束河古鎮 3

【2011.12.30 3Day-3】 束河古鎮の西側

束河古鎮は「清瀧河」という川が北から南に流れていて、東側がメインに栄えている。
しかし東側は、お土産屋と超うるさいカフェで、私はうんざりしてしまった。

清瀧河には石の橋がかけられていて、西側へ行くことができる。

清瀧河
束河古鎮 川

清瀧河にかかる橋
束河古鎮 橋 2

橋の上で、女性が足をあげ、風景がを熱心に描いていた。
観光地に行くと、中国の若者が絵を書いている姿をよく見かける。
聞くと美大生で、風景がの練習をしていると言っていた。
束河古鎮 橋で絵を描く女性


果物や野菜を水につけ売っている。水もきれいでおいしそうに見える。
束河古鎮 野菜売り

束河古鎮 人参

ここにも三段池がある。
上が飲料水。
中段が野菜を洗ったりする場所。
一番下は、洗濯場。
束河古鎮 三段池

雪解け水が流れる運河あり、すごく水が透き通っていた。
束河古鎮 運河
運何に生えている緑の草は、きれいな水にしか生息しない植物じゃーなかったっけ?


橋を渡ると、うるさく商売気が出まくっている東側とは違う落ち着いた街並み
束河古鎮 北側の土産物屋
お土産屋もあるが、のんびりしている。

束河古鎮 北側のカフェ

橋を渡った西側は、カフェもあるが静か。
束河古鎮 カフェ

やっとゆっくり日記が書けた

西側は徐々に開拓されてきているが、まだ東側よりマシ。
路地もこんな感じ。
束河古鎮 路地
よく見ると民家ではなく、客銭(旅館)



ある宿に求人募集の張り紙があった。

月/600元(8400円)

月給8400円…
給料1万円もしないんか…

年収10万円か…


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 束河古鎮 3
  • 2012年02月02日 (木)
  • 16時35分30秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる