上海から朱家角へ

【2010年 上海】 =Day4=

上海出発の前日の夜、家のすぐ前の近所で家事があり睡眠不足のまま出発。
西塘では毎朝6時半に起きていたため、睡眠不足で私は疲れきっていた。
上海行きのバスに乗り込んだとたん爆睡。

上海に戻り、その日は上海散策などしてゆっくりしたかった。
しかし、A氏は「上海に戻ったら昼やから、すぐに朱家角に行くぞ!」と行く気満々。
「今日はしんどいから明日にしいひん?」
「明日は上海万博行ったりお土産買いに行ったり、食べたいもんを食べに行ったりと忙しいんや。
朱家角に行くには今日しかないんや。 だから行くぞ!」
「今日万博見に行ったらいいやん~」
私の訴えは聞き入れてもらえず、半強制的に朱家角行きのバスが出ている駅に連れて行かれた。

朱家角行きのバスは、西塘と違い普通の路線バスで行く。

大世界駅下車し、徒歩で公園を抜け普安路バス停へ。


大世界駅から地上へ上がると、公園の向こうには上海の高層ビル。
上海 高層ビル
なんせ建物が高くて立ち止まって見上げてしまう。

朱家角行きの路線バスはすぐに見つかり乗車。

上海 1:30発 ― 朱家角 2:45着 (1時間15分)
12元(168円)


朱家角バス停

朱角家


バス停から数分歩くが、方向はなんとなくわかる。
(分からなければ、地元民に聞きましょう)

観光客がゾロゾロと水郷の方へ向かっているか、夕方なら水郷からゾロゾロと人が出てくるから地図がなくても分かる。

私が着いたのは3時を回っていたこともあって、ほとんどが見終わった客で、駐車場へとゾロゾロと歩いてきていた。


西塘では日本人は見かけなかったが、朱家角では日本人観光客がチラホラ見かけた。
私が行った時は個人で来ている人はおらず、友人同士や夫婦の2人組みに現地のガイド付きで
ガイドの乗用車で日帰りツアーとし来ているようだった。





≪朱家角への行き方≫ 2010年9月

普安路バス停から出発
(地下鉄最寄り駅は、地下鉄8号線の「大世界駅」もしくは地下鉄1号線の「黄陂南路駅」
大世界駅の方が若干近いと思う。)

所要時間 1時間15分
12元(168円)

※ 2010年9月時点の情報です。
中国は日進月歩で日に日に街が変化します。
1年後には料金も変わり、バス停も移動しているかもしれません。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 上海から朱家角へ
  • 2010年12月07日 (火)
  • 09時18分20秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる