レソト国境からマセルへ

バスに置き忘れてきた荷物とも無事再会することができ、もう一度レソトへ入国。

レソト国境には、ミニバス(ワゴン車の乗り合いバス)が停まっているから乗りこむ。

ミニバスに乗ったとたんゆーすけが緊張した面持ちでつぶやいた。

「なんか・・・ レソトは今までの国と違うね・・・」

私はレソトに来た喜びでいっぱいで、彼の言うている意味が分からなかった。

「え!? 何がどう違うの?」

「バスがボロボロやし、人々の目つきも今までの南アやスワジランドとは違うよ」

そう言われてみればそうかも・・・

南アのミニバスはベンツなどの大きなワゴン車で新車かな?と思うほどきれい。

レソトのミニバスや走っている車は中古ばかり。
しかもすっごい使いこなして年季が入っている。

レソト 乗り合いバス

ミニバスは(乗り合いバス)は、ぎゅうぎゅう詰めになるほど人を乗せて出発。
レソト 乗り合いバス 2
私たちの大きなリュックは、自分で抱え身動きができない。

マセル(レソトの首都)行きミニバス 4R(48円)


下ろされたところは、ボロボロのビニールのテントの店が並んでいて、
道にはゴミだらけ。

ここはいったい何!?

今までいろんな国に行ったけど、ここまでボロボロのビニールの小屋があるような場所は見たことがない。
これは住居か?
もしかして、店???

どうやら、下ろされた場所は、レソトの首都のマセルのミニバス乗り場のようだ。
周囲には、オンボロのワゴン車がいっぱい停まっている。

どこをどう写せば現状が伝えられるかわからない。
とりあえず写真を収めるが、実際はこんなもんじゃーない!
レソト バスターミナル
なんだか、あまり写真に撮るのはよくないようにも思えてこの1枚しか撮ってない。


ビニール小屋と地面はゴミだらけに衝撃を受けたが、人々は観光客に群がることもなくごく普通。
害を加えられることもない。
(ただ、どこの国でも油断は禁物!)

それにしても、masaさんはこんなところで住んでるのか・・・
親しくさせてもらっているレソト大使館お勧めのレソトはこんなんなの!?
正直、愕然とした。





※ 到着したこの場所は、スラム街のようなエリアだったみたい。
陸路でレソトに入国して、ミニバスでマセルに到着したら、だれもが衝撃を受けると思う。
でも、レソトは全てこのような場所ではありません。





この記事の出来事は赤い字の日です。↓

*************************************************
南部アフリカ旅の行程

【南部アフリカ(南アフリカ、スワジランド、レソト、ナミビア)
2010.1/25-2/20 27日間の旅】


1/25 関空出発
1/26 カタール(ドーハ)→南アフリカ・ヨハネスブルク着 14:25着
1/27 プレトリア市内散策、ンデベレ族
1/28 〈移動日〉 
    プレトリア5:45発→スワジランド・マンジーニ20:20着  
1/29 スワジランド (マンジーニ→ムババーネ→エズルウォニ)
10/30 午前中2人で徒歩サファリ 
    午後から移動(エズルウォニ→ムババーネ→南ア・ヨハネスブルク)
1/31 ヨハネスブルク(イーストゲートで買い物夕方までゆっくりする)
   〈バス移動〉 ヨハネスブルク17:45→ブルームフォンテン23:30
2/1  〈バス移動)ブルームフォンテン11:30 → レソト
2/2  レソト マレアレア・ロッジ1泊2日
2/3  レソト マレアレア・ロッジ1泊2日
2/4  レソト 休息日
2/5  〈大移動日〉レソト→南アフリカ→ナミビア
    (レソト・マセル 5:30発 → 南ア・ブルームフォンテンへ
     ブルームフォンテン9:25発 →アピントン16:45着
     アピントン18:30発 → ナミビア 国境深夜入国
2/6  ナミビア・ウィントフック6:55着
    ウィントフックで休息 サトルと出会う
2/7  ナミブ砂漠
2/8  ナミブ砂漠
2/9  ナミブ砂漠
2/10  レンタカーで大西洋へ
2/11  レンタカーで大西洋からウィントフックへ
2/12  ヒンバ族の村へ
2/13  ヒンバ族の村からウィントフックへ
2/14  午前中サトルとショッピング 午後サトルとお別れ 
    午後ゆーすけと南ア→ナミビアまでのバスで知り合った女性の家に遊びに行き一緒に夕食
2/15  夕方まで休息 ウィントフック18:30出発 
2/16  13:30 南ア・ケープタウン着
2/17  レンタカーで喜望峰へ
2/18  午後まで土産を買いあさる
    15:45 空港行きのバスピックアップ
    ケープタウン 18:40発 アフリカよさようなら・・・
2/19 カタール(ドーハ)7:05着
    ドーハのモールでショッピング
2/20  ドーハ0:50発→関空16:20着

*******************************************************




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • レソト国境からマセルへ
  • 2010年09月10日 (金)
  • 12時07分56秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる