Dune 7

ヴェルヴェッチアを見た後は、そのままワルヴィスベイへ。

舗装はされていないが大きな道に出てきた。

ナミビア 西

でも、車とはほとんどすれ違わない。

内陸側には貨物列車が走っていた。
ナミビア 砂漠 列車

ナミビアには線路はあるが、そういえば駅がない。
貨物専用なのかもね。

人々の交通手段は、車かバス。
国土が広いので、移動は半日かかり。


海側には、砂丘。
ナミビア 西 砂漠
この砂丘の向こうには大西洋??

たくさんある砂丘の中でも、この砂丘には車が入っていく。
ナミビア dune7

この砂漠周辺には、バギー場があって、少々騒がしい。

私たちも、ちょっと行ってみることに。
でも、途中の道がサラサラの砂に覆われていて、乗用車でそこを走るのは危険。

その辺に路駐。
路駐といっても、どこに停めても全く支障はないんですけどね。

近くに行ってみると、ここは「Dune7」だった。

Dune7は、西側の町(スワコプムント)から行く砂丘。

ここに行くのは半分諦めていたから、偶然にDune7を見ることができてよかった。



※ ナミビアの砂漠を見に行には一般的には、大きく分けて2つある。
ウィントフックから2泊3日で行く内陸の砂漠。(Dune45など)
そして、大西洋に面してる街スワコプムントから行くDune7がある。
この2つの砂漠(砂丘)は、全く違うエリアにあり、1日で行くのは無理でしょう。
現地ツアーも一緒に周るツアーは一般的にはない。
両方ツアーで行きたいのなら、アレンジしてもらうことになる。
その代わり、3泊4日や4泊5日のツアーになり、金額も跳ね上がります。

Dune7は、スワコプムントやワルヴィスベイからツアーが出てると思う。
路線バスなどないので、ツアーに入るか、スワコプムントなどからレンタカーで行くことになるでしょう。


ウィントフックからスワコプムントまで、バスで6~7時間。
1時間おきなど頻繁に出てるのかと思ってたけど、1日1便程度。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • Dune 7
  • 2010年05月08日 (土)
  • 11時50分58秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる