FC2ブログ
【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
10日目-7(8/26)

エンちゃんの飛行機の都合で私たちは4:30にケンジントン駅に戻った。
私たちは、まだ土産を何も買えてない。
ケンジントン駅出てすぐ近くに「Whole Hoods」のスーパーがあった。
私は知らなかったが、エンちゃんが言うには有名なスーパーらしい。

DSCF8504.jpg

店に入ると、おいしそうなたくさんの種類のパンが積まれてあった。
 DSCF8505.jpg
2.75£(400円)~4.75£(620円)
 DSCF8506.jpg
どれもサイズが大きい。
 DSCF8507.jpg
このピザ風料理パンは3.75£(550円)
大きいから日本のピザパンと比べたら安いのかな?

イギリスを少し旅して感じたのは、主食となるパンは安かった。

 DSCF8508.jpg

 DSCF8509.jpg

どれもおいしそうだった。

1階は食料品。
地下には、日用雑貨、お菓子、乾物などが置いてあった。
私たちは地下でお土産を探すが、スーパーでも高い。

このスーパーは、高級感があって品ぞろえも豊富だった。




スポンサーサイト



【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
10日目-6(8/26)

バッキンガム宮殿見学の次は、地下鉄に乗りビックベンへ!
ビックベン近くの地下鉄の駅は、出たとたんすごい人。
人種のるつぼ。

地上にでると、すぐ前にビックベンが見えた。
IMG_4055.jpg

あー
2017年からビックベンは大規模改修工事が開始されるんだった!
2017年8月下旬は、まだ足場が下の方だけだったから塔の上半分は見ることができた。

 DSCF8525.jpg

テムズ川とロンドン・アイ
 DSCF8526.jpg

コッツウォルズのレッチモンドで泊まったホテルの裏に流れていた川がここまで流れている。
IMG_3883.jpg

ビックベン前のテムズ川にかかる橋は、私たちが行った2017年3月と6月、2度も暴走車が歩道にいた通行人や観光客に突っ込み乱射事件で数人が亡くなっている。

私たちが行った8月末は、歩道と車道の間に頑丈なコンクリートの柵があったが、事件があったすぐ後だった為、記憶が新しく恐ろしさを感じた。
こんなところに暴走車が突っ込んできたとは・・・




【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
10日目-5(8/26)

私達が行った日は、バッキンガム宮殿の衛兵交代が無くがっかりしたが気分を取り戻し、バッキンガム宮殿見学することにした。
バッキンガム宮殿見学の入口は正面横にある。

入場料 23£(3300円)

バッキンガム宮殿見学は、基本見学できない。
しかし、”エリザベス女王がスコットランドに滞在する夏期間の限られた時期”だけ見学できる。

その為、チケット売り場は簡易テント。
テントだけど、すごく立派。
DSCF8520_20180829114123a4a.jpg
床は木製。
トイレも簡易トイレとは思えないほど、立派できれい。

バッキンガム宮殿内部は写真撮影禁止。
たくさんの部屋や各国からの贈り物が展示されていて、どの部屋もきらびやかで品があり、華やかで美しかった。

どの部屋も見事で、ここでエリザベス女王が住んでいるのか??と思ってしまった。
現代人には、ちと暮らしにくいような・・・?

バッキンガム宮殿でも音声ガイドが配られた。
私達は、お互いの言語にチャンネルを合わしてもらった。

やはり、中国語でガイダンスを聞いているエンちゃんは、早く見終えさっさと次に移動する。
中国語は、語尾が無いため、あっという間に説明が終わる。
私がずっと同じ絵画を見ながらガイダンスを聞いていると、エンちゃんがしびれを切らし、
「まだ聞いてるの?長すぎる」とあきれられた。
日本語説明は長すぎる・・・

日本語があまりにも説明が長い為、
中国語と日本語の両方聞いたエンちゃんが言うには、中国語は細かい説明をだいぶ省いているらしい。
それを知ってから、エンちゃんは中国語と日本語の両方のガイダンスを聞くようになった。
そのおかげで、私たちはスコットランドのときのようにはぐれることなく、無事一緒に見終わった。
最後は、裏の庭園に出た。
ここは写真撮影OK。
 DSCF8521_20180829114125070.jpg

建物から出る前、お土産屋とカフェが併設されていた。
私達は思い出に何か買いたかったが、ケンジントン宮殿のお土産屋と同じく欲しい!と思う商品は無かった・・・
「何か買いたい!」お互いずっと店内を探したが、無かった。。。
ガッカリしながらカフェに行き、「何か食べるか飲まない?」とお互い言い合った。
しかし、超高い。
激高なのに、紙コップ…
なんだか納得できず、ここでも諦めた。

 IMG_4054_201808291141265c5.jpg

入場券も高いが、内部は見ごたえがあった。
夏の期間の限られた時期しか内部見学できないのでお勧め。

ちなみに、
出るとき、チケットに印鑑を押してもらうと、1年間の有効期限で一度だけ無料見学券になる。

【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
10日目-4(8/26)

ロンドンでは、衛兵交代を見たかった。
衛兵交代は時間が決まっている。
その時間に行かないと見られない。
朝は起きれず、出足が遅くなってしまい、地下鉄では違う方向の電車に乗ってしまい、ずいぶん時間のロスをしてしまったが、まだギリギリ少し見られる時間だった。
私達は急いでバッキンガム宮殿に向かった。

バッキンガム宮殿前にはすごい人。

DSCF8515.jpg

※この写真は人が少ない時に撮りました。

IMG_4048.jpg

IMG_4046.jpg

もしかして今、衛兵交代をしてる最中か??
近付くと、衛兵はいない。
衛兵が戻って来るのを待っているのかも。
間に合って良かった~
そう喜びながら門の前を陣取った。

陣取った横には、中国人男女4人がいた。
エンちゃんに状況を聞いてもらった。
彼らは10時半から待っているが、まだだという。
10時半なら、衛兵交代の時間帯。
どういうこと??
私達は、場所を移動し、バッキンガム宮殿のガードマンに聞いてみた。
すると「今日は衛兵交代は無い」と言われた。。。
そ、そんなぁ~~
ガードマンによると「衛兵交代は毎日あるわけでない」らしい。
中国人に教えてあげると、彼らもがっかりして帰って行った。

私達は、名残惜しく、門にへばりつき、バッキンガム宮殿を見ていた。
DSCF8513.jpg
すると、超小規模の衛兵交代が行われた。
 IMG_4044.jpg

DSCF8514.jpg

超小規模の衛兵交代を見て、振り向くと、馬に乗った警官が歩いてきた。
IMG_4050_20180825111513d67.jpg

DSCF8519.jpg
超かっこいい!!!
馬好きの私達は大興奮!
エンちゃんは馬を見るだけで満足だが、私は乗りたい!!


【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
10日目-3(8/26)

ケンジントン駅で1日乗車券(12.50£/1,800円)を購入し、
ホームへの階段を下りて行くと、ちょうど電車が停まっていた。
私:「電車が来てる!乗ろう!」
急いで階段を駆け下り、電車に飛び乗った。
すると、すぐドアが閉まった。
振り向くとエンちゃんは、ドアの向こうのホームで呆然と立っていた。
私は焦って思わず車内で「わっっーーー!!!」と大声をあげてしまった。
どうしよう・・・
その時、ドアが開いた!!
ドアが開いたのに、エンちゃんはまだ茫然と立ち止まっていた。
私は、即エンちゃんの腕を引っ張って、車内に引っぱりこんだ。
すると、電車のドアはすぐ閉まった。
きっと、観光人らしい東洋人が友達と離れてしまって茫然としていて、車掌がドアを開けてくれたのだろう。

私は、安堵したものの、まだ焦りが収まらない。
私:「なぜドアが開いたのに入ってこなかったの!」
エン:「だって、またすぐ閉まったら私挟まれるよ!」
私:「そういう時は、すぐ飛び乗らないと!」
エン:「飛び乗りは危ない!危険だよ」

エンちゃんの言うとおり。。。

私:「あのまま電車が出発して、離れ離れになったらどうしてたの!」
エン:「次の駅で待っていたらいいでしょ?」

私:「私も瞬時に、次の駅で降りて待っていようか、目的地の駅で待った方がいいのか悩んだよー」
エン:「どっちでも会えるでしょ? 駅で会えなかったら最終的にホテルで会えるでしょ?だから私は焦らなかった。なぜそんなに焦る?」

彼女は私が焦っているのが理解できない様子。

実は、私たちはエジンバラでも離れ離れになってしまった。
ホリルードハウス宮殿の見学のとき、彼女は中国語のイヤホンガイドを聞きながら見学していた。
私は日本語。
同じ内容でも中国語はすごく簡単な説明で、日本語の半分で終わる。
例えば「〇〇”になります”」とか、「〇〇”と言われています”」などの語尾や接続詞が長い。
エンちゃんが言うには、中国語は要点だけだし、語尾が無い。
それに、接続詞が一言なので、発音の言語数が少ないらしい。

同じ内容の説明を聞いているのに、エンちゃんはどんどん先に進んでいった。
気が付けば見学し終え、出口で私を待っていたが全然出てこないから、もしかしてもう見終わって次に行こうと言うてたエディンバラ城に行ったのかな?と思って、エディンバラ城に移動していた。
私もやっとホリルードハウス宮殿を見終わると、出口にエンちゃんがいないことに気が付き、エディンバラ城に移動した。
エディンバラ城に行けばエンちゃんと会えるかな?と思っていたが、観光客が多く
最後までエンちゃんを見つけらなかった。
お腹も空いたし一人で夕食食べに行こうと出口付近に差し掛かった時、たくさんの人がいる中で、エンちゃんと私は同時に目が合って無事会うことができた。
その時、私は「あ、会えた」という感じで、エンちゃんの方が焦っていた。
ロンドンの地下鉄では、私がめっちゃ焦ってしまった。


ケンジントン駅では、エンちゃんは次の駅で会えると思っていたと言ったが、私たちが乗った電車は、バッキンガム方面ではなかった。
方向は合っていたが、ケンジントン駅から先が2路線に分かれていた。
私達が飛び乗った電車は、目的駅に行かない路線に乗ってしまっていた。
もし、エンちゃんが次に来た電車に乗って1つ目の駅で降りたとしても、私たちは違う駅で降りていたことになるから、出会えなかった。
もし、目的地のバッキンガム宮殿近くの駅で降りて待っていても、衛兵交代の時間が迫っていたため、お互いを待っていなかったかも?
旅の最終日は、お互い別行動になっていただろう。

あの時、ドアを開けてくれた車掌に感謝。



プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • 2018年08月
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる