【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 

9/4 Day-1-3

《成都空港》


予定より1時間半遅れで、19:30成都の空港に到着した。

出口のところで、ジュジュちゃんが待ってくれているはず。


ジュジュちゃんは、私より2日早く3年ぶりに中国に帰国した。

自分の故郷の湖南省に1泊だけ立ち寄り、9/4の昼の便で成都の空港に到着しているはず。

6時間ほど空港で待っていてもらい、私とは夕方合流する予定だったが、私の出発が遅くなり7時間半も待たせてしまった。

早く会いたい!


今朝まで連絡があったが、私が中国に入ってからはWi-Fiが使えなかった為、連絡が取れなかった。

でも、私は全然心配していない。


今は、なんでもスマホで随時連絡を取り合ったり、検索したりするようだが、私はネットがない時代から旅をしている為、ネット環境が無くても焦りや不安などない。


ジュジュちゃんの便は成都に到着しているのを知ってるし、心配などしていなかった。


飛行機が成都の空港に到着し、はやる気持ちを抑えつつ、私はトイレに行った。

トイレから出ると、私と乗っていた乗客たちの姿がだれもいなかった。

あれれ?

1~2分しかたっていないのに、みんなどこに行ったのかなー?

歩くのが早いのかなー?

キョロキョロと乗客たちを探すが、誰もいない。

ってか、人が歩いていない・・・

ちょっとトイレに入っている間に、人が一斉に消えていた。

不思議だなぁ・・?と思いつつ、預けていた荷物を取りに、ターンテーブルに進む。

ずらーーーっと並んでいるターンテーブルに、自分の便の荷物は何番に出てくるのか、テレビで表示されている画面で探す。

が・・・

私の便名がない。

まだ出てきてないのかな?


それにしても、同乗者たちの姿がない。

唯一いたのは、年配欧米人夫婦だけ。

その人たちも、テレビ画面に自分たちの便が無いことに気が付き、ずっと画面を見つめていた。


一瞬、20番という表示が出てきたように思えた。

が、一瞬にして消えた・・・

不思議だったが、とりあえず20番のターンテーブルに行ってみた。

しかし、まったく動いてない。


見間違えたのかなー?

人が群がっているターンテーブルを見に行くが、便名が違うし同乗者らしき人はいない。


欧米人夫婦も探しているようで、広い荷物受け取り場所で右往左往している。

DSCF1560.jpg

成都の荷物受け取り場所はすっごく広く、向こうの壁は写真では写せない。


こんなにたくさんターンテーブルがあるのに、稼働しているのは2つほど。

もっとたくさんの便が到着してそうだけど・・・?


隅々まで歩きターンテーブルを見るが、私の便名はどこも無い・・・


スタッフに聞きたいが、スタッフもいない・・・

深夜便でもないのに、ガランとしてる・・・


ウロウロしていると、やっとスタッフを見つけた!

搭乗券を見せると「20番だ」と言う。


はやり、20番であってるんだ・・・


20番に行ってみると、ターンテーブルが動いていた!

が、荷物は全然ない!

荷物が下ろされたのかな?と、グルッと一周するが、荷物がない。


そして、20番のターンテーブルは止まってしまった・・・

あれれ・・・?


欧米人夫婦もやってきたが、ストップしてしまったターンテーブルを見て、戸惑っていた。


それにしても、同乗者の中国人たちは、いったいどこに消えたんだろう・・・?

みんな、荷物が出てこないのに、どうしたんだろう???


スタッフに身振り手振りで荷物が出てこなかったと伝えると、

あっちに行けと遠くを指さした。

「手荷物受け渡し所」に行けと言ってる。


手荷物受け渡し所に行くと、カウンターの前に、私と欧米人夫婦の3人分の荷物だけが置かれてた。


無事荷物を受け取れて良かった。


が、しかし、

消えた中国人の同乗者が謎・・・


よくよく思い出すと、ほとんどの乗客が、キャリーバックや大きな荷物まで機内持ち込みをしていた。

出発前上の棚に荷物が入りきれず、CAが空いてる棚を探していた。

それで出発が遅れてしまった。


私は一部の荷物を機内持ち込みしてると思っていたが、どうやらほとんどの乗客は全部の荷物を持ち込んでいたようだ。

機内から降りるときも、みんなキャリーバックを持っていた。

きっと、そのまま出たのだろう。


考えてみると、中国人たちは国内移動だから、わざわざ荷物を預けるのは面倒なのかな?


荷物を探すため、ずいぶん時間をロスしてしまった。

私は急いで出口に出た。


出口には、迎えの人たちであふれかえってる。

必死にジュジュちゃんを探す。


いたーーー!!


「ジュジュちゃん、遅くなってごめんなー

出発が遅れてん~」


「私も成都の空港ではWi-Fiが使えなくて、カオリと連絡が取れなくなって、すごく不安だったよー」


「私の便が遅れてたのは知ってた?」


「そうなの? 知らなかった・・・」


「へ!? 到着便とか画面に表示されてるやん~ あれ見てなかったの?」


「何それ?」


空港に迎えに行った経験がないと、知らないのかなー?


「Wi-Fiが使えないから、何も調べられなかった。」


ジュジュちゃんは23歳。

ジュジュちゃんが旅を始めた時からインターネットがあり、スマホがあった。

だから、スマホでの情報が見られないと何もわからないみたい・・・


今の若い世代を象徴しているような気がした。



【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 

9/4 Day-1-2


北京空港トランジットを無事終え、国内線出発ゲート近くに、コーヒーショップができていた。


※ 北京空港トランジットの詳細は、こちらをご覧ください。

「北京首都航空 トランジットの流れ」http://kaoridon.blog68.fc2.com/blog-entry-2163.html

★北京トランジットは時間がかかるので、よくお読みください。


次の便の搭乗時刻まであと15分しかないが、ゲートが見える席でコーヒーを飲むことにした。

コーヒー 22元(355円)


DSCF1552.jpg


DSCF1550.jpg


最近は中国でもおいしいコーヒーが飲めるようになった。


このコーヒーが、今回の旅で最後になるとは…


搭乗時刻になって乗客たちは並びだすが、ゲートにはスタッフが誰もいない。

出発状況を見るが、便の変更はなさそう。


が、ゲートの先を見ると、飛行機がない!


アナウンスが流れ、私の便名を言っている。

よく聞くと出発が遅れるみたい。

そりゃー飛行機がないもんな…


少しすると、ゆっくり飛行機が入ってきた。


結局1時間半遅れの出発になった。

DSCF1553.jpg


成都の空港では、ジュジュちゃんが私の到着を待っている。

連絡をしたいがWi-Fiが繋げられず、連絡が取れない…

公衆電話があるが、中国では中国のプリペイド・シムカードを使っうと言っていた。

日本の携帯番号は使えないと言っていた。

到着ロビーで待ち合わせしてから、私の便の遅れに気が付いてくれればいいのだが…


成都行きの便に4時乗り込む。

DSCF1555.jpg


満席。

DSCF1557.jpg


4時に座ったものの、なかなか出発せず、4:30やっと動き出した。

しかし、途中で停まってしまった。

滑走路の順番待ちかな?心地よい揺れで睡魔が襲ってきて一眠りして目が覚めたが、まだ飛んでいなかった。

あれれ~?

まだ飛んでないかぁ…

ずいぶん遅くなってしまうなぁ・・・


4:55やっと離陸。

当初スケジュールより2時間半も遅い出発になってしまった・・・

ジュジュちゃん待ってるやろな…



少しして機内食が配られた。


機内食は、これ。

DSCF1558.jpg

パイ?

お菓子?

パン??


DSCF1559.jpg

写真でもわかるように、けっこう小さい。

中は餡子ではなく、甘くなく、しょっぱくもなく、おいしいが謎の食べ物だった。


成都到着 7:35(当初予定は6:05到着だった)

機内に乗ってから1時間も離陸しなかったが、

当初到着予定より1時間半遅れの到着ですんだ。



※2016年9月 北京首都空港 国内線出発フロア内の情報です。


北京空港の国内線出発ロビーがどんどん変化しています。


2011年


RIMG3457.jpg


RIMG3454_20161125132407858.jpg


2016年

DSCF1544.jpg


以前は男性向け商品や、簡易的な陳列ケースに少しの宝石があるくらいでしたが、2016年になると女性向けの有名化粧品を扱うお店にかわってました。

店舗の造りも他国の空港のようになってきましたね。


これからもどんどんかわっていくのかな?

今後北京空港はどんな変化を見せてくれるのでしょうね。



※2016年9月 北京首都空港 国内線出発フロア内の情報です。


最近の旅では、一番気になるのは旅先でのWi-Fi状況ですよね。


北京の空港は、2008年は、地下のフロアに数台パソコンが置かれ、使用料を払ってパソコンが使えました。

パソコン使用料 45分30元(450円)

2011年は、フロアに無料パソコンが設置されていました。

RIMG3455_201611251252378cb.jpg

※今は撤去されてありません。


この他にも機械にパスポートナンバーと出発便を打ち込むと、パスワードが記入されてあるレシートのような紙がでてきて、パスワードを打ち込むとフリーWi-Fiが使えるようになってました。


2016年現在はWi-Fi

DSCF1546.jpg


フリーWi-Fiだと思うのですが、どうも中国の電話番号が必要みたいです。(たぶん)

※中国では、マクドやお店などフリーWi-Fiがあるけど、中国の電話番号が必要で、使えない場合が多いです。


2016年には充電スペースも設置されていました。

DSCF1548.jpg

チューリップガーデンでは、子供の遊び場だけでなく、大人もくつろいでました。

充電スペースは奥のチューリップの円形テーブル。


国内線出発ロビーの案内図。

DSCF1547.jpg



☆北京空港は行くたびに変化しているので、2017年には変化しているかも?

これはあくまで2016年9月の北京空港です。

参考にまで。


プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
日記タイトル一覧
  • 2016年11月
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる