雅安パンダ研究センター 

【2011年正月 四川省】 =Day3=

2010年の最終日12/31は、成都から車で約3時時間ほど西に行った雅安へ
今回の旅の目的であるパンダを見に行く。

自力でバスを乗り継ぎながら行こうと思ったが、何度も乗りつがないといけないし、
一部バスが走ってないところもあり、山道を1時間歩かないといけないところもある。
今回は、宿で車をチャーターして行くことにした。
私は雅安のパンダセンターと、その近くにある古い町並みが残る古鎮に行きたいことを伝えた。

出発は7時。

6時半に起床。

『Sim's』はいい宿だが、もっと立地が良く、部屋もよく、
値段が安い宿を見つけたので、宿替えをすることにした。
30分で荷物をまとめてチェックアウトをし、宿を後にした。

冬の成都の朝の7時はまだ真っ暗で、町はまだ眠っている。

前日の疲れがまだ取れてなく、車内で熟睡。
車は暖房がなく、寒さで何度も目が覚める。

9:40 雅安パンダ研究センターに到着。
運転手に2時にここに戻ってくるよう言われる。
雅安パンダ研究センター 1

チケットはこの中入って右側にある部屋で購入する。
雅安パンダ研究センター 2

通常118元のようだが、パスポートを見せ手続きをすると60元になった。
予想外のディスカウントに大喜び。

パンダセンターは客がいない。
やっぱここまで来る人は少ないようだ。

四川大地震後、臥龍にいたパンダたちは、中国の動物園に分散したものの
大半は成都郊外にあるパンダ繁殖基地とここ雅安にいる。
成都パンダ基地の方が簡単に行けるし、パンダも多くいるため、
観光客たちは、わざわざ遠い雅安までこないようだ。

でもいいねん。
私は観光客が少ない寒い冬の時期を狙って来た。
さらに人が少ない雅安に行きたかった。
人が少ないとゆっくりパンダを見れて思う存分満喫できるから。

チケットを購入したら、大きな建物の裏まで歩く。
するとゲートがある。
そのゲートからはシャトルバスで移動する。
バスはピストン輸送。
雅安パンダ研究センター シャトルバス
乗客は私たちだけ。
ほんとうに客がいない。

シャトルバスは渓谷になっている険しい山を走り、さらに山奥へ。
降ろされた先にまたゲートがある。
ここから奥にパンダがいる!!
雅安パンダ研究センター 3
胸が高まりワクワクしながら入る。

雅安パンダ研究センター 地図
私は、勘でパンダちゃんがいる方向を察知し行こうとするが、
A氏はまず地図をチェックし園内を把握し、進むルートを考える。


園内に入って早々、パンダがいっぱい!!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 雅安パンダ研究センター 
  • 2011年01月11日 (火)
  • 12時28分47秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる