リンちゃんからのリクエストがあった炊飯器が届いた。

炊飯器2

デカい!
重い!

我が家の炊飯器をイメージしていたので、
ま、大丈夫だろう。と気軽に考えていた。

最近の炊飯器って機能が充実してるからか、大きくて重いんですね・・・

量ったら約7キロある。

箱から出せば、もう少しコンパクトになり、軽くなるんでしょうが、頼まれ物だし福建省まで運ぶためには、箱があった方が安心。

それにしても重い・・・

上海から福建省までの移動を、飛行機にして助かった。

新幹線だと、上海での移動はリムジンバスにするつもりだったが、駅に到着後の移動が大変だったと思う。
空港だとカートがあるが、駅にはカートなどない。
中国の駅はとにかく巨大。
東京駅よりもっと巨大。

チケット受け取り、荷物チェックがあり、巨大な駅を歩きホームまで自力で運ばないといけない。
新幹線に乗っても、重くて大きな炊飯器や自分の荷物を網棚に乗せるのは大変。(私は背が低いから)

上海から福建省の国内線は、日本から到着した浦東空港から出発する。
空港ならカートが使えるし、同じ空港でほんと助かった~

福建省の福州空港からは、リムジンバスでリンちゃんが住む町まで直通。
バス停までリンちゃんが迎えに来てくれる。

問題は、我が家から空港まで。

電車がね・・・
乗り換えがあるし・・・
乗り換えの駅では、ちょっと歩かないといけない・・・

家から最寄り駅までで、バテテしまいそう・・・



福建省の予定はだいぶ埋まってきた。

今回、上海にも行く。

やっと上海に行ける~

上海には、2015年のGWに行く予定だった。
しかし、ネパールで起こった大地震で、ネパール行がを急きょ中止になり、トランジットで3日間ほど上海に滞在しようとしていたが、行けなくなった。

その時、上海に住む中国人の友達と会うことになっていた。
その友達から、いろんな物を持ってきてほしいと頼まれていた。
その記事は、タイトル「運び屋」を読んでね。

結局、我が家に続々と届いた商品は、友達の友達に日本企業に勤めていて、日本と上海を行き来しているという女性に託すことになった。

上海の友達は、地下鉄の駅から徒歩1分もかからない上海市内の一等地にある大豪邸に暮らしていた。
家の写真を見せてもらったが、広い庭にしゃれた家だった。
「部屋はたくさんあるから、泊まりに来てもいいですよ」と言ってくれていた。

今回やっと大豪邸に泊まれる~♪と楽しみにしていた。

上海行が決まり、友達に連絡した。

友達:「上海は何泊しますか?上海のホテルはどこも高いですよ」

私:「え!? 大豪邸に泊まらせてくれるんじゃないの!?」

友達:「もうあの家には住んでません。 違う家を買いました。今、内装工事中でホテル住まいです」

ががーーーん・・・

ま、人の家に泊まるのはやはり気を使う。
ホテルの方が気が楽。

上海には、ユースホステルがいくつかあり、ドミトリー(相部屋)なら、1300円~1500円で泊まることができる。

けっこう立地がいい場所にあり、すごく便利。

上海の友達に「ユースのドミで泊まる」と言ったら、すごくびっくりされたが、私はけっこう楽しみ。
上海では5泊する。
とりあえず前半の2泊は予約した。
あとの3泊は、現地に行って、ホテル巡りをし、気に入ったところに滞在しようかなと思ってる。

上海で6日間。
上海は、今度で4度目。
上海周辺の町や水郷古鎮など足を延ばしたこともある。
水郷古鎮は、上海市内と全然違い結構好きな場所。

今回上海ではどこに行くかまだ決めてない。
たぶん現地に行ってから考えるかなぁ



友達が上海でカフェを経営している。

その友達に上海に行くことを伝えると、「じゃ、カフェでお手伝いをしてよ」と言われた。

それも面白いかも?
もちろんバイト代は出ないが、中国人たちとカフェのウェイトレスするのも面白そう。

上海では、カフェでウェイトレスをしよう!





今回、中国へは2週間行く。

なぜ2週間なのかというと、15日以上の滞在だとビザが必要だから・・・・
ビザがいらない2週間ぎりぎりの滞在。

1日目は朝4時に中国入り、ギリギリ14日目の22時30分のフライトで中国を出る。
ほんとにビザ無しギリギリの範囲で行く。
ちょうどいい便が見つかってよかった。

今回はリンちゃんの結婚式がメインで、福建省に10年ぶりに行く。
私の著書「やっぱり旅はやめられない 中国編」でも書いたが、
以前は厦門から龍岩経由で永定周辺の客家土楼に行った。
まだ読んでない人は、ぜひ読んでくださいね。

やっぱり旅はやめられない 中国編やっぱり旅はやめられない 中国編
(2008/10)
おくだ かおり

商品詳細を見る
私の第二弾となる中国編



前回、本には書いていないが、厦門と厦門の沖合に浮かぶコロンス島にも船で渡った。
それに、福州にも日帰りで行った。

今回福建省には8日間滞在する。
リンちゃんの結婚式は2日間。
それ以外の日は空いている。

リンちゃんの家から1~2時間くらいで行ける泉州市に中国人の知り合いがいる。
彼女に連絡し、1日だけ会えることになった。

彼女の住む泉州市の「恵安」という町の女性は、ちょと独特な衣装らしい。
花柄の布で頭部を覆い、既婚者女性は腰に銀の太いベルトをしている。
少数民族ではないらしいが、民族衣装のようないでたち。

そして、「ジンホ」という村の女性も特徴的。
髪の毛を束ね、造花のかんざしで頭部を飾る。
多い人では、お花を扇のようにいっぱいか飾る。

造花を頭に飾るなんてミャオ族女性みたいだが、ミャオ族ではなく、少数民族でもなく、アラブの子孫。

ジンホは女性の髪形以外に、村の建物にも特徴がある。
古い民家では壁が牡蠣の貝でできている。
「牡蠣屋敷」と言われている。
昔はもっとあったが、開発でどんどん減ってきている。

泉州の友達に「恵安」と「ジンホ」に行きたいと伝えると、
「「恵安」は知ってたけど、「ジンホ」は知らなかった。
面白そうだから「ジンホ」に行こう!」と決まった。

地図で場所を調べると、恵安とジンホは少し離れていて、1日で行くのはちょっと無理そう。

泉州で一泊することにしよう。

友達は翌日仕事だから、恵安には1人で行こう!

友達は、ものすごく心配してるが、ま、大丈夫だろう!

徐々に予定が決まってきた。


1/7から、中国・福建省に住む友達の結婚式で中国へ行く。

日本⇔上海の飛行機はもう取った。

次は、上海⇔福建省(友達の住む街)までの行き方を考えないといけない。

友達の家は、福建省の福州近くだが、福州より少し南に位置する町に住んでいるらしい。

上海から福州までは、いろんな行き方がある。

1.飛行機
2.新幹線(高速鉄道)
3.普通の鉄道
4.長距離バス

ん~ 悩む~

地元民は、迷うことなく新幹線みたい。

私は寝台バスとかでのんびり行くのも好きやねんけどな~
そう言うと、「何を考えてるのですか!?ありえない!」とあきれた感じで笑われてしまった。

リン:「飛行機だと福州空港から車で2時間くらいかかる。 バスと電車を乗り継がないといけないと思う。
新幹線だと私の市の駅で止まります。駅まで車で迎えに行きます」

私 :「新幹線はいくら? 上海から何時間かかるの?」

リン:「電車によって違います。新幹線は私が買いますね」

私 :「ちょっと待って! リンちゃんがチケット買ってしまうと、そのチケットをどうやって私が受け取るの!?」

リン:「あ、そうですね・・・ でもたぶん大丈夫」

今はネットで予約ができるようになってるみたい。
乗車する人の身分証明書が必要で、私のパスポート写真を送ってほしいと言われた。

私 :「チケット買う前に、先に上海から何時間かかるのか教えて~」

日本でもネットでわかるけど、中国人に調べてもらった方が確実。
リンちゃんは以前新幹線で上海まで行ったことがあると言っていたから、私が必死にネットで調べるより彼女の方が把握してる。

新幹線の時刻表と料金表を送ってくれた。

一等席、二等席、普通席 座席によって料金が違う。
所要時間も電車の便によって違う。
早い電車だと、5時間10分。
遅い電車では、7時間2分。
6時間41分という便もある。

一番早い便で一等席なら、1229元(24580円)、二等席だと393.5元(7870円)
7時間02分かかる電車で一等席なら、346元(6920円)、二等席だと272元(5440円)

ん~悩むな~
1日、2日ほど悩んでいた。

りん:「チケット買いました!」

へ!?
私まだ決めてないのに~

届いた予約確認画面を見ると、7時間かかる便の一等席だった。

私 :「えー! 一等席? 私2等席にしようと思ってたのに~」

リン「彼氏が買いました。彼が日本からはるばる結婚式に来てくれるのだら、良い席がいいと一等席にしました」

気持ちはありがたいが、チケットは後で払うつもりだから、贅沢したくないのが本音。。。

まぁ~ ちょっとプチ贅沢して、一等席で7時間くつろぐことにした。


私が到着する上海浦東空港から、新幹線乗車駅はけっこう離れている。

地下鉄で一本で行けるが、2時間近くかかりそう。
リムジンバスが出ているが、それも1時間ちょいかかる。

私は朝4時に上海浦東空港に到着する。
リムジンバスも地下鉄も始発は6時。

駅についても、乗車時間まで3時間以上待たないといけない。
リンちゃんの最寄り駅に到着するのは、夜になってしまう。

新幹線だと、けっこう無駄な時間が多い。

何気に飛行機を調べると、上海浦東空港⇒福州空港まで、片道3,900円の便があった!
しかも、朝8時のフライト。
福州には10時には到着する。

到着する空港出発だから、上海で移動する必要がない。
これは新幹線より便利で、安い!

リンちゃんに福州空港から市の駅までリムジンバスが出てないか調べてもらった。

すると、リンちゃんの町までリムジンバスが走っていて、すぐ近くにバス停があったという。
所要時間は、1時間。
料金は45元(900円)

全部含めても飛行機の方が断然安い!

リムジンバスの時刻表を見ても、ちょうどいいバスが出てる。
申し分ない!

PM2時までには、リンちゃんの町まで行くことができる。

リンちゃんに新幹線をキャンセルしてもらい、上海⇔福州を飛行機移動することになった。

飛行機の座席が残り4席だったこともあり少し焦ったが、昨日無事に希望する便を破格値でGETすることができた。


正月明けに中国人の友達リンちゃんの結婚式に出席することになった。

「何か買ってきてほしい物ある?」と聞いてみた。
すると 「炊飯器!」と即答!

中国人の爆買いでよく、中国人には炊飯器が大人気とはメディアで取り上げられているが、ほんとに炊飯器が人気なんや…と改めて知った。


以前、別の中国人の友達エンちゃんが、旧正月に里帰りするとき、お土産の買い物に付き合ったことがある。

当時、彼女も「父親に高級炊飯器を2つ買ってきてほしいと頼まれた・・・」と言っていた。

中国人は、「高い物=良い物」と思っている節があり、高額の炊飯器を欲しがる。

そのため、エンちゃんはバイト代を全額はたいて、父親が希望する高級炊飯器、
母親やおばあちゃん、友人たちに頼まれた高額な化粧品を購入していた。
私が付き添った日だけでも、お土産代で10万円は払っていた。

お土産を希望されるが、お金はもらえないらしい。
「これはあくまで、お土産だから…」
そんなこともあり、家族、親族、友人たちと会いたいが、里帰りには交通費以外にお土産代に何十万もかかるから帰りたくても帰れないと言っていた。
日本みたいにお茶菓子1箱ではダメなんですね・・・


私も炊飯器を希望されるとは思ってず、ちょっとびっくりしてしまった。

高級炊飯器を希望されたらどうしよう・・・
結婚祝だから希望に応えないといけないのか・・・
一瞬いろんなことがよぎってしまった。

そう思ったのは一瞬で、リンちゃんはすぐ
「炊飯器は私が払います。
私が日本で働いていた時のお給料が日本の銀行に残ってます。そこから振り込みますね」
ちょっと安心した~

私; 「じゃ、他に欲しい物ある?」

リンちゃん; 「他にもいいですか? じゃこれです」と写メを送ってくれた。

写真には、フェイスパック、コットン、もう1つはジョンソンの白いケース。

私;「ジョンソンの白いケースは何??」

リンちゃん:「フロス」

フロス???

実はリンちゃん、日本に居る時から日本語があまり得意ではなく、英語の方が流暢だった。
日本を離れ、さらに日本語ができなくなってきている。

以前、音声メッセージが入っていた。
「かおりー えーっと、えーっと・・・ あ~日本語出てこない・・・」
で、終わっていた。

結婚式のことで連絡を取り合っても、意味不明な単語や文章の返事で解読できない。

そのことを共通の友達のエンちゃんに話して、メッセージを見せると
「あー これはわからないねー」と納得。
リンちゃんに電話を入れてくれ、何を書いていたのか中国語で聞いてくれた。

最近、リンちゃんとの会話は、エンちゃんに通訳してもらわないといけなくなってきた。

で、謎の「フロス」とは・・・
歯と歯の間を掃除する糸、「デンタルフロス」の事だった。

私; 「コットンや、フロス、フェイスパックっていろいろあるけど、これ指定?」

リンちゃん;「そうです。 他と品質が違います。 ジョンソンでお願いします」

今、中国ではネットでの情報が多く飛び交っていて、日本人でも知らない商品を買い求める中国人が多い。
誰かが「この商品がいい」と言えば、違うメーカーが出している同じ種類があっも、その商品だけを欲しがる。
他社製品など見向きもしない。
一点集中。
口コミ恐るべし。


そろそろ炊飯器を買わないと・・・
どれくらいの大きさなのか今からちょっと不安・・・

上海の空港到着後、バスや電車を乗り継ぎ、リンちゃんの住む町まで行くのに12時間ほどかかる。
持っていけるかなー?


プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 2015年12月
2015年12月24日 (木)
上海ではカフェのお手伝い
2015年12月23日 (水)
福建省の少数民族!?
2015年12月22日 (火)
中国国内移動が決まった
2015年12月18日 (金)
やはり人気は炊飯器
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる