2泊3日福島の旅 2

福島に入ると雨が降り出し、
雨と冷たい風で寒くてたまらない。
早起きの疲れで3時に1泊目の宿泊地のペンションに行くことにした。

ペンション

部屋

風呂は2か所。
客は私たちだけだから、常に空いていた。
風呂 1
この日はすごく寒く、温かいお風呂で冷えた体を温める。
風呂 2
1階では暖房やストーブを付けてくれていた。
それほど寒かった。
食堂

夕食 前菜

肉料理

デザート

朝食
朝食

オーナーの話し方や雰囲気からして地元福島ではなさそう。
聞いてみると、神奈川の方だった。

夫婦でこのペンションを営んでいる。
夫婦は60歳くらいだろうか。

ここは磐梯高原の湖のほとり。
今では70軒のペンションがある。

ペンションオーナーは地元福島の人は3軒ほど、あとは関東や関西から移り住んだ人らしい。
夫婦がここでペンションを営むようになったのは、今から20年前。
ちょうどバブルの時ですなぁ~
あの頃は、ペンションが流行。

夫婦がここにペンションを建てる前、ここには3軒しかペンションがなく周囲は林だった。
ペンションが完成すると、地元のおばあさんがオーナーにこんなことを言ったという。
「あんた、なんでこんなところに家をたてたんだー
ここは昔っから熊の通り道なんだよー
熊には気を付けなー」
昔は、ほんとうに熊をよく見たという。
15年~10年前から、一気にペンションが建ち始め、
徐々に熊を見なくなったとか。
オーナーは「熊は山奥においやられ最近ではあまり見かけなくなった」と言うが、
山奥に追いやられただけでなく、食料となるどんぐりも減少し熊が減少してると思う・・・

私が宿泊した日は、5/2の平日だったこともあってか、他には宿泊客がおらず
貸し切り状態だった。

はやり震災後、原発の影響で予約が埋まらないと言っていた。
私もGW東北に行こうと宿を探したのは出発の2週間前。
GWということもあって、どこも満室だった。
でも、福島県だけはまだまだ空き部屋があり、それで福島に行くことにした。
磐梯山や福島の西側なんて、原発とはすごく離れているのに、
「福島」というだけで避けてしまうのかな・・・?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 2泊3日福島の旅 2
  • 2012年05月15日 (火)
  • 09時47分16秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる