舌うち言葉という言語を知っているだろうか?

南部アフリカ、カラハリ砂漠の過酷な地にコイサン族(コイ族・サン族)という民族が狩猟生活をしながら暮らしている。
(ほんとうは南部アフリカ一帯に暮らしていたが、白人に虐殺されたりして過酷な砂漠に追いやられた)
そのコイサン族が話す言葉。

私はちょうど1年前、南部アフリカ(南ア、スワジランド、レソト、ナミビア)約1カ月かけて旅した。
旅の目的は、以前から興味があったレソトと、ナミブ砂漠とヒンバ族に会いに行くことだった。

あまり口外してなかったが、時間があれば、カラハリ砂漠に住むと聞いていたコイサン族にも会いに行って、
彼らが話す舌うち言語とやらを聞いてみたいと思っていた。
しかし、コイサン族が住むエリアは個人では行けず、車をチャーターし5日間ほどかかると教えられ断念した。

レソトに行った時、英語を話す女性が「T」だか「C」の発音の時、聞きなれない発音が気になった。
もしかして、これが噂の舌うち言語か!?
でも私が想像していた舌うちとはちょっと違う・・・
レソトでよく耳にしたのは、奥歯から「チェ」と言うような発音。
だから、”舌うち”ではない。
それから私は現地の人たちが話す言葉が気になった。

次にナミビアに移動した時、砂漠に行くツアーガイド(アフィース)が携帯電話で話してるとき、ときどき舌うちが混ざっていた!
これが舌うち言語なのか!?
レソトとはまた別の種類だ。(ど素人の私が断言するのはなんですが…)

コイサン族もナミビアに分布してるし、やっぱナミビアの人たちは舌うちをつかうかも!?
私はアフィースにすごく細かく、舌うち言語について質問した。
もしかして彼のルーツはコイサン族か!?と思ったがそうではなかった。


私が南部アフリカを旅して感じたことは、
レソト人は英語を話している時にも舌うち言語が出てきて
舌うち言語が染みついているように思った。
でも、それはたまたま私がそのような人たちと会っただけかもしれません。

アフリカ帰国後、舌うち言語に興味を持ち、
いろいろ調べたが、調べが甘かったのか、私の疑問を解き明かすことができず、
民博に問い合わてみた。
しかし、民博の広報からの返事は、

「舌うち言語を研究している先生はいません。」

言語を研究してる先生に私の質問を伝えてくれ返事をもらったが、
私が求めていた答えではなく、大雑把で私でもわかっているようなことばかりだった。

なので、民博には舌うち言語について教えてくれる先生はいないのだとあきらめた。

この舌うち言語だけは、本が出ていたとしても、理解できるものではない。
聞いても違いがすぐには分からない。
舌うちの発音は、聞くだけではまねできない。
口の中を見せてもらって、舌をどのように動かしてるのか見せてもらわないとできない。
なので、もう一度南部アフリカに行って、舌うち言語をもっと調べるしかないのか…と諦めていた。

あきらめかけていた時、みんぱくのある教授の秘書をしている友人からメールがあった。
「かおりちゃんが調べている舌うち言語のセミナーがあるよ!」
この時、私は、一筋の光が差し込んだ気分だった。
私はすぐ応募した。

私は、基本、語学には全く興味が無い。
だから、ろくすっぽ英語も話せない。
英語、勉強しなな・・・と思うが、
英語の勉強より民族学的なことの方が興味がいっぱいで、
語学の勉強より自分が興味があることを調べてしまう。

ただ、舌うち言語だけは、今の世界全般で使われている「息をはきながら言葉を発する」のではなく、
ちょっと一瞬吸うようにして舌うちをするという世界で珍しい言語だし、
最初はコイサン族だけが話す言葉だと思っていたら、南部アフリカ全体の広範囲で使われていることに驚いた。


そして、1/30(日)はこの冬最大の寒波。
冷たい強風が吹く中、張り切って民族学博物館(みんぱく)での「ことばの世界へ」言語セミナーに行った。

10分前に部屋に入ると、もうけっこう席が埋まっていたが、
真正面の一席が空いていたから私はそこに座った。。

教授の第一声は
「こんなにいっぱいの人が来てくれるなんて・・・
みんな来てくれてありがとうございます」と感激していた。

サン語なんて、めっちゃマイナーな言語なだけに、
教授は人が全然集まらないんじゃーないかと心配してたらしいけど、
けっこう満席で、40名ほど入ってたんちゃうかなー?

教授のキャラがおもしろくて、セミナーは最初から最後まで笑いが絶えなかった。
教授は舌うち言語の専門家ではないらしいけど、舌うち言語の元祖コイサン族を研究してる。
だから、あの難しい舌うち言語を自由自在に使える!!
すごい!!!

1時間半のセミナー予定やったけど、質問が飛び交って(その中で私は3回質問)
30分以上もオーバーしたほどだった。

教授の楽しいお話に引き込まれ、あっという間に終わってしまったように感じるほど大満足の内容だった。
絶えない笑い声からして、参加者の多くが私と同じ感想だったと思う。

いろんな人からも「第二弾をしてほしい」という声が上がっていた。
もちろん私も同感。


セミナー終了後、教授はたくさんの参加者から個人的に質問を受けていた。
私もにいっぱい質問させてもらった。

私が、去年レソトとナミビアも行って、レソトにも舌うち言語があるっていうたら、
教授はめちゃくちゃびっくりして、

「きみ、すごいよ!!
今、世界ではレソトの舌うち言語が大注目されているんだよ!

どこの世界で注目されてるのかわからんけど、
教授の興奮状態からして、私がレソトでいろんな種類の舌うち言語があることに気がついたこともすごいらしいが、録画もしてきたことが貴重な資料になるらしい。

「世界では、舌うち言語を研究してるのはカナダの教授だけで、
レソトの舌うち言語を研究してる人は世界でもまだいないから君がするべきだよ!」

えぇっ~!?

「私、ど素人ですし、研究者でもないですし・・・」

「舌うち言語に注目し、それだけ知ってるならもう十分だよ!
僕の知ってる限り、日本では他にいないよ!」

私は舌うち言語のことを詳しく聞けただけでもめちゃくちゃうれしかったのに、
教授にそんなことを言われて、舞い上がってしまった。

その日は興奮して夜もなかなか寝付けないほどだった。


教授は名刺もくれた。

翌日、早々お礼と私がレソトとナミビアで調べてきた舌うち言語について細かく伝えた。

すると、すぐに返事があった!!
(私のようなど素人にすぐ返事をくださるなんて~ なんて丁寧な方や~)

教授からの返事に私は大興奮!

「全体として、舌うち音をここまで執着している(よい意味で)のは、
日本でおくださんぐらいかもしれません。
是非、その関心を深めていってほしいと思います。
研究者は音韻とかに専門化してしまい、
全体像の把握にかけることが多いので、
おくださんの視点は貴重です。

ひょえーーーー!!!
南部アフリカの専門家(教授)に、そんなことを言ってもらえるなんてーー!!

私は昔から「考え方や視点が変」と家族や周囲の人に言われ続けてきた。
それは、いい意味ではなく、悪い意味で言われ続けてきた。

教授のような方から、私の視点は貴重やって言われるなんてまるで夢のよう。

民博の南部アフリカの展示コーナーは、先生が監修しているという。
みんぱく ヒンバ


みんぱく ヘレロ 1

教授と、ヒンバ族やヘレロ族の民族衣装の話で盛り上がった。
普通なら、私がヒンバやヘレロの説明をしないといけないが、相手は私以上に知っていて、
めっちゃマニアックな話で盛り上がれる人はなかなかいない。

ヒンバやヘレロの民族衣装について盛り上がれるなんて夢のようや~
めっちゃ嬉しい~♪



今回、長い間先生に質問したり、一緒に質問していた人とお喋りしていて、
展示を見に行く時間がなかった。
また改めてアフリカのコーナーを見に行こうと思う。

「みんぱく」は、私の大好きな物、興味ある物が全てそろっている。
あんなに楽しい場所は他に無い!


みなさんも、ぜひ「みんぱく」に行って、アフリカのコーナーを見に行ってくださいね!!




先日、南港のATC4階にあるモンゴル領事館に行ってきた。

去年、国家試験に合格し歯科医となった友人のしょうちゃんを
佐藤領事に紹介するため。

しょうちゃんと私との出会いは、カンボジア。
カンボジアに到着した翌日の夕方、
一人でちょっと寂しそうにトボトボと歩いていたしょうちゃんに声をかけた。
(彼に言わせれば、1日バイクの後ろに乗りアンコールワットの遺跡を周った帰り、コンビニでジュースを買って宿に帰ってる途中で、寂くもなんともなかったらしい)
そんな彼は当時20歳だったような?
それがちょうど4年前。

彼は旅先で現地の学校に訪問したり、
普段からボランティアをしているていることもあり、
彼は学生時代から、将来歯科医になったら、
海外などで歯科医のとしてボランティアをしたいと言っていた。

そんな時、私はある人から佐藤領事を紹介された。
佐藤領事からモンゴルで移動歯科をしていると聞き、
私はすぐにしょうちゃんと結びついた。

すぐに、しょうちゃんに領事を紹介したかったが、
彼はそのときちょうど国家試験前。
その後、無事合格したが、「歯科医として実力を付けてから」とのことで、
約1年間臨床医としてめどがたった去年末、
「モンゴル領事を紹介してもらっていいですか?」と連絡があった。

とはいうものの、私と領事とは2年前に一度会ったっきり。
頻繁に連絡を取ってないし、覚えてくれているだろうか・・・
と思いながらも連絡させてもらった。

領事は、私のことも移動歯科に興味を持っているしょうちゃんのこともしっかり覚えてくれていた。

佐藤領事は多忙にもかかわらず、私たちのために時間を作ってくださった。

「じゃ、お昼でも一緒にどう? お昼前にいらして」
と言われた。
私たちは
「昼前って何時や?」
「11時ですかねー?」
「早すぎひん? 大丈夫かなー?」

結局、昼前とは何時をさすのか分からないまま、
私たちは11時半に伺わしてもらうことにした。

領事は私たちを温かく迎えてくれ、移動歯科の活動を詳しく説明してくれた。

佐藤領事は今からちょうど20年前の1991年から、
神戸の歯科医とモンゴルの歯科医療と公衆衛生の向上を目的として活動を開始した。

最初は0からの出発だったが、佐藤領事や歯科医の地道な活動で、
閉院して使わなくなった治療に使う医療用具や椅子を譲ってもらい、
古くなって使えなくなった日本の救急車までも手に入れモンゴルに送った。

そして、立派な歯科専門の病院を建設した。

予防医療として歯を磨くことを教えた。
しかし、モンゴルの歯ブラシはとても質が悪いもの。
病院の地下には、歯ブラシ製造所も設置し、質のいい歯ブラシを作ることができるようになった。
治療に来た患者には、その歯ブラシを配っている。

それまでのモンゴル人歯科医は、歯を抜くくらいの治療しかなく、
治療方法や基準が無く、人によって治療レベルがバラバラだった。
関西を中心とした歯科医や衛生士、歯科医の学生などの有志が
年に2度モンゴルに出向き、現地の医者に歯の治療とはどういうモノなのかと教えることから始まった。
今では、現地のモンゴル人医者やスタッフ、従業員を合わせると30名ほどで、治療と歯ブラシの製造を行っている。

そんな活動を見ていたモンゴル人の少女が日本に留学し、
見事に阪大歯学部に合格した。
今、彼女は頑張って将来モンゴルで歯科医になるため学んでいるという。

日本で歯医者の免許を取得しても、自国ではその医療免許は通用しないのでは?
と疑問を持った人もいるでしょう。

それなら大丈夫。
領事が大統領や大臣に掛け合って、海外で取得した医療免許でも国内でも通用することになった。

この20年間の活動は、
最初は畑を耕すことから始まり、
種をまき、芽が出て、今では立派に花が開花する寸前なのかも。

会食は、ハイアットリージェンシーの28階の最上階にあるレストラン。

ハイアットの最上階での高級な雰囲気が漂うレストランでの食事は超緊張~

佐藤領事の話は、夢物語ではなく、
実際に20年間も年に2回も医療キャラバンを組み活動を続け、
結果を出しているだけに「すごい・・・」としか言葉が出てこなかった。

「私は何もしてないの。
ただ、周囲にいい人たちがいてくれたから。
みんなに助けてもらっただけなのよ」

私も今までいろんな方とお会いさせてもらっている。
見るからにパワー全開で、何でも良い流れにさせてしまうような人もるが、
領事は「パワフル」という感じではなく、大らかで温かく、大きく包見込んで受け入れてくれるような方。
なんか、でっかい人。
人として、素晴らしいの一言。

食事をしながら、領事は移動歯科の活動以外にも、いろんな話をしてくれた。
領事の一言一言が心に響いた。

こんなすごい女性がいるんや・・・

そう思っていたのは私だけではなく、領事と別れてから、
しょうちゃんも「あんなすごい人ってほんとうにいるんですねー」
とつぶやいていた。

帰りの車内では二人とも「すごいなぁ~」ばかりで、ほぼ放心状態。

領事のすごさはなんかうまく表現できないが
私も領事のような人になりたいな・・・
(めっちゃ時間がかかるやろうな・・・
意識して生きていけばいつかそうなれるかな・・・?
その前に大掛かりな修行が必要やな・・・)

そのように人生の見本となるような人と出会えた嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいになった。




しょうちゃんは、領事と神戸の歯科医が続けている活動に加わるのか、まだ決まっていない。
彼も仕事がある。
移動歯科キャラバン隊が発つ日に休みが取れないかもしれない。

すぐには無理だろうが、いつか参加できる日がくるかもね。
その時、私は荷物持ちで参加させてもらえたら・・・・
領事にそのことを言うと、
「あら、荷物持ちだなんて遠慮しなくていいのよ。 
あなたも行きましょう! 今度は9月に行くわよ!」

えっ!?
私、医療関係のことなどさっぱりわからんし、
技術も何も持ってないんですが・・・




移動歯科に興味があったり、自分も参加したいと思われた医療関係者の方。
私にご一報くださいね。
kaoridon@hotmai.co.jp

歯科医、衛生士以外でも、医療全般の医者、看護師、介護士でもOKだそうです。

9月に行った上海旅行記。
そして今は正月に行った四川省の旅行記を日々アップしてますが、
実は、私の普段の活動も日々動きがあるんですよね~
そのこともアップしたいとは思ってるんですがねー
でも、みんなあんまり興味ないかなー?と思ったり。


ちょっといろいろありまして、
今日1/27、モンゴル領事館の佐藤領事と会うことになっている。

佐藤領事とは、2年前にテノール歌手の加藤ヒロユキさんの会社の社長を通じて紹介してもらった。

その時、モンゴル領事は大阪市内にあった。

モンゴル領事館に行くが、
最寄駅や場所をすっかり忘れていたから調べてみると、
な、な、なんと!!
いつの間にかATCに引っ越してたーーーー!!

知らんかった~

以前の場所を忘れてて、調べたおかげで助かった~

ほんま危ない、危ない・・・

モンゴル領事館には昼前に伺う。
佐藤領事とランチをご一緒しながら、
ちょっといろいろとお話をさせてもらうことになっている。

お忙しい中、私のような者のために時間を作ってもらってほんとうにありがたいです。


でも、今日のお話は私には直接関係がない。
ある事業に関することで、私の親友の歯科医を紹介する。

今日のお話が数年先に実現するかもしれないが、
しかし今後、どうなるのかはまだ未定。

現実すれば、私も参加させてもらおっと。
今後、どうなるんでしょうね~


ちなみに、新しいモンゴル領事館は、大阪南港のATC4階だそうです。




帰りにはパスポートを取得をしに行かなくっちゃ!!
パスポートを早くとらなくては、飛行機の予約もできない・・・

ビザも取得しなあかんし・・・

【2011年 正月 四川省】=Day4=

成都パンダ繁育研究基地は、めちゃくちゃ広い。

下の写真は、園内のごくごく一部の新しくできたパンダの館舎。
成都パンダ基地
この館舎には、たくさんのゲージがあり、このエリアだけでも20頭はいてるんちゃうかなー?
(ちゃんとい数えてないからわかりませんでー 
でも、それくらいいてたんちゃうかなー?)

ってことは、成都パンダ繁育研究基地全体で今、何頭いるんやでしょうね~?


2010年4月末では、雅安のパンダ保護研究センターは100頭。
成都パンダ繁育研究基地は60頭となっているが、
2010年12月31日に雅安に行ったけど、屋外で見たのは少なかった。
成都パンダ繁育研究基地のほうがダントツ多く感じた。

成都市内にある成都パンダ繁育研究基地でも、パンダのゲージはとっても広く
パンダものびのびと過ごしていた。

ちょうど昼食タイムだったようで、どのゲージでも食事に夢中。
成都パンダ 4

成都パンダ 5

アメリカ生まれで世界一美人といわれるパンダらしい。
パンダ 6
名前は忘れたが、アメリカ生まれということもあって、ジェニーだかそんな名前だった。
世界一美人パンダって基準は何なんでしょうねー??



人間が中には入ってるようなパンダもいる。
足を投げ出し座る姿は人間のよう。

パンダ 1

思う存分食べ、満腹になって毛づくろい中かな?
パンダって毛づくろいするのかなー?
パンダ 2

この2枚の写真はズームと撮ってます。
実際はこんなに遠い。
パンダ 3
パンダ 7
めっちゃ広いゲージなのに、この2頭はなぜ端っこにいるのかなー?


1つのゲージに1頭だけもあるが、
2、3頭もざら。
パンダ 4

そして1つのゲージに5頭もいるところもあった!
パンダ 5

もう信じられない世界~

パンダ好きにはめっちゃ贅沢~

ここではパンダが希少動物だということを忘れてしまいそうになる。


園内は広く、客が少ない。
広いから客が分散するのか??
それか、元旦の寒い寒い時期、しかも朝から雨だったからか、
客がめちゃくちゃ少なかった。

私としては寒くて雨なんて、絶好のチャンス!!
狙いどおり。
他の客を気にすることなく、見ることができてめっちゃ大満足。



パンダ好きの方、
白浜の永明ファミリーも見に行ってあげてほしいが、
成都パンダ繁育研究基地は、お勧めです。
パンダ好きなら120%の満足度でしょう。



雅安も成都パンダ繁育研究基地も、地図に現在地点がないだけでなく、
各館舎にはパンダの名前も書かれていない。
だからオスなのかメスなのか、誕生日や名前すらわからない。
この点を改善してくれたら、もっと楽しめるのになぁ~


【2011年正月】 =4Day=

子パンダがいる幼稚園のすぐ横の建物で、なにやら人がたまっていた。
何、なに~? 何があるの~??
興味津々で私もその集団に交わった。

集団の一部が、鉄の扉の向こうに入って行った。
中を覗こうとすると、「見てはダメ」と閉められてしまった。

集まっている人たちは西洋人が多く、その中に一組日本人らしき夫婦もいた。

「何があるんやろう~?」

と、私が言っていたら、夫婦が教えてくれた。

「この扉の奥でパンダを抱っこできるんですって!」

「わー いいなー
私もパンダ抱っこしたいなー」

「でも、5分1万円なんですって

ひょえーーーー!!
噂は本当だった!!!

「抱っこするのに順番待ちしてるんですか?」

「息子が中で抱っこしてるの」

「お二人は抱っこしないんですか?」

「だって1人1万円だからね~」

「ですよね~ 
私も抱っこしたいけど、5分で1万円は究極の贅沢ですわ・・・
息子さんが羨ましいです~」

「1万円もするのに、あの子ちゃんと抱っこできてるのかしら・・・
あの子はお腹が弱くて、今朝も体調が悪かったから・・・」

50代の夫婦だが、話の様子からして子供は小学校くらいかな?と思っていた。

撮影を終えて鉄の扉から出てきた息子は、学生くらいの青年だった。

パンダとのツーショットの写真を見せてくれた。

でかっっ!!

パンダ抱っこ 1

子パンダかと思っていたが、
生後1年ほどらしいだが、けっこう大きなパンダ。
ちょっと想像してたのとちがった。

カメラは自分の物でスタッフが撮ってくれるらしい。
2台あれば、2台のカメラで5分間パシャパシャといろんな角度から撮ってくれるみたい。

よくある園内のカメラで撮った写真で、1枚1000円ぐらいで買わされるのではないみたい。


「お土産にパンダのマウスパットをくれたよ~
オフィスで使おっかなー」

「えっ!? オフィス??
もしかして、社会人なんですか?」

「はい…」

「マジでーーーー!?
社会人にもなって、両親にパンダ抱っこをプレゼントしてもらったらあかんやろ~」

思わず初対面の息子に説教をしてしまった。

社会人の息子が正月に両親と四川省に旅行か~
しかも両親のお金でパンダを抱っこ・・・

ん~~

両親からすると、まだまだかわいい息子なんかもな~



プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 2011年01月
2011年01月31日 (月)
舌うち言語
2011年01月29日 (土)
モンゴル移動歯科
2011年01月26日 (水)
世界一美人のパンダ
2011年01月24日 (月)
抱っこ1万円
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる