スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人は昆虫好き?

先日、新聞を読んでいると、こんな文章から始まる記事があった。

「屈折した昆虫少女だった。」

昆虫少女??

その表現に興味がそそられ、その文章の続きを読み進めた。

自称、昆虫少女という彼女は、ジェシカ・オーレック。

彼女は、アメリカの緑豊かなルイジアナ州やコロラド州で育った。
幼いころから大の虫好き。

日本人でも男きょうだいがいる家庭だと、小さいときから昆虫が身近だったりしますよね。

しかし、彼女の周囲にはそのような人がいなかったようで、
お気に入りの昆虫や蛇の皮を見せると露骨に不快な顔をされたんだとか。

昆虫はまだしも、さすがの私も蛇の皮はちょっと・・・
でも、最初は一瞬びっくりするけど、蛇の脱皮した皮は興味あるかも?

彼女いわく、
「アメリカでは虫好きはすごく肩身が狭い。
家で虫なんか飼わないし、デパートに売り場もない。
変わり者扱いされるので、昆虫趣味を隠していた」

え!?
昆虫を飼っていたり、昆虫が売られてるのって、珍しいことなの!?

ちなみに、知り合いの旦那が昆虫好きで、
毎年カブトムシやクワガタを幼虫から育てている。
室内で育てたり飼っていたりしているため、
「バルサンが焚けない」と言っていた。


私は『ファーブル昆虫記』などあることから、欧米諸国でも昆虫好きが多いのかと思っていた。
ファーブルが生きていた時代、祖国フランスでも理解されなかったみたいですね。
(今はどうなんでしょうねー?)


ジェシカさんが、日本の昆虫熱を知ったのは2006年。
博物館の講座だった。

「大昔からトンボやチョウをめでた国。
今でも昆虫をペットとして飼う」

この言葉を聞いて、脳天がしびれたという。

「そんな夢のような国が地球上にあったんだ!!」


彼女の表現が妙におもしろい。


にわか仕込みの日本の知識と大学で習った撮影技法を携え、
翌年、日本に2ヵ月間で各地を巡った。


初めて見た「夢の国」日本では、

「ごく普通の人が、
鈴虫とキリギリスの羽音の違いを識別できることに驚嘆し、
ホタルを悲恋の象徴と感じる文学性にクラクラした。」


私たち日本人では、極々当たり前のことだが、彼女にしたら衝撃だったのでしょうね。


なぜ、日本ではこれほど虫が愛されるのかと疑問に感じたという。

私には、ごく普通のことなので、今まで虫を愛しているといい感覚はなかった。



彼女が、古事記や源氏物語まで調べて、たどり着いた結論は、

「日本の人々は虫たちのはかない生命に美を感じることができる。」



あー、そうかも?

私は昆虫好きではないが、セミにはそう感じてしまう。
6年間も地中で暮らし、やっと地上に出て、うるさいほど泣き続けるが、
1週間で命を終わらす。

セミの鳴き声を聞くと、命の終わりに”泣いている”ように感じてしまう。

ちなみに、
セミを知らない国の人は、セミの凄まじい騒音を気にしない日本人にびっくりするとか。


日本人のように、
「昆虫の生命に美を感じることは、アメリカ市民にはない文化」
だと彼女はいう。


彼女の記事を読んで、日本の文化を改めて知ることができた。


そんな昆虫好きの彼女が、
日本人の昆虫愛をテーマにした初監督作品「カブト東京」がアメリカで上映中だという。

しかし、残念ながら、客足はさえないらしい・・・・


いつか、日本で上映してほしい。

他国の人から見た日本人の昆虫熱をぜひ見て見たいな~









コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

★ぴんぞー

ピンゾーってすぐ分かったよ~i-278

アメリカ人はカブトムシもクワガタも同じBeetleなんや~
へぇ~ 勉強になりました!!

昆虫少女が言うように、アメリカ人は昆虫には興味がないんかなー?

外国人から見た日本人の昆虫好きな部分を映画で見て見たいね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

遥か昔の学生時代にキャンプ場でボランティアをやっていた頃に、ボランティア仲間のグアム出身のアメリカ人に「カブト虫はBeetleだけどクワガタは何って言うの?」と聞いたところ(キャンプ場なのでカブト虫もクワガタもいくらでもいた)、「クワガタもBeetleだよ」と教えて貰いながらも、「クワガタとカブト虫は全く別モノだよ!!」と説明していたことを思い出しました。
昆虫に興味のあるお国柄とそうでない国があるのかもしれませんね。

その映画を是非とも見てみたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • スポンサーサイト
  • 日本人は昆虫好き?
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年07月06日 (火)
  • 11時07分01秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。