ガーナ

1年前、オスギ君とちーちゃんは名古屋近くで落ち合い、オスギ君の車で奈良まで来た。
車中でいろんな話をしたという。

同じ医療関係者同士、どんなに手当てをしても患者が亡くなって行く現実、
死に関しても話してたという。
お互い今後どういう方向に進もうとしてるのかもいろいろ話していたという。

オスギ君は、昔から青年海外協力隊に行きたいと思っていたらしい。
ちーちゃんもその思いがあり、医療関係の道に進んだとも話してくれていたことがあった。

人生やりたいことをしないと。
オスギ君はそういいながらも、動くことをためらっていた。

しかし、ちーちゃんの死をきっかけにオスギ君は、やりたいことは挑戦していこう!と
青年海外協力隊の試験を受けた。

そして、無事合格した。

ちーちゃんも自分ができなかったことをオスギ君がしてくれ、きっと天国で応援し喜んでるやろうなー
ちーちゃんの分までオスギ君に祝福した。

そしてこないだ赴任地が決まった。

な、な、なんと、アフリカのガーナ!!


hassyの友達が海外協力隊でガーナに赴任していたらしく、去年hassyはガーナに遊びに行っていた。

hassyがガーナに行く前、その話をちーちゃんに言うと、
「私たちもガーナに知り合いが、いるじゃーないですか!」
「え!? ガーナに知り合いなんていてたっけ?」
「ほら、jicaにランチを食べに行った時、ガーナから来た染色工場を経営してる人と仲良くなって連絡先を教えてもらって、ガーナに来る時は家に泊ってもいいよって言うてくれてたじゃーないですか。
私たちもガーナに行かなくっちゃ、行きましょうよ」

世界各国、たくさんの赴任地がある中、オスギ君がガーナに決まったのは、
ちーちゃんが行きたかったガーナに一緒に連れて行ってほしいから、オスギ君を呼んだのかなー?と思ってしまう。

ちーちゃんが亡くなってから、あり得ない偶然や不思議な引き寄せを感じることが何度もある。

ちーちゃんが、私たちを駒のように動かしてるようにも思えてくる。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • ガーナ
  • 2012年09月09日 (日)
  • 15時32分30秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる