4/30の今日、ほんとうなら私は今ごろネパールに向け一路上海に出発してるはず・・・

だった・・・

結論から言うと、
今回のGW、私はどこにも行けなくなってしまった・・・

私が乗る予定だった中国東方航空は不測の事態ということで、特別にネパール行きのチケットを持っている人は、払い戻し可能にしてくれた。

しかし、マレーシア航空で行く予定だったA氏のチケットは、払い戻しが不可能。
行き先変更か、半年間だったか1年間以内なら日程変更可能という結論が出た。

ネパールの状況を知れば知るほど、1年以内に復興するとは思えない。

ネパールの世界遺産の寺院はほぼ壊滅状態になってしまった・・・

復興するには時間がかかりうそう・・・


私は払い戻しができたが、A氏は行き先変更しないとキャンセル料がかかってしまう。

今回の地震で、私がネパールに行けなくなったことを知って、バンコクに住む友人が
「よかったら泊りに来てもいいよ。部屋を掃除しとくよ」と優しい言葉をくれた。

バンコクに行き先変更ができるか旅行会社に問合せをしてた。

A氏のマレーシア航空では、料金は変わらずバンコク行きで行き先変更OKだった。

しかし、私が問題だった・・・

行き先変更ができない中国東方航空だと、最初からチケットを取りなおさないといけない。

それに「中国東方航空は払い戻しでお願いします」と言ってすぐ、羽田→上海行きの便が別の人が抑えたようで、満席になってしまった。

もしチケットが取れていたとしても、今から中国東方航空でバンコク行きの便だと、料金が高くなっていた。

その時一番最安値だったアシアナ航空でも、バンコク行きは8万ほど。
すでに払っている東方航空のチケット代+25,000円追加払いしないといけない。

バンコク行くのに2名で飛行機代だけで23万円もするのはバカバカしすぎる。

で、気になっていたマレーシア航空のキャンセル料は、15,000円。
旅行会社の手数料+2,000円
合計17,000円。

出発の1週間切ってるし、購入したチケットの半額近くかかるのでは?
ヒヤヒヤしていたので、2万円以内に抑えられたことは正直ホッとした。

他の国も考えたが、今から行き先を変えて、滞在中どこに行くか考えたり調べたりしないといけない。
出発ギリギリにそこまで無理してまで行くのもなぁ~・・・
と思うようになってきて、今回のGWはもうどこにも行かないことにした・・・

私にとっては苦渋の決断だった・・・。


損失は、17,000円だけかと思っていたが・・・

私の中国東方航空の払い戻し手数料が+2,000円するという!
(旅行会社によって手数料が違うみたい)

それに、払い戻しの振り込み手数料も私が負担しなくてはいけない。

あぁ~~ なんてこったーーー

それにまだ損失がある。

それはネパール・ビサ・・・

3,000円×2名=6,000円

全てを含めると、25,000円


ダメもとで海外旅行保険会社に電話したが、
「天災ですし、まだ出発してないので、保険は出ません」との事でした・・・
そうですよね・・・

私以外にでも、今回のネパールの大震災で、ある意味被害(これを被害と言っていいのだか・・・?)にあわれてる方いるでしょうね。

この25,000円の損失は、義援金のつもりにしよう・・・・

と、思ってみても、本当の義援金ではないので、
ちゃんとユニセフや赤十字など数か所に義援金を寄付させていただきました。

ニュースでは、食料や薬が全然届いてないようで、すごく歯がゆい気持ちでいっぱいです。

もうネパールには行かなくなったけど、ネパールの状況がすごく気になってしまいます。



4/30から上海経由で(上海2泊)、ネパールに行く予定だった。

しかし、4/25ネパールを震源地とする巨大地震が起こり、私のネパール行きが消えた。

昨日、AIRチケットを購入した旅行会社と何度も連絡を取り合い、私の飛行機(中国東方航空)は、
行き先変更は不可能。
しかし、払い戻しOKだった。

助かった~

マレーシア航空でカトマンズ入りするA氏。
マレーシア航空の結論待ちだった。

で、結果は・・・・

行き先変更OK。
しかし、払い戻しは不可能だった・・・

私と逆やん~

担当者は
「外務省からも渡航延期の注意喚起が出てるから、何とかお願いしてみます」って言ってくれ、
外務省の渡航延期の注意喚起、効力を発揮してもらうことを願ってたが、ダメだった・・・

ガックリ・・・

もし、行かないとなると、キャンセル料金が発生する。
しかも、もう出発の一週間を切っているから、けっこうな額になるみたい。

今、キャンセル料金を調べてもらっている。

もしも、高額なキャンセル料金になれば、変更先の第一希望のバンコクにしてもらうつもり。
ただ、今から私の飛行機が取れるかどうか・・・

いろいろと問題山積み。。。

明日旅行会社は休みなので、今日中に全てを決めないといけない。。。

どうなることやら・・・


早い人の中には、GWは25日からという方もいるのではないでしょうか?

私は今回4/30から出発予定でした。

予定でした・・・
というのは、行き先はネパール・カトマンズだったのです。

地震を知ったのは、4/25(土)の夕方6時過ぎ。

飛行機のチケットを購入した旅行会社の土曜日の営業時間は17:45まで。
日曜日は休み。

この週末は、ネパールの情報収集してました。
しかし、知れば知るほどヤバい・・・
死者数もどんどん増える。
カトマンズ市内は崩壊し瓦礫と化している。

こりゃー無理やな・・・

カトマンズ到着が夜の為、今回無料ピックアップがあるホテルを事前に予約していた。
いつもなら、メールをするとすぐ返事がある。
地震を知って、ホテルにすぐメールを入れたが、いまだに返事がない・・・

電話回線も不通になって、停電になってるというし、ネットが繋がらないのかもしれない・・・
もしくは、ホテルが倒壊したか・・・

「行って救援活動に参加すれば」と言う人もいたが、素人が行っても何もできない。
自分の一週間分の食料を持って行くものままならない。
非難してる人たちの貴重な食料や水を私がもらうわけにはいかない。

今も震度5以上の余震が続いてる。
二次被害にあう可能性もある。
インフラや電気がストップしてる場所に、安易に素人が入国なんてしてはいけないと思う。
何よりも、死傷者がたくさんいて、悲しんでいる人たちがたくさんいる。
医療関係者でもない者が安易に行く時期ではない。

状況がわかるにつれネパール行きをあきらめ、義援金を寄付することに決めた。
どの窓口に義援金を寄付しようか模索していたが、今朝の新聞でアルピニストの野口健さんが義援金窓口を開設したと書かれてあった。
ネパールと結びつきが強い野口さんなら、ちゃんと義援金を使ってくれそう。

ネパール行きは断念することにしたが、これはあくまで私の個人の意思。
もうAIRチケットを購入し、発券してもらっている。
それに、出発3日前。

今朝、購入していた旅行会社に電話をした。
小さな旅行会社なのに、私と同時期にネパール行きのチケットを購入してたお客さんが他にもいるらしく対応に追われていた。

今回、私は中国東方航空で4/30に出発し、上海で2泊ストップオーバーをする。
(上海で2泊するのは、友人に会うため&頼まれ物を持って行く為)

5/2(土)14時にネパールカトマンズ入りする予定だった。
(地震が一週間遅かったら、私はマジでヤバかった・・・)


中国東方航空、中国南方航空、中国国際航空は、どこよりも素早く対応し、ネパールで震災にあった人が国外に出れるよう、臨時便を飛ばしたそうな。
それに、ネパール行きのチケットを購入していた人には、延期か払い戻しをすると発表した。

それを知り一安心。

旅行会社からも、
「行き先変更は無理ですが、
半年以内にネパール行きを延期をするなら延期可能です。
払い戻しも可能です」
と言われた。

ネパール行きはもうやめ、払い戻しを希望した。

しかし、問題が残ってる。


上海の友人から持って来てもらうよう頼まれている商品が我が家に次々と届いている。

送ればいいのでは?
と思うでしょうが、商品というのは

・高級時計
・カメラ
・クジラナイフ3つ
・ガラスのコーヒーメーカー

カメラや高級時計などの精密機器は送ってほしくないという。
なぞのガラスのコーヒーメーカーは割れそうで怖い。
絶対に手荷物で運んでほしいとお願いされていた。

クジラナイフは、手荷物では引っかかるので、絶対に機内預けにしてください。

いろいろとややこしい注文が入っていた。

(怪しい運び屋状態になりつつありますが、
Amazonから届いた品物で、ちゃんと中身を出して確認し、箱が二重底になり薬物など入ってないか確認してます。
人から荷物を海外に運ぶよう頼まれた時は要注意。
安易に引き受け、捕まって死刑になってしまう。
プレゼントでもちゃんと中身を確認しましょう!)

次々に荷物が届き、パッキングをしようとしてる時、地震があった。
私は上海には行かない可能性が高くなってきた。

この荷物、どうしたものか・・・

荷物だけでも友達に渡したいが・・・


じゃ、上海行きに変更すれば?
と思うでしょう。

今回実は私1人だけではなく、A氏と行く。

A氏は、休みの都合で乗り継ぎがスムーズなマレーシア航空を予約(購入)していた。
A氏のフライトは5/2に出発し、夜10時頃カトマンズ到着。
5/2の夜、空港で待ち合わせすることになっていた。

A氏のマレーシア航空が変更できるか、もしくは払い戻しできるか・・・

旅行会社の確認を待つ。


いろいろ問題があって、ややこしい~~~


京都2日目。

京都1日目は、じゃじゃ降りの雨。
近所の北山だけ行って退散。

京都2日目はどうかなー?
朝起きてみると、ずーーーっと降りつずいてた雨がやんでいた。

2日目は、外国人達が着物を着る日。
3月に外国人から「京都では1日着物を着たい。予約をお願い」と連絡があり、すぐ探したけどもうどこもいっぱい。
料金が高めの店ならまだ空きがある。
しかし、外国人たちは
「1日2500円しか着ない」と言う。
わがまま言いたい放題の外国人。

私も最初に「2500円で着物が着れるよ」と言ってしまったため、2500円の店を必死に探し、やっと予約が空いてた店を見つけた。
最後の2名枠だった。

着物着付けの店に行き、外国人2名の着物選びを手伝い、私は下で待っていた。
次々にお客さんが入ってくる。
ほとんど外国人だった。
中国人、マレーシア人、タイ人etc・・・
みんな着物姿に変身し、とても喜んでいた。

私の外国人の友達達は今回で2回目の着物。
なかなか似合っていた。
image-モザイク
この日は、曇りでたまにパラパラと小雨が降ってきた。

1人は+500円を払い、番傘もレンタル。
雨が降ってくると番傘をさしていたら、他の外国人観光客に写真を撮られたり、一緒に写真を撮ってくれとせがまれたりモデル状態だった。

着物には番傘が似合いますねー

京都の桜は、今年は珍しく一斉に咲きだし、京都市内桜一色だった。
着物姿の外国人たちと、私の好きな平安神宮、岡崎疎水、南禅寺と歩いて行ってきました~

桜の時期の南禅寺は、私個人としてはそんなに好きではないんですが、平安神宮から歩ける距離だし、岡崎疎水を歩いてたら、そのまま南禅寺に到着してしまうので、いつも行ってしまうコース。

前日の雨で桜が散ってしまってないか心配してたけど、まだ満開で外国人も大満足。

実はこの日、花魁姿で写真を撮ってくてる店をたまたま見つけ、挑戦してきました~

舞妓姿は有名ですが、花魁は今まで見た事がなかった。
お店に聞くと、
「うちはもともと舞妓姿でお写真を撮らせてもろてたんですが、花魁は去年からさせてもろてますぅ~」
バリバリの京都弁。

斬新さに興味を持ち、挑戦!

いつもは予約でいっぱいだけど、この日はずいぶん前から天気が悪く1日雨の予報だったこともあり、夕方たまたま空いてたそうな。
運よく飛びこみ撮影ができた。

撮影は京町家の室内。
スタジオっぽくなく、普通の京都にある家の一部屋がスタジオになっている。

着替えやメイクは2階。

ロッカールームで、ブラジャーとパンツだけになり、襦袢を着る。
襦袢姿でヘアーメイク開始。

髪型は三種類の中から選ぶ。
1、花魁のカツラ
2、地毛で前髪をあげて、日本髪風にしあげ、飾りをつける。
3、地毛でカールにしたりアップにしたり、たらしたり、洋風アレンジをし、飾りをつける。

この3つを選ぶ。

私は2番にし
「頭飾りをふんだんにしてくれ」とお願いした。

メイクは、舞妓のようにあそこまで白塗りではない。
そんなにファンデーションを塗りたくった記憶はないが、完成した自分の写真を見るとけっこうな厚化粧だった。

ファンデーションより、目の周りのメイクに時間をかけていた。
アイメイクは、ピンクやブルー緑など希望の色を聞かれる。
私は、お任せにしたら、赤になっていた。
赤いアイメイクなんて、今まで見た事がないし、したことも無い。
斬新さに感激!

ヘアーメイクが終われば、着物を選ぶ。
着物は1着だが、打掛もあるので、2種類の衣装の写真を撮る。

できるだけド派手な着物を選ぶ。

一番ゴージャスな打掛は、赤だった。
じゃ、今回は着物は渋い黒にしよう!

着物と打掛が決まった。

次は帯。

着物と打掛と、いろんな色の帯と合わせてみる。
私は黄色にした。

着物に着替え終わると1階に下り撮影開始!

中国での変身写真とはまた全然違うポーズや妖艶な視線を要求され、なかなか面白かった。

撮影後には、待っていた外国人と一緒に記念撮影をしてもらいました~
IMG_1464---.jpg
打掛は撮影時だけで、撮影後は着物姿での写真。

この日、私たちが最終の客で、もうお客さんがいなかったため、特別にスタジオ内で集合写真を撮ってくれましたが、混雑時には無理だと思います。

撮影後は、花魁姿で町を歩くのは不可能ですが、お店の裏庭や廊下や店先でなら、撮影は可能です。

廊下や店先でちょっとミニ撮影会。
imagおいらん-もざいく

DSCF9249---.jpg
DSCF9268---.jpg
頭がすごい事になってるでしょ~~
DSCF9218.jpg
頭にいろんな物が突き刺さってました~~

プロのカメラマンに撮ってもらった写真のできあがりは2カ月後。
楽しみ~~♪

今回私が花魁になった店は
『花魁体験 夢工房 高台寺別館 』
http://www.kyoto-oiran.com/

変身写真は、普段できない服装やメイクをしてもらえるのが楽しいです♪

みなさんも京都に行ったら、花魁姿に変身してみてはいかがですか?

=2015年 4/5 雨の桜=

1年ぶりに京都に行ってきました~

今年は京都行くつもりなかったんですが・・・
宿泊場所がなくて困っていた外国人観光客の為に、私の知人の別宅に泊らせてもらうために行ってきました。

外国人観光客といっても毎年来日してるとっても親しい男子2名。

彼らが京都入りする日に合わせて私も京都入りすることになりました。
今回、出発前にいろいろあって、京都に行けなくなった友人の新幹線のチケットを私が買い取り(片道だけ)
京都までは新幹線「のぞみ」で行きました~

今まで長距離移動は、お金がかからない夜行バスや青春18切符を利用する私。
過去何度も東京-関西間を行き来してるのに、2~3回しか新幹線を利用した事がない。

今回新幹線に乗ったのって10年以上ぶりかも??
今までのぞみって乗った事がないかも・・・?

超久しぶりに新幹線に乗り、車窓からの景色を見ていると、新幹線のスピートが早すぎて目が回ってしまった・・・
新幹線ってめっちゃ早いですねー

ま、私の新幹線初心者の話しはどーでもいいですね。

2015年 京都の桜~

楽しみに行ったんですが、
京都入りしたのが夜で、その日は桜は見に行けず。
京都入りした日は、そのまま知人宅へ。

翌日、朝からまとまった雨・・・
けっこうじゃじゃ降り・・・

その日は、朝から醍醐寺に行って、外国人がどうしても北野天満宮付近の豆腐屋で豆腐を食べたいと言う。
豆腐ランチ後は、時間の様子を見ながら行ける場所の桜を見るというプランだった。

しかし、醍醐寺と北野天満宮では方向やエリアが全然違う。
電車とバスを乗り継ぎ時間もけっこうっかかる。

泊らせてもらっていた京都人に言わせても
「その行程はちょっと無理ちゃう~ 
その豆腐屋にそこまでこだわらなくても・・・」とお勧めしなかった。

同日にその行程は厳しいと教えるが、外国人はそれでも両方行きたいと言う。

いろんな外国人を案内してるが、外国人って日本人が行かないような場所に、やたら行きたがることがある。
日本では知られてないが、その国では有名スポットだったりするらしい。


私は醍醐寺の桜は見たかった。
醍醐寺は付き合うことにし、北野天満宮まで連れて行くかは、その時の流れで決めることにしていた。

が、起きて見ると、ジャジャ降りの雨・・・
行く気がうせてしまった・・・

前日の夜は、私の関西の友達女の子2人も合流し、久しぶりの再会で夜中まで喋っていたこともあり、
このまま起きて、睡眠不足のまま雨の中桜を見に行けば、ずぶ濡れになり体調壊しそう・・・
女子2人も雨だと知り、起きる気ゼロ。

外国人男子2名に醍醐寺の行き方や豆腐屋の行き方を教え、1日目は別行動にした。

私たち女子はまた熟睡。

11時~オープンする北山のカフェでのブランチを誘ってみたが、2人はカフェでのブランチより寝る方が優先順位が高いようで「起きれない~」と、そのまま昼過ぎまで寝ていた。

1人の女の子は、前日昼から大阪城で花見宴会をしてたようで、8時間以上ビールやワイン、お酒など飲み続け、大阪城公園から、京都(北山)までの移動の車中、眠ってしまって、何度も乗り過ごしたらしく、北山の家まで4時間かかたんですわー
通常、大阪城公園から京都の北山駅までは、1時間半もあれば着くはず。
彼女は、地元民だというのに、いったいどこをさ迷ってたんだか・・・
本人に聞いても「おかしいなー? なんで4時間もかかったのかわからない~ なんでかなー??」と全然覚えてなかった。

家に来る途中「今、河原町着いた~」と電話があった。
北山駅へ行くには、河原町の1つ手前の「烏丸」で下車して、地下鉄に乗り換える。
でも、彼女は酔っぱらって終点の河原町まで行ってしまったらしい。
「地下鉄は河原町ちゃうでー 烏丸やでー 1駅引き返しー」
「わかったー」と電話を切ってから、北山駅に到着するまで2時間もかかってた。
すんなり来たら、河原町から北山まで30分もあれば着く。
彼女はまた大阪まで行ってしまってたのかも・・・?
京都-大阪間をさ迷い、やっと到着した家でも夜中までビールを飲んでいた彼女。
そりゃー翌朝起きれへんわぁ~

昼過ぎに起きた女子たちで、雨だけど近くの桜を見に行くことになった。
もう1人の女の子は、私より遅れて東京から来たばかりで、まだ京都の桜を見ていなかった。

宿泊させてもらってる家から歩いてすぐの北山の賀茂川沿いに咲いてる紅しだれ桜の通りに行くことにした。

家をでると、ドシャ降りの雨・・・
ちょっと歩いただけで、靴の中に雨が染み込んできた・・・

この雨じゃー観光客も来ないだろう・・・

桜の時期の週末には特に人でいっぱいになる「半木の道」もガラガラ
DSCF9139.jpg

雨のおかげで、ガラガラの桜のアーチを歩くことができた。
ただ、砂利道の遊歩道は水たまりだらけで、めっちゃ歩きにくいし、歩けなかった・・・
だから人がいないんですね・・・

半木の道は、途中であきらめ、隣に隣接してる北山植物園に行ってきた。
写真撮り忘れたけど、ここも桜満開だけど人がおらず、独占状態。
女子2人は、半木の道、植物園に来たことがなかったらしく、地元民を案内することになった。

DSCF9144.jpg

3人とも靴の中は雨でベショベショ・・・
一旦家に帰る事にした。

すると、別行動していた外国人から電話があった。
2人も雨でずぶ濡れになり、1人の様態が悪くなり、今から帰って寝たいと連絡があった。

4/5の京都は朝からずーーーっと強い雨だった・・・
雨で観光客が少なく、桜を独占状態で見れたものの皆ずぶ濡れ・・・

外国人たちは結局、醍醐寺でだいぶ時間がかかってしまい、北野天満宮近くの豆腐屋には行けなかったらしい。
体調不良で行く気力も失っていた。


本当なら4/5に、もう1人東京から合流する予定の子がいたが、明日も天気が悪いとわかっていたので、お勧めはできなかった。

2014年、2013年と、外国人の案内で京都に行ってた。
2年連続雪が降るほどとっても寒い桜だったが、今から思うと雨よりよほど良かった・・・
南国からの観光客だったので、2人とも桜と雪が同時に見れて喜んでいたなぁ~


プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日記タイトル一覧
  • 2015年04月
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる