客家土楼

先日、『世界ふしぎ発見』で、
客家の人たちや、客家の独特な住居の客家土楼をしていましたね。

それに、広州の街もチラッと出てたけど、
私が行った2004年より広州の街並み自体がめっちゃ近代化になってて、びっくり!!

中国はどんどん変わりますね・・・

で、客家土楼も3年前より観光客が何十倍と増えたそうな。

ってことは、私が行った2005年の5年前とは
比べ物にならないくらい観光客が増えてるんですね・・・


数年前まで、中国人の中にも客家土楼を知らなかった人もいたけど、
今では、客家土楼の映像にも、次々に中国人団体客や各国の観光客が押し寄せ、
土楼内が人であふれてすごいことに・・・

客家土楼

私が行った当時。ここの土楼なんてガラガラ~
でも、ふしぎ発見では、ここの前はものすごい人であふれかえってた。


私が行った時も、住民が土楼を捨て、都会に出てしまって
空き家となった土楼が1軒、博物館状態になってたけど、
さらに増えているのかもね・・・


のどかだった福建省の山奥は、私が行った2年後には高速道路ができ、
アモイから3時間ほどで土楼に行けるようになった。

今後もさらに客家土楼に行く人は増えるでしょうね。



客家土楼・・・
よかったなぁ~

まだまだ行けてない土楼もいっぱいある。
またいつか行きたいなぁ~

コメントの投稿

非公開コメント

★ mikewoちゃん

大昔、客家の人たちが逃げてたどり着いた土楼がある場所は、超山奥で人が住まないような僻地やったのに、今では観光資源になって高速道路ができて、アモイから簡単に行けるようになったね。
今では山奥といわれても、山奥に感じないね。



★ トモヒコさん
こないだの「ふしぎ発見」見ましたか!!
客家の人たちの考えがよくわかって、いい内容でしたね!
あれでさらに日本人も客家土楼を知って行く人が増えるでしょうね。

ちょうど今、先週からチンカンが客家土楼へ一人旅してるんですよ~

見ましたよ

かおりさんが土楼へ行かれた後、関心を持ったからかもしれないけれど、テレビで客家土楼の映像にしばしば出会います。
世界遺産になったからでしょうが、あの人の多さを見ると、そこに住んでいる人々の暮らしの変貌が気になります。
素朴な生活はどうなるのかな(インターネットを入れるかどうか議論をしてはりましたが)。
世界遺産指定と観光客の増加、これもやむをえないことでしょうか…。

私が行った2年前でも結構人が増えていたような(ほぼ中国人観光客でしたが)。
私ももっともっと土楼めぐりたいです。
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 客家土楼
  • 2010年08月09日 (月)
  • 12時37分44秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる