京都町家の宿

【京都セレブの旅 6】

りっちゃんが通うカルチャースクールで、『世界の美女の歴史』の講座を受けていた。
もう終わりかけの時、Tシャツに半ズボン、下駄を履いためっちゃラフな格好の年配男性がふらふら~と現れ、私の隣座っていたりっちゃんの横に座った。


もう講座ほぼ終わりやのになぁ~?
今から講座を受けるのかなぁ~?と思っていた。

3時間の講座は終わり、みんなで雑談をしていると、その男性がりっちゃんに
「こないだ言うてた家、完成したで! 見においでや」と言っている。
「何、何~? 家建てはったんですか?」と思わず私は質問した。
私が興味を示すと、りっちゃんが「かおりさん、行く?」と言うから、
「意味わからんけど、家見てみたいー」と言うと、
じゃ、みんなで見に行こう!ということになって、1人をのぞいた受講生全員(6名)
ゾロゾロと家を見学しに行くことになった。

先日完成したばかりの町家。
2012-08-26 京都町家 外観1

京町屋


※関東の友人に「京町家」って言うても、わからない人が多いことに驚いた。
私も詳しく知らんけど、京都の古い家で、間口が狭いが奥に長く、中庭(坪庭)などがある家。(と思う)

この家は、古民家を改築したわけではなく、宿用に新しく作られた。

手前と奥に2軒の家があり、それぞれインターフォンもちゃんとある。
京都町屋インターホン


道路に面した玄関(格子戸)を開けると、このように長い通路がある。
京都町家通路

2軒とも1階はキッチン&バスルームがあり、2階には6畳の和室とトイレと洗面台がある。
同じ㎡数だが、造りが微妙に違う。

手前の家。
京都町家 リビング1
縁側も広く布団を敷いても眠れる広さ。
月を眺めながら寝てみたい~

手前の家と奥の部屋の間には茶室がある。
京都町屋 坪庭

洗面所にはドラム式の洗濯機、ドライヤー、タオルも完備。
宿泊者は遠慮なく使ってもえーねんて~
京都町家洗面所

お風呂は檜風呂
京都町屋風呂1

階段を上がると2階にも洗面台がある。
京都町屋洗面台1

トイレは2階
京町屋 トイレ


2階の和室
京都町屋部屋1
布団は4組ある。
窓下にはヒーターがある。
冬の京都は底冷えするからヒーターはありがたい。

京都町屋部屋2
床の間はクロークとして使用。
同系色の木で、エアコンを見えなくしてるところは、さすが注文住宅。

では、もう1つ、奥の部屋も見せてもらおう。
手前の家を出て、この通路の奥にもう1つの家の玄関がある。
京都町家通路

2軒とも同じ㎡数と言うが、私は奥の家の方が広く感じた。
京都町屋奥の家1階
奥の家は丸テーブル。
キッチン横は縁側。
奥の家から茶室には直接入れない。

京都町屋奥の部屋からの茶室


京都町屋奥の家

奥の家のお風呂も檜風呂。
窓が大きく開放的。
京都町屋奥の家の

奥の家は階段上がってクロークと洗面台がある。
京都町屋奥洗面台

奥の家は、部屋の天井付近の壁に小さな窓がある、
そこから明りが差し込み電気をつけなくても明るい。
京都町屋奥部屋

コンロはIH
京町屋 キッチン

キッチン下の引き出しには、IH専用の鍋が入っている。
京町屋 鍋

和食器も完備。
宿泊者は、自由に使ってもいい。
京町屋 食器

この宿の特徴は、家と家との間に茶室がある。(右の建物)
京都町屋 坪庭

坪庭には、井戸水がある。
京都町屋井戸

宿泊者が希望すれば、無料で宿のオーナーが、横から湧き出る井戸の水でお茶を立ててくれるらしい。
R0020447.jpg

私たちもお抹茶をいただきました~
京町屋 茶室でお茶会

茶室から通路へのドアを開けるとこんな感じ
京町屋 木

ね、めちゃめちゃ良いでしょー

下駄履いたラフなおっちゃんは、実はセレブ向けのカルチャースクールを経営しながら、空いてた自分の土地を活用し道楽で町家の宿まで作るちょっとおもろいオーナーだった。
本職は、京都ならではの職業だった。

今、このお宿のHP作成中らしい。
この宿に泊ってみたい人は、私にご一報ください。

ちなみに、今の料金設定は、1泊一部屋26,000円
4名利用可能なので、4人で泊ると1人6500円。
でも、4名以上でもOKだそうですよ。
寝袋持参すれば5名でも泊れると思う。
5名で泊れば1泊5000円。
「寝袋持ってきて5.6人で泊ってもいい?」と聞くと
「まー、寝れるんなら泊ってもえーよー 狭っくるしくなってもしらんで~」って。

京町家のこんなに綺麗な家で泊れるっていいでしょ~?
私も利用したいわぁ~
だれか今度一緒に泊りませんか?
(料理上手な人希望)

ただ、1つネックがある。
それは・・・”最低4泊しないといけない”

せめて2泊~泊れるようにしてくれたらいいのになぁ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 京都町家の宿
  • 2012年09月03日 (月)
  • 15時30分43秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる