ミャンマー2日目(午前)

衝撃的な話を旅行代理店の人から聞き、
私はあまりにもショックすぎて何も考えられなくなり、部屋に戻るとそのまま眠ってしまった。

電話のコール音に起こされた。
時計を見ると夜の9時。

別の便で半日遅れで到着したOさんからだった。
Oさんと合流し、ご両親の部屋に行き、4人で夕食に出ることになった。

両親の表情は常に硬い。
無理もない・・・

明日の予定を話しあい、部屋でもOさんと話しあう。
Oさんもさすがに疲れたのだろう。
明日の予定の確認している最中に返事が無くなったと思ったら、彼は一瞬にして眠った。

私も旅の疲れやいろんな疲れで早く寝た。


ミャンマー2日目。
その日は朝9時過ぎに、あるところに行った。
そこでちーちゃんの事件の詳細を聞くことになっていた。

私とお母さんは最初から最後までずっと号泣。
お父さんはずっと下を向き、ひたすら耐えているように見えた。


いろいろと説明を受け、お昼にそこを出て、4人で昼食を食べに行った。


さっそくミャンマー料理。
6.21 (8)ヤンゴン昼食

ちーちゃんの事件の詳細を聞いても、4人それぞれ思うことがいっぱいあるのだろう。
みんな口数が少ない。

Oさんが気を使っていっぱい喋ってくれていたが、
私もご両親も何も考えれれず放心状態だった。


お父さんは外国の得体のしれない食べ物は怖いようで、なんでも先にお母さんに食べさせる。
お母さんが「大丈夫」と言えば、恐る恐る食べていた。
お母さんが大丈夫と言った物でも、お父さんにしてみたらダメだったようで、「これは無理だー」とか言っていた。
お母さんが「これはお父さんは無理だねー」と言ってるのに、お父さんは好奇心はあるようで、みんなの心配をよそに口に運ぶ。
「うわー やっぱりダメだ―」
だからいったこっちゃないー

お父さんの好き嫌いのおかげで、なんとか場がなごんだ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日記タイトル一覧
  • ミャンマー2日目(午前)
  • 2012年07月20日 (金)
  • 16時48分46秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる