西塘の宿 2

【2010年 上海】

1日目一旦宿にチェックインした時、部屋の正面の運河沿いにテラスがあり、それが宿だということが分かった。
あっち側の宿で泊りたい~~!

町を散策したとき、川の向かい側の宿を探した。
川の向かい側は、お土産屋が並び、宿がなかなか見つけられなかった。
路地を入っていってもフロントらしき宿のオーナーもいない。
路地を入ってウロウロしていると、オーナーらしき人が現れ部屋を見せてもらった。

すると、通路側の宿より明るくて部屋も広くて広くて、広いテラスもありめっちゃいい!!
2階のテラスからは運河が広がり、眺めが最高!
それなのに、1泊200元!
1泊目の宿より50元高いだけ。

西塘2泊目はこの宿に決め!
その場で予約した。
そしてチェックインの時間の12時に宿替え。

2泊目の宿はこんなん。

部屋 1

部屋は広く明るく開放的。

部屋 2
PCがあり無料。


部屋 3
ベットルームともう一つテラス側に部屋がり、広々してる。

宿のテラス
テラスも6畳ほどあって広々。
前には運河があって、めっちゃ解放感でリラックスできる。

バスルーム&トイレ
宿のトイレ
バスタオル、タオル、石鹸、シャンプーまである。
ただし、シャンプーの質は悪い。



テラスで日記を書く。
宿のテラスで

運河に広いテラスがあるこの宿はほんとうによかった。

テラスから見た景色。
西塘 宿からの景色 2

西塘 宿からの景色 1

西塘 宿からの景色 3

部屋もテラスも広く、静かでめっちゃゆっくりくつろげた。




そんな最高の宿の入り口はここ。
宿の入り口
お土産屋が並ぶ通路に、運河に向かって伸びる細い細い路地がいくつかある。
その路地に入ると、運河沿いの宿に行くことができる。

私が泊った『听雨軒』のオーナーは、看板の写真の向かい側にあるドレス屋。
そこのお店のオーナーに部屋を見せてもらうようにしましょう!


宿の名刺
img051.jpg

img049.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 西塘の宿 2
  • 2010年11月20日 (土)
  • 12時16分38秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる