4月に3度目の貴州省へ!

マイレージで貴州省行きのチケットを取った。
出発4/10~4/30帰国

今回で貴州省は3回目。

貴州省は、少数民族の村がまだまだたくさんある。

今回はできるだけ精力的に動き、いろんな村に行こうと思っている。

ルートは、今までとほぼ同じ。
前回は、雲南省の昆明に入って、列車で貴州省西部の村に立ち寄りながら貴陽に入り桂林に抜けたが、
貴陽から西に行った方が時間があまりかからないことがわかったから今回は貴陽に入る。


おおまかなルートは同じだが、さらにくまなく回るつもり。
だから、極力貴陽にはほとんど滞在したくない。
が。。。
貴陽には友人がいる・・・
昨日、いつもお世話になっている家族の息子(カー君)にメールをすると、
彼は私ともっといろんな話がしたいと、この2年間一生懸命日本語を勉強してくれている。
日本語で「すごく楽しみにしている」と返事があった。
実際の内容は、日本語でもっとたくさん書いていた。
それほど日本語ができるようになっていたことに驚いた。

私はというと、困ったことに語学は全く興味がわかず頭に入らない・・・
だから、最終兵器の中国語の電子辞書を買った!!
しかも、手書きができる物!!!

今回は、現地で見たものを地元民に質問し、書かれた内容も理解できるだろう。


そして、なんと朗報が飛び込んできた。

今、広州で働いている友人のチンカンが、
3月から貴州省に戻ることが決まったという知らせがあった。

彼女と一緒に貴州省を旅できればいいなぁ~



今回、ミャオ族の春のお祭に行く。
その時、ある人物と合流し、一緒にお祭にいくことになった。

その人物とは、私の読者。
ちょうど1年前に行われた私の講演に関東から駆け付けてくれ、初めてお会いした。

読者は、中国編を読んで、写真に載ってる(P225-,P226-)
トン族の家族に会いに行った。
それをきっかけに、さらに少数民族に興味を持ち、
私もまだ行っていない雲南省にも行くようになった。

今回その男性もミャオ族の春のお祭に行くというので、
現地で合流し、3日間一緒にお祭を楽しむことになった。


そして、今回はもう一つ目行きたい場所がある。

それは、巨大洞窟の中にある村。
その村の特徴は、家があるが全て屋根が無い。
数年前まで電気も通ってなかった。
だから入り口付近の家は明るいが、奥の家は昼でも暗い。

5年ほど前、政府がその村の存在を知り、
洞窟の住民を下山させ、山の付近に村を作って移住させた。
しかし、住民には不評。
住民は、また洞窟住居に戻って、今も洞窟内の屋根の無い家で生活をしている。

そんな村の存在を知ったのは、私は5年以上前だったと思う。
その時は、中国のどこにあるのか分からなかったが、
貴州省に2度行っているうちに、洞窟の村は貴州省にあると知った。
しかし、場所は知らないと言われた。
2度目に貴州省に行った時、凱里で旅行会社をしている熊さんに聞いたところ、
村に行ったことがあり場所を教えてくれた。
といっても、貴州省全体が載っているような大雑把な地図に印してくれただけ。
その地図をみるかぎり、洞窟の村がある場所付近は、道も村も無い・・・
地図には道がないが、実際はあるだろうと思っていた。
しかし、熊さんが行った時、四輪駆動車でも途中までしかいけない悪路。
途中からは車ももう入れず、車を降りて3時間山道を歩いたと教えられた。

「わかりにくいから行くなら、ガイドや車をチャーターたほうがいい」と言われた。

でも、私はがんばってバスを乗り継ぎ、自力で行きたい。

もうここまで来ると、冒険の域ですね・・・


以前、東京で講演をした時、少数民族をほぼ制覇している「異国の旅人」さんという超有名人がきれくれた。
その方が2年前にその洞窟の村に行ったという。
旅人さんからの情報では、今は道ができて徒歩1時間で行けるようになったらしい。

その付近の村までバスが出てるのかなー?
ま、現地に行ってみて、バスを乗り継いで、行き当たりばったりで行ってみよう~!

今回はどんなハプニングや出来事があり、どんな出会いがあるんでしょうねー?
今から楽しみ~♪



どんな旅になるかわからんけど、その旅の報告会します!!

日 時 2011年5月22日(日)
    1時半受付 
    2時~4時
場 所 茨木市福祉文化会館 303号室


参加費 800円

今回、いつもの部屋ではなく、さらに大きな部屋になりました。
友人知人を誘ってご参加くださいね!!
お待ちしています。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 4月に3度目の貴州省へ!
  • 2011年02月02日 (水)
  • 16時44分56秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる