ヒンバ族 1

久しぶりにアフリカ旅行記を。

【ナミビア】=ヒンバ族 1=

ナミビアは、もう10年以上前から行きたかった。
そして、やっと夢がかなって行くことができた。

ナミビアには、世界最古の砂漠のナミブ砂漠と、ヒンバ族に会いに行くのが目的だった。

ヒンバ族。

私がヒンバ族の存在を知ったのは・・・
あれはいつだったか・・・
今から20年近くになるだろうか・・・?

私が好きだった番組「新・世界紀行」でヒンバ族が紹介されていた。

「乾燥した砂漠の大地に赤い肌を持つ部族がいる

ナレーションはこう続く。

「朝、彼女たちが一番にすることは、
赤い石を砕きバターを混ぜて体に塗り、
全身を真っ赤にすること」


黙々と赤い石を砕き粉にしていた。

映像も当時の私には衝撃を受けた。

当時、アフリカの民族は黒いと思い込んでいたが、
その人たちの肌は真っ赤。

しかもスタイルがいいし、女性は美人!!

私がヒンバ族を知った瞬間だった。

しかし当時は、まだ私は自分が世界を旅するなんて想像もできなかった時代。

「アフリカのどこかの国には、腰布しかしていないスタイルいい女性が、
頭から足の指先まで真っ赤な民族がいる」

ということだけ記憶しかなく、どこの国のなんという民族なのか名前までは覚えていなかった。

ただ、アフリカのどこかに赤い民族がいる。
いつか、会いに行きたい。

そう思っていた。


それから十数年がたち、徐々に赤い体をした民族は、
『ナミビアに住むヒンバ族』だということが分かってきた。


2年ほど前のある日、『ふしぎ発見』でヒンバ族が紹介された。

ヒンバ族をテレビでまともに見たのは「新世界紀行」以来。

私は大興奮した。


ヒンバ族はナミビアの北部に住んでいて、今も赤い体をしていることを知り安どした。
しかし、その地域も徐々に近代化の波が押し寄せていて、
ヒンバ族は自給自足の生活ではなく
赤い体のままスーパーで買い物をしていた。

これが現実・・・

早く行かなくては・・・

そう思い続け、2010年2月にやっと行くことができた。


しかし、ナミビアというのはとても広く、
ヒンバが住む地域には簡単には行けないことが分かった。
バスも途中の町までしか出ていない。
地元民によると、バスの終点の町(村)からミニバスが出ているらしいが、
そのミニバスも途中までしかたどり着けないらしい。
さらにその先に行くには、車をチャーターするか、ヒッチハイク。

日程に余裕があれば数日かけて、バスを乗り継ぎ行くが、
ナミビア入国の際に滞在日数の欄に10日と書いたので、
10日以上ナミビアにいることができない。

(余談だが、ナミビア国境で、ゆーすけは滞在日数を7日と記入しスタンプを押された。
それを知った私は慌てて「7日じゃーナミビアは見れない!せめて10日に変更して!」
とゆーすけを説得し、すぐに窓口に訴えたが、変更にものすごく大変だった。)



私たちと滞在期間が同じで、ナミビアにはヒンバ族に会うのが目的で来ていた
サトルと私は2人でヒンバ族に行くことになった。

サトルと相談し、レンタカーで自分たちで自力で行くことも考えたが、
不慣れな運転で、しかも舗装されている道も途中までしかない。
大西洋のある町へレンタカーで行ったが、ヒンバの住む村までは、その倍以上の距離がある。

ヒンバ族が住むエリアを教えてもらう。
ナミビア


私の出国期日は残り4日。
サトルは3日しか残っていない。
もし、無事にたどり着いても、距離的に考えて、ヒンバ族が住む地域から
1日で首都のウィントフックまで戻ってくるのは不可能。

2人で相談した結果、高いお金を払うことになるが、
砂漠に連れて行ってもらったアフィースの会社を通じ彼に連れて行ってもらうことにした。

ヒンバ族が住むアンゴラ国境付近の村(オプウォ)に行くと、ヒンバ族と会えるが、
そこでは写真を撮るたびにお金を請求され、村に入るにも50$も必要。
しかも、長老には50$相当の手土産まで用意しないといけないらしい。
お土産や村に入る入館料は仕方がないしにしても、
写真を撮らせてもらうたびにお金を要求されるのは、めんどくさい。

アフィースの会社の社長は、もう一つのヒンバの村を勧めた。
そこだと写真をいくら撮っても構わないという。

そこに決めた!!



続く・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • ヒンバ族 1
  • 2010年08月13日 (金)
  • 00時35分25秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる