【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/10 Day 7-1 《汶川》


相変わらず夜中、何度もトイレに起きる。

夢を見た。

日本に帰って休んでいた。

旅中、体調を壊し熱が出て寝込むとき、いつも日本に帰って体を休めている夢を見る。


今回、JJちゃんがいてくれるから安心していが、犬に襲われたショックと噛まれてしまった精神的ダメージはかなり大きい。
それに
謎の体調不良がどんどん悪化しているのが心配。

朝9時にとりあえず目を開けるが、相変わらず体が重い。
でも、昨晩は蚊取り線香を置かなかったせいか、前日よりマシになっていた。
JJちゃんも「体は相変わらずしんどいけど、少しマシ」

この宿に泊まって5日間。
毎朝、肩が重く首がだるい。
頭が重い。
日に日にひどくなり3日目の朝には酷い頭痛と全身鉛のように重かった。

今日は宿を出て違う町に移動する。
2人とも体調が悪く、ゆっくりしか体を動かせず、荷物をまとめるのに2時間もかかてしまった。

11時過ぎ宿を出る。
宿のオーナーと一緒に3人で朝食を食べに行くことにした。
いつも親切にしてくれ、2日目からずっと割引価格で泊まらせてくれていた。
お礼に食事をごちそうしようとJJちゃんと言っていた。

私たちが体調悪いと言うと、体にいい店があると羊の内臓のスープの店に連れて行ってくれた。

DSCF2099.jpg
(宿のオーナーのお兄ちゃん)

私たちは羊の内臓のスープ
DSCF2101.jpg

丸いパンも
DSCF2102.jpg
丸いパンはフォカッチャみたいでふわふわでおいしかった。
もちろん、スープもおいしかった。
全部きれいに飲み干した。


宿のオーナーは米粉の麺
DSCF2103.jpg

私たちは、体調は悪いが食欲はある。
少し食べると、胃が刺激されもっと食べたくなってきた。

汶川は豆腐がおいしいので、湯豆腐(豆花)を食べに次の店に行く。
ここは湯豆腐専門店。
店の前には作り立ての湯豆腐が。
DSCF2105.jpg

この店は、いつもの店とはまた違う豆腐だという。
DSCF2106.jpg
この店は、木綿豆腐の店だった。
温かくておいしい。
「中国人の朝ごはんは揚げパンを食べる。カオリも食べて」とjjちゃんが頼んでくれた。
しかし私は、揚げパンのおいしさをまだわからない…
jjちゃんは揚げパンをほおばりながら
「あぁ~ おいしい~ 朝はやっぱりこれだわー」と味わっていた。

汶川のバスは、バス停がない。
目印もない。
「なんとなく、あの辺りから出発している」
という感じ。
外部の人間にはとてもわかりにくい。
もちろん時刻表もない。
中国語が話せ(中国人だからあたりまえ)人に尋ねることができるJJちゃんでさえ分かりにくいらしく、次に行く町のバス乗り場まで宿のオーナーが連れて行ってくれた。

DSCF2104.jpg

やっとバスを見つけ12時半にバスに乗ることができた。
バスは普通の軽ワゴン車。

行き先も何も表示が無い。

だから外部の人間では見つけにくいのだろう。


宿のオーナーとお別れをし、さあ出発!と思っていたが、

バスは汶川の町をグルグル回る。

どうやら客を探しているみたい。

30分以上汶川の町を回り続け、満席になってやっと出発した。


次の目的地は理県!


【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/9 Day-6-8 《汶川》


年内いっぱいコーヒーが飲めないと分かり、私はガックリ肩を落とした。


気を取り直し、夕食でも食べに行こっか・・・


私たちは、いつも麺料理とか軽食ばかりだったので、運転手にまともなチャン料理を食べるところに連れて行っもらうことにした。


メニューを見てもわからないから、おすすめを注文。

チャン族料理の定食みたい。

20元(360円)


DSCF2081.jpg


ご飯が、ぎゅうぎゅう詰め!

上の中央のピンクの物は、カブだか大根だかのたくわんみたいだった。


私はすごくおいしいとは思わなかった・・・

体調が悪すぎて、味がわからなくなっていた・・・


食べ終わり、店を出た時、唇の横に違和感が・・・


JJちゃんと運転手が料理を選んでくれ、刺激物が無く体にいい物を注文してくれたのに・・・



宿に戻り、すぐシャワーを浴びた。

体はすっきりしたが、相変わらず体調が悪い。


唇横の違和感が酷くなっている。


鏡を見てびっくり!!


唇横に大きな水ぶくれ状態になったヘルペスが出ていた!


わーーー!!

ヘルペスが出るほど、私の体調が悪いんやーーー!!


日記にも「しんどい。体がだるい… すぐベットに横になる」と書かれてある。


持って行った体温計で熱を測る。

37.4度の微熱だが、もしヘルペスが出ていなければ、もっと高熱になっていただろう・・・

私の体内でいったい何が起こっているのだろう・・・


私はベットに横になりながら、明日のプランを2人で考える。


JJちゃんの予定では、汶川を拠点として回れる村はとりあえず行った。

あと3日間、もっと山奥に移動し、さらに山奥の村を移動しながら調査をするか。

それか、もう調査を終え、きれいな景色のある国立公園に行くか。


私の様子がどんどん悪くなっているのをJJちゃんは心配し、さらに山奥の村の調査を止めて国立公園へ行こうと言う。


ただ、国立公園は標高が4000mあり、宿も標高が高くて寒いらしい。

どっちにしても、私の体調が対応できるか心配していた。


私は、JJちゃんの調査を優先したい。

体調がさらに悪化したら、ずっと宿で寝ていてもいい伝えた。


JJちゃんとしては、30人ほどインタビューし、みんな意見がだいたい同じだったようで、さらに山奥の村の調査をしなくても、卒論がまとまりそうだと言う。

それに、JJちゃんも体調が悪い。

彼女は下痢が続き、顔にニキビがどんどん出てきて痛々しい。


同じ宿で泊まっていた成都で会社経営している男性が、汶川に来る前、国立公園に行ってたらしくJJちゃんに写真をたくさん見せていた。

JJちゃんは調査を早く終えれば、もともとその国立公園に行きたいと思っていたらしい。
JJちゃんは、彼に国立公園への行き方など詳しく教えてもらっていた。


彼が泊まった宿が、できたばかりでとてもきれいで川の横にあり、すごく最高だったらしく、JJちゃんに勧めていた。

2人でホテルの写真を見せてもらい「このホテルに泊まってみたい!」と意見が一致した。


2人とも体調が悪いし、残り3日間は国立公園に行くことにし、いいホテルに泊まってゆっくり体を休めようということになった。


私:「明日何時出発にする?」

JJ:「2人とも体調悪いから、起きたらにしよう」


JJちゃんもだいぶ体調が悪いようだ。


私:「2人とも体調が悪いって何が原因やろなー?」

JJ:「水?食べ物?油かなー?」


二人で考え込む。


その時、いつものように宿のオーナーが、蚊取り線香を持ってきた。


私たちは同時にハッとした!


私たちの体調がどんどん悪化して行ってるのは、この蚊取り線香が原因かも!!!!


私が何も言わなくてもJJちゃんがオーナーに「今日は蚊取り線香要らない」と言ってくれた。


オーナーがドアを閉めた後、私たちは顔を見合わせた。


「原因は蚊取り線香やったのかもーー!!」


・毎晩狭い部屋は、蚊取り線香の煙で包まれる。

・朝になると体調が悪化して起きれない。


「締め切った狭い部屋に、蚊を殺す毒素の強い化学物質が充満してたんかも!」


二人の意見が一致した。


JJ:「日本の蚊取り線香なら安心だけど、中国はどんな物質が入ってるのかわからない」


中国人が言うのが面白かった。


蚊取り線香は、毎晩私のベットの足元に置いていた。

だから私の方が強い煙を直接吸い込み、私の方が体調が悪かったのかも…?


断定できたわけではないが、とりあえず原因がわかり、今晩は蚊取り線香も置いてないし、ぐっすり眠れるかな?と言いながら眠りについた。


【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/9 Day-6-7 《汶川》


私は体調が悪く車から降りるのも辛かったため、JJちゃんだけ村人にインタビューしに行き、車内で待っていた。


疼く傷口を見ると、傷口のかさぶたに毛布の毛が絡まって取れなくなってしまっていた。


このまま毛が入り込んだ状態で皮膚ができてしまったらどうしよう…

不安になった。


それに、私はいつまでカフェインを含む飲み物や刺激物、辛い物が食べれないのだろう…

傷口を濡らしてはいけない。

シャワーに入るな。

とも言われ、私はとても不自由だった。


(実際はシャワーは入っていた。

足を上げ濡れないように心がけていたが、足だし傷口が濡れてしまっていた。

シャワー後JJちゃんにめちゃ怒られ、おとなしくベットに入った。

その時、毛布の繊維が傷口に付着し、そのまま絡まってしまったみた…)


傷口に毛布が入りこんで心配だし、私はいつまでコーヒーお茶を飲んではいけないのか、はっきり聞いておきたかった。


JJちゃんに頼んで、狂犬病のワクチンを打った病院に連れて行ってもらって質問することにした。


先生に傷口の毛を見せると

「かさぶたが取れる時、一緒に毛も取れる」と言ってもらえて安堵した。


私の一番心配してる質問をした。

「いつまでカフェイン、辛い物を食べてはいけないのですか?」


「ワクチン接種中はダメ」


「最終ワクチンは9/28

それから後、どれくらい我慢しないといけないの?」


「とうぶん」


とうっぶん、っていつまでやねん~~~

それじゃわからんわーーー


JJちゃんが先生の口調から判断し「今年いっぱいはやめた方がいい」と言われた…


大好きなコーヒーが4か月間も飲めないなんて・・・


私はガックリしてしまった・・・





【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/9 Day-6-6 《汶川》


村人、観光客、誰一人出会わなかったゴーストタウンのような東門村を後にした。

少し車を走らせると、いかにも震災後に造られた感じのチャン族風の建物があった。

大型バスで来る団体観光客をもてなす施設だった。

(チャン族のダンスなどを披露するホール)


客がいない為、ダンサーたちが休憩していたのが見えた。

東門村で村人と会えなかったので、インタビューができなかったJJちゃんは、慌てて車を停めてもら いインタビューに行った。

私は体調が悪く、車から降りるのもしんどかった為、車内で待っていた。


体調がどう悪いのかと言うと、

頭がズキズキと疼き、全身がすごくだるい。

少し熱もある感じ。

犬に噛まれた傷も疼く・・・


ズボンをめくり、傷口を見てみた。


傷はかさぶたができていた。


あれれ???

傷口に綿のような物が埋まっているではないか!!

DSCF2076.jpg

な、なんじゃこりゃ!?

あ~!
毛布の毛が傷口に絡まってそのまま乾燥してしまったのか!

綿を取ろうと引っ張ってみる。
DSCF2075.jpg

キューピーのようになった綿を引っ張ってみた。

「痛いっ!!」

DSCF2080.jpg

綿が傷口内部まで埋まっているのか、引っ張っても激痛が走るだけでまったく取れない。
DSCF2078.jpg

あぁ・・・ 
傷口から毛が・・・









【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/9 Day-6-5 《東門村》


車に乗り、次の村に向かった。


周辺はこんな景色。

DSCF2030.jpg

木も生えていない無機質で険しい山が続く。

よく見ると、細い道がある。

誰がこんな険しい山を登るんだろう??

地元民が使う道だろうが、この山の上に何があるの?と思ってしまう。

もしかしたら山の上に村があるのかな…?


急斜面の険しい山に挟まれた道を進むと、観光地化された門が見えてきた。

DSCF2032.jpg


「東門村」の入口みたい

DSCF2034.jpg


ここも地震後、観光地化された村みたい。

DSCF2039.jpg 

車を駐車場に止め、村までの道にはこのようなオブジェが並んでいた。


村はこの川を挟んだ向こう側。

山のふもとにあった。

 DSCF2036.jpg DSCF2037.jpg


遠目で見ると、昔からある村に見えた。

川にかかる橋を渡り村に入ると人気が無く、まるでゴーストタウン・・・

DSCF2044.jpg


見た目は昔ながらの村に見えるだろうが、

いろんな村を回ってみると、これはいかにも作られた町。


DSCF2047.jpg


DSCF2050.jpg


DSCF2048.jpg


DSCF2045.jpg DSCF2043.jpg


DSCF2051.jpg DSCF2055.jpg


DSCF2057.jpg


どこを写しても人が入らない・・・

観光客もいなければ、住民ともまったく会わない。

この村は住人は住んでいるのか??

ガイドによると、人は住んでいるらしい。


桃坪羌寨で家に招いてくれた老人宅のように、外から見ると要塞のように感じる民家だが、玄関をくぐると緑の中庭があるのかな?


村で出会った村人は、この人形の家族だけだった・・・

(人ではないか~)

DSCF2054.jpg

チャン族の民族衣装だが、何か違う・・・

綺麗すぎるからか??



村に震災前の村の写真と震災後の様子の看板があった。

震災前、この村はこのような感じだったのか…

DSCF2065.jpg


今の村はきれいに回復されたが、震災前の村の方が生活感があって味がある。

(そう思うのは、私が観光客だからかも…)


村人にインタビューしたくても出会わないから、今の環境をどう思うか聞けなかった…

DSCF2066.jpg


震災の直後はこのように崩壊していた。

DSCF2067.jpg


DSCF2068.jpg


この村は半分崩壊したらしい。


救助の様子。

DSCF2069.jpg DSCF2070.jpg


DSCF2071.jpg


DSCF2072.jpg




プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 2017年04月
2017年04月28日 (金)
汶川最後の朝
2017年04月27日 (木)
唇の横に違和感が・・・
2017年04月26日 (水)
この先4か月間も・・・
2017年04月24日 (月)
傷口から毛糸が…
2017年04月24日 (月)
東門寨
次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる