私の友達のMちゃんが、今、挑戦中です!

え!?
何にって!?

台湾のアイドル・シンディダンスオーディションに応募し、
な、な、なんとっ!!

最終選考19組に残った!!

がっ!!
彼女はそんなこととも知らず、シンガポールに行ってて、
その間に最終選考の人気投票のバトルがスタートしていのだった!!

帰国して、自分が最終選考に残っていることを知り、喜んだのもつかの間、
他のチームよりずいぶん遅れをとっているらしい。

投票は、彼女の動画を見るだけ。

まあ~ 見たって~
めっちゃおもろいで~~

しかも、めっちゃ流暢な中国語で自己紹介をしてて、
かわいいダンスをしてるねん~






さぁ、みんなでMちゃん応援しちゃいましょう!!

何度でもクリックし、彼女のかわいいダンスを見てね~



シンディダンスオーディション最終選考19組が決定!
【人気投票受付中】
動画閲覧数を人気ポイント換算し、最終選考ポイントに加算。
人気­ポイント受付期間:2010年10月21日~11月11日間の閲覧数を1ポイント算出
この「人気ポイント」と、シンディ本人の「審査ポイント」を合算し、
新春のステージ­上でシンディと一緒に「心電心」を
ステージ上で踊っていただく方を11月15日(月)­に最終決定します。


もうすぐ今年も終わる・・・

あぁ~ 1年が早い・・・

そして、また正月がやってくる・・・

あぁ・・・ 今年の正月どうしよう・・・
どこに行こう・・・・

もう11月になろうとしてるのに、今更どこももういっぱいやろうな・・・
スタートが遅いわな・・・

行きたい国や場所は山ほどあるが、いろんな事情により
正月は行き先がどうしてもアジアになる。

バンコクの桜井君の家にも行きたいが、正月は彼も帰国する。

私は中国ならどこでもいいから行きたいが、
A氏が「中国ばっかもうええわー」と、うんざりしている。
しかも、A氏の行ける日程は限られている。

それなら短い日程でも行ける、北京にほど近い平遥に私は行きたい。
彼も興味がありそうだったが、北京には仕事で行ったことがあるし、
「また北京!?」と、あまり気乗りしないようだった。

先日、キリム教室をしているFさんととる子ちゃんと会った時、
とる子ちゃんもパンダ好きということもあって、パンダの話題で盛り上がった。

せやっ! 正月の行き先、パンダにしよう!!

翌日、すぐ四川省のAIRを調べた。

正月料金になるから高いんやろうなー
しかも1/3帰りなんても満席で、あっても1/3着なら料金がアップするんやろうな・・・
覚悟しながらいろいろ探していた。


私は料金が安い12/24出発あたりにして、いつものようにA氏は12/28か12/29出発にしてもらおう。
その場合、私のAIRは確保できても、A氏のチケットが難しいときがある。
いつもギリギリまで待っていたりする。

まず、12/28か12/29出発で探してみた。

すると、2名様で一人51000円があった。
そんな年末で5万円代で見つかるなんて!
でもこれは1名ではダメ。
2名以上でないといけない。

ま、ダメもとで問い合わせてみた。
すると、12/29出発で、帰りは1/3着の便なら今すぐ取れるという!!
しかも1/3帰国なのに、アップ料金はない!!

もうこれは予約するしかない!!

その場で予約した。


ということで、今年の正月は四川省成都に行って、パンダを見に行ってきます。


旅の予算は、2人で飛行機、現地で使うお金も全部込みで15万円。

6日間だけなら、2人でも現地で使うお金は3万円で十分かもね。



ホームステイ受け入れの申請用紙を出した。

留学生受け入れの出身国を指定するのはよくないことなのかもしれないが、
希望があれば記入くださいと書かれてあるし、
ジンバブエの今の情勢を聞きたいので、国名指名などよろしくないことかもしれないが、
申し訳ないが書かせてもらった。

第一希望 ジンバブエ
第二希望 ウガンダ
第三希望 マラウィ

ジンバブエ人が女性なら大歓迎。
でも、男性でもOK!
ジンバブエ人がダメなら、黒人女性希望

と書いた。


そして、主催者から電話があった。

「ジンバブエ人希望なんですね?
マニアックですねー
ジンバブエ人が無理でも黒人希望なんて。
あまりそこまで希望をされる方って珍しいので」

「私、11年前にジンバブエに行ったことがあって、
今年初め、南ア周辺諸国を回ってたんです」

「それもまた珍しいですねー」

「そうですか!?」

「どこを回られたんですか?」

「今回は南ア、スワジランド、レソト、ナミビアです」

「え!? レソトにも行ったんですか!?
レソトの人も以前来てたんですよー でも今年は来てないです・・・」

うわ~ 残念・・・
もし、レソト人が来てたら、私は絶対レソト人希望にしてたわ~

「ちなみに、ジンバブエ人って女性ですか?男性ですか?」

「今は出先なので、詳細は分からないので、あとで資料をメールします」


どっちなんやろ~♪
女性なら嬉しいなぁ~

メールが届いた!!!

ジンバブエ人は、女性だった!!

やったーーーー!!!

11/19がめっちゃ楽しみ~~♪


で、今回この話を教えてくれたTちゃんも、一緒に受け入れることになった!
今からめっちゃ楽しみ~


今回、受け入れるのは、栃木県那須高原塩原で農場研修を9カ月間している研修生。
那須塩原には、オーストラリアで出会った親友が住んでいて、私も行ったことがある。
そいう話もできるのも楽しみ♪

ちなみに、今回の主催者は、『アジア学院』です。



今回、受け入れ先が少なく、ずいぶん苦労しているようです。
京都在住か、大阪でも京都付近にお住まいの方で、2日間だけだし受け入れてみようかなー?と思われた方、ご一報くださいね!

ホームステイ申請用紙

ホームステイ申請用紙


(少々字が見ずらいですね。すいません)

連絡先;「NPO木野環境内」 担当:丸谷
電話; 075-708-8061




「かおりちゃんに相談があるねん~」

何? なに? Tちゃんが私に相談ってか!?

「ホームステイ先を探しててなー」

私はTちゃんかTちゃんの友達が、外国でのホームステイ先を探しているのかと思った。

「どこの国がええの?」

「いや、ちゃうって。 
外国人留学生を世話してくれる家を探してるねん」

「わーーー!! 私やるーーーー!!」

「やっぱり? かおりちゃんならそう言うと思っててん~」

詳しい資料を見せてもらうと、ホームステイといってもたった2日だけだった・・・
なんや・・・ せめて1週間ほどいてほしいなぁ~
少々がっかり。

まだ受け入れ先が決まっていない国は16カ国。
私もあまり詳しく分かってないけど、
学生さんたちは、那須高原で農業養成プログラムに参加している人たちなそうな。

そのため、発展途上国の人々がメイン。
アジアだと、カンボジア、インド、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、ネパール、スリランカ。
ちょっと珍しいところで、キリバスも!!
南米はブラジル。
アフリカは、コンゴ、ケニア、リベリア、マラウィ、ウガンダ、ジンバブエ。

私、西アフリカは、あまり詳しくないので、リベリアの位置が分からなかった・・・

もし、みなさんならどこの国の方を受け入れます??

私はねー
せっかくなら黒人がいいなー
ウガンダに興味があるけど、やっぱジンバブエかなぁ~?

ジンバブエは今国の通貨が崩壊し、諸外国の通貨でしか流通しなくなっている。
南部アフリカは、南ア周辺諸国では、南アのランドがその国でも使えるようになっている。
そのように外国の紙幣も使える国っていくつかあるけど、
自国の通貨が全く価値がなくなり、紙切れ同然で、
全く意味を持たなくなってしまった国もめずらしいですよね。

そういうこととか、今のジンバブエがどうなっているのか、直接聞いてみたいなぁ~
できれば女性が嬉しいけど、農業研修で来てるから、男性が多いかもね。

希望どおりにその国の人が来てくれるか分からないけど、エントリーしようと思う。

京都在住の方で、11/19(金)の夕方から11/21(日)の朝まで
ホストファミリーとして受け入れ可能だという方、ご一報くださいね!






いやぁ~ なんやかんやと1週間が慌ただしいですわー

金曜日の夜、正月にエジプトに行くことが決まったムッシュ浜田と、
今年の正月にエジプトに行っていた綾瀬はるか似のKちゃんと
ムッシュ浜田にエジプトの旅のノウハウを伝授。

私、エジプトには2003年に行ったんですが、
今年行ってきたばかりのKちゃんの話を聞いていると、あまり変化はないようですね。

ほとんどの国は、あまり変化がないけど、
中国なんて、たった1年でで街ががらりと様変わりしてて、
交通機関の料金や、交通網もめっちゃ変化してますもんね。


---------------------------


そして、24日はFさんの初めてのキリム教室。
しかも生徒は10名!!
私、できる限りのことはお手伝いせてもらうつもりやったけど、
キリムの技術に関しては人に教えるほど習得してない。

そこで、織り物経験者でもあり、編み物の講師をしていて、
人に教えることには慣れているTちゃんが
強力な助っ人として来てくれることになった。

私はというと・・・
生徒に教えるとなると、自分も1度しかしたことがなく、
しかも最後まで完成させてないので、
質問されても、戸惑い、毎回Fさんに聞いてばかりだった・・・

Fさんは、初講師だったにもかかわらず、落ち着いて丁寧に手なれた指導をしていた。
ほんとうに初講師??


私は受付やキリム教室の説明をしながらチラシを配ることはできても
やはり、キリムを教えることなどできなかった。
(最初からわかってたことですけどね…)

Tちゃんは、講師経験者ということもあって、生徒をほめながら教えるのも上手。
生徒も安心して織っていた。

生徒さんは4時間半、誰ひとりお手洗いに立つこともなく、
夢中にキリムを織り続け、全員完成させ大満足していた。

あぁ~ 私もまだ途中のキリムを最後まで完成させたいよ~



キリムに興味あるかた、習ってみたいなーと思われた方、ぜひお問い合わせくださいね!

キリム教室チラシ




プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 2010年10月
2010年10月30日 (土)
ただいま挑戦中!
2010年10月28日 (木)
正月行き先決定!
2010年10月27日 (水)
希望者いませんか?
2010年10月26日 (火)
ホームステイ
2010年10月25日 (月)
キリム教室
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる