FC2ブログ

知らない人が乗ってきた!!

私たちがレソトに到着する10日ほど前からレソトで住んでいるmasaさんから
「バスターミナルに着いたら電話をくれたら迎えに行きます」と言われていた。

公衆電話はボロボロのビニールテントの中に家で使用するような電話があった。
masaさんに電話をする。

「今、どこ?」

と、聞かれるが、自分が今どこにいるのかさっぱりわからない・・・

「じゃ、周辺にいる人に電話を代わってもらって」

身なりのきれいな夫婦がいたので、電話に出てもらい
masaさんに今の場所を言うてもらうことにした。

受話器を渡すと、そのまま電話を切られた・・・

どうもその夫婦は英語が通じなかったみたい。

今度は英語を話せる人を捕まえ、またmasaさんに電話をかけ代わってもらった。

どうやら、今降りた場所には、masaさんが来ることができず、
私たちはタクシーで移動しなければならないことが分かった。

masaさんと英語で話してくれた男性が私たちをタクシー乗り場まで案内してくれて、
運転手に行き先を告げて見送ってくれた。

タクシーは超オンボロ・・・

タクシーに乗ったとたん「How much money ?」と言う。
私たちは、唖然.....
ゆーすけが「I have 」と言うと、
「money money」と何度もお金を催促する。

まだ目的地に到着もしていないのに「money money」って、
どういうことや??

タクシーは、山の中の村へ入っていく。
ガタガタ道にオンボロの家が立ち並ぶ。
家の前には牛やヤギがいる。

おいおい、どこ行くねん!?
このままどっか連れて行かれるのか?!
不安になってくる。

「今、どこに行ってるねん?」と聞くと「ダウンタウンに行ってる」という。
ダウンタウン!?
これ以上下町に連れていくの?

やっと舗装の道に出た。
そこはちゃんとした街だった。

信号待ちで停まっていると、
知らない男性が無言で助手席に乗り込んできた。


これは相乗りタクシーか!?

すると、運転手が必死に下ろそうと揉めだした。

運転手は必死に男性を押し出し、
信号が青になると車を出発させた。

それでも男性は無言で必死にドアにしがみつき、
そのまま引きずられている。


おいおい!
これはどういうこと!?

男性はスタントマンか!?
目の前で繰り広げられている光景に、私たちは意味がさっぱりわからない!!

私たちは、乗り込んできた男性が最初悪い人だと思ったが、
車が走り出してるのに、必死にドアにしがみついている姿に、
彼が被害者のようにも思えてくる。

走行している車のドアに
しがみついている男性の目が必死。

男性はドアにしがみつき、
引きずられながらも、必死にもがきながら
また助手席に乗り込んできた!


ひょえーーー!!
ゾンビか!?

運転手は、車を走らせながらも、
今度は男性を突き落とした!!


うわーーー!!
だ、大丈夫なん!?

悪者と思われる男性のことが心配になる!!

振り返ると、男性は道に転げ落ちながらもまたスクッと立ちあがって無事のよう。

やれやれ~
今のはいったい何やったんやろう・・・?

ホッとしていると、信号が赤になりタクシーは停車。

すると、さっき突き落とされた男性が車を追いかけてきて、

また無言で車に乗り込んできた!!

わーーー!!
ホンマにゾンビのようや~~~

もう運転手は彼を降ろすのはあきらめた。
男性は、酔っぱらってるのか、目がとろ~んとしていて、
何を言うてるのかさっぱり分からなかった。


男性は、相乗りの乗客でもなく、無賃乗車だった。

レソトに入ってすぐ、スタントマンだかゾンビのような男性の洗礼を受けた。




この記事の出来事は赤い字の日です。↓

*************************************************
南部アフリカ旅の行程

【南部アフリカ(南アフリカ、スワジランド、レソト、ナミビア)
2010.1/25-2/20 27日間の旅】


1/25 関空出発
1/26 カタール(ドーハ)→南アフリカ・ヨハネスブルク着 14:25着
1/27 プレトリア市内散策、ンデベレ族
1/28 〈移動日〉 
    プレトリア5:45発→スワジランド・マンジーニ20:20着  
1/29 スワジランド (マンジーニ→ムババーネ→エズルウォニ)
10/30 午前中2人で徒歩サファリ 
    午後から移動(エズルウォニ→ムババーネ→南ア・ヨハネスブルク)
1/31 ヨハネスブルク(イーストゲートで買い物夕方までゆっくりする)
   〈バス移動〉 ヨハネスブルク17:45→ブルームフォンテン23:30
2/1  〈バス移動)ブルームフォンテン11:30 → レソト
2/2  レソト マレアレア・ロッジ1泊2日
2/3  レソト マレアレア・ロッジ1泊2日
2/4  レソト 休息日
2/5  〈大移動日〉レソト→南アフリカ→ナミビア
    (レソト・マセル 5:30発 → 南ア・ブルームフォンテンへ
     ブルームフォンテン9:25発 →アピントン16:45着
     アピントン18:30発 → ナミビア 国境深夜入国
2/6  ナミビア・ウィントフック6:55着
    ウィントフックで休息 サトルと出会う
2/7  ナミブ砂漠
2/8  ナミブ砂漠
2/9  ナミブ砂漠
2/10  レンタカーで大西洋へ
2/11  レンタカーで大西洋からウィントフックへ
2/12  ヒンバ族の村へ
2/13  ヒンバ族の村からウィントフックへ
2/14  午前中サトルとショッピング 午後サトルとお別れ 
    午後ゆーすけと南ア→ナミビアまでのバスで知り合った女性の家に遊びに行き一緒に夕食
2/15  夕方まで休息 ウィントフック18:30出発 
2/16  13:30 南ア・ケープタウン着
2/17  レンタカーで喜望峰へ
2/18  午後まで土産を買いあさる
    15:45 空港行きのバスピックアップ
    ケープタウン 18:40発 アフリカよさようなら・・・
2/19 カタール(ドーハ)7:05着
    ドーハのモールでショッピング
2/20  ドーハ0:50発→関空16:20着

********************************************************


コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

★ 浜さん

え!?
続き!?
続きはないですよ~

それからどうなった?
はやく次の展開を知りたいです。

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
日記タイトル一覧
  • 知らない人が乗ってきた!!
  • 2010年09月11日 (土)
  • 00時58分21秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる