【福岡へ! 1日目】

ある人に会いに、急きょ福岡に行くことになった。
『福岡へ! (行く理由)』

初めて成田空港で仮眠し、朝日とともにLCCで出発。
『福岡へ!(成田で仮眠)』

雨の福岡に降りたって、小倉に行くことにした。
『福岡へ!(国内でも旅)』

小倉のゼンリン本社最上階にある「地図の資料館」へ。
『地図のゼンリン』

ゼンリンの資料館を見終え、次の目的地、「わかちく史料館」へ!

わかちく史料館に行くバスは、ゼンリンのビルを出た真ん前にある。
しかし、雨が強く数m先のバス停に行くまで、ずぶ濡れになってしまった。

バス停は屋根があるが、跳ね返りと横からの吹きさらしの雨で、バスが来る間たった5分ほどなのに、下半身がずぶ濡れになってしまった。
風も強く、めちゃめちゃ寒い・・・。

やっと若築方面行のバスが来て飛び乗った。

ただ、そのバスは、インフォメーションで聞いていた番号が合ってるが、行き先の表示が違う。

不安になり、運転手に「若築史料館に行きますか?」と尋ねたが、運転手はわからないという。
困っていると、たまたま乗車していた乗客のおじいちゃんがわかちく史料館を知っていて「このバスでいいですよ」と声をかけてくれた。

声をかけてくれたおじいちゃんが、「このバスはわかちく史料館の手前までしか行かないから、そこから歩いて行きなさい」と教えてくれる。
げっ、地図持ってないけど、行けるかな・・・?
「史料館までは、明治時代の建物が並んでいて、すぐ横には海があって、散歩道には最適ですよ」と、めちゃめちゃお勧めしてくれた。

私はわかちく史料館周辺の外観もわからない。
無事辿りつけるか少々不安だったけど、おじいちゃんが「歴史地区をずっと歩いたら史料館に行ける」と教えてくれた。

そのおじいちゃんは小倉の歴史に詳しくいろんな事を説明してくれるが、私の知識が無さ過ぎて話に着いて行けず、ちんぷんかんぷんだった・・・
そんな説明を受けてると、史料館近くのバス停に到着。
「あ!ここですよ!早く下りて!」
慌ただしくお礼を言ってバスを降り、バスに向かって手を振った。

バスを飛びおりると、外はさらに雨が激真っ白。
少し歩くだけで、下半身がずぶ濡れ。
歩いている人など誰ひとりいない。
雨宿りしたくても、できそうなところも無い・・・


どこに向かって、どれくらい歩いていいのかわからない。
おじいちゃんは「まっすぐ歩け」と言っていたことを思い出し、誰もいない海沿いの道を歩いた。

海沿いだから横風が強く、雨は足もとだけではなく、横からも叩きつけてきた。
冷たい風で寒いし、雨にかかって冷えて寒いし、たまらん!!
歩いても歩いても、「わかちく史料館」という建物が無い!
人もおらず、道も段々狭くなってきて、不安になってきた。

途中に船乗り場があった。
そこで、わかちく史料館を聞くと、もう少し先だと教えてくれた。
道は合ってるようだ。

「で、ここは何の船乗り場なんですか?」
「ここは、対岸に渡る渡し船乗り場です。どうやってここまで来られたんですか?」
「小倉からバスで来ました」
「橋を渡って来たんですね。じゃ帰りはこの渡し船に乗るといいですよ。バスなら遠回りで時間がかかるけど、渡し船から2‐3分で対岸に行けますよ」

そういえば、バスで出会ったおじいちゃんも「帰りは渡し船に乗るといい」って言うてくれてた。
帰りはこの渡し船に乗るとしよう!

気合を入れ、また横殴りの雨の中、わかちく史料館に向け歩いて行った。

やっとわかちく史料館に到着した~(あまりの暴風雨のため、写真はありません~)

史料館は無料。

入口で全身ずぶぬれになった体を拭くと、ハンカチがべしょべしょになってしまった・・・
タオルで拭いてもズボンがずぶ濡れ。
上半身も濡れまくり、体温を奪われ寒くてガタガタと震えが止まらない・・・

ずぶ濡れ状態で1人史料館に入ってきた私を見た従業員が驚き、冷房を弱にしてくれた。
その日の福岡は15度を切るほど寒いのに、冷房が付いていることにびっくり!
本音としては「弱」ではなく、冷房を止めてほしいくらいだった・・・・

「わかちく史料館」は、護岸工事を得意とする若築建設の歴史や北九州の工業地区の洞海湾の歴史が詳しく展示されていた。
北九州の歴史を全然知らなかった私には、これがなかなか興味深く、1時間かけじっくり見た。
たぶん一般的には30分で見終えてしまうかも?

そろそろ帰ろうとした時、団体客が来た。
館長が説明するから一緒に聞いてもいいと言ってくれたので、私も団体客に混じって解説を聞かせてもらった。
そうこうしていると、2時間ほどわかちく史料館を堪能することになっていた。

服もずいぶん乾き、外の雨も小雨になってきた。
わかちく史料館を後にし、渡し船乗り場に行くと、ちょうど船が到着したところだった。

その船に沢山の人が乗り込んでいる途中だった。
私も乗り遅れないように、一緒に乗り込んだ。

私が乗り込むと、船はすぐ出発した。
スムーズに乗れてよかったぁ~♪
一安心していると、船内にアナウンスが流れた。

「この度は、洞海湾クルージングをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
今から1時間の洞海湾クルージングをご堪能くださいませ」

えっーーーー!!!
渡し船ちゃうのーーー!?

続く・・・






【福岡へ!】

ある人に会いに、急きょ福岡に行くことになった。
『福岡へ! (行く理由)』

初めて成田空港で仮眠し、朝日とともにLCCで出発。
『福岡へ!(成田で仮眠)』

雨の福岡に降りたって、小倉に行くことにした。
『福岡へ!(国内でも旅)』

小倉には、『地図のゼンリン』本社がある。

ゼンリン本社は、小倉駅から徒歩10分ほど。

小倉もまとまった雨。
できるだけ屋根付き商店街を歩く。

ゼンリン本社は、ちょっと長めの橋を渡りきったところにある。
商店街を抜け、橋を渡ると横殴りの雨。
あっという間に雨でずぶ濡れになってしまった・・・
傘があっても意味がないほどの雨・・・

ゼンリン本社
DSCF9372.jpg

史料館は本社ビルの最上階にある。
DSCF9373.jpg
入場料:100円
ゼンリン資料館HP
http://www.zenrin.co.jp/mapgallery/

入ったところの床には、巨大な日本地図が迎えてくれる。
DSCF9374.jpg

これは、「伊能忠敬編纂中図」の原寸複製!
DSCF9375.jpg
これ、マジすごい!
この地図を見てるだけであっという間に時間が過ぎてしまう。

この他にも昔の世界地図や、外国人が描いた日本地図など沢山展示されている。

地図に関する本と、ゼンリンの住宅地図もある!
久しぶりにゼンリンの住宅地図を見ると、その正確さに仰天してしまった。

ゼンリン会社コーナーでは、
ゼンリンの住宅地図が、昔はどのように描かれていたのか映像で紹介し、昔の地図製作道具が展示してあった。
これがなかなか興味深かった。
当たり前ですが、昔は全て手書きだったんですね。
現在は全てコンピューター

昔はゼンリンの社員が、時間をかけ直接現地を歩き一つ一つ記入していたが、現在はカメラを積んだ車が町を走り、データー処理し、建物やお店などの修正や追加をしているらしい。

ゼンリン=住宅地図を連想するけど、現在はカーナビでもシェアを広げてるんですね。
昔、カーナビという物が存在しない時代、ゼンリン社員が車メーカーに掛け合いカーナビ製作進めたらしい。
しかし、役員会議で反対され、話しはとん挫。
社員が粘り強く役員に交渉しながら、密かに自動車メーカーと水面下でカーナビ開発をし続けていたという。
時代はデジタル化が進み、紙の地図よりカーナビが必要とされるようになり、やっと役員も承諾し一気にゼンリンのカーナビ事業が拡大した。
と、書かれたあった。
先見の目がある社員ですねー

カーナビが登場した当時は、ただ道路が描かれているだけだったそうな。
しかし、ゼンリンの用地地図を入れることによって、目印となる交差点だけでなく、コンビニ、ガソリンスタンドなども表示することによってグッと見やすくなり、カーナビの売上も伸びたらしい。

ゼンリン資料館は、住宅地図の誕生からそのデジタル化、そしてカーナビ用地図開発に至るまでの過程を会社の歴史を紹介してあり、これがなかなか興味深かった。

ただ、資料館のメインは地図の歴史で、ゼンリンの歴史の紹介コーナーはごく一部だった。
地図の歴史(昔の地図)展示なんて国土地理院でも見れるし、もっと他の場所でも見れるのに・・・

もっと「ゼンリン」としての地図の歴史を全面的に出した方が面白いのになぁ~ と思ってしまった。




【福岡へ!】

領事と会うのは6/6(土)

私の到着は、飛行機の都合で6/5(金)の朝。

初めてのLCC(ジェットスター)で朝8時に福岡到着。

福岡は東京より寒くまとまった雨が降っていた・・・

寒い・・・
気温は15度を切っていた・・・
持っていたTシャツ(3枚)を全て着て、さらにパーカーを着たが、それでも寒かった・・・

飛行機乗りこむまでは、眠くて福岡到着後は、ネットカフェで寝ようと思っていたが、機内で2時間寝たら少し元気になっていた。

パンフレットに載っていたTOTO資料館がある小倉に行ってみることにした。

空港インフォメーションで安く小倉に行ける方法を教えてもらうと、
空港から小倉行きのバスが1時間に1本出ていて、あと15分後に出発するという。
ちょうどいい!

お弁当を買って小倉行きのバスに乗り込んだ。

なんだか急にワクワクしてきた♪

予定をたてず、思いつきと直感で行き先を決め、バスに乗り込む。
計画性が無いと批判する人もいるかもしれないが、私は今までこのスタイルでやってきたし、何よりもこのスタイルが好きなんだと実感した。
これこそ、旅!

『一つ一つの事が繋がって旅になる』

成田空港で見たキャッチコピーみたい。


私の旅のスタイルは、往復の航空券だけ買って、現地に降り立つ。
宿も現地に行ってから見るける。
1日目の予定も、まずはホテルに着いて荷物を置いて、気の向くまま町をフラフラする。
事前に細かくプランを組んで、そのプラン通りに行動するのではなく、私は直感で行き先を決め、臨機応変に気ままな過ごし方が好き。

最近は旅先で体調不良になってばかり・・・
もしかすると、きっちり計画を練って計画通りに事を勧めたがるA氏と一緒に行ってるから、私はしんどくなって体調を壊し高熱が出るのかも・・・・
あかんやん・・・


バスで朝ごはんのお弁当を食べながら雨が降る福岡の車窓を楽しんだ。
DSCF9371.jpg

福岡空港から小倉までは、バスで1時間半。

お弁当を食べ終わると、また睡魔が襲ってきて爆睡。

気が付くと小倉の駅前に到着。

小倉は、ジャジャ降りの雨だった・・・

小倉駅のインフォメーションに行き、TOTOの資料館への行き方を教わることにした。

が、なんと!
TOTOの資料館は8月中旬まで改装中で見学不可能だった~~~
TOTOの工場見学もあるが、金曜日はお休み。
わっちゃ~
なんてこった~
TOTOの本社がある小倉まで来て、行けないなんて~~
ガックリ・・・

ま、こんなハプニングなど、私の旅ではよくある事。
これもまた楽しい。

じゃ、次に行こうと思っていた『ゼンリン』本社にある資料館に行くことにした。
地図のゼンリン。
地図好きなら、誰もが知ってる住宅地図のゼンリン。
ゼンリンの本社が小倉だったとは知らなかった~~
ゼンリン本社は、小倉駅から徒歩10~15分ほど。

インフォメーションで小倉駅周辺の地図をもらい、まずゼンリンに行くことにした。
まだ時間があるし、もう1か所行きたい。
お勧めはないか聞いてみると、恐竜博物館を勧められた。
地質や地学、地形には興味があるが、私は化石や恐竜には興味ない。
もっとマニアックな所はないか聞いてみると、「わかちく史料館」はどうか?と勧められた。
「わかちく史料館」はパンフレットに載っていて気になっていた。
パンフレットによると、「北九州の工場地帯の変遷の様子写真や映像などで紹介し、洞海湾の歴史がわかる」と書かれてあった。
興味があったが小倉からちょっと離れているようなので断念していたが、
ゼンリン本社前のバス停から、「わかちく史料館」近くまでバスが出ていると教えてもらった。

よし!まずゼンリンに行き、バスでわかちく史料館へ行こう!

今日のプランが決まった!

またワクワクしてきた。

国内だけど、久しぶりに直感でいろんな事を決め、駒を1つ1つ進め
「旅」してる感覚になった。



成田第三ターミナルまでの長ーい通路に、海外の美しい景色などのポスターが並んでた。
最初はポスターの写真しか目に入らず、何気に見ながら歩いていた。
すると、何か書かれてあった。
読んでみると、ハッとした。

DSCF9358.jpg

『ただ隣り合わせただけの旅人の言葉が、
生涯を決める言葉になったりする』


わー!
この言葉の意味、めっちゃわかる~~
私も飛行機で隣になった人からのお勧めで、ヨルダンに行くことにしたもん~

★ 詳しくは「やっぱり旅はやめられない・イスラム編」を読んでね。
Amazon.com 「やっぱり旅はやめられない・イスラム編」

DSCF9361.jpg

『何を喋ってるのかわからないけど、
何か通じ合ってる気がする』


あははっ
これって私の事!?

DSCF9402.jpg

『大丈夫。だいたい気合でなんとかなる』


DSCF9363.jpg



他にも
心踊らされるキャッチコピーばかり。
DSCF9357.jpg

『普段の毎日では何も決まれなかったのに、
旅に出てから決めてばかりだ』


うん、うん、わかる~

DSCF9355.jpg

『日本で悩んでたことが
ちっぽけなことに見えてくる』


ほんと、その通り!

DSCF9354.jpg

『君が今からするのは、旅行か旅か』

くぅ~ 響くねー

DSCF9356.jpg

『一度行ったらやめられない。
旅にはきっと中毒性がある』


ほんとその通り!
私も中毒にかかってます・・・

DSCF9353.jpg

『不便なことは、不幸せではない。
旅に出ると気づくこと』


これは実際に『旅』をしたことがある人なら感じるでしょう。

DSCF9360.jpg

『欲しい物が簡単に手に入らない。
そんな不便さが心地いい』


ちーちゃんの事件があってから、このように思える旅ができてない・・・

久しぶりに『旅』がしたくなった。



6月始め、急きょ福岡に行くことになった私。

行く方法をいろいろ調べると、飛行機が一番安かった。
初めてのLCC「ジェットスター」!

成田6:10発

始発に乗っても間に合わない。

LCC利用者の為に深夜1:30、 1:50、 2:10、 4:15
東京駅から900円で出ているバスがある。
成田空港行き京成高速バス http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/nrt16.html

深夜1:30発なら、終電で東京駅に着き、バスで成田空港2:40到着。
1:50発なら、深夜3:00に成田空港着。

東京駅2:10発や4:15発って、それまでみんなどうしてるでしょうね??
東京駅周辺って何もないのに、どうやって時間つぶすんでしょう?

私は、終電前の電車に乗った。
我が家から成田空港まで、一番安い電車だと何度も乗り継ぎ、2時間半ちょいかかる。
成田空港まで遠い道のりや~

終電の一本前、23時に成田空港到着~

この春、成田空港でLCC専用の第3ターミナルが完成したとニュースでやっていた。
第3ターミナルは、駅からずいぶん歩く。

成田空港駅から第3ターミナルまでは、看板だけでなく地面(床)に大きく水色の誘導線が書かれてあり、水色の線に沿って歩いて行く。
これはほんとうにわかりやすい。
日本もやっと取り入れるようになったか~

中国では、ずいぶん前から地下鉄の乗り継ぎ駅では、床に路線を色分けしてあり、乗りたい線の色にそって歩いて行くとスムーズに乗り換えできるようになっている。
以前、上海の地下鉄の案内線のことを書いた記事
http://kaoridon.blog68.fc2.com/blog-entry-1262.html
看板や標識では、微妙な曲がり角がわかりにくいが、床に線で書かれていると驚くほどわかりやすい。
都内でももっとこのような案内線を増やしてほしい。

LCC専用の第三ターミナルへは、一度外に出て、長ーい通路を15分ほど歩く。
外に出ると冷え込んでいて、めちゃめちゃ寒い。
寒がりの私。
今晩空港で寝るため、着込んできたつもりだったが、田舎の成田では2-3度気温が低く感じた。

長~い通路を歩き、真新しい第3ターミナルに到着した。
DSCF9364.jpg
床のトラックコートのような青いラインが、第3ターミナルに通じる案内線。
めっちゃわかりやすい。

写真右側がチェックインカウンター
DSCF9365.jpg

青いラインの先は、フードコート&休憩所&お土産屋。
23時半ごろ到着したが、フードコート、お土産屋は閉まっていた。
すっと開いていたのはコンビニのローソンだけ。

フードコートのテーブル
DSCF9366.jpg

テーブルの奥と手前には、横になれるソファがあり、みんなキープしたり横になったりしていた。

私も最後の1か所だけ空いてたソファで横になって眠ることができた。
夜の空港は寒く、持っていたTシャツを2枚着て、その上にパーカーも着て、ショールをブランケット代わりにしていたが、それでも寒かった・・・
床で寝ていた若い男性がいたが、寒さに強い欧米人だった。

夜中3時に私の枕元付近で叫ぶ男性がいた。
いったい何事!?と目が覚めた。
私が寝る時には、過眠者がまばらだったのに、私の枕元の少しの隙間に丸まって寝てる人がいたり、人口密度がグッと上がっていた。

叫んでいた男性は危険性がなさそうだったので、また寝た。
すると、4時にアナウンスが流れた。

6時台出発の搭乗手続きが開始された。

4時に起きると、さっきよりさらに人が多くなっていた。

東京駅発の夜中バスで来た人だろう。

いつの間にか、フードコートやお土産屋、第三ターミナル内の店が全部オープンしていた。

東京土産もそこそこ揃っているので、土産が買えなかった人でも、出発前に買えます。

チェックインを済ませ、出発ゲートへ移動。

めっちゃ眠い・・・
24時に寝たが、寒さや、人の動きや明るさなどもあり、1時間おきに目が覚めてしまった。
4時にチェックインで起きることになり、全然眠れてない。
眠くてフラフラ・・・

こりゃ~
福岡に行ったらネットカフェで寝よう。
そう誓った。


福岡では、到着当日は、夜まで1人で時間をつぶさないといけないが、その日は何も予定がない。
これといって行きたいところもないし、事前に調べることもしなかった。

朝も早いし、眠かったし、とにかく仮眠したかった。

搭乗時間まで、ソファで待っていたが、眠くて何度も意識が飛ぶ。
これで眠ってしまえば、北京の空港でうっかりうたた寝をし、乗り過ごした二の舞いになってしまう。

必死に意識が飛ばないよう、ウロウロとさ迷っていた。
福岡行きのゲートに、福岡周辺の観光パンフレットが置いてあった。

見てみると、なかなか興味深い場所が紹介されていた。
福岡エリア、北九州エリア(小倉)、筑後エリア、築豊エリア。
この中で、私が一番興味を持ったのが、北九州エリア。

北九州エリアのページには、工場地帯、企業見学、工場見学、資料館がいくつも紹介されていた。
中でも、TOTOの歴史資料館と、ゼンリンの地図の資料館にめっちゃ行きたい!

よし! 今日は北九州のTOTOの歴史資料館に行こう!!
今日の予定は決まり!!

急にワクワクししてきた。

朝日とともに出発だ!
DSCF9367.jpg

初めてのLCC!
DSCF9369.jpg

機内や座席幅などは中国便みたい。
私にとってはいつもと変わりなかった。

機内に乗ったとたん、意識がなくなり爆睡。

機内食がないが、ぐっすり眠れてちょうど良かった。


プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
日記タイトル一覧
  • 2015年06月
2015年06月19日 (金)
地図のゼンリン
2015年06月16日 (火)
国内だけど「旅」
2015年06月15日 (月)
”旅”をしてますか?
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる