【スリランカ&中国(雲南省・大理)旅行記】
2014.5/2-5/17 16日間の旅

● コロンボの安宿

『City Rest Fort』
コロンボの宿

コロンボの宿 2

ダッチホスピタルのすぐ近所
徒歩1分

RIMG3730.jpg
立地も良く、外観も良い。

ホテル内もスッキリしててオシャレ。
ロビーは階段上がって2階。
RIMG3795.jpg
上の写真の奥にあるのカウンターがロビー
ソファからフロントを見た写真

ソファtごテーブル席がある。
RIMG3792.jpg

ドア横にフリーPCがある。
RIMG3729.jpg

冷蔵庫のドリンクは有料
RIMG3728.jpg

フロントロビーはすごく小ざっぱりしててる。
RIMG3797.jpg
掃除が行き届いている。

朝は10時まで朝食ビュッフェがある
RIMG3784.jpg
飲み物は、コーヒー、紅茶、牛乳、ジュースと豊富。
RIMG3783.jpg

洗面所、シャワールームは男女別れている。
向かい合わせにある。
RIMG3790.jpg
青い壁側は男性用、オレンジ色の壁は女性用。
RIMG3791.jpg
掃除が行きとどいて、常に清潔。
シャワーの出も良い。

私が泊ったのはドミトリー。
RIMG3786.jpg
男性用ドミトリー、女性用ドミトリー、MIXドミトリーがある。
ドミトリーは二段ベット2つの4人部屋
ドアを開けると両サイドに二段ベットがあり、手前にロッカーがある。
中央にテーブルがある。(椅子は無い)
部屋には窓は無いが、エアコン、ファンがある。
ブランケットあり。
ベットの枕元に、ライトがある。

部屋もとっても清潔。

ここのオーナーは、スリランカ人だが、スイスの有名ホテルで長い間働いていたらしく、定年退職後、自国に戻りホテル経営者になったらしい。
このホテルは2軒目で、一軒目が軌道に乗り、街の中心部にこのゲストハイスを出したらしい。
このホテルは2013年にオープンしたらしい。

フロントのお兄ちゃんが、背が高く、モデル並みにスタイルがよく顔も美男子。
表情がよく、口調も優しく、ここで出会った日本人女性(2名+私)全員がメロメロになるほどだった。
ドバイで働いてたが、親の面倒をみるために帰国したらしい。

オーナーはスイスのホテルで働いてただけあって、スタッフへの気遣いも良いようで、スタッフの控室も設けていた。
スタッフ全員、穏やかですごく親切だった。

この宿を利用してた日本人男性は、自分の自転車でスリランカを旅しえたらしく、帰国前に自転車の梱包をしていたら、スタッフが手伝ってくれてすごく助かったと感謝していた。
本当に良くしてくれたようで、手伝ってくれたスタッフ全員にチップを渡していた。
チップをもらったスタッフは、とても驚いていた。


オーナーは見た目、無表情で無口で怖い感じだけど、その分スタッフが良いので気にならない。

立地、清潔感、フリーWI-FI、朝食付き、シャワーの出が良い、スタッフの対応、全て大満足な宿だった。

ここはお勧め。


2014年5月
ドミトリー1泊 3375 Rp (2673円)
カード払いOK。


【スリランカ&中国(雲南省・大理)旅行記】
2014.5/2-5/17 16日間の旅

● 5/9 8Day-4

この日の夜の便でA氏が先に帰国する。

夕方、私が泊るホテル裏にある、昔オランダの病院で、今はオシャレなカフェスポットになっている「ダッチホスピタル」で最後の晩餐をした。
RIMG3775.jpg

シーザーサラダ、エビパスタ、ジュース2つ(2,438Rp 2000円)
RIMG3777.jpg


空港行きのバス乗り場まで見送りに。
バス乗り場に到着してすぐ、空港行きのバスが着た。
このバスは、直行便。
RIMG3779.jpg
みんな一斉にバスに駆け込み大きな荷物と一緒に乗り込んだ。
慌ててA氏に別れをつけたが、あっという間に座席がいっぱいになり、彼は乗れなかった・・・

ま、すぐバスが来るだろうと待っていたが、なかなか来ない。
時間に余裕を持って着たものの、もう30分バスを待ってる。
その間に、路線バスの空港行きは何度も来る。
しかし、路線バスだと、2時間以上かかってしまうし、エアコンもない。
だから直行バスが来るのを待っていた。

そのうち直行の空港バスに乗ろうとしている乗客が増えてきた。
地元民が多く、みんな大量の荷物。
さっきのようにバスが到着しても、勢いがある地元民に押しのけられ、またバスに乗れない可能性が高くなってきた。

直行バスに乗るのはあきらめ、彼はエアコンなしのローカルバスに乗って見送った。
RIMG3782 も


翌日先に帰国したA氏からメールが届いた。
「ローカルバスは乗ったらあかん。俺はあの後えらい目にあった。
あれから次々に地元民がバスに乗り込んできて、狭い座席に人がいっぱい座り、バックパックを膝に抱えて2時間以上揺られた。
車内はエアコンがなく、蒸し暑く汗だくになった。
空港の手前の真っ暗な道で降ろされ、空港がどっちなのかもわからなかった。
人に聞きたくても、誰も歩いてない。
真っ暗な道をカンで進み、30分後にやっと空港に辿りついた。
重い荷物を持って、人気げない真っ暗な道を、歩くのはすごく危険。
空港へは、直行バスに乗れなかったら、タクシーで行った方がいい」
と教えてくれた。

コロンボ市内から空港へ行く方。
ローカルバスは料金は安いけど、大変みたいですよ。
乗る方は、時間に余裕を持った方がよさそうです。


そして、「コロンボの空港にシャワールームがある」とガイドブックの片隅に書いてあって、A氏は空港でシャワーを浴びるつもりだった。
しかし、探しても見つからなかったらしい。
空港職員に尋ね、連れて行かれた場所は、男性用トイレの端っこにあった、ムスリムのお祈りする時、足を洗う場所だったらしい。
彼はシャワーを浴びれず、仕方なくそこで手足を洗って、トイレでウェットティッシュで体を拭き、帰国したらしい。

コロンボの空港にシャワールームがあるかは、結局確認できず。。。
噂ではあるらしい。

【スリランカ&中国(雲南省・大理)旅行記】
2014.5/2-5/17 16日間の旅

● 5/9 8Day-3

馬に乗って交通整理??
RIMG3763.jpg

交通量が多い中、馬は目隠しもないのに、じっとしている。
RIMG3765.jpg
すごくおりこうさん。

白馬も!
RIMG3766.jpg
白馬に乗った王子様ではなく、白馬に乗った警官。

宿の近くに赤い建物があった。
コロニアル風で、歴史的建築物。
RIMG3768.jpg

この建物の回廊の床に白い物が・・・
RIMG3772.jpg
人の往来が激しいところに、何が落ちてるんやろう??
みんなその白い物を避けて通ってる。

近づくと白い猫が丸まって寝ていた!
RIMG3773.jpg
今にもうっかり踏まれそう!!
見ているだけでヒヤヒヤしてしまう。
近づくと、目を覚まし、「にゃー」と人懐っこい。
「あんた、こんなところで寝てたら踏まれて死んでしまうで~」と話しかけていた。
その度に「ミャ~」と返事をしてくれる。
人に踏まれないよう、抱っこし柱横に移動させ、別れをつけた。

赤い建物内に入ってみた。
RIMG3770.jpg
中はガランとし、一部がケンタッキーとスーパーだった。
RIMG3771.jpg
商品棚は曇ってて、中にある商品が見えにくい。
売ってる商品も古びた感じ。
冷房もなく、扇風機も止まってて、中はめっちゃ蒸し暑い。
建物内は、埃臭かった。

外観は目が引くし、天井も高いし、改装したらすごくおしゃれな建物、空間になると思うねんけどなー?
立地も良いから、外資のホテルが入って改装したら、人気のホテルになりそうやのにな~

外に出て、回路を歩いていたら、またさっきの猫が、移動する前の場所で寝ていた!
RIMG3774.jpg


キャンディの古い建物の回廊では犬がいた。
RIMG3431.jpg
声をかけると、私を見てくれた。
RIMG3432_20140725114212312.jpg
また、外を眺めていた。
RIMG3433_20140725114213e88.jpg
首輪もしてないし、飼い主らしい人もいない。
野良犬が夕涼みしてるのかなー?

スリランカでは、野良犬の野良猫も町に溶け込み、嫌う人もおらず、のんびり過ごしてた。
スリランカは、猫や犬にとっては、日本より自由に生きられる国かもしれない。


【スリランカ&中国(雲南省・大理)旅行記】
2014.5/2-5/17 16日間の旅

● 5/9 8Day-2

コロンボの海沿いの南部に、いろんな店があるように書かれてあったが、これといって何もない・・・
お腹も空いてきて、どっかで食べたいが、これといってレストランは見当たらない。

目に入ってきたマクドに行くことにした。
ビックマックセット
RIMG3735.jpg
650Rp(533円)
日本よりちょっと高い??

一般市民が行くカリーの店と比べると、べらぼうに高い金額。

他にもっと高いセットがいっぱい。
客層はインテリ層がほとんど。
日本と違って、マクドは高級な店みたい。

体調も少し落ち着き、宿がある「フォート地区」まで歩いて帰る。
海沿いの道はこんな感じ。
RIMG3736.jpg

RIMG3737.jpg
建設中のビルや建物があるが、これといって店は無い。
だから見るところもない。
(と、私は思った)

ビーチを歩いてみる。
RIMG3740.jpg

ビーチ沿いにずーーーっと屋台が並んでる。
RIMG3743.jpg

道路とビーチまでは、芝生の広場になっている。
私が到着した時ぐらいから、だんだん雲が怪しくなってきて、風も強くなってきたが、
晴れてる時は、ここで親子が遊んだり、カップルがくつろいでいた。

RIMG3748.jpg

コロンボ市民の憩いの場かな?

RIMG3744.jpg

ビーチはどんなんかなー?と見に行くと、すぐ海が迫っていた。
RIMG3750.jpg

ここのビーチは泳ぐって感じではなさそう。
堤防が高く、女性は簡単に海に降りれない感じ。
私が行った時は、海に入ってる人はいなかった。

RIMG3746.jpg

RIMG3747.jpg

桟橋には、やたら人が多かった。
RIMG3749.jpg

官庁街のフォート地区
RIMG3754.jpg

RIMG3755.jpg

宿があるフォート地区に戻る頃には、もうフラフラ~

【スリランカ&中国(雲南省・大理)旅行記】
2014.5/2-5/17 16日間の旅

● 5/9 8Day-2

キャンディからコロンボまでは、一等列車で移動した。
冷房が強く、コロンボに到着したときには、体の芯まで冷え切ってしまっていた。
鼻の奥が痛くなり、だんだん痛さが広がり喉全体がまた痛くなってきた。
唾を飲み込むのも苦しい・・・
また熱が上がってきたのがわかった。
熱でフラフラになり、ゆっくりしか動けない・・・

コロンボ駅
RIMG3723.jpg

コロンボはめっちゃ暑かった・・・
人も多く、さらに暑く感じてしまう。

日差しも強烈・・・
よけい頭がもうろうとしてくる。
RIMG3724.jpg

RIMG3725.jpg

RIMG3727.jpg

コロンボの宿は、駅から歩いて15分ほど。
トゥクトゥクに乗ればすぐだが、距離感もわからないし、ボッタクラレて憤慨するのも嫌だから、歩いて行くことにした。

歩いて20分、予約していたホテルに無事到着した。
RIMG3730.jpg

まだ朝だから、チェックインの時間前。
荷物を預かってもらい、体調は悪いが周辺を散策しにいくことにした。

ガイドブックには、コロンボの町は面白そうに書かれてあったが、実際はこれといって何もない。
(私の勝手な感想です)
いろんな物が売ってるように紹介されていたショッピングセンターに行ってみたが、実際はたいしたお店もなく、「え!?これだけ?」って感じ。
スーパーの方が、まだ買う物がある。

町をブラブラ歩いてると、トゥクトゥクに声をかけられ、「ちょうど今、コロンボで宝石の特別展がやってる。絶対行った方が良い」と勧められた。
「興味がない」と断るが、うまく丸めこまれ、半分強制的に連れて行かれた。
RIMG3734.jpg

体調が悪く、熱があって思考能力がない時って、ダメですね・・・
正常な時なら騙されないような場面でも判断できなくなってしまう。

連れて行かれた宝石の特別展示会場は、宝石の卸みたい。
ここは宝石を卸値で買えるみたい。
他のテーブルでは、各国のバイヤーが商談してた。

宝石好きな人なら、いいのかもしれないけど、私は宝石など一切興味がない。
石はカットされてるけど、赤や黄色のツルツルの石状態。
これからアクセサリーにするには、自分でしないといけない。
その作業の方がお金がかかる。

私は加工されてる宝石より、原石の方が興味がある。
(興味はあるけど、購入しようとは思わない)


半強制的に、トゥクトゥクで宝石展示会場に連れて行かれたが、そこはちょうど私が行こうとしてたエリア。
だからトゥクトゥクに乗ったってのもある。
ま、無料で乗せてもらえ、宝石の商談会場を見れ、移動できたから良かったことにしよう。



今回、スリランカの日記を読み返し、アップしてるけど、日記にも
「しんどい…」
「何も考えられない・・・」
「喉が痛い・・・」
「声が出ない…」
「頭も痛い・・・」
「体が重い・・・」
こんな言葉が節々に書いてある。
今思い出しても、ほんとうにしんどかった・・・と思う。

だから、ブログも毎回苦悩旅のような内容が続いてて、申し訳ない・・・



プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 2014年07月
2014年07月30日 (水)
コロンボの安宿
2014年07月24日 (木)
スリランカの動物たち
2014年07月18日 (金)
コロンボのビーチ
2014年07月17日 (木)
体調が悪い時は要注意
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる