子のカークンプンは、たった1点だけ足りなかったために希望大学には入れなかったけど、
貴陽大学に合格し、今は寮生活をしている。
私が行くことを伝えると、その日は実家に戻ってくれるそうです。

今回は、貴陽の家族に会うためではなく、4/10-12の3日間行われる
ミャオ族の姉妹祭を見に行くのが目的。
前回、姉妹祭が行われる施洞の村に行ったけど、お祭りの日ではなかったので、
村人は藍染の黒い民族衣装の普段着姿でちょっとがっかり。
今回は、美しい銀細工に身を飾り、華やかなでカラフルな刺繍が施された
民族衣装の人々が見れると思うと今からワクワクしてきます。

ルートは前回とほぼ同じやけど、今回は前回行けなかった村々へ行こうと思っています。

帰国のの便は、4/20桂林23:30発。
桂林の街にはもう興味がないけど、桂林からバスで数時間のところにある
興坪(シンピン)に住む林さんの「老寨山旅館」に立ち寄りたい気持ちはある。
だけど、心を鬼にして、ギリギリまで貴州省の少数民族の村々を訪れようと思っています。

なので、夜に桂林に到着するようにし、桂林ではすぐに空港へ向かおうと思っています。

広西チワン族自治区にも少数民族がたくさんいるけど、広西チワン族自治区に入ってしまうと、
一気に観光地化されていて、少数民族の人々もエンターティナー化されていて、
素朴さが失われていて私は魅力を感じない。

貴州省は観光客も少なければ、まだまだ素朴な暮らしが残っている。
もう数年したら貴州省も広西チワン族自治区や雲南省のようになってしまうでしょう・・・
だから今、私は貴州省へ行く。






プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 2009年03月
2009年03月31日 (火)
醍醐寺の桜
2009年03月26日 (木)
貴州省横断の旅 行程
2009年03月24日 (火)
4月貴州省へ旅に出ます
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる