上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まっすぐの一本道。
地平線の先まで永遠とまっすぐに続く道。

窓からは外の風が入り涼しいけど、日差しが強烈で暑い。
私は車内で日傘をさし、強烈な日差しをガードしていた。

すると、サトルとゆーすけが、「わー!今の何!?」と叫んだ。

「あれって、もしかして日本人!?」

「まさかー でもあんなんするのって日本人かも・・・?」

日傘で景色が見えていなかった私には意味がさっぱり分からない。

「何?なにーー?」

「さっき、リヤカーを引いた人がいたんだ」

「えーーー!! こんな暑い中、リヤカーで歩いてたって?」

振り返ると、その人とはずいぶん小さくなっていて見えにくい。

「日本人?」

「いや、わからない。でも肌の色は黒人並みに真っ黒だったよ。
あの肌の色からすると、日本人ではないと思うけど・・・」

「そういえば、リヤカーで世界を旅してた人いてたよなー 日本人ならその人のマネかなー?」

「やっぱ、日本人かなー?」

「でも、すごく黒くて、見た目は黒人のようだったよ」

「でも、そんな無謀なことするのって日本人ちゃう?」

「アフィースは、何人と思う?」

少し考えて「たぶん日本人。たぶんね」

「リヤカーでこんなところ歩くなんて、そんな無謀なことするのって日本人かもなー
それやったら、もしかして、あの人かなー?」

「えーーー!! あの人なら、むっちゃすごくない!?」

「でも、あの人、今、ナミビアを旅してたっけ?」

「うわーーー!!あの人やったらどうするーーー!!」

「俺、あの人の本読んだでーーー もし、あの人なら、すげーーー!! 俺ら目撃者や!!」

3人で、”あの人”だと決めつけ、車内は大興奮!!

「うわーーー 車を止めてもらったらよかったーーー」

「今から引き返してもらおうよ!!」

「でも・・・ もう見えなくなったよ」

そうこう言うていると、車が止まった。
今日の宿のキャンプ場に到着した。

「今ならまだ行ける!! アフィースに行ってもらおうよ!!」

3人でアフィースにお願いしてリヤカーを引いていた人のところまで戻ってもらう。

リヤカーの人は、こちらに向かって歩いてる。
車のスピードを落とし窓を開けると、相手も足を止めてくれた。


やっぱり、日本人!!
しかも、本物のリヤカーで世界を旅してる人だった!!
(名前は誰も思いだせない・・・)
南部アフリカ 066


永瀬さん

3人で握手を求める。
私たちは大興奮!!
3人一緒に記念撮影。
永瀬さんと私たち

「えーーー!! 今ナミビアを旅してたんですかーーー?」
「そうなんですよー」

とても物腰の柔らかい口調。

「僕、本読みましたよーー!」

ゆーすけは、本を読んでいた。
そんなすごい人とリヤカーを引いた姿で出会うなんて、大興奮!!

大興奮して「握手してください!!」「写真撮ってもらっていいですか?」と言いつつ、
本人の名前が出てこない・・・
しかも3人とも・・・

ものすごく失礼かと思いつつ、

「あのー 名前、なんでしたっけ??」

「永瀬です」

「あーーー!! せや、せや、永瀬さんやーーー」

リヤカーマンこと永瀬忠志さんだった。


直射日光で永瀬さんは真っ黒。
日本人でもここまで黒くなるのかと思うほど真っ黒!
日焼け止めは塗っていても、強烈な日差しをシャットアウトするのは無理みたい・・・
唇、耳の皮がボロボロ。
もうやけど状態。
南部アフリカ 068
前日はもっとひどかったらしい。


この後、私たちと同じキャンプ場で泊ることになり、
永瀬さんと一緒に祝杯をあげた。
永瀬さんとビール
とてもおいしそうにビールを飲む永瀬さん。


まだ歩きだして8日目というが、それでもこの黒さ。
永瀬さん

永瀬さんは、私たちが2時間前に休憩した別のキャンプ場から2日間かけて歩いてここまでたどり着いたという。
私たちは車に乗ってるだけでも暑さに参ってうだってたのに、永瀬さんは一歩一歩歩いてここまでたどり着いていた。
私たちと重みが全然違う。

ほんとうにすごい人だ・・・



ちなみに、永瀬さん。
今回の旅行は、私がいつも利用している「西遊旅行」だった。
「担当者は誰ですか?」
「えーっと、石黒さんっていう女性でした」
「えーーー!! 石黒さん!? 私もいつも石黒さんなんですよーー」
ナミブ砂漠のキャンプ場で西遊旅行の石黒さんの話題で盛り上がった。



「ブログに写真アップしてもいいですか?」
「どうぞ、どうぞ」
と、快く了承してくださった。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
ナミビアで知り合ったサトルとゆーすけと3人で3日間の砂漠ツアーに出発!

ガイドは、身長180cmのアフィース。
客は私たち3人だけ。

出発前にスーパーに立ち寄り3日間の食料の買い出し。
南部アフリカ 008

ナミビアの首都ウィントフックを出るとすぐにこのような景色が広がっている。
ナミビアの車窓から

2時間ほど車を走らせ、峠を越えるとこのような景色にかわる
砂漠ツアー 1日目のランチ場所

今日のランチ場所は広大な景色を見下ろせるところ。
木とベンチがある。
砂漠ツアー 1日目のランチ

ガイドのアフィースがランチのサンドイッチの仕度してくれる。
砂漠ツアー 1日目のランチ アフィース

日差しは強烈で、太陽の当たるところに行くと暑いけど、
木陰に入ると、とても涼しく気持ちいい。

アフリカ旅行記は、今までのように旅立ってから時系列では絶対書ききれないのがわかってるので、
今回のアフリカ旅行記は、短編でお届けすることにします。

なので、国や場所などバラバラで、私の思いつきで、書きたいエピソード、載せたい写真などを載せていきます。
あしからず。


まずは、ナミビア!!

ナミビアへは、レソトを朝の5時半に出発し、バスを何度も乗り継ぎ、ものすごい暑い車内で
26時間耐え続け、やっとナミビアの首都ウィントフックに到着した。

日中はサウナ以上に暑かった車内は、夜明けごろ急激に冷え込んだ。
昼と夜の温度差30度以上!!

私とゆうすけは、ガタガタと震えながら耐えるしかなかった。

ウィントフックに到着したものの、私たちの体はもうボロボロ。

しかし、翌日から効率よくナミブ砂漠に行きたい!
安宿の受付でツアー状況を教えてもらうと、
砂漠のツアーは火曜日と金曜しか出発しないという。
今日は土曜日・・・
出発したばっか・・・

火曜まで2日間なにもせずツアーの日まで待つか・・・
それともレンタカーで2人で行くか・・・
しかし、2人でレンタカーとなると、お金もかかるし、リスクも高い。
せめて3人か4人でレンタカーをしたい。

宿帳を見ると、この宿にチェックインした日本人は数カ月に1人くらいしか来ていない。
正月や日本の連休に合わせて数人が宿泊しているだけだった。
日本人と会う確率は少なそう・・・
外国人たちもレンタカーで行ったりする人もいたりで、
仲間が集まらない・・・


ずいぶん悩んだが、2人で砂漠に行くのは避けて、火曜日のツアー出発まで、
今までの旅の疲れをいやすことにした。

そうと決まったら、数日間の夕食と朝食の材料をスーパーに会に行くことにした。

夕方前、宿に戻ると、チェックインカウンターに日本人が座っていた!!

「うわ!! 日本人ですか!? どっから来たんですか?」

この時期、アフリカを旅してる人って、長期旅行者がほとんど。
gwや正月休みでもないこの時期に、アフリカの、しかもナミビアに単独で来る日本人は少ない。
卒業旅行の時期だけど、学生はまず東南アジアを目指す。
旅したての学生が1人でアフリカ、しかもナミビアのようなマニアックな国に行こうなんて思う人はほとんどいない。
ナミビアに行こうなんて思う人は、ずいぶん旅慣れてる人か、長期旅行者のどちからになる。

だから、その日本人男性もアフリカを長期で旅してて、どこか周辺諸国から来たのだと思っていた。
しかし、彼の口からは

「日本からです」
「えっーーーー!!??」

ゆうすけとマジで驚き、耳を疑う。

彼の名は、サトル。
大学院生。
とはいうものの、彼は大学を卒業してから就職をし、社会人として数年働いたが、
大学院に行き、この春無事卒業。
ナミビアには卒業旅行でヒンバ族に会いに来たという。

なぬーーー!!
私と同じやん~

「私も!!ヒンバに会いにきてん~」

ヒンバ情報を交換し合い、一緒に行くことになった。

彼がナミビアを出発する日が、私たちの前日。
丸々9日間ある。

「砂漠レンタカーで一緒に行きません?」
「いいですよ」

3人でレンタカーで行けるかどうか相談する。
しかし、はやりレンタカーで砂漠に行くのはリスクがある。

どうしたものか・・・と悩んでいると、宿のスタッフが、
「3人ならツアーが明日出るわよ」と教えてくれた。
「えーーー!! それを早く言うてよーーー!!」
ツアー会社にゆうすけが電話をし、ツアー内容を確認する。
もともと行こうとしていた砂漠ツアーと料金、内容ともに同じ。
それなら明日3人で砂漠ツアーに参加しよう!!ということに決定!!

その日の晩は、私とゆうすけが買ってきた材料でサトルの分も作り、3人で夕食。
材料、多めに買ってきてよかった~

今晩の夕食は『野菜たっぷり煮込みチキン』
ウィントフックでの夕食
(ちなみにコックは私です)

新しい仲間ができた!!
3人ともお酒が飲めないので紅茶で祝杯!!


2/28(日)の講演は、一般人対象で無料なので、もし私の講演を聞いてみたいという方は、
ぜひいらしてくださいね。


アフリカを旅中、講演依頼の連絡が入った!!
まさかレソトで、講演の問い合わせを受けるなんて、びっくり!!

しかも、今度の講演は、
『大阪大学の元教授たちのОB会』!!!

依頼者は、以前私の講演を聞いてくださったことがある阪大出身者。

「5月に行うグランビア大阪でのОB会で、1時間ほど講演をしてほしい」と、とてもうれしいお話。
しかも、阪大の元教授たちばかり数十人を前にして、こんな私が講演をさせてもらうなんて、
信じられない!!

本当に、私なんかでいいんでしょうか・・・??


そして、4/29にも、その方の入っているサークルでも講演をしてほしいとの依頼を受けた。

4/29。
今年のgwは、どっか行こうと思ってたけど、そんなもん取り消し!!
今年も日本でいることが決定!!



アフリカ帰国後すぐ、私を支援してくださっている方から連絡があった。

6/12にとある会社の総会がホテルで行われるので、
その会場で私の講演をできるよう、提案してくれてるらしい。

ほんとうにありがたいです。
みなさんの支えあっての私だと思っています。





今のところ今後は一般人対象としたものは残念なら、2/28以外ないんですよねー

「アフリカの講演をしてほしい」とのお声が上がっていますが、
私もしたいけど、今は私1人で企画し動ける状況ではないでの、
だれか企画してください・・・・

お声がかかれば、全国どこでも出向きます。


アフリカから帰国してまだ4日。
余韻が引きずる中、昨日の24日には、中国の少数民族の講演をしてきました。

冒頭で少し今回のアフリカの話を入れたんですが、帰国したばっかなので、
どうしても今回のアフリカで見てきたこと感じたことなどを話したくて、
気がつけば30分近くアフリカの話をしてました。

ま、そうなるだろうとは予測してたけどね。



講演は無事に終了してんですが・・・

実は、講演当日の朝、またpcトラブルがあって、もう大変!!
ま、映像(ビデオ)が出てこない(映らない)というアクシデントですけどね。

いままでちゃんと機能してたのに、なんで今日に限って!?

結局、原因は、私がアフリカに行ってる間、家のpcがwindows7に変わってしまい、
pcの環境がずいぶんかわってしまった。

以前のデジカメはmacのクイックタイム対応。
windows対応のメディアプレーヤーでは見ることができない。

そのために講演用のpcには、クイックタイムを入れていたが、
いつの間にか対応できなくなっていた。

それは、前日何気にa氏がクイックタイムのインストールを消していたからだった。
講演前日になにしてくれるねん・・・
営業妨害や・

そんなこととは知らず、私は今まで映ってた映像が映らなくなって
何が何だかわけがわからない。


以前、ちょっとした理由で2つの映像だけ、映像に強い方にお願いし
メディアプレーヤーでも対応できるようにもしてもらったものがある。
それだけはなんとか映像が出る。

今回はこの2つだけで我慢してもらうしかない。
私の講演が始めての人なら、それだけでもけっこう満足してもらえるだろう。

そんなこともあり、昨日は講演2時間半前に会場入りし、
会場のpcで画像が映るかなど試してみた。
でも、やっぱりクイックタイムが入ってるpcはなく、
ミャオ族のお祭りで銀細工に身を固めた美しい女性たちが歩いたり踊っている姿の映像は
披露できないことになってしまった・・・


気持ちを切り替え、プロジェクターにつないでみる。
いつもここで苦戦するんですよねー
でも、今回はスムーズに画像が映し出された。
次にムービーをテスト。

ムービーが起動してるにもかかわらず、肝心の映像が出てこない!
pcではちゃんと映ってるのに・・・

なんで何度も講演をしてるのに、いつもこうトラブルが起こるんでしょう・・・

市役所のpcに強い若い男性が急きょ駆けつけてくれたけど、
原因不明。
こんな状況は今までにないことらしい。

その後、悪戦苦闘し、講演20分前に無事映像が映し出された。

ほんと毎回毎回、pcではトラブルが起こるわ・・・


でも、昨日の講演本番では、きっと聞いていた方々は、
pcでトラブルがあったなんて全くわからなかったでしょうね。

それに、昨日の内容では、映像をいくつも見せなくても十分満足してもあらえるものだった思う。
(そう思いたい)

またの機会に、見せられなかった映像を見てもらいたいな。



あさっての2/28(日)1時半~3時半。
今度は久しぶりにイスラムの国の講演です!!

日 時 2010年2月28日(日) 

    1時30分~3時30分

テーマ 「おんな一人イスラムの国」

おんなひとりで旅したイスラムの国の魅力を存分にお伝えします。
(イスラムの人々の暮らしや服装、食事、砂漠、イスラム建築など)

料 金 無料!

場 所 茨木市庄栄コミュニティーセンター
      阪急京都線・総持寺駅下車 徒歩5分



大きな地図で見る


以前より衣装が増えているので、ファッションショーの時間を増やします。
それに、今度はpc担当がいるので、私はトークに集中できそうです。









プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 2010年02月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2010年02月26日 (金)
砂漠で有名人と遭遇!!
2010年02月26日 (金)
広大な景色を眺めてランチ
2010年02月25日 (木)
新しい仲間ができた
2010年02月25日 (木)
講演予定
2010年02月25日 (木)
次回はイスラムの国の話
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。