上海帰国した翌日から、朝からよりまで超多忙でめっちゃ忙しいっす・・・
pc見る時間もなく、メールも返事する時間もなく、返事が滞っていてすいません。

上海は、おいしいのでモリモリ食べてたから、帰国時には
2.5キロも太っちゃいました・・・

この1週間目が回るほどめっちゃ忙しかったけど、
おかげで体重は戻って良かった♪


今日は久しぶりに少し落ち着きましたが、
実は、、、、
昨日、母が阪大病院に入院いたしまして・・・
命に別条があるわけではないので、大丈夫ですが、
退院は早くて1カ月後になりそうです。

明日手術をするので、今日の夕方担当医から手術の説明を受けに雨の中行ってきます。

この雨の中、私は阪大まで自転車で行こうと思って。

実は、このような雨の日を待ってたんですわ~

今回、上海でハンドルまで覆う自転車専用の雨がっぱを購入してきたんですよ

自転車専用雨合羽

これ、ほしかってんなー
今度中国行ったら、欲しいと思ってた商品なんですわー

この写真では、普通のポンチョタイプのカッパのように見えるけど、
前が大きくて写真のようにハンドルもすっぽりと覆うから、
私が現地で何度も見た限りでは、
手だけでなく足も濡れないようです。

それに、この写真では見えないけど、
帽子のフードにツバまで付いてあって顔も濡れないすぐれ物!!

これで雨の日でも自転車に乗るのも怖くないし濡れないぞ!!

こんなに早くこのカッパを使える日が来るなんて嬉しいわ♪


では、阪大までチャリで行ってきます!!



・・・っと、家を出ようとしたら、もう雨やんでるやん~


9/23 23:30 自宅に戻ってきましたーーー

出発前日、近所での火事があって、出発当日の朝も用事があって、
ほとんど眠れてない状態で、飛び発った上海。


上海からブログをアップしようとしたけど、
どうやら私のサイトがブロックさていて、
開くことができなかったため、ブログがアップできませんでした。


今回の上海は、たったの6日間の旅やったけど、めっちゃ濃い毎日でした。

約6年ぶりの上海は、さらに変化してて、圧倒されっぱなし。

人は多いし、なんせ高層ビルだらけ。

上海の高層ビルや高層マンションばかり見ていると、
大阪の高層ビルと言われている建物を見ても、
「低っっ」って思ってしまった・・・


関空に着いて、大阪の街並みを見て思ったことは、

「日本(大阪)って、のどかやなぁ~」


私は東京でも大都会って思うのに、
上海は東京よりさらに何もかもの規模がデカくって
目が回りそう~


ほんま、びっくりしまっせっ


上海は、ほんま衝撃でしたわ~





上海で、驚いたことは、高層ビル群もすごいけど、

女性はミニスカートばっか!!

肌の露出度が高い!

しかも、みんな色白で、スタイル抜群!!

足も細く、羨ましいほどきれい!!



それと、カップルがいちゃつきすぎ。
カップルのラブラブ度がすごいっす・・・



あ、それと、

上海は、お・い・し・いっーーーーー!!!


ギリギリまで食べ歩きしてました。


私、上海の食が合うというか、めっちゃ好きみたい。


あぁ~ また上海に食べに行きたいなー






なんだか、私が行っている間、日中関係が緊迫していたようですね。
今、ニュースをチラッと見て、びっくり!!

友人からのメールで、少しは知っていたけど、ここまでだったとは・・・

中国の宿ではテレビが見れたので、部屋でけっこうニュースを見てたけど、
そういう報道は、私が見た限りでは一度もなかった。
ただ、新聞には少し書かれてたけど、新聞を読んでいる人が6日間で3人しか見かけなかった。


私が日本人だと分かっても、中国人のみなさんはめっちゃ親切でしたよ。
しかも、日本人と分かるとめっちゃ喜び、覚えたての片言の日本語を必死に思い出しながら
話しかけてこられた事が何度もありました。










出発前日の夜10時、出発前の準備をしていると、
なんだか外から「パンッ、パンッ」と音が聞こえてくる。
ベランダから外を見ると、

な、な、な、なんと。

火事だーーーーー!!!

しかも、燃えているのがベランダ正面2軒ほど向こうのめっちゃ近所!!

炎は激しく、ベランダに出ると火の熱で熱い!!

ひょえーーーーーー!!!

慌てて、消防署に電話!!

「もし、もしっ!! 火事ですーーーーー!!
住所は、○○町○番地です!
早く! 早く来てーーーー!!!」

「どこが燃えてるんですか?」

「家、家です!!」

「どこの?」

「すぐ前の家です! 早く来てーーーー!!」

「今、消防に連絡しました。すぐ消防車が向かいます」

「へ!? この電話はどこにかかってるの?」

「警察です」

あ・・・ 110番に電話してた・・・


「あなたの家は大丈夫ですか?」

「今は私の家は大丈夫です。でも、周辺に燃え移りそう」

「じゃ、避難してください!」

ひ、避難!?

燃え盛る家を見て逃げてなんていられない!!

それよか、消火活動をしなくてはっ!!

ベランダには、火の粉が飛んできそうな勢いだ!

洗濯物をあわてて取り込み

消火器を持って、火事現場へ直行!!

行ってみると、燃えているのは一軒家と一体化したガレージ部分。
そこから家にも燃え広がっている。

ガレージの中にあった自転車も真っ赤になり、炎がメラメラとあがっている。

2階の天井まで上がっている大きな炎を少しでも抑えようと、
私はホースをガレージに向け、レバーをギュッと握ると
ホースから白い煙が勢いよく吹き出し、少しだけ火が弱まった。

住民は大丈夫なのか!?

私がベランダから見ていた時は、まだ近所の人が気付いてなくて、
誰も出てなかったけど、現場に行ったら、近所の男性たちが消火活動を始めていた。

最初は、隣や前の家まで燃えそうなほどの火の勢いだったけど、
数人が持ち寄った消火器とホースで水を出したり、バケツリレーで、
炎は少しだけおさまった。

でも、ガレージの奥の方はまだすごい炎。

そうこうしていると、消防車が到着し、プロにバトンタッチ。

結局、隣近所に燃え移ることなく、住人も逃げ出せたみたい。

死傷者がでなくて、ほんとうによかった。

でも、家は半焼・・

中が燃えた状態だったけど、多分、住めるような状態ではないのでは・・

住人の方が気の毒で・・・



今年の夏から、我が家の近所で放火が相次いでいて、厳戒態勢だった。

最初はゴミ置き場だけだったが、だんだんエスカレートして、
窓にかけているスダレやバイクのシートも燃やされていた。

今回の火事は、何が原因かまだはっきり分からないが、
火が勢いよく出ていたのは、火の気がないガレージから。

もし放火なら、許せない!!!



この話には続きがあって、消火活動も一段落し、家に戻って
旅行の準備をしているとピンポンが鳴った。

隣近所の人かな?と、出てみると警察だった。

どうやら、私の通報が第一通報だったようで、詳しい話を聞きに来たそうだ。

私は見たことを一部始終話をした。

「また明日、事情を詳しく聞きに来るかもしれませんが、その時はご協力お願いします」

「私、明日から上海に行くからしばらく留守なんです」

ん~困ったなー・・、というような感じだったが、夜も遅いこともあり、
その時は帰って行った。

実は、火事を見つけた時、不謹慎かと思いつつ、すぐデジカメに収めていた。
何か参考になるかと思い、現場検証している警察に見せることにした。

その頃には、現場のずいぶん手前からロープが張られ、警官も立ち、
現場近くには行けない。

見張りの警官に事情を言うと、別の刑事さんたちが来て、写真を見せると、
「これは貴重な写真だ!」と署にデータを持って帰って検証するという。
その間も、また一から詳しく説明。

消防車が到着した時には火の勢いがずいぶん小さくなっていて、
最初の火の勢いがどのくらいだったのか分からなかったそうだ。

いろいろな人から聞き取りをしていたが、私の証言や写真は火事の初期のもので、
火の勢いなどから、原因の手がかりになるかもしれないらしい。

そんなこんなで、深夜1時を回ってから荷造りをし、眠ったのは2時半。

出発前は、いつもバタバタですわー









上海に行くと公表したら、上海出身で今旅中のコウ君から
連絡がありチャットした。

「明日から上海ですか?
明日、上海では反日のデモがありますよ。
気をつけて。」

げっ!!!
マジっ!?

「日本人とバレたらヤバい?」

「中国国旗を持っていれば大丈夫」

「中国国旗なんてどこで売ってるねん~!?」

「デモ隊からもらえますよ」

デモ隊に近づく方が危険やん~~~

明日は、上海の街が物々しくなるのか?

「日本大使館にデモ隊が集まります。
それと繁華街には行かない方がいいでしょう」

「明日の宿は、上海の中心地近くで、
夜は日本人ばっかで飲茶を食べに行くんですけど・・・
もしかしたら、襲われる?」
(ま、中国人に暴言を吐いたりしない限り、それはないやろうけど)

「人には危害は及ぼさないですよ」

よかった。

でも、日本より中国では今、敏感になってるかもしれないから、
発言や行動には気をつけた方がいいでしょうね。

このシルバーウィークに中国行かれる方々、
お互い気をつけましょう。




昨日このブログで、「上海に行くけど安宿がない・・・」と書いたところ
3年前の旅行博で知り合ったK1さんから
「僕も同じ日に上海行くんです」
と電話があった。

「うそー! マジで!? 宿どうした?」

「ドミ(相部屋)で90元(約1100円)だけど、バンド近くでありましたよ」

と、教えてくれた。

彼も普段なら宿の予約などしないが、上海だし友人2人も一緒に泊るから
念のため予約したという。

教えてもらったサイトは日本語もあるが、日本語サイトだと5軒しか載ってないし、
しかも高級ホテルばっか。

英語版だと1泊1000円ほどの安宿で、しかも立地条件もいい宿がいっぱいある!

英語の方が情報量が断然多い。

18日は日本人にとってはシルバーウィーク初日。
念のため、私も宿を予約しとくことにした。
宿を予約して行くなんて、初めてや~




宿は、シングル、ツイン、ドミトリーがある。
ドミトリーも女性用、男性用、MIXと部屋数も豊富。

私はもちろんドミトリーのMIXで予約!

いやー マジで上海に到着しても宿がなく
1泊目は翌日西塘へ行くためバスターミナルで寝ることになるかと思ってたけど、
とりあえず18日の夜は、宿が確保できたから一安心。

K1君は救いの神や~


彼は私より1日早い17日の今日出発で、
18日は現地で落ち合った日本人の友人たちと上海万博に行くらしい。


「よかったら18日の夜は、みんなで飲茶に行くから一緒にいかがですか?」

「行く、行くうーーー!!」

飲茶は大勢がいいもんねー

「何時に行くの?」

「予定では、22時です」

げっ!! 夜の10時まで空腹を我慢できるかなぁ~?

「携帯そのまま使えるんで、電話でもください」
と言うて、待ち合わせ場所など打ち合わせができないまま彼は出発しちゃった・・・

近頃って、海外でも日本と同じように携帯が使えて、
国内のように携帯で時間や待ち合わせをするのかなぁ~?

なんかすごいなぁ・・・

私は携帯海外では使えないし、持っていかないねんけどなぁ~・・・

ネットが普及してから、海外との距離が近くなったなぁ~


宿の心配は無くなったけど、K1君と一緒に飲茶食べに行けるんだろうか...?


まっ、なんとかなるかな~~?

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日記タイトル一覧
  • 2010年09月
2010年09月30日 (木)
自転車専用雨合羽
2010年09月24日 (金)
ただいまーー
2010年09月18日 (土)
火事やーーーーー!!!
2010年09月17日 (金)
明日の上海は危険!?
2010年09月16日 (木)
救世主!
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる