ヒンバ族 6

【ナミビア】 ヒンバ族 6 =女王様=

翌朝、めっちゃ早くに目が覚めた。

外に出て見ると、夜が明けかかっていた。

私はカメラを持って薄っすら明るくなったブッシュを歩き、
岩場によじ登り、小鳥のさえずりとともに朝日を眺めていた。

ヒンバ 朝日
毎日のように、夕日や朝日を全身で受け止められるって最高の贅沢に思う。

朝日を思う存分にう受け、テントに戻ると、アフィースの車が停まっていた。
夜遅くにアフィースは彼女を連れて戻ってきてたみたい。

アフィースの彼女は、背が高く、スタイルも良く、しかも美人だ!!

こんな可愛い彼女やったの~!?

アフィース、なかなかやるの~

冷やかすと照れていた。


食事を済ませると同時に、どこからともなく小柄な黒人の女性が現れた。

彼女がヒンバ族の村に案内してくれるガイドだという。

ヒンバ族のことなら彼女に何でも質問するといいという。

彼女の案内にしたがって村のゲートまで行くと、
この村の事情やヒンバ族のことなど詳しく教えてくれた。

この村は、子供が産めないヒンバ族の女性や、
親を亡くしたヒンバの子供たちのための特別区の村だった。

だからここの村の家長は男性ではなく女性で女王様がいる。
その女王様がこの村では一番偉い。

村の中心には木の枝で作られた家畜を囲っている檻があり、
その中央に伸びる道はの先には円形の家がある。
その家と家畜小屋に伸びている一本の道は、女王様しか通れないようなことを言っていた。
何か特別な儀式のときに使用するらしい。

女王様は、スタイルが良く、キリリとしていて、とても美しい。
jヒンバ 女王様


ヒンバの平均寿命は50歳。
ここの女王様は45歳。

え!?
あと5年で平均寿命になるのか・・・
そんな風に見えないのに・・・


朝一番に村を訪れたため、女性たちは、肌を赤くするため身なりの準備をしていた。

女王様は、肌に塗るバターを作っていた。
ヒンバ 女王様 2

他の女性たちは、赤い石を砕いていた。
ヒンバ 

水汲みをしている女性も。
ヒンバ 水汲み



※ 胸を隠すためモザイクの代わりに文字で隠しています。
ご了承を。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

★ くまちゃん
久しぶり~ 元気~? 毎日暑いねぇ~

相変わらずあちゃこちゃ行ってますわ~
とはいうものの、なかなか行けないけどね~

くまさんだよ。久しぶりにみたで。相変わらず色んなところに旅してるな。
からだに気をつけて、旅してやv-22
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • ヒンバ族 6
  • 2010年08月16日 (月)
  • 19時34分39秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる