寄生虫博物館

東京には、寄生虫博物館というものがある。
寄生虫の博物館は世界でもここだけ。
大阪にいる時から、寄生虫博物館には行ってみたいと思っていた。
だから、引っ越してすぐ、真っ先に寄生虫博物館に行ってきた。
なかなか興味深かった。

そのことを○医免許を持っているhassyに言うた。

「じゃ、条虫、吸虫、線虫の違いくらいはわかった?」

へっ?
なにそれ??

「今度解説してーやー」とお願いした。

「今度hassyのガイドで寄生虫博物館行くねん」

東京の友達に言うと、

「なにそれー! 面白そ~! 私も行きたい~」

「俺も行く~」

『hassy解説付き寄生虫博物館ツアー』に参加したいと,
あっと言う間に10名近くが手をあげた。

しかし、みんな2カ月先まで予定が入ったりしてて、なかなかみんなの日程が合わない。

とりあえず第1回目として、5/26hassyガイドツアーを開催した。

1人で行った時は物珍しさだけだったが、寄生虫に詳しいhassyの解説があるのは全然違う。

hassyに言わせると「俺はべつに寄生虫に詳しいわけじゃーないって」と言うが
一般人からすると、超詳しい「寄生虫博士!」
ま、○医免許を持ってるくらいやもんなー

ぎょう虫のタマゴの写真があった。
「あ、これ、国家試験に出た」
とか、サラッと言う。

寄生虫の名前の覚え方まで教えてくれた。

ダニとノミの違いも教えてくれた。
ダニは吸血性節足動物で、頭とお腹だけ。
血を吸って体がドンドン膨れ、大きくなる。
その時、巨大になったダニの姿を見た人間はびっくりし
足などにひっついているダニを払ってしまうが、
でも、血を吸っているダニをむやみに取ろうとすると、
口の部分だ下が皮膚に食いついたままで取れなくなってしまうらしい。
その場合は、病院で口がついている部分の皮膚をえぐって除去手術をしないといけないらしい。
だから、ダニに吸われているときは、むやみにダニを取ろうとしてはダメらしい。
ダニは吸い終わると自らポロリと落ちる。
その時までじっと我慢しないといけない。

実際虫が足にひっついてたらびっくりして手で払いのけてしまうで~
でもそれはしたらアカンらしい。


ノミは、触角があって、足も・・・・
あぁ~・・・
なんてこったー
これ以上覚えてない・・・
ノミに関しては、hassyの解説が早すぎて、理解できてないまま進行し
メモることもできず覚えきれなかった・・・

豚には、3つの寄生虫がいるらしい!
・無鈎条虫(ムコウジョウチュウ)
・トリヒナ
・トキソプラブス


3つの頭文字に「T」がつくため『豚の3T』というらしい。

牛には
・有鈎条虫 
というのが代表的な寄生虫で、その他にもいっぱいるらしい。

展示の中には、牛の胃の一部の標本がある。
その標本の胃には、よく見ると小さいゴマくらいの大きさの粒粒がある。
それが牛の胃に寄生する「双口吸虫」

・牛の胃(センマイ・ハチノス=第2胃・第3胃)によくいるのは「双口吸虫」やって。

「牛の胃にはだいたいいるよ」

一緒に行ってたミワちゃんが、
「私「ハチの巣」が好きなんですよねー
こんな寄生虫いるんですねー」

「大丈夫だよ、食べる時は洗うしちゃんと焼くでしょ?
寄生虫は熱には弱いから、ちゃんと焼けば大丈夫だよ」

「ステーキとか食べる時、「レア」とかヤバいんちゃうの?」
と私が言う。

「レアとかで食べるのはあまりよくないよー 
しっかり火を通さなくっちゃ」

ひょえー 
レアでは頼まないでおこう・・・

ミワちゃんは「アニサキス」という寄生虫が好きらしい。
生きたままの姿を見たことがあって、すごくかわいかったんだとか。

アニサキスは、海産物に寄生している。
魚介類をかいして人間の口にも入る時がある。
もしも人間に感染すると、アニサキスが胃を突き抜けようとするため
胃がめちゃくちゃ痛くなるらしい。
アニサキスに感染したら、胃カメラでアニサキスを確認し、つまみ出す。
すると、今までの痛みが急に治まるんだとか。

「今までなーんにも考えずに、生魚を食べてたーわー怖いわー」

「一般に市販されてる魚は冷凍物だから大丈夫だよ」

その他にもいろいろ解説してくれたけど、
hassyガイドは情報量が多くて、覚えきれなかった・・・

寄生虫・・・
今まで意識したことがなかった・・・
今度、中国に行った時、解体現場に出くわしたら
内臓など寄生虫がいないかじっくり観察してみようかなー?

なかなか興味深くhassyの解説は面白かった。

hassyはもういいよと言うが、第二弾、第三弾とまたお願いしたいなー


コメントの投稿

非公開コメント

ダニは吸虫じゃなくて吸血性節足動物です。昆虫でもない。

牛の胃(センマイ・ハチノス=第2胃・第3胃)によくいるのは条虫じゃなくて「双口吸虫」。

次回はいつになるかわかんないけど、ちゃんと聞いてください
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 寄生虫博物館
  • 2012年05月27日 (日)
  • 17時12分34秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる