12/5の講演 3

トイレの話では、ちょっと反省点ばかりでしたが、
引き続きリクエストの「ピョンヤンレストラン」の話をさせてもらった。

これは、トイレの話とガラリと代わり、本物の喜び組みの美しい美女たちの写真ばかり。

多くの人は、カンボジアに北朝鮮の国家が直営している「ピョンヤンレストラン」があるなんて知らないですよね?
(一部の人には知られていることでしょうが)

カンボジアというと、多くの人が世界遺産でもあるアンコールワット遺跡を連想しますよね?
そして、アンコールワット遺跡群を見るためにカンボジアのシュムリアップに行くでしょう。

それが普通だと思う。
だって、私もそうやったもん。


たまたまシュムリアップの安宿で、「北朝鮮がやってるレストランがあるらしいでー」って小耳にはさみ、
実際行ってみた。
建物内に入ったとたん、『ここは龍宮城か・・・!?』と錯覚するような感覚におちいった。

それほど衝撃だった。

一緒に行ったしょうちゃんがデジカメのムービーで、館内の様子や喜び組みの美女たちのダンスを映像で残し、貴重なデーターを私にくれた。
そのおかげで、今回の講演では、動く映像をみんなに見てもらうことができた。


写真も現地の様子を説明しやすいけど、やっぱ動画にはかなわない。
映像を見せたとたん、みんな大爆笑。
そして、大喜び。



北朝鮮というと、はっきりいって悪いイメージばかりで、正直怖いですよね?
それに、私たちが飲み食いしたお金が、北朝鮮の外貨獲得の現金収入になるから、
行かないと拒否する人もいます。
確かにそのように考えると、正直私も躊躇してしまう部分はあるけど、
百聞は一見にしかずで、一度は行ってみてもいいと思うんですよねー

シュムリアップのピョンヤンレストランに行った人全員が、アンコールワットより、
ピョンヤンレストランの方が強烈で、ピョンヤンレストランしか印象に残ってないといいます。

それほどすごいんですわ。
もう言葉で表現できないほど、なんせいすごいんですわ。



「講演であんなに笑ったの初めて、最後は笑いすぎておなかが痛かった。
美女たちの映像はすごいですねー」と大好評でした。

これもしょうちゃんの映像提供のおかげです。
ありがとうございました。



ちなみに、北朝鮮直営のお店は、カンボジアだけでなく、世界各国けっこうあるみたい。
一番多いのは中国。
講演に来てくれてた人の中には、北京のピョンヤンレストランに行ったって人も。
でも、そこは高級レストランで、カンボジアのように4$でチゲ鍋など食べられないそうです。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 12/5の講演 3
  • 2009年12月10日 (木)
  • 12時08分44秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる