上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/8 Day-5-4 《夢ト村》


新・夢ト村から旧・夢ト村へは、たまたまインタビューしていた前の葡萄棚の横の小路から行けると言う。

DSCF1836.jpg

この写真の右側に細い小路が下に伸びていた。


=旧・夢ト村=

・標高1950m

・村の移転が終了した2016年現在でも旧村には8世帯が残り住んでいる。

・四川大地震で、この村で48名が死亡した。

・2010年にこの村の上に新しい村ができた。移転後この村は廃墟になった。

この村はもともとチャン族の伝統様式建築の民家が残っていたため、地震で崩壊したがそのまま村ごと野外博物館になった。


●汶川から夢ト村 行き方

 夢ト村へは、汶川からバスなど出ていない。車をチャーターして行く。





新村から下に伸びる階段を下っていると、村人が上がってきた。


この女性にもインタビュー

DSCF1845.jpg

今は新村に住んでいるが、下に畑が残っているため、畑仕事の帰りだった。


旧村の周辺には畑が広がっている。

DSCF1852.jpg


旧村へと降りて行く。


DSCF1850.jpg


DSCF1851.jpg


昔の村は、壁だけが残っていた。


DSCF1853.jpg


DSCF1854.jpg


残っている民家の門

(もしかして地震後に復元した物かもしれない。)


塀や家の壁、門は残っていて、だいたいドアには鍵がかけられてあった。


DSCF1906.jpg



DSCF1909.jpg



だれもいない…ゴーストタウン。


そう思っていると、畑帰りの村人が歩いてきた!

 DSCF1865.jpg


DSCF1911.jpg DSCF1912_201703171245488f0.jpg


夕方遅くになると、畑仕事を終え家に戻る村人たちとちらほら出会えた。


DSCF1922.jpg




DSCF1862_20170317125155fe0.jpg


DSCF1869.jpg DSCF1870.jpg


DSCF1917.jpg

家の門の横の塀の上に、白い尖った石があった。

これは家を守る神聖なる石。


その家も門のドアの横には、郵便ポストのような穴がある。

DSCF1924_20170317125201eb2.jpg


DSCF1925_20170317125203980.jpg


これは、門の鍵。

この穴に手を突っ込み、奥に木で細工をしているカギがあり開ける。

木の細工の鍵は、それぞれの家で違う。


今は、観光客が来るし、住民は新村に移転しているため、上の写真のように南京錠などで施錠をしていた。



門の上には、住所の番地まであった。

DSCF1936.jpg



運転手兼ガイドが門の鍵を開けてくれ、2軒の家の内部を見せてくれた。

DSCF1913.jpg


DSCF1933.jpg DSCF1897.jpg


家の内部は、玄関上の小さな窓1つ。

DSCF1896.jpg

その上の屋根と壁部分にも換気用の広い隙間があった。

けっこう寒いと思う。


玄関入って正面

DSCF1894.jpg


二階もあった。

階段が無いがどうやって上がるのか聞いたら、当時ははしごがあったらしい。

DSCF1892.jpg


1つの部屋は4畳半ほど広さ

 DSCF1878.jpg DSCF1885.jpg




村の中央部の一部にこんな立派な謎の建物があった。

DSCF1858.jpg

震災後に造られ、管理人の男性がいたが見るのもは何もない。

建物内には何もない。誰もいない。

震災の助成金だか援助金だかで作られた。

めっちゃ無駄…


建物の前には看板があった。

DSCF1856.jpg


DSCF1855_20170317124256413.jpg

英語、日本語、韓国語での表示があった。


この他にももう一か所、村の端っこ、景色が一望できる場所に、震災後に造られた立派だが無意味で謎の建物があった。

DSCF1950.jpg


地震後、政府の援助でこの施設が造られたが、一年後にはこのように廃墟になった。


DSCF1947.jpg

窓は破壊されていた


政府としては、震災の教訓を忘れない為に崩壊した村をそのまま保存し、観光客の為にこのような施設を造ったみたい。

しかし、それほど観光客など来ることなく、あっという間に無駄な建築物になってしまった。


村の端っこにあり、そこからの景色は素晴らしかった。


DSCF1951.jpg


正面に見える山々は3000m、4000m級の山。(もしかするともっと高い山かも?)

DSCF1939.jpg


旧夢ト村から山側を見ると、少し上に新夢ト村がある。


DSCF1937.jpg



   

スポンサーサイト
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • 2017年03月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2017年03月16日 (木)
旧・夢ト村
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。