必要のないものばかり

この夏は、去年亡くなったおばあちゃんの初盆だった。

おばあちゃんが最後まで1人で住んでいた家で初盆の準備をし、
1週間後初盆の片づけとともに、遺品整理で家の中の片付けもした。

おばあちゃんは、長年一軒家で1人で住んでいたこともあり、
普段使用していた部屋以外は、物置状態だった。

田舎なので、冠婚葬祭のお返しなどが多く、
もらったままの箱の状態で保管してあるものがいっぱい。

開けてみると、全て「高級」と付く、ふかふかの毛布や枕、羽毛布団、肌布団などがいーーっぱい。
新しいタオル、バスタオルも大量に出てきた。


タンスを開けると、生前おばあちゃんが着ていた服がいーーーっぱい!

それに、着物が大量に出てきた!!

これには親戚や親もびっくり!!

「おばあちゃん、着物なんて持ってたの~!?
おばあちゃんの着物姿なんてみたことがないでー」

えぇ~!?

着物は絹の良いのばかりなのに、手入れを怠っていたからか、
よく見ると、しみだらけ・・・
もう袖を通せるような状態ではない・・・

もったいないが処分するしかない・・・
(でも、さすがに良い着物なので、その場では処分できなかった。)

他の服などももう着れないものばかり・・・
地域によっては、生前着用していた服を、お参りに来た人に譲るところもある。
しかし、おばあちゃんが住んでいた地域は、過疎化がすすみ老人ばかり。
おばあちゃんが20年、30年前に着ていた服を着るような人がもういない。

もったいないが、処分するしかない・・・

そんな不要な服がごみ袋いっぱいになった。

ほんと、もったいない・・・


その他にも、おばあちゃんが大切に保管していた物は、
私たちにとっては不必要なものばかり。
今では空き家になってしまったおばあちゃんの家に、そのまま放置しておけない。
いつか全部処分しなくてはいけない。
なんだかもったいない話や・・・



おばあちゃんの家の片づけでも思ったが、自分の家にも無駄な物は多い・・・
これは、おばあちゃんや私だけではないと思う。

日本人の生活は「物」であふれているな・・・とつくづく思う。

欲しいと思って気軽に買ったものって、結局はなくてもいいようなものばかり。

昔、3カ月かけてオーストラリアを一周した時や、
アフリカを1カ月ほど旅した今回もそうだけど、
人間、必要最小限な物でも十分生きていけるし、バックパックに入れなかったモノって
結局は、必要のないものなんだなーって思う。



民族学博物館の本屋で見かけた写真集に、
それぞれの国の一般家庭の家の中にある”すべての物”を全部家の外に出している写真集がある。
アフリカ、欧州、アメリカ、南米、アジア、たーくさんの国の中で、
アメリカも多かったが、日本は家の中にある物が他国に比べてとしゅつして多かった。
しかも、団地に住む家庭だったように思う。

旅先では、家にお邪魔させてもらうことが多いが、
どの国の家でも、必要最小限の物しかなく、無駄な物がない。

ここで各国のそれぞれの家の中の話をしたいけど、
今回、おばあちゃんの家の物を片づけて感じたことは、
もしも、60歳まで生きていたら、先の老後のことを考えて、
一度家の中の物を整理する必要があるなーって思った。

なぜ60歳って!?
まだ動ける余力があるから。

おばあちゃんを見ていて感じたのは、それまでいくら元気でも、
80歳を過ぎると、どうしても思考能力が低下し、何をするにも億劫になるようだった。
(これは人それぞれあるでしょうが)




おばあちゃんの家の掃除をしてそんなことを感じた翌日だったか、
新聞に「老前整理」という見出しとともに、

『気力、体力のあるうちに、使うものを判断。
今後の行き方を考えて』


と書かれてあった。

うわっ!
私が感じたことと同じ!!


片付けには、気力、体力、判断力が必要。
年老いてからでは難しい。


「いる、いらない」を判断することは、
「今後、どういう生き方をしたいのか」を考えることにもなる。


私は昔から、1年後やめっちゃ先のこと、さらには老後のことをよく考える。
(今のテーマは、「老後の旅」と「墓」について)
しょっちゅう考えるから、もう当たり前になってきている。
たぶん好きなんだろう。

しかし、実際60歳になってみると、状況はずいぶん変わっているかもしれない。
60歳になったら、もう一度自分の人生プランをたてるのもいいかもね。






コメントの投稿

非公開コメント

Re: ものに囲まれた生活

★ ちーちゃん

私も最近は極力服を買わないようにしてて、10年以上着てる服が増えてきてるわ。
流行の服を選ばず、自分が気に入った服やと、何年たっても着れるってことが分かってきた。


60年前におばあちゃんが作った浴衣を持っていくの!?
それは現地で処分したりあげたりはできないね。

ものに囲まれた生活

そうそういらないもの、多いですよね。
服とか大事にきてしまうと早10年以上たつものがあります。

インドに浴衣もっていかなきゃいけなくて、
おばあちゃんに借りたのは、
60年くらい前に自分で作って一度もきていないものでした。
けっこうきれいで、年代ものなので向こうであげてこようと思ったけど
もったいなくてできません。。。
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 必要のないものばかり
  • 2010年08月25日 (水)
  • 09時50分59秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる