深センの安宿 その①

【2011.9 香港&広東省】 =深セン=

深センでは結局3泊した。
1人で1泊。
hassyと2泊。

深センの安宿は、各エリアにもあるだろうが、
香港から入国してすぐの羅湖エリアでは、
正面のシャングリラホテル右側の道を渡ったピンクのマンションがあるエリアにいくつもある。

中央のビルがシャングリラホテル。
深セン
左側は深セン駅。
右側は、ショッピングセンター

このまま歩くと、地上に降りるエスカレーターがある。
その手前からの風景。
深セン駅周辺の全貌
写真にも書いているように、正面のビルがシャングリラホテル。
右に目線を移すと、一昔前に建てられたような低層のピンクのマンション群がある。
ここが安宿街の羅湖村。

安宿街の羅湖村に行くには、ここから右斜めに行くと早そうだが、
バスターミナルを出ると大きな道があり、どう頑張っても横断できない。

とりあえず、
このまままっすぐシャングリラホテルへと歩く。

ここからルートが3つある。

ルート①
シャングリラホテル手前の歩道を羅湖村の方へと右に歩いて、
人民南路を渡り羅湖村に入るか。
その行き方だと、羅湖村入り口は、こんな感じ。
羅湖入り口

ルート②
そままシャングリラホテルの前を素通りし、建設路をそのまま進む。
マクドナルドを超えて、1つ目の路地を右に進むと、人民南路に出てルート①と同じ横断歩道に出て、羅湖村へと入る。

ルート③
ルート②と同じようにシャングリラホテルの前を素通りし、マクドナルド、永和大王、
ケンタッキーを右手に見ながら建設路を歩く。
そして、高架がある大きな道に出る。
そこを右に進む。
すると、人民南路に出て、横断歩道を渡ると羅湖村の繁華街。
この写真が、羅湖村の入り口。
人民南路から
入って右側のピンクの低層マンション内にいくつも安宿がある。

私が泊ったのは、ここを入って右側の1つ目の路地↓入ったところの安宿。
安宿の入り口となる路地

深セン 安宿
隣も安宿。後で知ったが隣はシングル50元~と書いてた。

フロント
深セン 安宿 フロント
安宿の斜め前はコンビニ。

私が泊った部屋。
1泊80元(部屋にはトイレ・シャワーなし)
深セン 安宿 1泊80元の部屋
バスタオル、タオルがちゃんとある。クーラーもばっちり!
窓がある!! 
しかも大きな窓!
窓の外に洗濯物が干せる! 
香港での1600円~3000円の狭くて高い安宿に泊っていたから、この広さで80元は安っ!と感激してしまった。
でも、後々考えると、トイレ、シャワーなしで80元(1000円)は高いな。
トイレ、シャワー付きだと130元。

共同のトイレ、シャワー
深セン安宿 トイレシャワー
広くて、シャワーの出もいい。
ただ、ここの電気はセンサー。
じっとしたまま数秒いると、電気が消え真っ暗になる。
頭を洗ってる時、電気が消え目を開けても真っ暗。
体を洗ってる時でさえ、センサーは誰もいないと勘違いし、突然電気が消える。
困ったことに、どこにセンサーがあるのか分からない。
センサーに察知してもらいたくて、両手を大きく振りまわすが、それでもダメ。
狭いトイレをウロウロと動き回って、やっとまた電気がつく。
ヤレヤレ~と安心してたら、またすぐに電気が切れる。
真っ暗な狭いトイレをウロウロと動き回わる。
それでも、センサーが反応してくれないことが何度も・・・
ウロウロ歩きながら手を振り回し、いろんな動きをする。
真っ暗なトイレで踊るはめに・・・
みなさん、想像してください。
素っ裸で、センサーに私の存在を認めてもらいたくて、必死にうろつき手足を動かしている姿を・・・
私は何をしてんだか~って思いながら、ま、良い運動か~とも
思うようにして、わけわからんダンスをしていた。


ウロウロ動きながらのシャワーでとっても時間がかる共同トイレ・シャワーだった。
それ以外は、この宿はとっても良かったですよ。


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: センサー

★すてぃんきーさま

すてぃんきーさんもこの宿で泊まったことがあるのですか!?
3階にきれいなバスルームがあったのですね!
2015年現在もこの宿(このエリア)は残っているのでしょうかね?
また泊まりたいと思う宿でした。
次回は3階のバスルームを使ってみます。

Re: センサー

センサーは天井です、
https://twitter.com/stinkythe/status/642600312805523457

なお、3階に行くと非常にきれいなバスルームが有ります、

Re: センサー

★ 消息筋さま
センサーは床でしたか!!!
まさかのセンサー設置場所ですね・・・
教えてくださってありがとうございます。

センサー

足で床を勢いよく踏むとセンサーが反応します。
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 深センの安宿 その①
  • 2011年09月18日 (日)
  • 01時12分42秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる