ちーちゃん関係の内容がまだ続きます。
ご了承くださいね。


先日、被害者家族代表として講演をしたちーちゃんのお父さんの話しの中で、
これはみんなも知っておいた方がいいと思うことがいくつかありました。

● 海外で死亡した場合、残された家族はどのようなことが求められるのか。

● 海外で死亡した場合、遺体はどうなるのか?

● 遺体の輸送費にいくらかかるのか?

● 海外旅行保険について。

● パスワードの落とし穴



以前にもこのブログで書いたと思いますが、これはとても大切なことなので何度でも書きます。

まず、1つ目、
あなたが海外で死亡した時、家族は何をしないといけないのか。


あなたが旅行先の外国で死亡したら、
第一報は、外務省から家族に電話があります。

なんで、外務省が家族の電話番号知ってるの!?
と、疑問に思いません?

パスポートを作った時、緊急連絡先を書きますよね?
その連絡先にかかってくるようです。


家族はあなたが死亡した事実を外務省から電話で突然聞かされることになります。

誰もが気が動転し何も考えられなくなります。

しかし、家族はしないといけない事がたくさんあります。

外務省から家族に求められることは、

通常、病院で闘病中に亡くなった場合を除き、(事故や事件により死亡した場合)
現地当局による検死が行われ、検死が終われば家族が引きとり日本へ帰国(遺体を輸送)する。

家族は輸送方法を決めないといけない。


帰国方法(遺体の輸送)は大きく分けて2つある。

① そのまま日本に輸送する。
② 現地で荼毘にふし、遺骨として日本に連れて帰る。

家族の同意に基づいて手続きが進む。

通常は、家族が迎えに行くのが一般的。

ちーちゃんの場合は例外で、家族はミャンマーに行かない事に決めた。
行かなかった理由は、一秒でも早く日本に連れ戻したかったらしい。
家族が現地に迎えに行けば、ちーちゃんの帰国が数日遅れてしまうため、行かないことにしたらしい。

ちーちゃんの家族のように、「行かない」という家族もいる。
その場合は、委任状など書いて外務省に送らないといけない。

本来なら、家族が現地に行き、遺体が本人かどうか確認してから引き取りになる。

ちーちゃんの場合、遺体とともにその場でパスポートも見つかり、
殺害される前日に知りあい、事件当日の朝にも会っていたミャンマー人のガイドが、ちーちゃんの遺体確認をしてくれたこともあり、家族が現地に行かなくても奇跡的にスムーズに遺体搬送ができた。
(この事は、事件半年後に私と両親がミャンマーに行き、事件があった町に行って分かった事)


ちーちゃん家族は、遺体を引き取りに現地に行かなかったが、もし行くことになれば
一応、外務省が旅行会社を紹介してくれる。

誤解のないように言っておきますが、
外務省が紹介してくれた旅行会社と、外務省と裏取引があるわけではないですよ。

遺族は気が動転し、何も考えられないし何も手につかなくなる。
外務省が紹介してくれた旅行会社にお願いすると、事情を把握してるので、遺族に配慮しスムーズにチケットを手配してくれる。
この旅行会社は、特別な旅行会社ではなく、某大手旅行会社です。

Q;外務省が紹介してくれた旅行会社にお願いすると、割引はあるのか?
A;割引はありません。通常料金です。




ちーちゃんの遺体を運んでもらう事が決まったものの、
家族は、ここで大きな問題に直面した。

外務省;「保険はどうなってますか? 保険会社がわかれば手続きがスムーズになりますが、分からない場合は日本に返すのに手続きに時間がかかりお金もかかります。利用した旅行会社はわかりますか?」

家族;「そんな事、急に言われても・・・親元を離れ一人で自活しているので旅行先と出発日、帰国日しか聞いてません…」


私のところに電話があり、
「チハルは海外旅行保険に入っていたかわかりますか?」と聞かれた。

ちーちゃんや私のように1年に数回海外旅行に行く人は、クレジットカードに付いている海外旅行保険に入っている人が多い。

必死にちーちゃんとの会話を思い出した。
たまたま、殺害される1か月前、海外旅行保険の話しになった。

私;「ちーちゃんは、海外旅行保険どうしてる?」
ちー;「私はクレジットカードの保険です」

ちーちゃんは、「クレジットカードの海外旅行保険に入ってる」と言っていた!
その事をすぐ両親に伝えた。

親;「どこのカードだろう・・・?」

私;「そういえば、ちーちゃんはお父さん名義のクレジットカードを使ってると言ってました!」

親もその事を思い出し、お父さん名義のクレジットカード会社にすぐ連絡すると、海外旅行保険が付いていることがわかった。
保険会社に連絡すると、遺族に代わって保険会社が外務省と大使館と連絡を取り合い、遺体搬送の為の手続きができるようになった。

※ ”生命保険”と”海外旅行保険”とは別物ですよ!
自分は生命保険に入ってるから大丈夫と思ってませんよね??
海外で亡くなって遺体搬送などの手続きは、海外旅行保険会社しか対応してくれまんよ。



海外旅行保険って、本人は「自分はちゃんと海外旅行保険にあ入ってるから、何かあっても大丈夫」と思いがち。


先日、海外に語学留学行くことになった友達と、海外旅行保険についての話題になった。

私;「海外旅行保険には入った?」

友;「うん。大丈夫」

私;「家族にはどこの保険会社に入ったのか言った?」

友;「言ってない・・・」

私;「なぜ言わないの? 
 ○○ちゃんが死んだら、家族が保険会社に連絡しなあかんねんで。 
 家族はどこに連絡したらいいのかわからんよ? 
 家族にはどういう内容の保険なのか、会社名、電話番号を伝えないと」

友;「自分が死ぬことを想定してなかった・・・」


保険に入って安心し、家族や周囲に何も言わない人がほとんどですよね。

あなたが何かあった時、動いてくれる家族や親友には、
自分はどこの海外旅行保険会社に加入したのか、しっかり伝えておきましょう!


家族は気が動転してしまうので、
できれば、自分が加入した海外旅行保険会社名、電話番号は紙に書いて渡しておきましょう。
もしもの時、動いてくれそうな親友には、実家の連絡先も伝えとおくのを忘れずに。


一人住まいが長く家族と疎遠になって、友人の方が親しい間柄でも、外務省からの連絡は家族になります。
親友には、一切連絡はありません。
友人達があなたの死を知るのは、メディアでの情報だけ。

ちーちゃんのように家族がメディアに報道規制をかけてしまえば、その後の状況や葬式の日程など友人達には一切伝わりません。

友人が外務省に問い合わせても、個人情報保護法で家族の連絡先は教えてもらえないでしょう。
友人が外務省にお願いし、家族に電話番号を伝えてくれることは可能でしょうが、
子供が海外で突然亡くなったと連絡を受け、ショックで気が動転してる家族としては、全く知らない相手に連絡を取る勇気、気力はないでしょう。

実際、ちーちゃんがミャンマー中に行動を共にしていたという日本人男性が事件を知り、すぐ現地の大使館に駆け込み、「自分の連絡先を両親に伝えてください」と領事に託した。
在日本大使館→外務省→家族へと伝わったものの、お父さんはその男性に連絡をしなかった。
しなかったというより、できなかった。

遺体搬送の手続きやいろんな事で、外務省や在日本大使館から電話が入り、その度に新情報が細切れになって耳に入る。
その度に、子供が本当に殺された事実を突き付けられ、頭がパニックになってしまう。
そんな時、知らない人に「連絡をしてほしい」と言われても連絡できないでしょう。

友人たちは、あなたのお葬式にも行けないのです。

そんなことにならないためにも、親しい友人には実家の連絡先を伝えておきましょう。




ちょっとちーちゃんネタが続きますが、ご了承くださいませ。


3年も経ってるのに、まだちーちゃんのことをブログに載せるの?
と、思う人もいるかと思います。
でも、3年経ったから言えることもあるんです。



事件直後は、取材拒否をしていたちーちゃんのお父さんが、
先日被害者家族代表で講演後、聞きに来ていた新聞社の取材を受けていた。

これには正直驚いた。

そして、安堵した。

お父さんも3年経って、ようやく取材を受けて質問に応えられるようになったんだな・・・と思った。


事件があってすぐちーちゃんの実家には取材人が詰めかけた。

すぐ警察が対応してくれ、家族は取材拒否をし、家族への取材はなくなった。

その代わり、私のところに取材が殺到した。
なんで私とちーちゃんが親しいと分かったの!?
友人が調べてくれてわかったが、ネットでの書き込みだった・・・
怖くて、怖くてたまらなかった・・・

恐怖でネットが見れなくなってしまった・・・


私も事件当初は、これ以上ちーちゃんのことをメディアにさらしたくない一心で取材拒否をした。

そう思う反面、ちーちゃんは被害者であって、悪い事をしてないのだから、
ちーちゃんの人柄や身近な人間がどれほど悲しんでいるのかを伝えてもいいのではないか?と思う時もあった。
毎日が葛藤だった。

家族が報道規制をかけ、TVでの報道は終息した。

ホッとした反面、ちーちゃんの存在を消してしまったようにも思えた。


1年も経たないうちに、ちーちゃんの事件を知る人はほとんどいなくなった。

これでよかったのだろうか・・・


両親は被害者の会に参加するようになったが、ちーちゃんの事件を知る人は少ないらしい。


私は事件当時、報道する人や記者を憎み、取材人にけっこう強い口調で怒ってしまったんですよね・・・
今になって相手に申し訳なかったな・・・と思う。



事件がメディアに流れ、ちーちゃんの顔写真も出るようになった。
その写真は、ミャンマー入国時に撮られたもので、すごく寂しげで不安な表情をしてた。
今まで見たことがないちーちゃんの表情に驚いた。

ちーちゃんはこんな写真の子じゃーない!
もっとかわいいのに!!
なんでこんな写真が出回るの!?

すぐ、普段のかわいらしいちーちゃんの写真に変えてほしいと願った。
でも、それを私がしていいものか、すごく悩んだ。
私がメディアにちーちゃんの写真を提供するなんてできない。
じゃ、誰がするの?
それができるのは、家族しかいないと思ってしまった。

いろんな人から、
「なんであんな写真が出回るの!?」
「あんなのちーちゃんじゃーない!」
「かおりちゃん、何とかしてあげて!」
と言われたが、私には写真を提供する勇気が無かった・・・・
できなかった・・・

家族が動かないに、ただの友人が、しゃしゃり出ていいのだろうか・・・と常に悩み葛藤していた。

私はちーちゃんを守りたいと思ってるのに、何もできなかった・・・

あの時、「ちーちゃん、ごめん、ごめん・・・」何度も心の中で謝っていた。

数日後、違う写真がメディアに出回った。
すごく良い表情をしたちーちゃんだった。

よかった・・・
よかった・・・

すぐ、家族に電話して、「新しい写真は家族が提供したのですか?」と聞いたが、
家族は、ちーちゃんの報道が見るのがつらく、TVを見てなかった。

誰かが見かねて、ちーちゃんの良い表情の写真を提供してくれたのだった。

ちーちゃんの写真を持ってるってことは、身近な人だろう。
その人もきっといろいろ悩んだんだと思う。

私の周りは、「今のちーちゃんの写真になってよかった」とみんな言っていた。

1年後、写真の提供者がわかった。
(私にだけこっそり打ち明けてくれた)
私も知ってるちーちゃんの友人だった。

私はその人に、何度もお礼を言った。

その人もすごく悩んだらしい。
写真を提供してからも、あれでよかったのか1人で悩んでたみたい。
私がお礼を言って、やっと自分のやった行為は間違いではなかったんだと思えるようになったと言った。
その人が提供者なら、ちーちゃんも絶対納得してるだろう。

被害者の身近な人間は、写真提供するだけでも、ものすごく葛藤してる。




もしも、私が被害者になり、卒業アルバムの写真とか、変な写真をメディアに流されるなんて絶対嫌!
悩むことなく、私のイキイキした表情の写真をメディアに提供してほしい。
これが私の遺言です。


中国・貴州省旅行記の最中ですが・・・


先日、ちーちゃんのお父さんが、犯罪被害者支援の研修会で、
県職員や警察関係者、NPOの人々に被害者家族代表として講演をしました。

関係者しか入れない講演でしたが、ご両親の配慮で声をかけていただきました。

お父さんが話す前、原稿を読ませたいただくと、ちーちゃんの事が次々に思いだされ、涙があふれてしまった・・・

私の大親友だったちーちゃんは、3年前の2011年9月28日
ミャンマー旅行中バイクタクシーの運転手に殺害されました。

両親も私もあの日を境に、悲しみと苦しみが今も続いてる・・・

もう3年もたってるのにまだそんなことを言ってるの!?と思う人もいるかもしれない。
私も必死に楽しく前向きに考えるように心がけてるけど、急に寂しさが襲ってきたり、些細なことで傷ついてしまうようになった。


今回、被害者家族の講演(お父さんの話し)以外にも、専門家による「被害者家族への適切な対応、被害者へ理解」の講座もあった。
その中で私も共感したのは「周囲の人の言動による二次的被害」

被害者家族は、突然大切な人が殺害され、悲しみのどん底に突き落とされたのに、
根拠のない噂を立てられたり、周囲からの何気ない言葉で、さらに傷き、身も心もズタズタにされてしまう。

もしも、あなたの知り合いに、被害者家族や被害者の親友がいた場合、
二次的被害を防ぐため、
以下の事を注意して接してあげてください。

○ できない事をやろうとしない。
 (相手との距離が近すぎていないか、できない事をやろうとしてないか)
○ 相手の立場になって考えてみる。
○ 共感しながら、自分の対応について客観的な目で見る。


そして、一番気をつけてほしいのは、相手にかける言葉。

【不適切な言葉】
● 「気を強く持って、前向きに生きましょう。」

 言われなくても、本人も十分わかってる。 
 分かっててもそれができなくて、ただただ悲しく、苦しんでいるのだから、そのような言葉はかけないようにしてあげてください。

● 「あなた一人が苦しいのではありませんよ。」

じゃ、あなたも苦しいの!? 
同じ苦しみじゃーない人に、そんな事言われたくない!って思ってしまう。

● 「どんなに悲しんでも、死んだ人は戻って来ないよ。」

私もどれだけの人にこの言葉を言われた事か・・・
そう言われる度に、そんなことはわかってる!
追い打ちをかけられた気持になって、悲しみのどん底に陥ってしまった。

● 「つらいことは早く忘れましょう。」

「殺害された人の事を忘れろ」と言われてるように感じてしまう。

● 「起きてしまったことは後悔しても仕方がない。」

そんなことは言われなくてもわかってる。 
被害者としては、ただただ悲しいだけ。
こんな事を言われる度に、慰めとは思えなかった。

● 「まだ子供がいるじゃないですか。」

私には言われなかったが、子供を失くした両親なら言われてるのかも?と思った。

● 「あなたは強い人だから大丈夫ですよ。」

いくら強い人でも、突然大切な人を殺害されたら、平常心ではいられない。
だから、このような言葉はかけるべきではない。

● 「あなたも悪いところがあったのでは?」

これは論外ですね…
こんなことは絶対言わないように気をつけてください。

● 「早く元気にならないと、亡くなった人がうかばれないですよ。」

被害者家族や友人も、前向きに必死に生きようとしてる。
でも、不意に悲しみが幾度も襲ってくる。
悲しみや恐怖で涙が止まらなくなってしまう。
そんな時、私もこのような事をよく言われた。
早く元気になりたい。
分かってるけど、できないんです。
だから、そんなことは言わず、そっとしておいてほしい。


あなたの周りに被害者になった人がいたら、このような不適切な言葉はかけないでくださいね。
何気に言ってしまいそうな言葉ばかりですが、
あなたの言葉で、相手は二度苦しみ味わうことになるのです。


では、そのような人がいたら、どのように対応すればいいのか。


【適切な対応】
● 「このことはあなたにとって大変つらい事だと思います。」

● 「悲しんでいいのですよ。」

私も実際言われたが、これは言われたくない言葉だった。(私はね)

● 「あなたが怒りを感じるのは当然のことだと思います。」

● 「このような体験をしたら、今までのように仕事や家事ができなくなるのも当然だと思います。」

● 「何をする気力もないのは当たり前のことだと思います。」

● 「無理する必要はないですよ。」

● 「ここでは安心して感情を出していいのですよ。」

このような言葉をかけられたら、その人の胸に顔を薄め号泣してたと思う。

● 「よく頑張ってこられましたね。」

このような言葉をかけられたら、私は堰を切ったように号泣してると思う。

被害者家族や被害者の身近な人は、大切な人を突然失い、ショックの中、葬儀の準備、被害者の知り合いと思われる方に葬儀の日時を知らせないといけない。
中には、ニュースを知らず、私からの連絡でちーちゃんの死を知ることになり、パニックになった人もいた。
必死に平常心を保とうとしながら、葬儀だけは無事終えたい一心だった。
そんな時、TVやネットでは、次々にちーちゃんの事件を扱い、マスコミや新聞社などの取材があり、悲しみの中、恐怖におびえていた。
必死に被害者の人権を守ろうとし、常に気持が張り詰めていた。
だから「よく頑張ったね」と言われたら、誰にも言えなかった思いや緊張感が一気に緩み、その人の前だけは心を開いてしまいそう。



あなたが何も言えなかったら、ただ黙ってそばにいてあげてください。
慰めの言葉など要らないのです。
全然違う楽しい話をし、気持を紛らわせてあげてください。

人と会ってるときは、必死に平常心を保つようにしてるから、
決して、事件の真相を聞こうとしたり、無理に気持を言わせようとしないでください。

相手が事件の事や殺害された人の事を言ってきたら、何も声をかける必要はないのです。
なにも言わず、ただ聞いてあげてください。

それが一番の慰めです。

何も言わなくても、相手にはしっかり伝わってます。




渡された資料に書かれていた『二次被害を防ぐために』を読んで、
当時の苦しみと悲しみがよみがえって、私は涙があふれてしまった。

お父さんの講演の原稿を読んでいると、事件当時の悪夢がよみがえってきてた。

ちーちゃんがいなくなって、もう3年もなるのか・・・


3年経ってもちーちゃんに関することや、ちーちゃんの友人からメールが届くと涙があふれてしまう。

先日、ちーちゃんのお母さんと久しぶりに会った時、
「もう3年もなるのに、まだ辛くて、寂しいし、悲しい・・・」と打ち明けた。

「かおりさんもですか・・・
私もです・・・
被害者の会に参加するようになって、たくさんの被害者家族と会ったんですが、
その中にチハルと同じように海外で子供を殺されたというお母さんと会うことができたんです。
その方から、3年ならまだ苦しいでしょう。
私は乗り越えられるまで、6年かかたって」

「みんな苦しみを乗り越えるのに何年も苦しんでるんですね・・・」
と、お母さんと言い合った。






【中国・貴州省&台湾結婚式 旅行記】

2014.9/4-29 26日間の旅

● 9/5  3 Day


今回の旅の目的は2つある。
1つは、カンちゃんの結婚式出席。
もう1つは、トン族の歌祭を見に行く。

3日目は今回の旅の1つの目的でもあるトン族の歌祭の村へ行く。

トン族の歌祭が行われる村へは、従江からバスで行く。
私は3年半前に行っている。
当時は、朝8時、14時、1日2本のバスが出ていた。

しかし、今回歌祭が行われる村に行くバスは出ていないと言われた。

バスが出ていないのなら、自力で行くしかない。
今回は3人いるから、車をチャーターすることにした。

従江に到着し、ホテルに「明日車をチャーターしたい」と言うと、運転手が来て値段交渉した。

歌祭がある村に行くまで、いくつもトン族の集落がある。
事前に調べていたトン族の村に立ち寄りながら歌祭がおこなわれる小黄村に行くことにした。

行き、
従江→高増→黄崗→小黄

車代 300元(6000円)

帰りは、
小黄→占里→従江

車代 260元(5200円)

予約した時は、従江に戻りすぐバスに乗り次の目的地、肇興に行く予定だった。

こうして日本円を出してみると、けっこう高いなぁ…

とはいうものの、
1人なら、車チャーターなど高くてできない。
バスが出てない村や、めちゃめちゃ山奥の村へ行くには、車をチャーターするしかない。
車代は高くつくが、3人で割るからグッと安くなる。
こんな機会はめったにない。
迷うことなく、車をチャーターした。


出発する朝、約束通りに車が到着。
ワゴン車に荷物を積んで、いざ出発。

バスと違って、バスターミナルまで荷物を背負うことなく、バスの出発時間を気にすることも無い。
荷物を持たなくていいから、体がめっちゃ楽。
ホテル前からすぐ車に乗って出発できるなんて、すごく感動だった。

両手を広げてもまだ余るほどの広くてフカフカのベットで眠れて、
朝食も付いている。
それに、ホテル前に車の迎えが来るなんて~♪
私の今までの旅では、考えられないくらいの贅沢。
こんな贅沢で楽な旅をしていいの!?と思ってしまう。

namiちゃんも過酷な旅を想定していたのに、予想と全く違う贅沢な旅で
「今まで海外行った中で一番贅沢な旅やわ~♪」と喜んでいた。



【中国・貴州省&台湾結婚式 旅行記】

2014.9/4-29 26日間の旅

● 9/5  2 Day
■ 従江 


従江に到着して、ホテルを探してる時、点滴を打ちながら歩いてる女の子がいた。
DSCF1156.jpg

思わず写真を撮らせてもらった。

そして、ホテルにチェックインして、少しして町に出かけたら、また彼女とバッタリ会った。
2回目にあった時には点滴の棒はなく、自分で手をあげ点滴を持って歩いていた。
DSCF1158.jpg
腕が疲れると思うけどなー?

しかも、点滴を打ちながら、なぜ町をウロウロしてるんやろう?

不思議~?
こういうのが見れるのも、中国の面白さでもある。


3人で初めての晩餐はこの食堂。
DSCF1177.jpg

DSCF1176.jpg

DSCF1179.jpg

おかず三種類&ごはん
これだけ注文して、全部で60元(1200円)
全部、めっちゃおいしい~
3人できれいに平らげた。
3人で割るから1人20元(400円)でお腹いっぱい~♪

相棒がいると、いろんなおかずを食べられるのが嬉しい♪

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 2014年11月
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる