3/24(日)
天気予報では雨の予報だったが、朝起きると雨はやんでいた。
慌ててどっかの桜を見に行くことにした。

今日は近場の桜を見に行くことにした。

洗足池→桜坂→本門寺の3か所の桜。

洗足駅下車し、歩いて洗足池へ。

洗足池までは、閑静な一軒家が続く。
大阪では庭付き一軒家はよくあるが、東京ではマンションばかりで、閑静な住宅街を見るとここは高級住宅地かな?と思ってしまうようになってきた。
私もちょっと東京の感覚になってきたのか??

住宅の庭の手入れが行きとどいてて、きれいだった。
洗足池 桜

洗足池の桜の岡。
ここは火器厳禁で、桜の木の周辺にはロープが張られていたおかげで、下で飲み食いする人がおらず、ゆっくり桜を見ることができた。
洗足池 桜


桜の岡を下り、洗足池へ。
都内のお堀や池では、この水鳥が必ずいる。
私は今までこんな水鳥見たことがない。
洗足池 
カモより一回り小さい白黒。
これはなんという鳥なんやろう~?
洗足池 

この鳥も東京の池でよく見るが、わたしは海外のハーバーでしか見たことがないと思う。
大阪では見たことがないなぁ~(たぶん)
洗足池 

そして、この池でもボートが人気。
洗足池

洗足池

私の勝手な思い込みや勝手なイメージだが、
スワンボートって子供が乗りたがってお父さんと親子で乗る物と思ってたが、東京では大人同士が乗っててびっくり。

東京人曰く、千鳥ヶ淵=ボートらしいが、
洗足池でもボートが大人気だった。
東京人は、池を見たらボートに乗りたくなるのかな??


洗足池を後にし、次は桜坂へ。
桜坂
桜坂はあまり期待してなかった。
事前調べで、「一般道の坂道に桜がある」程度な認識だった。

桜坂
住宅地の、どこでもあるようなごく普通の道の一部に桜並木があった。
へー ここが桜坂かぁ~
桜坂
車道は下りの坂道、歩道は平たん。
この地形はどうなってるんや??と思いながら歩いていると、赤い橋が見えてきた。
桜坂
あれれ??
ここ、テレビで見たことがあるーーー!
あーー!
ここって福山雅治の「桜坂」のモデルになった場所やん~~
わーー! そんなところに来たなんて~~♪
桜坂
福山雅治もここに来たことあるんかなー?

桜坂


福山雅治の歌のモデルになった桜坂に行け大満足しながら、次は本門寺へ向かった。
本門寺

本門寺

本門寺

本門寺

本門寺

本門寺

本門寺

な、なんと、巨大な亀を抱えた女性が来た。
東京って、いろんな人いるもんやなー
亀
亀を散歩させに来たようだ。
本門寺
亀はパンツまではかされてあった!!


呑川


本門寺から歩いて蒲田駅で行程は終了~

桜は満開だが、その日は朝から1日曇りでちょっと残念。

朝から千鳥ヶ淵、東御苑、丸の内へと行き、午後からの桜は目黒川へ。

目黒川の桜は目黒川沿いにあるみたい。

五反田駅から目黒川を北上することにした。
昼過ぎ、五反田に到着したころ、太陽は隠れ曇り空になった。
目黒川 桜
目黒川の桜は満開だが、曇りだと美しさ半減・・・
目黒川 桜

五反田駅から中目黒駅までの間の目黒川の桜を見ながら散策。
目黒川 桜

目黒川 桜

目黒川 桜


3/23は、朝早くから皇居の桜を見に行った。

人気の千鳥ヶ淵は朝9時半を回ると、徐々に人が多くなってきた。
靖国通りも九段下駅から、千鳥ヶ淵に向かう人たちばかり。

私は混んできた北の丸公園を後にし、皇居東御苑へ向かった。
東御苑 桜

東御苑には、江戸城天守閣跡がある。
そんなに大きくないが、こうして見ると石が大きいなぁ~
東御苑 桜

天守閣跡から見る東御苑。
東御苑 桜

東御苑の桜は、地面につくほど大きかった。
満開~♪
東御苑 桜

大手門の外堀沿いに、しだれ桜が咲きだしていた。
東御苑 桜

東御苑 桜
私はソメイヨシノより、しだれ桜が好きやなぁ~
だってピンク色が濃いから。
東御苑 桜

皇居から東京駅にまっすぐ伸びる行幸通り
ビルとビルの間に小さく改築工事を終えた東京駅が見える。
東御苑 桜

坂下門と緑の屋根は宮内庁。
東御苑 桜

皇居外苑には、ベンチがいっぱい。
東御苑 桜

丸の内は、電柱が地下化されていて、丸の内仲通りはハンキングバスケットのお花のすごくきれい。
丸の内

丸の内

丸の内

丸の内

5-6年前、東京駅から夜行バスで何度も大阪に帰ったが、
当時の丸の内は、夜になると真っ暗で静まり返って、ビルもお店も全部閉まって私は途方にくれた。
あの時と同じ場所とは思えないほどオシャレになり、カフェやレストランがいっぱいになってた。

オシャレになった丸の内ビルの間の歩道を歩いていると、
老人たち10名ほどが群がっていた。
何に群がっているのか不思議で、私も一緒に覗き込むと
江戸時代の丸の内周辺の古地図と、現代の地図と照らし合わした表示があった。
丸の内

老人の群れの中に、ガイドをしてる老人がいた。
私も説明を聴きたい!
が、どうやら次の場所に移動するようだ。
「これってツアーなんですか? 私もツアーに入りたいんですけど」
「丸の内ウォークガイドってあるから、そこに申し込むといいよ」
と教えてくれた。

今度私も申し込んで江戸時代の話しを聞かせてもらおう!
『丸の内ウォークガイド』
http://www.ligare.jp/mwg/
03-3287-5386(平日9:30-17:30)


東京で暮らしてもう1年になる。
この1年あっという間だった。
あと1年はこっちで暮らせそうだけど、もうその先はわからない。

桜が咲いた東京。
1年後の桜は東京では見ることができないかもしれない。

去年は、シンガポールの友人が来日したため京都に帰ってたから、京都で桜を見た。
東京に戻ってきたら、桜はほぼ散りかけていて、1か所しか見れなかった。

最初で最後かもしれない東京での桜を満喫するため、23日は朝6時半起きで桜を見に出かけた。
東京の桜といえば千鳥ヶ淵。
朝から千鳥ヶ淵に行ってきた。

九段下駅から田安門までの牛ヶ淵の桜
千鳥ヶ淵 桜
まだ8時だというのにけっこうな人。
その日は、どこかの大学の卒業式が武道館で行われるようで、九段下駅から北の丸公園まではかま姿の女性がいっぱい。
満開の桜と、色とりどりのはかま姿で美しく着飾った女の子たち。
いっそう華やかに感じさせてくれた。

卒業生たちは満開の桜をバックに記念撮影。
朝から天気も良く、思い出に残る最高の卒業式だろうな。
見ている私まで嬉しくなる。

千鳥ヶ淵 桜

午前中のルート。
九段下駅下車し、田安門→北の丸庭園側から千鳥ヶ淵(お堀)の桜を眺め、
北の丸庭園内を横断し、清水門から出て内堀通りから代官町通りへ。
国立近代美術館前を歩きながら、皇居と北の丸庭園の間を横断している首都高を眺める。
千鳥ヶ淵 桜

千鳥ヶ淵 桜

代官町通りの歩道にも桜が植えられてあるが、人が少なくのんびりとした場所で犬の散歩の人が多かった。
千鳥ヶ淵 桜
人が少ないから、近くで桜をじっくり見ることができた。
千鳥ヶ淵 桜


皇居の西側に出る。
半蔵門側から千鳥ヶ淵を北上。(一般的なルートより逆行してたみたい)
もう、ここからは、人が多かった。
一般的には、九段下の靖国通りから千鳥ヶ淵沿いに南下するみたい。

千鳥ヶ淵 桜

途中から、前に進めない。
みんな立ち止まって並んでいるみたい。
先頭がどこまで続いているのかさえ分からないほどの長蛇の列。

これはいったい何なんだ!?
「これ、何に並んでるんですか?」
「ボートよ」
「へっ!? ボートに乗るためにここのみんなは並んでるんですか?」
びっくりする私をよそに、平然と並んでいる人々。

まだ9時前。
ボートにはまだ誰も乗っていない。
乗り場はまだ閉まってる。
千鳥ヶ淵 桜
ボート乗り場は、すいぶん先。
この人たちがボートに乗れるのはいったい何時なんだろう・・・?

長蛇の列を辿りながらボート乗り場に辿りつくと、先頭近くの人たちはキャンプ用の椅子を持参し座って並んでいた。
そこまでしてボートに乗りたいのか??
この人たちはいったい何時から並んでるのだろう?

千鳥ヶ淵 桜

千鳥ヶ淵 桜

東京人のボートへの情熱は私にはわからない・・・

東京人の友人に聞いたら、
千鳥ヶ淵=桜
桜=ボート
なんだとか・・・


出張で東京に来たかづを君。
東京出張なんてめったにないらしい。
出張だと昼に空いてる時間もなく、こうして昼間にちょっとした観光ができるなんて、ほぼ初めてのようなもの。

千鳥ヶ淵横にインド大使館がある。
東京人には大使館って珍しいものではないらしいが、地方の者にしたら大使館などないから興奮してしまう。
しかも旅行好きならなおさら。
私なんて最初東京に来た時、地図に大使館を見つけ、見に行った経験がある。

だから、かづを君にも大使館を案内することにした。

千鳥ヶ淵から少し歩いたところに、チュニジア大使館がある。
チュニジア大使館

チュニジア大使館
久しぶりのチュニジア大使館。

大阪から来たその日にバックパックを背負って、チュニジア大使館にやってきてピンポンを押した。
理由は「やっぱり旅はやめられない イスラム編」で、チュニジアのことを書いたから。
チュニジアに行って、すごくチュニジアがよかったから。
深い理由はない。
しかし、今から思えば、よーそんなことしたなーと思ってしまう。
でも、躊躇せずピンポンを押したことで、チュニジア大使館とつながりができ、晩餐会やパーティーにも何度か招待してもらい、いろんな方々と知り合えることができた。
チュニジア大使館にはすごく感謝している。

巨大な砂漠のバラがあった。(右)
チュニジア大使館
ここまで大きく見事に咲いてる砂漠のバラはすごく貴重だと思う。

次に、向かったのはルクセンブルク大使館
ルクセンブルク大使館

ルクセンブルク大使館
入り口にはルクセンブルクのエンブレム。

都内を歩くと各国の大使館がありワクワク、ウキウキしてしまう。
この気持は旅好きで、地方出身者にはわからない感覚かもね。

東京にいる間、全ての大使館巡りをしてみたい。
(実は、すでに大使館巡りをしている)
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 2013年03月
2013年03月29日 (金)
洗足池の桜
2013年03月29日 (金)
目黒川の桜
2013年03月29日 (金)
東御苑 桜
2013年03月29日 (金)
千鳥ヶ淵の桜
2013年03月28日 (木)
大使館巡り
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる