2011年初の入場者

【2011年 正月 四川省】 =Day4=

旅行4日目は、成都市内にある「成都パンダ繁育研究基地」へ。

8時半からのパンダちゃんの餌やりを見るため、
はりきって早めに宿を出たものの、予想外に早く到着してしまい、
辺りはまだ真っ暗・・・

こんなん夜やん~

しかも、小雨が降っていて、めっちゃ寒い・・・

「成都パンダ繁育研究基地」の門は閉ざされ、チケット売り場も真っ暗・・・

ただ、門の横の従業員用の小さな入り口だけ開いていた。

その横に門番のガードマン用の詰め所があり、そこから明りが洩れていた。

あまりにも寒く、雨をしのぐ場所もないから、
私は詰め所でストーブにあたらせてもらいチケット売り場が開くまで暖をとらせてもらった。

徐々に従業員たちが出勤してきた。

しかし、まだ真っ暗。

中国の時間はあれほど広い国土なのに、1つの時間。
けっこう広い国土を持っている国では、地域に応じて時差があるが、
中国では時差というものがない。

日本と中国の時差は1時間。
これが北京や上海の東側ならその時差でいいだろうが、
四川省のような内陸でも同じ時間。
私個人の意見だが、これは無理があると思う。

朝8時になって、やっと薄っすらだが明るくなってきた。

チケット売り場の従業員が出勤し、
ガードマンに「もうすぐチケット売り場が開くぞ」と教えられ、
私はチケット売り場へ向かった。
従業員は、今到着したばかりで、室内の電気を付けたばかり。
私たち以外、客はまだだれも来ていない。

チケット売り場のお姉ちゃんは、出勤早々私たちのチケットを販売。

「成都パンダ繫育研究基地」 
入場料 58元(754円)
※ 2011年1月時点の料金です。

私たちは、今日の一番客や~
めちゃめちゃ早くついてしまたけど、
一番客となるとなんだか嬉しいな~

そういえば、今日は1/1元旦や~
元旦で一番客!?
年明け早々の客やん~♪

・・・ってことは、2011年の初めての客ってことや~

なんだか、めでたいなぁ~

2011年も良い事があるかも??



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 2011年初の入場者
  • 2011年01月21日 (金)
  • 12時13分30秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる