比叡山横断 1

週末、久しぶりにハイキングに行ってきた。

私はハイキング好きというわけではない。
ダイエットのために、とにかく歩きたいだけ。

前日学んだ歴史の授業が「長岡京」だったので、
私としては長岡京周辺にある古墳や神社に行きたかった。
でも、A氏は、歴史など全く興味がない。

「私が詳しく歴史を教えたるから、長岡京に行こうーやー」
「おまえに教えてもらうなんて嫌や。歴史は興味ない。俺は山に登りたいんや」

ハイキング本を見て、京都から比叡山を目指し琵琶湖の坂本まで横断するルートが載ってあった。

ここがいい! 
前日の授業で比叡山の僧侶の話も出たことやし、ぜひ行ってみたい!!

2人の意見が一致し、比叡山横断に決まった。


このルートは、なかなか厳しそう。
朝9時半には家を出て、一路京都へ向かう。


京都から比叡山を登るのは、一般的には、
出町柳から叡山電鉄に乗り、比叡山本線の終点の八瀬比叡山口まで乗って、ケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎ、比叡山延暦寺に行く。

でも、私たちは歩きに来ているのだから、そんなものは利用しない。
ずいぶん手前の修学院で下車。
住宅街を抜けると、緑がいっぱい。
畑もあって、なんだかのんびりしている。
緑の小高い山の斜め上には、なんだかそそり立つような山が見える。

「あれが比叡山や」
「えーーーー!! 今からあそこに登るの!?」

私は、何も考えず資料もあまり見ずに来ているから、比叡山があんなに高いとは知らなかった・・・
とはいうものの、比叡山って900mもないけど、私には高く感じた。

途中、鷺森神社を抜ける。
鷺森神社
この神社、境内がなかなか立派だった。

今、調べたら、鷺森神社って859~877年に作られたんですってね。
ってことは、「延喜式」にも載っているのかなー?
ということは、式内社ってこと!?
そんな碑、見つけられなかった・・・
私は、まだまだ見るところが甘いですね。

鷺森神社を抜け、川辺に出た。
川
川辺を歩くって気持ちいいですね。
でも、この川辺はすぐ終わって、きらら橋を渡ると、すぐ登山道になる。
雲母坂1

ここの登山道は、「きらら坂」という。

「きらら坂」は「雲母坂」と書く。
『雲母』、みなさん知ってます?
あのキラキラした鉱物。
ほら、昔の家の壁にキラキラしたものがあったでしょ?
あれは雲母が含まれていたからキラキラしてたんだとか。

登山道の土をよーーく見ると、キラキラしている雲母がいっぱい。

両側を挟まれるように切り立った細い道はなかなか面白い。
比叡山 2
枯葉がクッションとなって、道がふわふわで気持ちがいい。

が!
けっこう坂道がきつく、しんどい。


比叡山 きらら坂


もうこの時点で1時間以上歩いていて、汗が吹き出してくる。



続く・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 比叡山横断 1
  • 2010年06月08日 (火)
  • 10時45分15秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる