北京空港で1泊

【2011年 貴州省旅行記】 1Day その2 =北京空港で1泊=

前回の『1day その1 =出発~北京= 北京空港』の続き。

出発までの睡眠不足と疲労で、北京の空港で、貴陽行きの搭乗時間15分前にして、
極度な睡魔に襲われ、一気に深い眠りに吸い込まれてしまった。

今まで何度も搭乗ゲートで居眠りをしたことがあるが、搭乗時間になると、人のざわつきで目が覚める。
今回も大丈夫だろうという思いと、極度な睡魔に負けてしまい瞼が閉じてしまった。

その瞼は、今までに経験したことが無いほど重かった・・・・


ふと、目が覚めると、さっきまでいたあふれんばかりの乗客たちが誰ひとりいない!
時計を見ると、出発時間が5分過ぎていた!!!

5分ぐらいなら、まだ出発してないだろう。
きっと私を探してくれているはずだ!!!

慌てて飛び起きるが、さっきまで停まっていた貴陽行きの飛行機がない!!!

「嘘や―――――!!!!」 

大声で叫ぶ。

夢であってくれ!!!!

ゲートには、まだ搭乗手続きの案内係の女性が2人いる。

飛行機がいないが、まだ彼女たちがいるってことは、まだ大丈夫なはず!!

根拠の無い自信を頼りに、彼女たちに走り寄り、ほとんどちぎれかかった搭乗券を見せる。

貴陽行きの搭乗券は、手荷物検査や、ゲートナンバーを確認するため何度もカバンから出し入れしていたから、
半券がちぎれてしまって、最後の1つでかろうじて繋がっている状態だった。

ちぎれかかった貴陽行きの搭乗券を見て、彼女たちは
「ちぎれかかってるじゃない!」ってなことを言っている。

「そうじゃなくって! 私は貴陽行きの飛行機に乗りたい!」と必死に訴える。

「もうない、さっき出発した」

恐れていた言葉が彼女たちから発せられたとき、

私は「嫌――――――!!お願いーーーーー!」と叫んで、
膝から崩れそうになるのを必死でカウンターで支えていた。

目の前が真っ白になり、全身針で刺されている感覚に陥った。

「どうしよう、どうしよう・・・ 
どうしよーーーーー!!! 
どうしたらいいのーーーー!!」

それしか言葉が出ない。

必死に女性たちに訴えるが、自分も頭が整理できない。
彼女たちが言っている言葉も耳に入ってこない。
それ以前に中国語がさっぱり分からばい。




今まで旅先ではいろんなトラブルに遭遇してきたが、
自分の過失で飛行機に乗り遅れたなんて・・・

しかも、もう飛行機の目の前まで来ているというのに・・・
たった20分の居眠りのせいで、飛行機に乗り遅れるなんて・・・

こんな大失態、前代未聞だ!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 北京空港で1泊
  • 2011年06月29日 (水)
  • 11時08分30秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる