いよいよ明日、講演を行う。


チハルちゃんのことで、私の精神状態は不安定になっている。

事件の後、私のこをを心配してくれる人たちから、

「今回の講演は中止か、延期にしたら?」と言われた。

私も1か月前は、こんな状態で講演など絶対無理だと思った。

でも、もういろんな人に告知をしている。
中止や延期はせず、講演を行うことにした。



事件後は考えがまとまらなかったけど、
今ならチハルちゃんの事件についても話しができそう。


明日は自分の精神状態の様子をみながら、
できるだけチハルちゃんの事件についての話しをしたいと思っている。



※ 今回の講演では、チハルちゃんの話しはメインではありません。
  講演内容は、南部アフリカです。




テーマ;
  『南部アフリカ ナミブ砂漠とアフリカ民族の暮らし』

場 所;茨木市福祉文化会館 303号室
  茨木市駅前四丁目7-55
(JR茨木駅・阪急茨木市駅から、いずれも徒歩で約10分ほど)

受 付;1:30~
講 演;2:00~4:30すぎ
料 金;ファンクラブ会員  800円
      一 般     1000円

申し込みは、kaoridon@hotmail.co.jp までお願いします。


おかげさまで、ずいぶん申し込みがありました。
でも、まだ若干席はあると思います。

当日飛び込み参加でもOKです。



講演終了後、懇親会を行います。
お時間ある方は遠慮せずぜひお越しくださいね。

懇親会に参加される方、受付で「懇親会に参加する」と伝えてくださいね。


明日、大阪は雨のようですが、皆さんのおこしをお待ちしています。

10/28、チハルチャンの命日だった。

その日に合わせたかのように、
チハルチャンを殺害した男性の死刑判決を言い渡したというニュースが流れた。
『邦人殺害男性に死刑判決』

ミャンマーで裁判が行われたことが驚き。
ちゃんと調べたんかなー?


「ミン・タイ被告は、殺害したことは認めているが、判決内容の一部を不服として上訴した」

と書かれている。

何が不服なんやろう??

殺すつもりはなかったとでも言いたいのか?




犯人に死刑の判決が出てよかった。
(ま、ミャンマーなら死刑になるとは思ってた)

しかし、死刑になる前に、犯人に聞きたい。

なんでチハルチャンを襲おうと思ったのか動機を教えてほしい。


彼女は肌を出すのを嫌い、暑くても長袖を着る。
かわいらしい服も着ない。
スカートなど絶対はかない。
小柄でもない。

親族も「男みたいな子なのに、なんで襲おうと思ったんだろう…」と言うほど。

そんなチハルちゃんをなぜ襲う気になったのだろう・・・?



裁判をするんなら、死刑になる前に、犯人に聞いてほしい。

今日はチハルちゃんの命日・・・

1か月前の9/28。
チハルちゃんがこの世からいなくなった・・・

私たちがニュースで事件を知ったのは9/29だったが、
それより1日前に事件が起こっていた・・・


そんなこととは知らず、一か月前の9/28
私はいつのもように、のほほーんと過ごしていた。

チハルちゃんごめんね・・・・



チハルちゃんが亡くなった時刻は知らない・・・


家族に聞いても、その時間は知りたくないから聞かなかったとか・・・

でも

私は知りたいです・・・

その時間には手を合わせたいから・・・



チハルちゃんと前日まで一緒にいたという日本人の方と連絡がとれている。
その方なら何か知っていないか聞かせてもらった。


その方も亡くなった時間は聞かなかったらしい。
きっと辛すぎて聞けなかったんだと思う。

ただ、その方が現地での情報、現地の状況などからみて、
息を引き取った時間をだいたい教えてくれた。


その時間に手を合したい。



もうすぐあの恐ろしい日から1カ月がたとうとしている。
私はあの日を境に心にぽっかりと穴が開いたような感じがする・・・


------------------------------------
------------------------------------
【9/29 突然の訃報】

9/29(木)の夜、私は夜行バスで東京へ向かうことになっていた。

30日の18時半から某国のカクテルパーティーの招待を受け出席するためと
10/4の某国大使館の晩餐会の出席の為。

今回は講演が無いので、気分が楽。
荷物は晩餐会用のドレスとカクテルパーティー用の服と靴をそれぞれ2足。
一番重くかさばる化粧道具もいれると、けっこうな荷物。
手土産も準備はOK!

珍しく20時前には、準備万端。

家を出るのは21:30過ぎでいい。

出発までまだ時間があるから、10/30の講演のお知らせメールをせっせと送っていた。



その時、キコリちゃんから電話があった。

「かおりさん、今、大丈夫ですか?」

「うん、大丈夫やでー どうしたん?」

私はてっきり、東京行く前にいってらっしゃい電話をくれたんだと思った。

「チハルちゃんって、名前なんていうんですか?」

唐突に聞かれて、意味がさっぱり分からない。

「えっ? だれって?」

「チハルちゃんって、名字なんですか?」

しかも声のトーンがおかしい。

「え? チハルちゃん!? シラマツやけど、どうしたん?」

「えっ、えっ!? も、もう一度言ってください」

「シラマツチハルやで、それがどうしたん?」

少し間があった。
いったいどうしたんだろう・・・?

「もしかして、チハルちゃんって、今、ミャンマー行ってます?」

「うん、行ってるよー 2日に帰国するから東京で会うでー どうしたん?」

「・・・・」

いつもの明るいキコリちゃんではないなー?
なんか怒ってるんかなー?


「かおりさん、落ち着いてくださいね・・・
チハルちゃん、ミャンマーで殺されてます」

「えっーーーーーーーーーーーーーー!!!
嘘やーーーーーーーーーーーーーー!!
嘘やろーーーーーーーーーーーーーーー!」

私は大声で叫んだ。

「今、ネット見れますか?
yahooのトップページ開けますか?」

もう私はパニックになり、pcを開いているのに気持ちが焦りなかなかyahooのトップページが開けない。
やっとyahooのトップページを開けた。

「トピックのところに邦人女性ミャンマーで殺害ってありませんか?それをクリックしてください」

私は慌ててクリックした。

そこには「シラマツ・チハル30代 殺害」と書かれてあった。

嘘や―――!

ニュースの映像がありクリックした。
ニュースは短いものだが、バイタクに殺害されたと言っていたように思う・・・
私はパニックになり、あの時のことは何も覚えていない・・・


どうしよう・・・
どうしよう・・・・

私はオロオロするばかり。

ニュースは、何かの間違いだ!
しかし、今、チハルちゃんが行ってるのはミャンマー
珍しい名字だからチハルちゃんかもしれない。
バイタクで転倒して大けがをしただけかもしれない。
まだ亡くなっていはいないはず!
チハルちゃんが殺されるなんてありえない!


チハルちゃんの実家の電話番号を控えていたことを思い出した!

私はすぐにチハルちゃんの実家に電話を入れた。

お母さんが電話に出てくれた。

「チハルちゃんのおかあさんですか!?
大阪のかおりです。
チハルちゃんは、無事ですよね?」

「今朝、外務省から電話があって、チハルが・・・・」

私はその言葉を聞き、その場で号泣した。
私は頭が真っ白になり、それ以上耳に入ってこなかった・・・






私とチハルちゃんは、来年、ルーマニアに行こうと話をしていた。

「私もあっち方面行ってみたいんですよねー
バラの咲く季節に行きたいですねー」

「hassyともルーマニア行こうって言うてるから、3人で現地合流して一緒にまわろっか!」

「いいですねー そうしましょう」


8月に家に来た時、ちーちゃんは精神的に疲れていた。

「再来年、hassyと1ヶ月間、南部アフリカとマダガスカル行こって言うてるねん。
チハルちゃんも一緒に行こうよ!」

「再来年ですか。じゃそれまで仕事がんばってお金貯めて、
アフリカ行く前に仕事を辞めて、旅してリフレッシュしようかな」

「私は1ヶ月で帰るけど、チハルちゃんとhassyは時間があるんなら
そのままアフリカに残って一緒に旅したらいいやん」

「そうですねー マダガスカルかー 行ってみたいなー」

「行ってみたい、じゃーないねん! 再来年行くんやでー」

「そうですね! 行くんですね!」



あの時の会話、チハルちゃんの声が聞こえてくる・・・



再びちーちゃんが出発する前のことを書きたいと思う。


ちーちゃんが出発する前日の24日の夜、
アフリカ・ガーナを旅していたhassyから経由地バンコクからメールが届いた。

「ガーナでHさんとばったり会ったよ!」

Hさんは、私の東京講演の時いつも会場の手配をしてくれてるNGOの方。

7月の東京講演の翌日、私は何も予定がなかったので、東京おのぼりさんツアーをした。
その時、hassy、ちーちゃん、ちーちゃんのお友達のマキちゃん、Hさんと私の5人で
1日東京下町観光をした。

そのHさんが、仕事でガーナに行ってたとは!!
もう仰天し、私はすぐちーちゃんにメールを入れた。

私 :「hassy、ガーナでHさんとバッタリ会ったらしいで―」

ちー:「なんというミラクル! これはミラクルだ― 
   帰国した2日その時の様子を聞くのを楽しみにしています」

これが、私とち―ちゃんとの最後にメールになった・・・



ちーちゃんが出発する25日の朝、私は全然眠れなかった。
眠ったのは2時半。
そして目が覚めたのが4時半。
2時間しか眠れなかった。
無理に眠るのを諦め、私は朝5時に起き、香港・広東省のまだ書き終えていない日記を書くことにした。

4時間ほど起きているとやっと眠くなり私はまた眠りに着いた。
昼に目が覚め、ちーちゃんもう出発したなーと思いつつ、
pcメールを開けると、
ちーちゃんから「今から行ってきます」とメールが入っていた。
たしか朝の6時半頃だったんじゃーないだろうか・・・?
きっと早朝だから、私を起こしてはいけないと、携帯ではなくpcに入れてくれたんだろう。

ちーちゃんは携帯を置いて行ってる。
いつのもようにまた元気な姿で帰ってくるだろう。
だからpcにも行ってらっしゃいメールはせず、私はそのメールには返事をしなかった。





私はち―ちゃんが帰って来る前に、
2日の待合せ場所を決めておかないとと思った。

2日は、ガーナ帰りのhassyと
8月に私の大好きな貴州省のトン族の村に行ったサトルが来る。
そしてミャンマー帰りホヤホヤのちーちゃんから旅の話しを思う存分聞かせてもらうことになっていた。

「3人の旅の話しを聞きたい人~!」と、東京の友人に声をかけると
9人ほど参加希望者が集まった。

皆に一斉メールをした。
「ちーちゃんは、2日の朝8時に成田に到着するから、
都内には何時に到着する?
何時にどこで待ち合わせしたらしい?
私は東京がわからんから、みんなで決めて―」

「2日了解です」
「ちーちゃん2日に帰国ですね。 楽しみにしてます」

おいおいー 東京メンバーよ、私とちーちゃんはどこに行けばいいんやー!?
しっかり決めてくれよー

「私もちーちゃんも東京詳しくないので、分かりやすいところ希望」

「成田からだと上野。もしくは東京駅。
ちーちゃんの帰りを考えると新宿でもOK」

「だから、どこやねんーーー!
ちーちゃんは携帯持ってないから、ちゃんと場所と時間を指定してあげなあかんねんー」


私の慌てふためいていることを察知したサトルが、
「じゃ、まとめてみましょう」
と、ちーちゃんが8時に成田に到着して、バスか電車に乗る時間を想定。
○駅だと○時前後。
○駅だと○時前後に到着。
予定通り8時に飛行機が到着し、入国手続きを済ませスムーズに電車など乗れれば10時半。
もくしは11時に上野か東京駅到着。(だったと思う)

東京駅で待ち合わせが決まりだったが、
この時、私はなぜか上野まで迎えに行ってあげないと…と思っていた。


「で、どうやってちーちゃんは待合せ場所と時間を知るの?」

「ミャンマーでメールをチェックできれば見て、無理だったら
1日の深夜バンコクで2時間のトランジットの時に
このメールのやり取りを見て待合せ場所に来ることになってるねんー」

「もし、メールが見れなかったら?」

「皆の携帯番号を控えたメモを持って行ってるねん。
メールが見れなかったら、ちーちゃんは成田に着いたら誰かのところに電話するように言うてある。
私は東京分からんから、hassy,サトル、ピンゾーの誰かにかかってくると思う。
その時はちゃんと場所を教えてあげてやー
頼んだで―」

みんなでちーちゃんを迎える体制が整っていた・・・
はずだったのに・・・

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 2011年10月
2011年10月29日 (土)
明日(10/30)は講演
2011年10月29日 (土)
犯人に死刑判決
2011年10月28日 (金)
今日は月命日
2011年10月26日 (水)
9/29 突然の訃報
2011年10月25日 (火)
最後に交わしたメール
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる